Hara Blog

千葉県市川市の行徳で弾き語り活動を行っている、フォークシンガー原の日記です。公認将棋指導員として、子供たちの将棋の話題なども。

2021年03月

リン・ウッドさんの投稿と Rumbleさえ削除したドキュメンタリー「Kill Chain」

リン・ウッドさんの最近の投稿の中で、
「これだっ! やんなきゃ」
と、ズシリときたものがありました。やらねばと今月ずっと思いつつ、YouTubeがあり手が回らなかった。今晩は動画に優先して本件に取り組みたいと思いますが、まずさわりだけ。

そのリン・ウッドさんの投稿というのが、これです。



(リンク先リン・ウッドさん投稿の日本語)
「私の意見では、マーサーロースクールの学部長キャシー『解雇される必要がある』コックスと彼女の財務状況は、少なくとも彼女がジョージア州務長官だった2002年まで遡り調査する必要があります。
私の意見では、コックスは腐敗しており、違法な金銭的キックバックを受け取った可能性があります。 私は証明できる事実として、コックスは嘘をつき続けていたことを知っています。
彼女は、ジョージア州務長官を務めるすべての基準を明らかに満たしていました。
腐敗したジョージア州務長官の出現の順番:
ルイス「私を調査しないでください」マッセイ。
マーサー法科大 学部長キャシー「解雇される必要がある」コックス。
ブライアン「CCP」ケンプ。
ブラッド「ジョーディ」ラフェンスバーガー。
ジョージアの人々は、GA Good Ol’Boy Networkによる使用と乱用を、いつまで許容しますか?」

ズシリときたのは「2002年まで遡り調査する必要がある」の部分。

実は3月7日の投稿でご紹介したシドニー・パウエル弁護士シェア、パトリック・バーンさんもビックリの、選挙機械による操作の歴史を描いた動画「Kill Chain」ですが、削除されています。理由は不明。元々短期配信の予定だったのか、著作権者からのクレームがあったか、あるいはRumbleでさえヤバいと判断したか。
(追記:早速、パトリック・バーンさんが自身のRumbleアカウントにアップし直しています。それだけ重要な記録ということでしょう。当ブログの3月7日投稿にも追記で貼りました。)

リン・ウッドさんとはまったく別の角度から光を当てており選挙機械の発達からの視点なのですが、どうやら2000年代前半あたりからまともな選挙がなかった可能性がある。そして動画の中でフィーチャーされている幾つかの州の1つとしてジョージアが挙げられており、リン・ウッドさんが指摘している州務長官室が腐敗し始めた時期と、Kill Chainに描かれた機械による不正が始まった時期が、重なるのです。

と、まずはここまで。

動画削除

(雑談)選挙不正の話題がかえってストレスになっている方へ

SNS等で様々のサイトの返信コメントを見ていて、自分も含めちょっとあやういかなと思うところがありましたので、この投稿をします。

トランプさんが大好きで「とにかくトランプさんに大統領に戻ってきてほしい」という強い気持ちから米2020年選挙の情報を引き続き追ってきた方々が、相当数いらっしゃると思います(私も気持ちとしては同じです)。そのような方々にとり、私のような者が発信している選挙不正調査の進捗のような情報が

「色んな話あったけど、結局なーんにもなんないじゃん!」

と、かえってストレスを与えているのではないかと、ふと気になりました。

この「色んな話」ですが、大きく分類するとこのようになると思います。
1.驚くような制度的な仕掛けがある。(共和国復活など)
2.軍が動いて違憲の政府を取り除く。
3.裁判所が選挙不正の判決を出す。
4.州レベルで選挙不正調査が進み真実が明らかになる。

これらが頭の中でグシャッと一緒になっていて、

「何でもいいけどトランプさんはどーなんのよっ!」

というモヤモヤだけをずっと抱えている状況ですと、それはかなり苦しいと思います。心中お察し申し上げます。

まず上記の1と2ですが、私は「ほぼ、ない」という前提でとらえています。造詣の深いご専門の方で論説を展開されている方もいらっしゃるかもしれませんが、私にはその能力はありません。

3について。最高裁が機能しないことには、大いに失望しました。
しかし州レベルの裁判では、調査を認めてくれたり(アリゾナ、ジョージア、ウィスコンシン)、州務長官による選挙制度変更は違法であるとの判決が出たり(ミシガン)と、前向きな判決を州民たちが勝ち取っています。これが4につながっています。

そしてこの4ですが、1や2、あるいは3の最高裁のように「ただ、祈って待つ」というものではありません。州議会や民衆たちの力により着実に進んでいます。2020年選挙には不正があり正しくはトランプさんが勝っていたことが、調査により証明される可能性があります。

「で、トランプさんは大統領に帰ってくるの!?」

ですが、ここでいったん冷静になる必要があります。

「ほらーっ!」とお叱りを受けると思いますが、これは未知の世界です。当然「正しい結果の通りに修正されるべきだ」という米国民の大きな声が沸き上がるはずですが、それが想定された制度はないし民主党がそう簡単に「わかりました」と言うはずがありませんので、たぶん大混乱になると思います。

どちらに転ぶかは、不明です。どうすべきかという「べき論」とは別に、フェイクだと証明された政権が現実的にもつのかという問題もある。

ただ、諸々ゼンブひっくるめて、選挙プロセスをしっかり調査・検証することはいずれにしても必要なことですので、その先どうなるかは不明としても、そこまではぜひやり遂げてほしいものです。そのようなスタンスで私は情報を追いかけています。

集計所ビデオ

リン・ウッド氏の対抗馬にトランプ氏の推薦状

ちょっと忍びないですが、アップしておきます。

サウスカロライナ州の共和党議長選ですが、リン・ウッドさんの対抗馬であり再選を目指す現議長のドリュー・マキシック氏に30日付でトランプ大統領からの正式推薦状が出ています。

たぶん、リン・ウッドさん周辺が盛り上がって良い雰囲気になっているので、慌てて党の上の方がトランプさんにドリュー氏への推薦を公に文書化してくれるように頼み込んだのでしょうね。リンゼー・グラム上院議員(サウスカロライナ選出)あたりも「あんな強烈なのに議長になられたらたまらん」と思っているでしょう。

トランプさんは共和党の現在の幹部たちと上手くやってゆかないといけない立場なので、頼まれたら断れないだろう。でも、リンさんやフリンさんにも頑張ってほしいと、心の中ではきっと思っていることでしょう。

トランプ推薦状ドリュー


(日本語)

ドリュー・マキシックはサウスカロライナ州のGOP議長として卓越した仕事をしており、2020年には140年以上の中で最も多くの共和党員を選出しました。 ドリューは私たちの投票法を守るために最高裁判所までずっと戦い、そして勝ちました。 彼は党を成長させ続け、グレートステートのサウスカロライナ州で保守が選出されるのを支援するでしょう。 ドリューの再選のため私から完全かつ全ての推薦を与えます!

マイケル・フリン将軍 リン・ウッド弁護士への推薦状 サウスカロライナ州共和党議長立候補に際して

前の投稿でお伝えした件ですが、マイケル・フリン将軍のリン・ウッドさんへの推薦状がとても素晴らしいので、動画とブログ同時投稿にてご紹介します。下にYouTube動画、その下に推薦状全文と日本語訳を掲載します。



フリン将軍推薦状全文


(日本語)

リン・ウッド氏が、サウスカロライナ州の共和党議長になることを心から支持することは、私の名誉であり特権です。リンはまさにこの時に、適切な人です。サウスカロライナは今この指導的役割において、リンを必要としています。そして私たちの国は、彼の勇気、知性と愛国心を必要としています。リンのために祈り、主に感謝しましょう。私たちには、自由のために向上し戦い続けることをいとわない彼のような人間を畏怖する神がいます。

なぜか?
1.今こそ、認識し、感謝する時です。愛国者たちは向上し、参加する必要があります。
2.法の支配のために戦った彼の素晴らしい成功の記録をチェックしてください(政府の腐敗との戦い、影の裏の部屋での取引、そして私たちの周りに存在する暗闇に光を当てました)。
3.彼は、新しい隣人が共和党をWe The People(WTP)に取り戻すのを支援することに尽力しています。彼は、人々がすべての力を持っていると信じています ー 古い警戒的なエリート指導者たちの陰謀団ではありません。
4.リン・ウッド氏は、サウスカロライナのWe The Peopleを通じ、誠実さを党と政府に取り戻します。

イザヤ6:8

(参考、イザヤ6:8:その時、私は主の御声を聞いた。「誰を遣わそうか、誰が我々に代わって行くだろうか」。私は言った「私がここにおります。私を遣わして下さい」)

リンウッドとフリン


3月29日〜30日コメント欄 経験から学んだこと

>(匿名)
https://rumble.com/veweyx--q-into-the-storm-1.html
Q in to the storm 1 です。
https://rumble.com/vewnet--q-into-the-storm-2.html
Q in to the storm 2 です。
3、4、はまだですが、アドレスきっと同じです。
FOXの電話インタビューは、
トランプ氏復活宣言!と言う動画もありました。
正確な情報をありがとうございます。

匿名さん、いつもご紹介ありがとうございます。
Qの番組は、よくご存じでしたね。米メディアで配信されているコンテンツに相当お詳しくないと網羅できないと思いますので、造詣の深い方とお見受けしました。
なるほど、Qアノン物語の周辺に居たネット民が実際どんな人々だったのかというのは面白い視点で制作されたドキュメンタリーだと思います。長いですし、私が取り上げるものではないかとは思いますが、興味深い世界をご紹介いただきありがとうございました。


>(団塊年金老人)以上ですが、ヤフー掲示板に投稿して宜しいでしょうか。

団塊年金老人さん、いつも当ブログのことを考えていただきありがとうございます。
実はこれまでの経験で、私がやっている活動に参加したい人を招き入れることで最終的に活動が壊れてしまうことがよくありまして、人生の後半にここらで上手くやれるようになりたいと考えているところです。団塊年金老人さんがつくったコンテンツを私のブログや動画に載せることは、しないほうがいいというのが経験則です。


