15日(水)、南行徳将棋道場にて行徳将棋クラブ道場組の稽古初日。

私は参加できませんとは言ったものの、何か問題が起こりはしないかやはり気になり、早めに仕事を切り上げ最後だけ覗きに行きました。
と、そんな心配もよそに皆、きちんと対局できていました。今日は7名の子供たちが参加。大人のお客さんも5-6人いらっしゃいまして、相手をしてくれて親切に教えてくださいました。皆さん有段者ですので、とても有意義な時間でした。

すごくイイ稽古で、いい風景でした。じっちゃんと子供たちが一緒に駒音を立てている情景に、懐かしい気持ちがしました。

ひとつ改善点あり。子供たち同士で指しているのなら「ハイ、7時になったからもう終わろうね」とお母さんたちも私も言いやすいのですが、大人の方が熱心に相手してくださっているとそうもゆかず。かなり時間オーバーしてしまいました。これだとお母さんたちが大変。
席主の宮崎さんにもお願いして、次回から相手の方には申し訳ないのですが、対局の途中でも「スイマセン、子供は7時までなので」ということで打ち切りにしてもらうようにしました。ただ、途中打ち切りにならないよう、6時半過ぎたら時計を使うなどの工夫が必要かなと思います。
規則のような形にして、ズルズルいかないように定着させるようにします。

素晴らしいと思ったこと。道場にご配慮いただきまして、道場の奥のほうが綺麗な座敷部屋になっておりわりと広いスペースがあるのですが、そこの電気をつけてお母さんたちが座って待てるようにしてくださいました。保護者快適度はとても良好なのではと思います。

静かな場所にあり室内も綺麗で、保護者も子供さんも落ち着いて過ごせる場所としては、自信をもってお薦めできます。