12月8日ジョン・レノンの命日に、新たなるチャレンジ。

浦安市と行徳(市川市)のちょうど境目に「南行徳将棋道場」(市川市新井2-18-9、Tel:047-356-3940)という将棋道場があります。日本将棋連盟の支部でもあり、宮崎隆之さんという方が席主をされています。私と同い年でもあり、また宮崎さんというお名前にも何となく運命的なものを感じ(強引か?笑)以前より協力のお話をさせていただいていました。

本日、同道場に保護者の方と子供さんを集めて説明会を行いました。
今後、毎週水曜日の17時から19時に平日稽古を希望する子供さんが集まります。「頻度は少ないかもしれない」という方も含め、9名の子供さんとその保護者の方が参加意思表明してくださいました。

私自身はもちろん平日仕事のため、あまり行けないか行けても最後だけ少し見る形にはなるのですが。有意義な稽古ができるよう、今日は説明会の後に感想戦の練習も行いました。

やがては水曜日だけでなく、定休日(現在は月曜)以外は行けば誰かしら友だちが居るという形にまでなれば最高です。が、まずは分散しないよう、日を決めてもらうことにしました。

以下、本日説明会で使用したレジメです。
将棋関係者の方は一読してフムフムと頷いていただけると思うのですが(笑)、当地では初めての試みですので。


『南行徳将棋道場での子供の水曜集会について (平成22年12月8日説明会資料)

1.設置の背景
 ・塾やスポーツクラブとの重複から土曜以外の要望あり
 ・中学以降も将棋に触れることができる機会を
 ・将棋の盛んな他地区は、子供教室と将棋道場のよい関係がある

2.駒落ち対局の規則について
  他の道場より規則は柔らかいです。
  土日のトーナメント以外は、当事者どうしで合意すれば、平手でもOKです。
  大人の方に平手で教わりたい場合は、「スイマセン、平手の稽古をしたいので、平手でお願いします」と申し出てください。

3.喫煙について
  対局場所は全て禁煙です。喫煙場所は、入り口側のソファーと受付の場所のみ。

4.終了時間について
  道場は22時まで開いていますが、子供集会はきっちり19時に終了するという形にしたいと思います。

5.管理体制について
  原は基本的に参加できません。また、道場の方も「子供の面倒をみる」という観点で接してくれるわけではありません。塾や習い事と違う点、ご理解ください。

6.感想戦の重要性について
  対局後に必ず感想戦を行ってください。
  中級くらいまでは単純にたくさん指せば駒の利きが見えるようになり強くなります。しかし上級者からは、将棋の構成力が必要になります。どこで形勢が傾いたか、また少しでも早い寄せはなかったかなど、二人で話し合ってください。
  やりっぱなしの対局を重ねているだけで、労力のわりに効果が上がっていないことがよくあります。

7.連絡掲示板の設置について
  まだ人数が少ないため、「行っても誰も居なかった」ということがないよう、WEB上に連絡掲示板を設置します。            』


私自身が付きっきりになれないことから、何かと心配ではあるのですが、道場の方や常連さんたちと良い関係を築いてゆくことができたらと願っています。