この機会に、最近ふと思い出すことを。

長年やった地域の音楽活動の話をしますと、歌を歌わせてくれるお店を頭を下げ開拓しライブ活動をやりますと「自分も演らせてほしい」という人が当然出て来ます。私は、そのような人々に寛容でした。どうぞどうぞと、時間と場を提供してあげた。

彼らのその場への思い入れは次第に強くなってゆきました。良いことではありますが、熱の高まりはハレーションの原因にもなります。
淡々とひとりの演奏者としての活動を続けていた方が、最終的には多くの人々と音楽を楽しめる環境の中に居られたのではないかと感じています。

話が変わりますが、ブログと動画の関係が、ブログと歌のライブの関係に似てるかもしれないと思います。

私のブログを読んで興味を持ってライブに来てくれる人って、
「おりゃ〜っ!」
てな泉谷しげるさんみたいな人を期待して来るんですが、アレ?というようなヤワな声です。
「美しすぎて原さんが伝わってきません」
と、よく言われました。
ところがライブから入ってお付き合いいただけるようになった方は、そのヤワな声が合うような歌を期待して来る訳です。従って、ブログで世の中のことをあれこれ言う言論活動と音楽のライブ活動は分けるということになりました。

政治関係の動画も同じ可能性が高いと考えています。分析めいたことをやって人気YouTuberさんたちの真似をするよりは、誰か政治家さんのスピーチをシンプルに代弁するだけというスタイルのほうが広く受け入れられるのではないか考えています。
「声を聴いたらそんな気がしてきた」
という読者の方が多いのではないでしょうか。

gahag-0115920379

リン・ウッド氏 サウスカロライナ州の共和党議長に立候補 フリン将軍も推薦 パウエル弁護士「待ちきれないわ」

リン・ウッド弁護士が、サウスカロライナ州の共和党議長の選挙に推されて出馬することになったとのこと。ご本人もテレグラムで発表しています。

出馬に至った経緯をひとつ、ご紹介します。

現在の議長はドリュー・マキシックという人で今回も再選を目指していますが、このところ同州のホリー郡で現在の共和党責任者を解任し、自分の息のかかった25歳の若い人を据えたとのこと。この若者が郡の共和党ボランティアたちが作業して入力したマスター・データをすべて引き継いだ。

これは州の共和党トップによる郡への介入であるという訳です。郡の人々が郡を運営しており、州はこれに干渉してはいけないと。リン・ウッド氏によれば、
「この介入の唯一の合理的な説明は、ホリー郡では多数のMAGA共和党員が再編を求めているということです。 関心のある市民たちは共和党の活動において積極的かつ重要な役割を果たす準備ができており『カバル』の古い指導者は、彼らが長年維持してきた力を失うことを恐れています。
お馴染みの状況ではないでしょうか?」
と。そして、
「サウスカロライナの新しい隣人が、共和党を『The People』に戻すのを手伝いたいです」
と述べています。

もうひとつエピソード。再選を目指している現在のドリュー議長は共和党議長の年俸を明らかにしていないのですが、10〜15万ドル(1ドル=100円なら1000〜1500万円)と言われているとのこと。RINO共和党員は早くも「リン・ウッドは金が目当てで立候補した」など、ネガティブキャンペーンを繰り広げているそうです。
ところがリン・ウッドさんは「報酬は受け取らない」としています。ボランティアでやるという訳です。
「党員の方から議長に立候補するように頼まれて話したとき、私は給料を受け取らないと彼らに伝えました。私はお金のためにこれをしません。私は党員がサウスカロライナ共和党の支配を取り戻すのを助けるためにこれをやります。」
と。

そして冗談で「ドリュー氏には私がお金を受け取らないことを言わないでください」と言っています。候補者として、共和党議長の報酬が幾らなのかを知る正当な権利がリン・ウッドさんにはありますが「お金は要らないなら知る必要ないでしょ」と言われてしまうからという訳ですね。真実を人々に知らせることができなくなってしまう。

ひとつ微妙なのは、カナダ人ニュースさん情報によればトランプさんは既に現議長のドリューさんを推薦しちゃってるとのこと。
これは、やむを得ないですね。トランプさんは「まったく垢のついていない人しか使わない」なんてことが出来ない状況の中で戦ってきたので。ローカルの現場の人々の認識とは、違うことも出て来るでしょう。

マイケル・フリン将軍はリン・ウッドさんを推薦・支持。シドニー・パウエル弁護士は「リン・ウッドがサウスカロライナをひっくり返して腐敗を振るい出すのが待ちきれないわ!」とテレグラムに投稿しています。

リン・ウッドさんのテレグラムに、フリン将軍との素敵なツーショットがありました。

リンウッドとフリン

トランプ氏「バイデンよ、国境へ行け!」FOX Newsインタビュー

国境パトロールやICE(移民関税執行局)の人々がトランプ大統領に国境に来てほしいと訴えており、トランプさんが行くのではないかという噂が流れています。

この件についてFOX Newsがトランプ氏に電話インタビューを行っており、その回答のニュアンスをお伝えすべくYouTube動画にしました。動画と同じ内容を下に掲載します。



ポイントとしては、もちろんトランプさん自身も検討はしているのですが、自分よりもバイデンさんが行かなければならない、というところにトランプさんとしては力点を置いているという印象でした。ただ、メディアも関係者の方々も「もうトランプさん何とかしてください」となるのも、無理もないことだとは思います。



(FOX News 司会者:あなた自身が国境へ行くと言う噂がありますが、いつそうする計画ですか?)

トランプ大統領:多くの国境警備の人々やICE(移民関税執行局)の人々がみな私にそこへ来てほしがっており、私に頼んでいます。彼らは偉大な人々で、お世話になったと感じています。

(司会者:いつ国境へ行こうと考えていますか?)

トランプ大統領:この2〜3週間です。国境警備の人たちは次の2〜3週間のうちに来てほしがっていますので、たぶんこの2〜3週間です。
そこへ行くことは私にとり急ぎであるとは思いません。彼(バイデン)がそこへ行って決定を下すはずです。メキシコに居させる政策を彼がやめたのは、とてもとても悪い決定です。信じられません。

トランプ電話インタビュー

ジョージア州 2020年選挙検査スケジュール アリゾナより早いかも

2020年選挙検査、ジョージアも盛り上がっています。下は今日アップされた、ジョージアの公正な選挙のためのボランティア団体「VoterGA」のメンバーの方のインタビューです。

1か月ほどで、何らかの結果が見えてきそうですね。アリゾナは選挙のあらゆる工程を徹底的に調べるみたいなので時間かかりそうですが、雰囲気的にジョージアはある程度ポイントが絞られている印象です。何らかの結果が見えて来るのは、あるいはジョージアのほうが速いかもしれません。

不正には様々の要素がありましたが、下で語られているのは紙。プリンターで印刷したようなものが2〜3万あるという宣誓供述書があるとのこと。票差は約12,000ですから、真実なら選挙結果をひっくり返すのに十分です。

尚、インタビュー後半に出て来るステイシー・エイブラムスさんというのは、ジョージア民主党を代表する女性政治家。リンクを下に貼りますが、大統領選挙をずっと追いかけている人は「ああ、この人」と判ると思います。





(日本語概要)

組織の責任者であるガーランド・フェヴェリーノは、ヘンリー郡の投票の法医学的分析へのアクセスの許可を得ました。
裁判官は2つ、3つのことを尋ねました。
まず、彼らが投票用紙をどのように検査するかについての計画を求めました。
また、それを行う法医学の専門家を求めました。ですから、党の人々はいません。どちらの側にも工作員はいません。これらは裁判官によって承認されなければなりません。
裁判官が求めた3番目の事。彼はメディアへのリークを望みませんでした。彼はこれをメディアで裁定したくなかった。2万から3万の偽造投票があると主張している宣誓供述書があります。これらは、封筒に署名のない投票ではありません。誰かがプリンターでつくったような偽造品。正規でない紙に印刷して提出されたものです。
ところで、ひとつ法律であるのは、すべての紙が正確に一致しなければならないということです。それは一度に印刷され一致していなければなりません。ですから、ここに3万票の偽造投票があると言われたら、すでに次のやるべきことがあります。やるべきことは、現在セキュリティ下にある封筒を押収することです。30,000枚の封筒がない場合、投票用紙の数と一致しない場合は、署名確認をしなかったことになります。それらは既に分離されています。もし15万票と12万封筒があれば、民主党とフェイクニュースメディアは、カードの家のように15分で崩壊するでしょう。

(オーケー、ジョン。その時期はいつですか? このことについて人々が何か答えを得ることができると期待できるのはいつでしょう? とても重要です。時期は?)

