13日(日)、将棋教室対抗戦に参加して参りました。

首都圏の将棋教室に通う少年少女棋士300名、保護者引率者合わせ500名が来場するという、大きな大会でした。運営していただきました事務局およびスタッフの皆さまに深く感謝申し上げます。プロ棋士の先生方が来賓という立場ではなく運営スタッフとして、声を枯らしながら大会の進行に従事されている姿も印象的でした。子供たちは、存分に楽しんだようです。皆、参加賞の扇を、帰りの電車の中で何度も広げては閉じしていました。

行徳将棋クラブは、低学年主体のドラゴンカップに出場。
予選H組の1回戦を4-1、2回戦を5-0で勝ち、G組とのプラス1局に2-3で敗れたもののH組1位通過。16チームで行われた決勝トーナメントでも1回戦を4-1で勝ち、ベスト8進出という望外の成績でした。

さすがに4強の壁は厚く、準々決勝では勝てたのはしょうくんのみ(さすが!)。1-4で敗退。しかし、公民館サークル系の雑草軍団としては、大健闘してくれたと思います。

バスケ漫画「スラムダンク」の安西先生の言葉が思わず脳裏に浮かびました。
「君たちは強い」