約1ヶ月。 約2週間で計画を提出する必要があります。 その後、裁判官はそれを調べるのに2週間かかります。 彼は一部のアナリストを拒否するかもしれませんが、約1か月でやれるでしょう。その後、法廷検査は基本的に3日間です。 それが行われるでしょう。 その後、アナリストは調査結果と意見を
ヘンリー郡のアカラ判事に提出します。私たちは先に焦点を合わせています。
そして昨日ジョージアで起こったことは、州議会下院がステイシー・エイブラムスを打ち負かしたことです。 彼らは彼女を恐れていません。彼女は誰をも訴えることができますが、憲法では、州議会が最終的に州の投票方法を決定するとしています。 だから彼らは打ち勝ちます。 彼らは彼女を叩く。恐れていません。

3月27日〜29日コメント欄

3月27日〜29日のコメント欄です。


>(団塊年金老人)ヤフー掲示板の「バイデン氏は人を侮辱しない大統領 初会見で語ったこと」で原さん推薦しときました。

宣伝ありがとうございます!
ご協力感謝申し上げます。
当ブログへの投稿は、メッセージ欄でもコメント欄でお結構です。どうぞよろしくお願いいたします。


>(匿名)動画いいですね。
3月21日 有料番組HBOで放送開始した
Q in to the storm 1、2、(ランブルで無料)
28日 3、4、 4月4日 5、6、や
FOX NEWS のトランプ氏電話インタビューも
ファンは注目しているみたいです(^^)

匿名さん、コメントありがとうございます。
ご推薦の動画は、Rumbleで検索してみたのですが見つかりませんでした。
そうですね、トランプさんも取り上げたほうがいいと思います。がんばります。


慣れないせいか、動画の負担はやはりかなりなものです。チャンネルの力をためるにはどうやら少なくとも50本は必要なようなので、再生数少なくてもめげずに作っていきたいと思います。ブログのほうももちろん、Hara BlogあってのHara Channelなので、きっちりやってゆきます。引き続きどうぞよろしくおねがいします。

万年筆と本

「テッド・クルーズと共和党上院議員団 怒りのメキシコ国境視察報告」YouTube動画

先週金曜日にテッド・クルーズさん主導で19名の共和党上院議員団がメキシコ国境のテキサス州ドンナを訪れ、国境視察を行いました。その報告のご紹介です。

共和党上院議員によるメキシコ国境視察ツアーの動画を制作中

記事アップの頻度が減り、すみません。
現状報告をしますと、国境問題についての次の動画の原稿をまとめているところです。

下のFOXニュースの動画ですが、英語がわからなくても見ていただけたら国境の施設の中がいかにひどいかがわかります。

動画の中の映像や写真ですが、メディアがシャットアウトされていますので、怒ったテッド・クルーズさんが共和党上院議員18名を引き連れてメキシコ国境のテキサス州ドナ市へ視察ツアーを行い、そこで一行がが撮ったもの。現在、議員さんたちのツイッターでの拡散やメディアへのリリースを行っているところで、こうして出てきているところです。

この視察ツアー報告を簡単にまとめて動画にしようとしています。数時間後にアップします。

麻薬カルテルが国境を運営している OAN ブラックバーン上院議員インタビュー

OAN(One America News Network)は、地味ながら真に迫ったいい取材をしていると感じます。

テネシー州選出のマーシャ・ブラックバーン上院議員へのインタビューがRumbleにアップされていたのでご紹介します。聴き取りづらく正確でない部分もあると思いますが、大筋の概要ということでご紹介します。生々しい状況です。



(日本語概略)

【ブラックバーン上院議員:麻薬カルテルが国境を運営している】

(司会者)人間の密入国へのカルテル(メキシコの麻薬など扱うギャング組織)の関係について語ってください。

ブラックバーン:カルテルが国境を運営しているのです。メキシコ側では、カルテルなしでどこにも行けません。カルテルは大きなビジネスで国家的に動いています。地球全体から人々がやって来て、カルテルとつながっていて、カルテルが集約し、識別できるよう着るものを与えます。軍隊が作業着を与えます。このカルテルは輪っかをつけており、他の人もつけている。服を与えられ背負い袋を与えられ同じ靴を与えられ、その集団に入るなら腕バンドをつける。カルテルに費用を支払ったなら、それはひとつの色。しかしもしアメリカに行くための費用を支払うなら、別の色になります。それで、子供たちが性売買や労働ギャングや人身売買やMS-13ギャングに送られることになります。痛ましいことです。

(司会者)上院議員殿、あなたがたは国境波動防止のための法案について動いていますが、これについて説明してください。

ブラックバーン:我々は、トランプ大統領が結んだプロトコールを、そこで起きていることを止めるために箱の中(法のことか?)に入れる必要があるのです。それと、それに大変関係する事柄を。児童搾取防止法。国境では20%の子供、未成年者が親と一緒であることがわかっています。それは彼らの子供ではないのです(人身売買業者による引率)。従い、国境パトロールにはDNAテストをやってもらう必要があります。90分で済みます。それでその子供が本当に親と一緒なのかわかります。それは自分の子であるという証明の書類がない大人たちにだけ適用されます。これらの子供たちの命を救うのに90分だけで済むのです。90分で有罪かどうかを判定します。カルテルと判明するのか、親に返すのか。
民主党は国会でこの法案に反対したのをご存じですか?彼らは「空港当局がどうやっているかを想像してください」と言います。ですが、空港に来るほとんどの人々は、空港で入国する人は子供に関する書類を持っています。これは、不法に入国しようとする人々に適用される問題なのです。

(司会者)テネシー州のマーシャ・ブラックバーン上院議員殿、我々に語っていただきありがとうございました。

ブラックバーン:ご一緒出来てよかったです。ありがとうございました。

メキシカン・カルテル

「またAn▯if△だ これは作り話じゃない」トランプJr さん3月13日Rumble動画紹介のYouTube

ドンJr.さんをもう一本、3月13日Rumble動画「またAntifaだ これは作り話じゃない」の紹介をYouTube化しました。

ワンパターンですみません。ここらで一本ドンJr.さんでないものも入れようかと考えています。

チャンネル登録をどうかよろしくお願いします。

2020年選挙 モンタナ州でも調査 OANより

2020年選挙の検証はスウィングステートだけでなく、他州にも広がりを見せているようです。

下のOANのRumble動画を要点だけ解説します。

モンタナ州はトランプ氏が余裕を持って勝利した共和党の強いレッドステートですが、同時に行われていた上院議員選挙では元州知事の民主党スティーブ・ブロック氏が上院議員に立候補していました(結果は落選)。彼が主導で民主党支持者たちには郵便投票が呼び掛けられていたとのこと。

同州のムズーリ郡は民主党が強い郡ですが、共和党議員の要請に基づき調査をしたところ、72,491票の郵便投票のうち4,592票に封筒がなかったと。サインの照合ができないので大問題。つまり約6%の票は集計してはいけなかったことになります。また、28通の同じ住所の郵便投票があり、正確に同じ人のサインがあったと。

6%という数字は連邦選挙には影響はないものの、同時に行われていた上下院州議会議員選挙には影響があり、例えば下院第94地区とか96地区とかは僅差で民主党が勝っているのですが、6%の範囲。参考までファイルにして下に貼ります。元サイトはこちら

このような検証が全国で進むのは、いい傾向だと思います。僅差で落選したローカルの州議会議員元候補たちが主導で2020年選挙の検証をする動きが広がれば、選挙の浄化が進むしトランプ氏にいっそう有利な材料が出て来そうです。



モンタナ州議会議員選挙 下院第94地区
94チク


モンタナ州議会議員選挙 下院第96地区
96地区

マイク・リンデル氏 新SNS「FRANK」を発表

マイ・ピロー社CEOのマイク・リンデル氏が、新しいSNSプラットフォームの創設を発表しています。名称は「FRANK」。「Coming Soon」とし、ベースサイトも出来ています。



3月24日にCBSに出演し、インタビューに答えていますので概要をご紹介します。
注目すべきは「生計の手段」ですね。広告料収入が得られるか。そこにもちゃんと触れています。ただ、どれくらいのインフルエンサーが移ってきてくれるかによるでしょうね。健闘を祈りたいと思います。



(司会者)
クリスチャンで保守派のビジネスマン、マイ・ピロー社長として知られているマイク・リンデル氏は、新しい事業を計画しており、それは現在のソーシャル・メディアWEBサイトを代替するものです。彼のビジョンと、彼の試みを支持してくれるのは誰であると彼が信じているかを聞いてみました。

(マイク・リンデル)
それはすべてのインフルエンサーです。言論の自由が戻ってきます。ポッドキャストやTVのインフルエンサーたちが、彼らがYouTubeに奪われた、声に出したいことをいう事ができます。

(聞き手)
あなたが嫌いなコンテンツを制御するパラメーターはあります?

(マイク)
ポルノグラフィーのようなものは許可されませんが、政権が国境で何をやっているかとか、そのようなことは確実に言えるようにします。実際には、プラットフォームは「FRANK」と呼ばれFRANKは「Free Forth Right and Sincere Expression」を意味します。修正第一条の言論の自由に立ち戻り、抑圧的なキャンセル文化や、修正第一条を奪うことや、そのようなことはしません。我々はAppleやAmazonやYouTubeやGoogleやFacebookのザッカーバーグなど完全に私たちを抑圧しているような人々の同盟ではありません。それらは共産主義やナチのドイツのようです。コミュニケーションを奪いあなたをキャンセルする。進行中なのはまったく酷いことです。

(司会者)
マイク、このニュースサイトを発表してみてどんな反応を受けていますか?

(マイク)
みんなエキサイトしています。みんな政治や色んなことをライブで語っており、キャンセルされてしまった人々です。FacebookやTwitterやYouTubeチャンネルから。いま彼らは、再び真実を語り意見を言えることに。キャンセルされずに。それは勇気づけられることで、このプラットフォームに来るYouTubeをキャンセルされた人を、私は勇気づけています。ここでボーナスを得なさいと。ここで語ることができるのだから。みんなエキサイトしています。インフルエンサーたちやポッドキャスターたちは生計の手段を失ったのですから。彼らは生計の手段を取り戻すことができます。なぜなら人々がみなここをフォローするでしょうしやって来るでしょうから。
私はみなさんが語り合える場をつくりたい。これは保守派やクリスチャンだけの場では。みんなの場です。私はこれが国中に行き渡りみんなが見るだろうと信じています。私たちはキャンセル文化や修正第一条を奪うことを切り抜ける。選挙のことを考えあのような機械を国で使われなくする。政治的だけでなくすべての人々を団結させる素晴らしいことです。我々は歴史的な復活をし神の元の一つの国となるでしょう。

マイク氏




ドンJr.さん3月25日Rumble「ジョー・バイデンは州兵が床に寝ているのに不法移民にホテル部屋を与えている」ほか

トランプJr.さんの3月25日Rumbleのご紹介です。

ワシントンDCの州兵たちは冷たい床に寝かされているのに国境を越えて入って来る不法移民たちにホテルの部屋が与えられる不平等について語っています。



(日本語概要)

みなさん、言葉を失いました。おわかりでしょうが、こんなことあり得ません。ジョー・バイデンのプレス報道官ジェン・サキも言葉を無くしたようです。説明するのに困っています。なぜ法を犯して入国して来る移民にホテルの部屋があてがわれるのか。みなさんの税金から支払われます。DCを護っている私たちの州兵・・・彼らが必要なのか解りませんが、左派の数名が居なければならないと決めている・・・彼らは冷たい固い床の上で寝ています。不法移民にはみなさん納税者のお金が8億7千万ドル使われます。ホテルの部屋に入れるのに。州兵が床の上で寝ているというのに。
第一、こんなことはトランプ政権下では起きませんでした。こんな屈折したことは起きなかった。なぜなら、国境政策が機能していたかです。やって来るのを阻止していた。あなたには自由権はありません、あなたには精神の自由はありません、ホテルもなく冷たいです、無償教育もありません。あなたは国境を超え入ることはできません。それがトランプ政権下で薬物の流入が減った理由です。それがトランプ政権下で人間の流入が減った理由です。それがトランプ政権下で不法国境侵入が減った理由です。今バイデンは「みなさんにすべてを与えますよ」と約束している。アメリカの納税者たちが皆さんの暮らしの面倒をみてくれますと。無償保険、無償教育、よろしいですよ、いらっしゃい。それが前例のないほど国境を越えて人が入ってきている理由です。責めることすらできない。バイデン政権のまったくの決定力の欠如です。能力が欠如しています。今、みなさん納税者がいつものように支払わなければならない。それはこの国に入って来る不法移民が実際のアメリカ人よりも待遇がいいということ。前回の刺激策は企業の利益のためでした。アメリカの納税者には僅かしか行き渡りません。そして次の刺激策の側面として急激な増税があるでしょう。不法移民のヘルスケアを賄うために。見ておきましょう。このことがやって来ます。
なぜこの国に違法に入って来る移民がなぜ州兵たちよりも良い待遇なのでしょうか。私たちの国に奉仕するために何年間も人生を捧げている男性や女性たちよりも。彼らにはホテルの部屋は与えられません。冷たい床の上で寝ています。みなさんが不法移民がホテルで過ごす支払いをするのです。これは不平等です。不平等とはこのことを言うのです。バイデン政権は平等について語るのがとても好きです。これは何なのでしょうか。大きな不平等に思えます。そして関係しているのはみなさんが支払いをしているということです。(以上)

ドンJr州兵と移民


この記事への付け足しで失礼します。もうひとつ、3月26日のドンJr.さんRumbleも簡単にご紹介しておきます。

デリケートな言葉が並び読むに堪えなくなりますので日本語訳しませんが、カマラ・ハリスが「女性と女の子に力を与えるカンファレンス」でビル・クリントンと対談することを強烈に皮肉っています。エプスタインの島に何度も行っている、写真もある、犯罪の犠牲者であるとても若い子にマッサージを受けている、あのビル・クリントンが女性に力を与えるですって?と。何か理由があったのかもしれませんが、民主党の皆さんこれは彼女(ハリス)を弱めることにしかなりませんよと締めくくっています。

民主党は正気を失っているとのことですが、ドンJr.さんも言うように、たぶん何か理由があったのでしょう。どんな事情だったのでしょうね。

3月24日〜27日コメント欄 五輪中止を促すNBCサイト記事警告は深刻

3月24日〜27日のコメント欄、団塊年金老人さん、当ブログの発展のために熱烈に色々考えてくださり、どうもありがとうございます。自分にとり未知の部分を開拓しながら進んでおり、アップした記事や動画は完璧からは程遠いこと承知しております。恐縮ながら、コメントはすべて読ませていただいており感謝申し上げておりますという言葉で、まとめてで申し訳ないのですが、ご理解いただけますようお願いいたします。

一点だけ、場合によっては国の一大事と思われる点。

>日本でも、日刊スポーツがナチスの部分を除いてはそれなりにNBC記事を伝えています。
それを受けてヤフー掲示板は大絶賛で、皆さん色々とコメンテーター持論を展開しています。

情報ありがとうございます。早くに報じていたのは東スポで私はそれで知りまして、それには原発もナチも書かれてありませんでした。NBCサイトを見に行ったところ思いのほかキツいことが書かれており、これはタイヘンと日本語みして紹介したものです。最大級のスポンサーからこれを言われているのを、日本国民が知らないのは大問題。ヒトラーにメルトダウンに人権問題に・・・あらゆるマイナス要素を詰め込んでブッ叩かれています。

ご紹介いただいた日刊スポーツはそれなりに触れていますね。ありがたいことです。もしかすると担当の方がHara Blogを見てアンテナでキャッチくれたのかもしれない。それも当ブログの役割だと思います。願わくば当ブログ自体がもっと大きくなりたいものです。



さて、大手メディアは本件を取り上げませんが、日本政府はどう考えているのだろう?
(追記:日経が取り上げていました)


表向き言ってることと違い「五輪は中止」というのが日本政府の中でも既定路線であり、中止する権限は日本にはないから粛々と開催国としてやることをやりIOCの決定を待っている・・・ということなら、静かに見ていればよいと思います。代表選手たちにも内々に伝えてあるということなら。

「いや、表向き言っている通り、やる気だ」
というのだと、国の一大事なんですよね〜
大丈夫なんだろうかと、かなり心配です。

聖火

ドンJr.さん3月9日Rumble動画化 トランプタワーより「みなさんありがとう」

ドンJr.さんの3月9日Rumbleを動画化しましたのでお知らせします。

ぜひ、チャンネル登録をどうかよろしくお願いします。

IOC主要収入源のひとつ 米NBCが五輪開催に疑問を呈する記事

巨額の放映権料でIOCの大ききな収入源となっている米テレビ局NBCですが、3月24日の日経記事に五輪開催について「IOCの決定に従う」との方針が掲載されていました。同社は投資家向け説明会で「保険などでカバーされるため中止になっても損失は出ない」と述べたとのこと。
(追記:昨年の記事で、失礼しました。保険などでヘッジされているというのは参考になると思いますのでそのままにします)



いっぽう同社サイト上に3月25日付けて下の記事を掲載しており、率直に受け止めると中止を促しているととれます。スタートした聖火リレーを「ナチのプロパガンダと同じだ」としており、相当に厳しい批判です。ジュールズ・ボイコフ氏という元プロサッカー選手で現在スポーツ記者の方の寄稿という形ではありますが、掲載しているということは内容に同調していると理解されます。



(日本語概要)

【コビッドの恐怖の中で、東京オリンピックのトーチリレーが始まる。 消す必要がある。】

この光景は、オリンピックの伝統の祭壇で公衆衛生を犠牲にする危険性があるーナチスによって確立されたもの、そのものだ。

2021年3月25日午後5時30分JST
ジュールズ・ボイコフ

東京オリンピックの主催者は木曜日に日本でオリンピック聖火リレーを開始した。7月23日の開会式にオリンピックスタジアムに到着する前に、10,000人の聖火リレーランナーにより全国をジグザグするように設定されている。

オリンピックの主催者は、東京にせよIOC(国際オリンピック委員会)にせよ、雰囲気を和らげるため象徴的なことを急いでいる。しかしパンデミックの中での東京のトーチリレーは、オリンピックの見世物の祭壇で公衆衛生を犠牲にする危険性があるーこれはナチスによって確立された伝統にほかならない。伝統の中で、特にナチスのプロパガンダに根ざしたものは、消滅させる必要がある。

聖火リレーの原点である福島は、2011年3月に県を襲った三重の悪運、地震、津波、核メルトダウンの現場であり、この儀式の独特の偽善、危害や不条理を浮き彫りにするだけでなく、この歴史的な瞬間に、日本がオリンピックを全体として進めていることの問題を象徴している。東京2020大会(Covid-19のために1年延期)は元々、福島復興の趣旨に賛同し「復興オリンピック」と名付けられた。

しかし、この地域の多くの人々は、実際には福島の回復が遅いことで東京オリンピックを非難しており、ゲームの準備のためにリソースが福島から東京に転用されてきた。スポーツジャーナリストのデイブ・ジリン氏は、2019年に福島を訪問し「このようなものは見たことがない。彼らは復興していない場所について、復興という思想を、トーチリレーのテーマにしている。これ以上の皮肉はない」と述べた。

福島の多くの人が同意している。 「福島は東京オリンピックのために犠牲にされている」と、反オリンピック活動家のキョウゴクノリコ氏は私に言った。 トーチリレー出発の1週間前に、キョウゴク氏は福島の抗議者たちに加わり「中止せよ!オリンピックはない!」と書かれた横断幕を広げた。 別の抗議者である宮崎トシオ氏は、聖火リレーは「福島に回復がないという現実を隠すために」設計された「政治的偽装」であると述べた。また神戸大学の小笠原ヒロキ教授はこのリレーを、福島の深刻で長引く問題から注意をそらす「聖火ウォッシュ」であると言った。

さらに、オリンピック当局者は、ゲームが国全体(いや、惑星)に再スタートの機会を提供することを示唆する独自のスローガンを採用した。Covid-19パンデミックの間、オリンピックの指導者たちは、東京オリンピックを「世界への希望の光」や「トンネルの終わりの光」と呼び代名詞のにブロマイドとした。

特に問題なのは、今週のトーチリレーから始まる夏季オリンピックが実際にパンデミックを悪化させる可能性があることだ。日本でのワクチンの展開はまだ進んでいないため、オリンピックが始まるときには人口のすべてがワクチン接種されていることはない。オリンピックの主催者は外国人の観客は許可されないと発表したが、何千人ものアスリート、コーチ、ジャーナリストがまだ流入すると予想されており、彼らは誰もワクチン接種を受けることを要求されない。日本国民は当然のことながらぎくしゃくしている。人口のなんと80%が、オリンピックの完全なキャンセルまたはさらなる延期を支持している。

その結果、日本のオリンピックに対する懐疑論が蔓延している。政府が日曜日にコロナウイルスによる非常事態を解除したとき、政治評論家はそのタイミングに疑いを持った。関西大学スポーツ・ジェンダー・セクシュアリティ研究教授のイタヤサトコ氏は私に「感染症が再び増加しているにもかかわらず3月21日に非常事態宣言が解除された理由の1つは、聖火リレーが4日後に開始する予定だからです」と語った。

東京2020の安全協定には、聖火ランナーの気温が華氏99.5度を超える場合「ランニングを控えるよう求められる」と記載されている。観客は歓声を上げるのではなく、拍手することが勧められている。しかし、アメリカの医学教育者であるミーガン・ラニー博士は、温度チェックなどの推奨事項を「衛生劇場」として一蹴した。

もちろん、聖火リレー全体が劇場であり、それがスペクタクルを疑う必要があるもう1つの理由である。それはオリンピック聖火を通じ彼らのゴスペルを広める方法として、1936年の夏季オリンピックへ向けナチスにより発明された。

当初、アドルフ・ヒトラーが政権を握る前に国際オリンピック委員会がベルリンに手渡したオリンピックは「フリーメーソンとユダヤ人による陰謀」と彼らを嘲笑した総統には、ほとんど関心がなかった。しかし、プロパガンダ大臣のヨーゼフ・ゲッベルスは、このゲームは世界中の観客へ向けオリンピックの輝きに卍を浴びせる素晴らしい機会であると彼を説得した。

ナチスは、ドイツ人が古代ギリシャ人からアーリア人の血統を主張する方法として、オリンピック聖火リレーを想起させた。 リレーは、ベルリンに向かう前にギリシャのオリンピアで始まり、ヒトラーがヨーロッパの主要な戦略的地域にナチスのプロパガンダを吹きかけることを可能にした。ステレオタイプの金髪の青い目のランナーがベルリンでのトーチランを締めくくり、オリンピックの創設者ピエール・ド・クーベルタンはそれを「勇敢かつ完全なる成功」と述べた。

現代のプロパガンダとしての聖火リレーの使用は、わずかに岩の多い道を歩んでいる。2008年の北京夏季オリンピックの主催者はこのイベントを「調和の旅」と称したが、親チベット人権活動家が彼らの目的を明らかにするためにこの機会を利用したため、都市ごとに小競り合いが起こった。

一部の抗議者はしばしば「聖火保護団」と呼ばれる中国警察からの執行隊により弾圧に遭遇した。この大失敗の後、国際オリンピック委員会は、開催国内に聖火リレーを収めることを決定した。 それにもかかわらず、活動家たちは固執した ー 抗議者たちは聖火リレーが彼らの反対意見を迂回するよう強要した。今回、福島のデモ参加者、そして全国の人々は、トーチラリーが始まる前に停止するよう求めた。彼らに耳を傾ける時だ。

聖火リレー

ウィスコンシン州議会 2020年選挙の不正調査を決定

アリゾナ州、ジョージア州と併行し、ウィスコンシン州でも州議会が2020年大統領選挙の不正疑惑を調査することを決議しました。

これで、スウィングステートのうち具体的に3州(アリゾナ、ジョージア、ウィスコンシン)で調査が行われますので、トランプ氏が勝利していたことが証明される可能性が現実的に見えてきました。この3州がトランプ勝利ならば2020年選挙の結果はひっくり返ります。
ただし注意が必要なのは、そうなったからといって自動的にトランプ氏が大統領に復帰する訳ではありません。ではどうなるのか?については、未知の領域。そのようなことが想定された制度はないでしょうから、かなりの混乱が予想されます。

ウィスコンシンの状況について、以下のサイトがAPやGatewayPunditを引用しながら概要を解説していたので、内容を箇条書きでご紹介します。

MAJOR WIN: Wisconsin Assembly Votes To Conduct Full-Blown Investigation Into 2020 Election Fraud

・2020年選挙でウィスコンシン州では多くの不正が報告された。ウィスコンシン州議会は、調査委員会により本格的な調査を行うことを決議した。

・調査委員会は、証言のための召喚状を出し必要な書類の提出を求める権限を持つ。

・民主党は「これは選挙への信頼を損ない、共和党が選管を侮辱し政治的ポイントを稼ごうとしている」と批判している。

・立法委員会が誰かを強制的に召喚し証言させるという権限は、半世紀もの間使用されていない。サンフェリッポ共和党議員は、そのような必要がないことを願っていると。

・議会共和党により選挙改革の法案が導入されている
 ー投票箱の数を制限
 ー投票者IDの厳格化
 ー不在者投票が可能となる人を制限
 ー選挙当局者が不在者投票の返信封筒の欠落情報を埋めることを禁止
 ー期日前投票により多くの書類を必要とする

・バイデンは深夜の不審な票の急増により21,000票でウィスコンシンを制したと言われているが、情報はビッグテックにより抑圧され主流メディアに無視されている。

・就任式から2か月以上たち、不正選挙であったことを信じる多くの人々もあきらめた。しかし、真実を明らかにしトランプを大統領に戻すことを望む人々がまだいる。ウィスコンシンのニュースは、それらの人々に希望を与えるだろう。

・ミルウォーキー郡ではこの10年人口が減少しているにも関わらず、バイデンはオバマやヒラリーの票を上回った。

・何らかの理由で動けない人や障害者の郵便投票の投票は、2016年の約60,000人から2020年には240,000人以上に急増した。彼らは写真付き身分証明書の提示なしで投票できるが、適切に管理されていたか不明。

‎・デーン郡のオブザーバーたちは「MLW」(ミルウォーキー郡?)のイニシャルがついた何千もの投票用紙を見た。それらには折り目がなかった。

・この調査で選挙結果が変わらなくても、不正の手口を見つけ将来の選挙に役立てることができるだろう。

Stop the Steal

バイデン氏 就任後初の記者会見 共和党議員「見るに堪えない」NYポスト記事より

大統領に就任したとされているバイデン氏の就任後初の記者会見が木曜日に行われましたが、かなり突っ込みどころ満載のようです。

すべてを物語っている下の写真が拡散されています。

記者会見Note


ニューヨークポストの記事を以下、ご紹介します。



(日本語概略)

【 共和党の指導者たち、バイデンの「見るに堪えない」最初の記者会見を引き裂く。国境危機を否定 】

共和党は、木曜日の最初の単独記者会見の後のバイデン大統領を非難し、ある上院議員はイベント全体を「見るに堪えない」と言った。

多くの共和党議員は、国境に関する最高司令官のコメント、特に移民危機に関する前任者のトランプ前大統領に対する非難に焦点を合わせた。

「何千人もの子供たちが、バイデン大統領が米国に到着したときに恩赦を与えると信じているため、中央アメリカを危険な旅をしている」と、ケビン・マッカーシー氏(共和党・カリフォルニア)はバイデンが移民の急増に関する質問を受けているビデオと一緒にツイートした。

「これらの事実に対するとき、彼はいかなる責任もきっぱりと否定します。 これはバイデンの国境危機です。」

テッド・クルーズ上院議員(共和党、テキサス)もバイデンの移民についてのコメントに怒りを集中させ、記者が見たい問題(国境の状況)への対処が完了するまで移民施設でカメラを許可しないことを記者に暗示しているように見えるビデオをリツイートした。

「バイデンからの実際の透明性は、キャパの1,556%になっているドナ施設を記者に対しすぐにオープンにすることだ」と国境の州の上院議員は書いた。

上院時代からの最高司令官との元友人であるリンゼー・グラハム上院議員(共和党、サウスカロライナ)は、危機そのものについての認識に疑問を呈しつつ、バイデンを2つの面で追求し、移民政策を非難した。

「敬意を表し申し上げますが、この記者会見は見るに堪えない。 バイデン大統領からの移民に関する誤った情報は驚くべきものだ。 彼が国境で何が起きているのか、それを修正する方法を理解するために必要な状況認識を持っていないことは明らかだ」と彼は一連のツイートの1つに書いています。

「悲しいことに、バイデン大統領は国境での現在の力学と不法移民を『引き起こす』要因についての基本を理解していない」と彼は続けた。

リック・スコット上院議員(共和党、フロリダ州)が運営する上院共和党上院キャンペーン部門である全国共和党上院委員会は、バイデンの記者会見への多くの不満の1つをツイートした。

「私は、米国上院に居た時に、物事を成し遂げる方法を計算するのが特に苦手だったことはありません。 だから、何かを成し遂げるための最良の方法は、もしあなたが、とにかく、あなたができるやりたいことを側で大切にしているなら」とバイデンはビデオで言った。

「@JoeBidenのアメリカへの計画」とNRSCは見出しで書いている。

ローレン・ボーベルト議員(共和党、コロラド州)は、ドナルド・トランプ大統領と記者団との間の4年間の騒々しい議論の末に、記者たちが突然礼儀正しく振舞うようになった理由に疑問を投げかけた。

「過去4年間トランプにしたように、邪魔をするようなことをしていた記者たちはどこへ行ったのでしょうか。 質問がスクリプト化されているようです。 これは大きな詐欺であり、アメリカの人々はそれを知っています」とコロラドの政治家は書いた。

元ホワイトハウス報道官のショーン・スパイサーは、取り上げられたトピックが少なかったことと、記者会見参加に選ばれたメディアのメンバーの礼儀正しさに注目した。

「大統領は、5つの項目をカバーする59分間、10人の友好的な記者から30の(フォローアップを含む)質問を受けた」とスパイサーはツイートした。

ホワイトハウスの元報道官であるケイリー・マケニーも記者たちが友好的であることに気づき、ツイッターで次のように書いている。「門のすぐ外で、ホワイトハウス記者団はバイデン大統領を代表しています」

「トランプ大統領に対しても彼らがそのレベルの敬意を日常的に示していたら良かったことでしょう。」

DON Jr.さん「これは21世紀の焚書だ」YouTube動画

DON Jr.さんの2月23日Rumble動画「これは21世紀の焚書だ」の紹介を動画化しYouTubeにアップしました。

Hara Blogをお読みいただいている皆様には新しい情報はありませんが、SNSシェア等ご協力いただけましたら大変ありがたいです。当面は、内容的にはこの程度の軽いものをメインに自身の練習を兼ねチャンネルつくりをしてゆきたいと思います。物足らないと思いますが、どうか長い目でご支援いただけますよう、よろしくお願い申し上げます。

クオモNY州知事の粘り 弾劾裁判は時間稼ぎ作戦へ

お騒がせのアンドリュー・クオモ氏(ニューヨーク州知事)ですが、辞任はしないと言い張っており、弾劾裁判も、もし意図的に戦術的に行っているとすれば中々にしぶとい作戦に出ているようです。

実は、クオモの弾劾の要素を調査するための司法委員会の弁護士団として採用されたのがデビッド・ポークという弁護士事務所ですが、ここで30年来働いておりクオモのパートナーであった(現在は引退している)デニス・グレイザー氏が現NY州最高裁裁判長のジャジャネット・ディフィオーレ女史の夫であるということで、利益相反の可能性があると批判が上がっています(彼女が弾劾裁判で裁判長を務める)。

つまり、民主党も世論を考慮し表向きはクオモを猛烈に責めながらも、最終的にはうやむやにすることを狙っているのではないか。

さらに、セクハラ関連ですが、下のNewsmax記事にもある通り、告発した女性たちひとりひとりから状況を具体的に詳しく聴き取りしてゆく過程が入りますので、時間がかかります。下手をすると告発女性が多いほど時間がかかりクオモに有利ということになるかもしれません。

尚、現在は「親族に優先的にCOVID19の検査を受けさせていた」という件が発覚し批判されていますが、私見ながらこれも決定打にはならないだろうと感じます。



(Newsmax記事 日本語概要)

【 クオモ弾劾調査は「数か月」かかる可能性がある:司法委員長 】

ニューヨーク州議会によるアンドリュー・クオモ知事の弾劾調査には「数か月」かかる可能性が高いと、議会の司法委員会の委員長は述べている。

民主党のクオモは、複数の女性がセクハラで彼を非難した後も、辞任の呼びかけに抵抗した。 彼はまた、高齢者施設でのCOVID-19による死亡に関する情報を押さえると彼の政権が決めたことに対する怒りに直面している。

ロングアイランド民主党のチャールズ・ラヴィン司法委員会委員長は、クオモの行動を調査するために雇われた法務チームが目撃者と会い、文書を調べ「知事が弾劾の記事を正当化する行為に従事したという証拠があるかどうかを評価する」と述べた。

「調査中の問題の幅と深刻さを考えると、時期は数週間ではなく数ヶ月になると予想している」とラヴィーンは火曜日の朝に音声のみの放送でストリーミングされた司法委員会の会議で述べた。

ニューヨークは1913年に一度だけ知事を弾劾しました。

議会の調査のどれほどが一般に公開されるかはまだ明らかではない。 司法委員会は、公聴会を開くかどうかについてはまだ発表していない。

クオモは、現在のスタッフ2人を含む数人の女性に対して、セクハラや不適切な行動をとったという申し立てに直面している。 告発は、女性のシャツの下で手探りしたり、望まないキスやセックスやデートについての歓迎されない個人的な質問をすることまで、多岐にわたります。

知事は、誰かに不適切に触れたことを否定し、誰かに不快感を与えたとすれば謝罪すると言った。 彼は、彼の政権は高齢者施設の死亡に関する完全なデータを早期に発表すべきだったが、検証が必要だったため、いくつかの死亡統計を差し控えたと述べた。

クオモを辞めさせたい議員の派閥は、調査がクオモのために時間をかけていると不平を言っている。 他の人は彼が徹底的な適正手続きに値すると言った。

「私たちは生命、自由、評判、レガシーなどを扱っている」と議員のラトリス・ウォーカーは述べた。

クオモを調査するために議会に雇われた弁護士のチームには、2016年の大統領選挙で外国の干渉を調査した特別検察官ロバート・ミューラーのチームの一部であった元連邦検察官のグレッグ・アンドレスが含まれている。 チームの他のメンバーは、マンハッタンの元連邦検察官のマーチン・ベアモン、およびホワイトカラーの弁護および調査弁護士のアンジェラ・バーゲス。

3人の弁護士はすべて、マンハッタンの法律事務所Davis Polk&Wardwell LLPのメンバーである。

クオモの不法行為を非難した女性を含むクオモを批判する人々の一部は、デニス・グレイザーは引退したパートナーの1人でクオモの政治任命者であり、いずれにしても弾劾裁判を担当するであろう州の最高裁判事と結婚しているという理由で、その会社を選択したと主張した。

ラビーンとベアモンはどちらも、潜在的な利益相反を検討したが、利益相反はないと判断したと述べた。 グレイザー氏は、2012年の引退以来、同社の事業や活動に関与していないと同社の弁護士は語った。

クオモ


参考資料:

ケイリー・マケナニー元WH報道官 国境メディア規制を語る YouTube動画

昨日投稿たマケナニー元報道官が国境のメディア規制を語る内容紹介を動画にしてYouTubeにアップしました。

バイデン 国境問題に関する見解を述べ、移民急増を前政権のせいにする

深刻です。

先日ご紹介したのトランプ大統領のインタビューで、オバマ政権が中央アメリカの国々に毎年払っていた5億ドルは目的通り使われていなかったのでやめたと述べていました。

先ほどのバイデン氏の会見によれば、これ(7億ドルと言っている)をやめたせいで移民が急増したとの見解です。責任をトランプ氏になすりつけています。



バイデン国境政策

トランプJr.さん3月24日ランブル「コロラド銃撃の話術、一夜にして文字通り崩壊」

トランプJr.さんの3月24日のランブル動画です。

一昨日のコロラド州ボルダー市の銃乱射事件の後、左派の有名人が一斉に犯人を白人と決めつけ白人至上主義を非難するツイートを投稿しましたが、白人でないと判った後も撤回も謝罪もしないことについて。

個人的には、カマラ・ハリスのツイートが酷いなと思いました(現在は削除されたとのこと)。副大統領のツイートとは思えない。驚きです。



(日本語概略)

コロラドの銃乱射事件。この悲劇を起こしたのはMAGA(Make America Great Again)サポーターではありません。ボルダーでこれらの人々を殺害したのは。今、これをやったのはドナルド・トランプをヘイト(嫌っていた)人間であることが判っています。

ソーシャルメディアで投稿を削除した人が居ますが、スクリーンショットをとっています。それはドナルド・トランプを嫌っている人です。ブルーチェック(ツイッター社が有名人の本人アカウントと確認したものにつけられる)のついた人々があからさまに言っていたことと対照的です。あらゆる種類の人間がいます。

カマラ・ハリス。(彼女のツイート)
「アトランタの銃撃から1週間も経っていない。暴力的な白人が我が国の最大のテロリストで脅威です」

このツイートが読まれたのです。でも何の謝罪もありません。彼らはこのことに何も言わない。それはさておき。別のリベラルのレポーター、エミー・シスコンド。(彼女のツイート)
「発砲者は拘留された。つまりほぼ間違いなく白人男性ということだ(またです)。黒人か有色人種なら殺されていたでしょう」

さて、今私たちは真実を知っています。(エミー・シスコンドのツイート)
「犠牲者に哀悼を捧げましょう。しかし、殺人者の名を広くしらしめることにより栄光を与えることはやめましょう」
マジですか。あなたも変わってしまったのですか。あなたは彼を悲しきトランプサポーターとしたのではなかったですか。

これが今起きていることです。これらがスクリーンショットです。追っ手たちの。なぜ変わったのか。なぜ真実を言わない。なんて嫌気がさす人たちでしょう。これらを政治的に都合の良いように使うなんて。私はこれを、ブルーチェックのついたカマラ・ハリスのような人がリリースしたのを見たのです。彼女がそうだったらいいなという期待に基づいたもの。肌の色が。彼女らは話術を使っている。これらはニュースにはなりませんでした。彼がもしトランプサポーターだったら、週の終わりまでニュースになっていたでしょう。ケレブ・ハルがいいことを言っています(彼のツイート)
「これらが愚かな左派の者たちだ。ボルダーの銃撃の悲劇をすぐに政治化し話術をおし進め、彼がムスリムだと判って崩壊した。」
そして、彼はブルーチェックのついた人について語っています。
ブルーチェックのついたジュリエ・ディカロ。(彼女のツイート)
「AR-15(アーマナイトライフル)を持った白人が良い日を過ごせるかどうかに人々の命がかかっていることに、本当に疲れました」
デッドスピン(スポーツニュース紙)の編集者でUS Todayの編集者。これが彼女が言っていること。これが彼女の考えること。
次がエミー・シスコンド。既に紹介しました。
ジョージ・ハン。(彼のツイート)
「AR-15を持った白人の男が多くの人を殺害したとき、動機は本当にこれらに関係していたのか?
動機のネタバレ注意:怒り、適応障害、逃避、性的不能、すなわち特殊ではない)」
今、白人男性でないことがわかった。ムスリムであることがわかり、突然変わった。ディラン・パークも、もうひとりCJウェローマン、みな白人だと言っている。かれらの謝罪はどこにあるのでしょう? 私は間違えていました。実際にはムスリムの過激派だったようですと。何が起きているのか。なぜ彼らはそれが言えないのか。
コメディアンのDJヒューグリー(彼のツイート)
「武器を持った白人の大量殺人者は警官に付き添われ、電話を持った黒人よりも生きるチャンスが多い」
これの撤回もないだろう。何もない。コメディアンだから。
リベラルのコメンテーター、ロザンナアーカイト。かなりよく知られた人ですが、こう言っている。(彼女のツイート)
「ありのままにそれを呼ぶなら・・・白人至上主義者の国内テロリズム」
ムスリム過激主義者の国内テロリズムと私たちは呼ぶことができますか? それが実際のところのようですから。みなさんと同じ感覚を私は持ちます。カマラ・ブランケ、ドクター・アニー、ブランク・ストック、これらのブルーチェックのついたツイッターは、そしてカマラ・ハリスも、誰も撤回しません。誰も何も言いません。これらはすべてニュースから消え去っています。左派の話術に支配されているからです。

これらを読んで、私は別の結論に至ることができません。彼らは犯人がトランプサポーターであって欲しかった。理由が何であれ悲しき怒りに満ちた白人男性であって欲しかった。それが彼らの言っていることです。大声でそう言っている。それが彼らの口から出てきている。私は国として課題があると思う。これは悪いがらくたの1片です。それが誰であろうが、どんな政治だろうが、飛躍した結論はいけません。大得意だったが、わかってみるとひっくり返るようなことだった。でも政治的な話術を使ってはいけない。それは酷い人間のすることです。嫌気がさすこと。しかし不幸なことに、見ての通り、それが起こっています。私たちのリベラルのエリートから。メディアの中のエリートから。セレブたちから。それが彼らのアメリカについての考えですよ、みなさん。それを念頭に置かなければなりません。

DONJr0324

メキシコ大統領 バイデンの国境政策を批判

メキシコ大統領のアンドレス・マヌエル・ロペス・オブラドール氏の国境問題に関するスピーチ動画(ニューヨークポストより)。婉曲な言い方ですが、バイデン政権の国境政策を批判しています。

この中では触れられていませんが、メキシコにとり困るのは前の投稿で触れたMS-13のようなギャング組織が米国内で活発に活動できるようになり資金が還流してくることでしょう。周辺国も大迷惑のバイデン政権国境政策です。



(日本語)

人々はアメリカに遊びに行くのではない。必要だから行くのだ。
だから私たちは中央アメリカとメキシコ南部の発展を支援しなければならない。
バイデン大統領によって期待を起こさせてしまった。
彼には移民の扱いについてもっとよい方法があるだろう。
そしてこのことが中央アメリカの移民を発生させてしまった。
そして我が国からも国境を超えたい人々が出てしまった。そのほうが楽だと。

ニューヨークポスト記事:


メキシコ大統領

ケイリー・マケナニー元報道官 政権が国境へのメディアアクセスを許可しない理由 FOX Newsより

マケナニー元ホワイトハウス報道官の、国境へのメディア規制に関するコメントをご紹介します。FOX Newsより。聞き手はエミリー・コンパニョさん。

はい、コメント欄を参考にさせていただき、YouTubeを想定しています。意外に単純な人間です(笑) 果たして需要はあるか。

もちろん、明日のバイデン初記者会見へ向け、米国は今日はこのテーマということもあります。何を言うのか、言わないのか、注目です。



(日本語概要)

エミリー:FOX Newsはあなたに警告を発します。アリゾナ国境の町で、バス道路を通じ移民がドッと入ってきている危機をつくりだしているバイデン政権に対し、市長が避難しています。これは昨日最初に入ってきた移民の独占映像です。情報ソースがFOX Newsに告げたところによると、フェニックス市の外にある私立刑務所が書類のない移民を解放しています。なぜならICE(Immigration and Customs Enforcement移民関税局)は彼らを保護するリソースがないからです。これらサイトへのメディアのアクセスを拒否している間に、バイデン政権はこのテキサスの一次処理センターのビデオを供給します(整然とキレイに管理された移民センターのビデオが流れる)。
ジャーナリストたちは透明性の欠如についてホワイトハウスのジェン・サキ報道官にプレッシャーをかけています。ご覧ください。

(ジェン・サキ報道官の映像「我々は報道の独立性を望んでおり、そうあるべきで、そうでなければなりませんんが、私がここでレバーは引きません。私にすべての権限があったらと思いますが、私は透明性への約束を繰り返すことはできます。それを近々アップデートできることを期待していますが、期限はお伝えできません)

エミリー:ケイリー、透明性は政権によってとられている行動とはまったく違います。日曜日に?長官がFOX Newsに、私たちはサイトへのアクセスに取り組んでおり、そしてメディアに報道していただくことに取り組んでいますと語りました。どちらなのでしょうか?私たち記者にサイトをオープンにすることはどれほど難しいのでしょうか?

ケイリー:エミリー、まったくその通りです。バイデン政権は前例のない論調を設定しており、権利を許可せず、プレスがアクセスするのを許可していません。 しかし、私は彼らがなぜそうするかを正確にあなたに伝えることができます。演壇から聞こえる音は、地上の写真とは大きく異なります。彼らは、メディアのカメラや記者のアクセスがそれを暴露することを知っているのです。
昨日のブリーフィングからも。 私は(サキ)報道官の言葉を正確に引用したいと思います。彼女は、大多数のほとんどの人々が去って行っていると述べました。 入国できる家族はごく僅かであり、ほとんどが追放されると。今日のアクシオ(米の新興メディア)を読むと、先週、彼らの正確なレポートでは、13%の家族だけが返されています。他の87%は米国に入国しました。 彼らのケースは認められたのです。
それは演壇(報道官の会見)から聞いているのとまったく違います。カメラはたくさんの子供たち、たくさんの家族が通過したのをとらえています。地上の現実はまったく違います。写真はとても強いです。それが、彼らがプレスに寝ていてもらおうとする理由です。

-------------------------------------------------------------------

と、これだけだと「原はYouTubeに色気を出して堕落した」と言われちゃいますね

国境問題については、政権のメディア封じや現場の悲惨さに加えて、先日ご紹介したトランプ大統領のインタビューが気になっています。「2時間かかる。とても語りつくせない」と言っていたので、相当いろいろあるのでしょう。

2つ触れていましたが、その1つMS-13。ウィキペディア(下リンク)によれば、エルサルバドル内戦時に米国のロサンゼルスあたりに流れてきた難民たちを他のギャング団から守る自警団として結成されたのが発端らしい。今や中央アメリカからアメリカに根を張るギャング組織。



もうひとつ、トランプ大統領は中東和平への思い入れが深いですが、イエメンから難民が送り込まれていると述べていました。別のインタビューでも「イエメン」と言っているので、イエメンは何かあるかもしれない。同国は内戦でひどい状況にありますが、どういうことだろう。単純に難民がアメリカを目指しているという話なのか、あるいは何者かにより意図的なアメリカ破壊工作が進行中なのか。「They are destroying the Country」と嘆くトランプ大統領の言葉が頭にこびりついています。
イエメン和平とイラン・・・何かありますかね? 継続テーマかなと考えているところです。

3月20日〜24日コメント欄

YouTube挑戦にあたり、たくさんのコメント・アドバイスをいただきありがとうございます。

試作品はつくりましたが当面は、コメント返信についてはブログ投稿で対応させていただきます。動画はできれば基本、3分程度を目標にしたいと思います。3分というのは、初期のビートルズ時代の楽曲がそう、サクッと心地よく聴いていただける長さです。また、当面は知ってもらうことが先決なので、日々視聴する中に入れてもらわないといけない。邪魔にならない長さにします。

コメント欄への回答を動画でというのを思い付いたのは、以前にコメントいただいた「動画は圧倒的に発信者の存在が大きい」というご意見がありました。尤もだなと。発信者と視聴者が対等でなく、つまらないですよね。この方式なら対等に近づけるのではないかと。ただ、当面は新規に原の発信を知ってくれる人を獲得するほうに力を向けたいと思います。


>(佐藤 早苗)今回で、三回目の投稿です。初回時は、丁寧なお返事と、図らずも原様の淡いエピソードも伺えてとても有難かったです。二回目は、原様のフォークシンガーとしてのコーナーに投稿させて頂きました。さて、今回の、YouTubeへの進出の件です。結構かとも思いますが、一方でハラブログの秀逸な特徴が減弱しなければとも思います。個人的には、YouTubeには原様のフィールドでは、好ましくないのではとの危惧も覚えます。少なくとも、ハラブログには余り好影響を及ぼさないのではとも。最近のブログは、益々緻密詳細広範囲にその筆致は進み、驚いています。本当に、感謝しております。一時、熱に浮かされた様に英語も碌にわからぬ大統領選挙関係のYouTuberが乱立しましたが、今は淘汰が進むばかり。私としては、緻密な論陣は凡百の俄言論に勝ると信じております。原様の、ブログ論陣は正しく王道のど真ん中を突き進んで行っております。
益々、原様の分析判断を我々に突き付けて頂きたいと思っています。最後に、改めて原様のYouTube進出を反対すると言う意味ではありません。ハラブログを心から信頼応援している一人より勝手な事を申し上げました。ご健闘を祈ります。また、これからもよろしくお願いします。

佐藤さん、いつもご丁寧にありがとうございます。
恐縮してしまうほど、お褒めいただきまして感謝申し上げます。原の文字の力をご評価いただいておりますので、文字でもお答えします。
YouTubeを検討しているのは、ほかならぬ収益化の課題からです。WEB上の文字媒体がまともに収益化できる時代は去ったことが年初からの試行錯誤により判りました。いっぽう、YouTubeで成功している人々が結局は出版含め文字媒体においても活躍の機会を得られている状況です。
自分のフィールドは文字であることを、真っ先にそこを評価いただいた方が自身のコアの支持者であることを自覚しています。引き続き見守りいただけましたらありがたく存じます。


>(団塊年金老人)「現政権がオバマの傀儡だとすると」に関し原さんのご意見ではない事は十分理解しておりますが、以下ご参考まで。
とても全閣僚は無理なので、金融関係素人の私が現在勉強中の同分野を担当する財務長官についての調査結果です。
オバマ政権の最初の財務長官はガイドナーですがクリントン政権時代のルービン・サマーズ長官の下で国際担当財務次官勤め上げ、その後は2003年から2009年迄FRBNewYorkの総裁としてリーマン・ショックでのCityGroupの救済に貢献します。
その後2009年財務長官退任後はJPMorganの援助を得て投資業関与しながらウォール街擁護のロビイストとして活躍。
ガイドナーの後任はジェイコブ・ルーですがクリントン政権のスタッフとして勤めた後、Paulson & Coのジョンポールソンがスポンサーであり理事を務めるNYUの学長としてポールソンに貢献し、それがもとで教授会・学生と問題を起こし辞任、その後CityGroupのシティグループ投資選択部門の最高執行責任者を経て、2009年オバマ政権のにジョインし2013年2月に財務長官に就任する。
二人の共通点は在任期間中、オバマ大統領の金融機構改革等には一切協力せず、オゥール街の方だけをみて仕事をしていた。
彼ら二人の後はトランプ政権時代のオゥール街そのもののしかもコーク推薦のゴールドマン・サックスのムニューチンですが、トランプ大統領はさすが、オゥール街とは余計なもめ事は起こしませんでした。但し、今回就任したイエレンのFRB理事会議長については事実上更迭しています。
そのイエレンもFRB退任後にオゥール街の銀行・トレーディングハウス・ヘッジファンドからの講演料として数百万ドルを得ている事から在任期間中のウォール街との関係は明白です。
この様にウォール街・FRB・SEC・財務省・商務省の人材は所謂回転ドアにより、政権が入れ替わるごとに出たり入ったりしておりとても「オバマの傀儡」などとは程遠いものと考えるところであります。

団塊年金老人さん、いつもありがとうございます。
お調べいただき、また情報提供いただきありがとうございます。財務関連の人事についてはウォール街や財界の大物たちとよしなにやってくれる人を据えているということですね。
一点、重要に思うのは、個別企業に制裁を加える場合、例えば「中国共産党関連企業」として出資や国内での活動が制限されるべき企業は財務相が指定するはずですから、そのあたりの基本的な考え方は政権と合致している必要はあるでしょうね。


さて、大変申し訳ございません。今回コメント約20件にお返事していますので、適度に省略させていただきます。ご理解のほど、よろしくお願いします。


>(団塊年金老人)有名ユーチュバーですとコメントは少なくとも500とかあるでしょうから、今の様にコメントすると必ず返事を頂けるのは今だけだと思っています。
応援してます。

いえいえ、今支持してくださっている方々を忘れることはないです。応援ありがとうございます!
また、そんなに上手くはいかないはずです。「内容的には遜色ないはずだが原はなぜ伸びないのかねぇ〜」という壁に、必ず当たります。それが何なのかを模索する旅をご一緒いただけたらと思います。
スーッと行く人は行くんですよねぇ〜 原はドンくさい。


>(団塊年金老人)いやいや、そうじゃなくて、語学学習をご希望の方、出来れば私も含め他の場所でしませんか。

どうぞご心配なく。さほど追加の手間がなく出来るような素材があったときだけ、このスタイルの投稿をします。短い動画で、わかりやすい英語の場合ですね。


>(団塊年金老人)昨日、テレビに加藤登紀子さんが娘さんと出てましたね。


見ました❣ 「時には昔の話を」弾き語り。紅の豚の部隊が見たくて出張中にアドリア海(クロアチア)へ足を伸ばしたこともあります。いずれそんな話も。


>(団塊年金老人)サハリンはX物産と△商事じゃなじゃなくて〇とチューじゃなかったでしたっけ。

チュー商事もいましたかね


>(団塊年金老人)どなたかの演説なりインタビューの中で、特に原さんが重要だと思われる部分について、英文を掲載し、それを原さんが正確な訳ではない原解釈和訳で解説する。
トランプ・プーチンを中心に大手メディアがスルーする或いは意識的に誤訳する部分にスポットライトを宛てて、解説する。

そうですね、メディアはキャッチーなところしか取り上げないので、そうではないところに重要なポイントがあるような場合にはねらい目かと思います。ただ、視聴数を稼げないから大手メディアが捨てる訳ですから、微妙ですけど


>(匿名)私は英語学習できました(^^)

匿名さん、コメントありがとうございます。
ご利用いただけて、幸いです。


>(団塊年金老人)問題は現代医学ではどうにもならない頭脳の方ですよね。

この人を大統領に推した人々の罪は深いですね〜 どうするんだろうかと思います。


>(団塊年金老人)スコット・プレスターさんの動画は
「難解なHaraBlogの記事をかみ砕いて解説する。」
にドンピシャの記事だと思います。

シンプルですよね。ロックです。このようなシンプルな言葉にエネルギーを与えることができる人がスターになるんだと思います。


>(団塊年金老人)話し方とか流石に上手で分かりやすいですよね。

そこだと思います。兎にも角にも。
「伝え方の魔術」買って読まないとダメですかね


>(団塊年金老人)この辺は以前言った何の束縛もない原さんが有利な点ですよね。
>(団塊年金老人)原さんが「トランプ大統領の新SNS」をどう料理するか見てみたいですね。

はい、陰謀論でもなんでも、面白ければ取り上げます。
トランプ大統領の新SNSは出来るのを楽しみに待つというだけで、個人的にあまり何も言うことがないように思います。


>(NamakoTengoku)「マケナニーさんがこんな事言ってる」という短い動画にがYouTubeにアップされてたら、きっと見るなぁ🤩

NamakoTengokuさん、アドバイスありがとうございます!
なるほど、ドンJr.さんに加えてマケナニーさんも追いかけるのはいいですね。時間と体力の問題です


>(NamakoTengoku).ープニングとエンディングのテーマ曲、原さんの声が美しい。それを活かして、生ではなく安定した演奏に仕上げて録音を流すのではいかがでしょう。

ありがとうございます!
楽曲制作にかける時間とお金がとれるくらいまで、頑張りたいと思います。


>◆NamakoTengoku)エンディング…寝ても覚めてもトランプ、トランプ!

実は「寝ても覚めても」という曲をつくりまして、オープニングとエンディングは同じ曲です。
音源制作の余力が現在ないことに加え、編集のひと手間がまた負担あり、当面は自分で歌う今のスタイルでいきたいと思います。

>(NamakoTengoku)F睛討任垢、できればトビキングさんばりにもっと大胆に抜粋されてはいかがでしょうか。

はい、そうしてゆくつもりです。
Don Jr.さんについては、ブログのほうもYouTubeアップを想定し趣旨だけシンプルに抜粋して書こうと思います。


>(NamakoTengoku)Don jr.は顔がアツ苦しいし、過激で早口なので、正直疲れる…それをアク抜きして、原さんの細いきれいな声で紹介してもらえたら助かるかもです。

ズバリ!ですね
「Don Jr.さんはアツ苦しい」はたぶんみなさん思っていらっしゃると思います。
リン・ウッドさん本人よりトビキングさんに語ってもらったほうが日本人には説得力あるのと同じパターンですね。
また、PayPayの件、およびツイッターの件、本当にありがとうございました。ご支援も本当にありがとうございます! 深く感謝申し上げます。


>(匿名)Hara Blog の you tube 視聴者ふえますね。
.ープニングは、「rescue」の最初イントロとハイライトの  I will never stop marchng〜の部分を編集して流したらどうかな?と提案します。

匿名さん、コメント、アドバイス、ありがとうございます。
著作権をどこまで気にしてつくるかというのは難しい問題なのですが、収益化を目指しますので他人の楽曲を使うのは難しいのではないかという気がしています。

>(匿名)記載された日本語は、字がもう少しスマホで読めるくらい、大きめがいいと思いました。

アドバイスありがとうございます。昨日アップのプーチン大統領スピーチは、大きめにしてみました。


>(団塊年金老人)想定問答という訳ではないですが、
「プーチン大統領のトランプ前大統領に対するコメントで何か印象に残るものはありますか?」
「プーチン大統領のトランプ前大統領に対する過去のロシア語音声コメントで何か印象に残るものはあれば紹介してください。」

これまではあまりプーチン大統領が話す動画を注意して見たことがありません。
今後、注目すべきスピーチがあれば取り上げてゆきたいと思います。


>(団塊年金老人)原さんが今後の原ユーチューブのチャンネル登録者数、視聴回数増に悪影響を及ぼすと思われるものは、遠慮無く削除してください。

いえいえ、とんでもない。悪影響を及ぼすようなコメントは、いただいていないと認識しています。

gahag-0115920379

プーチンからバイデンへ「健康でいてください」コメント 紹介動画

先日投稿しましたプーチンからバイデンへの「健康で居てください」コメントのご紹介を、動画にしました。改めてよろしくお願いします。

Twitterアカウント
千葉県市川市の行徳将棋クラブを運営している原伸一です。ブログの更新情報をお届けしてゆきます。2020年11月米大統領選より関連情報の収集・発信に注力しています。
ライブスケジュール
行徳駅前ストリートライブ 11月15日(日)13時〜16時のどこかで30分ほど。 他出演者:山口宏一・堀木康太郎 ※雨天中止
最新コメント
最新記事
Archives
GSG5(行徳将棋ガールズ)
GSG(Gyotoku Shogi Girls)は、行徳将棋クラブの女子のこと。音楽も大好きで、2013年女子アマ団体戦で歌を歌ってベストパフォーマンス賞をいただきました。
人気将棋ブログ
広告
楽天市場
Profile
ハラ

フォークシンガー原
(原 伸一)

1967年生。千葉県市川市の南部、行徳・妙典でアコースティックライブの主催等の活動を行っています。また、将棋教室を開いています。

将棋教室の情報は以下サイトにて。

http://gyotoku.livedoor.biz
メッセージ

名前
メール
本文
行徳将棋クラブ

行徳将棋クラブ

  • ライブドアブログ