Hara Blog

千葉県市川市の行徳でライブ活動を行っている、フォークシンガー原の日記です。公認将棋指導員として、子供たちの将棋の話題なども。

2018年08月

8月31日(金)行徳駅前将棋の確認

8月31日(金)行徳駅前将棋の確認です。17時現在いかにも夕立がきそうな空模様ですが、18時から18時30分まで雨が降らなければ行徳駅前に居ます。参加者があれば実施します。雨が落ちてきたらその時点で終了とします。

8月30日(木)妙典駅前将棋の確認

8月30日(木)妙典駅前将棋の確認です。18時より妙典駅前白妙公園で行います。18時30分までに誰も来ない場合は撤収します。

時代の流れと公民館政策の矛盾

一昨日の行徳駅前は19時半頃までやり、丁度家に帰り一息ついた20時過ぎに激しい雷雨となりました。昨日の妙典駅前も「あれが来たら降るかもね〜」と西の空に広がる濃い雲を気にしながら始めましたが、結局降られることなく出来ました。

8月28日終了時点で、募金の合計は55,451円となっています。
細かい点ですがお伝えしておきますと、市への申請がどこも削られることなく認められ約11万7千円がおりますので、募金の部分は予算の上では10万円ではなく8万3千円が実施可能ラインとなっています。実際にどうなるかやってみないとワカラナイのですが。

行徳駅前


さて、Hara Blogの役割。たぶんそう思ってる人いるけど言えないことを言う。昨日の記事の続きで、昔は放っておいても人々がそうしたようなことをしなくなっているテーマ。趣味の活動編。

趣味のサークルをつくり継続運営してくれる人が、年々減少しています。

根拠があるのか?と言われるかもしれませんので例えば、市川市公民館運営審議会の会議録などご参照ください。リンク資料の5ページくらいからですね。「地域支援活動を目指す人材の育成」「ボランティア」の養成が課題になっていることがわかります。7ページ、昭和57年に公民館に数校のPTA関係者を集め研修会を開いたところ地域の課題への関心が深まり地域参加が進んだ成功例が紹介されています。その周辺を読むと、公民館は学校とのつながりを持ちたい様子。PTAにはやる気ある保護者が居て、その人たちを巻き込めば公民館活動が活性化するのではという期待があるように見受けられます。巻き込まれてくれるお父さんお母さんたちも減っているでしょうけど。

まさにここら辺が昨日から述べているポイントです。昭和の小学生保護者と今とは違う。昭和の連中って、身を捨てて人の為に尽くした偉人の伝記とか幼少期に読んで感動して、それを心に刻んだりしてましたよね。なので課題に触れるきっかけをつくる機会さえ与えてあげたら、行動してくれる人がわりと出てきたでしょう。今はちがうじゃないですか。20年くらい前の小学生がどんなだったか。もうビデオも普及して、忙しい大人たちは子供がおとなしくしてくれたら楽だからレンタル屋でなんでもかんでも借りてきて見せてた。子供は色んな価値を並立に学んで大人になり、自分に合うライフスタイルをみなさん賢く選択している。そんな世代を対象に「地域活動を目指す人材の育成」って、やっていること矛盾しません?

個を社会のために投げ出すのではなく、個のために社会があるような図式に誘導してきた。それは悪いことではない。弱きものを守り、檻の中の冷遇者を解き放つために必要だったことでしょう。しかし、しわ寄せがきた部分がある。それに対しては、時代が歩んできた方向性で解決策を考えないとおかしい。

経済的メリットやスマートな消費活動を優先してきましたよね。文化活動をする人々を「ご趣味ですか?へぇ〜結構なことですね」と、あたかもお金を稼ぐ人でなければ大したことないような言い方でさげすんできたじゃないですか。ならば今、それをやってくれる人が減って困っているなら、その方向性で提案してあげなければいけない。

例えばですが、現在は公民館では営利活動ができないようになっています。営利活動も出来るようにしてあげたらどうですかね?
驚きますか? でも、起業家支援はするんですよね。起業のジャンルが、ITとかなら市は支援してくれるんですか。文化部門がダメな理由は何なのでしょうか?
不正のリスク?はい、あるでしょう。しかし完璧な制度はない。何かを解決すれば必ず何か問題が起きる。方向性が時代に合っているかが重要。経済的メリットを得られるか、コストパフォーマンスよく受益者側に回れることを良しとしてきた。その延長線上で政策を進めてあげないと人は動かない。

おっと、ご心配なく。将棋の公民館教室は今後もお金とりません(笑)

また、語弊を招くので補足しますと、もちろん社会のために利益なく尽くすことを生き方として選択している若い人々も居るでしょう。ただかなりしっかりと目標を持ち活動のフィールドを設定していて、手を広げられない可能性が高いと思います。

8月28日(火)妙典駅前将棋の確認

8月28日(火)妙典駅前将棋の確認です。今日も難しい空模様ですが、18時に妙典駅前白妙公園へ行きます。その時点での空模様を見て判断させてください。18時30分までに誰も来ない場合・もしくは雨が降り始めた場合は撤収します。

グレイトエクスペリエンス 名画「黄昏」より

記事にしておきたいテーマがありましたので、ここで。

昔は放っておいても人々がそうしたようなことを、しなくなっている問題。そして、それをしてくれないと実は行政は財政的に非常に困るという話。

趣味やボランティアの活動についてそれを述べたいのですが、まずは解りやすい例で、結婚。若い子育て世代の方々にお聞きしたいのですが、どうですかね。結婚していいことありましたか?
また過激なことを言っているみたくなるので補足しますと、最愛の人とパートナーになれたならそれだけでも満足でしょうし、子供の成長とともに過ごす時間はグレイトな経験ですので、よかったに決まっていると思いたいところです。が、それによって犠牲にしたものがありますよね。犠牲にしたものよりも、結婚子育てで得るもののほうが大きいと自信を持って下の世代に薦められますか?

ちょうど私たちの世代、現在アラフィーの上と下でハッキリとその感覚のありなしが分かれる。我々の世代から上って「家庭は持つもんだ」というのが当たり前の価値なんです。今ってそうじゃないですよね。唯一絶対の価値ではない。人生には色々な選択肢がある。

結婚子育ては選択肢の一つに過ぎない。と、いう感覚がサッパリない人たちが、政治をやっている訳です。これ声を大にして伝えてあげないと、政治家のオジサンたちワカンナイです。「子供3人産むべきだ」なんて、政権与党の国会議員が言う。つまり、みなさんの暮らしは良くならない。

てゆうか、声を大にしてもワカラナイかも。そこで提案なのですが、次の選挙から、国政でも地方選でも、50歳以上の候補者は、ちゃんと調べてよほどその人が柔軟な頭を持っていて新しい時代に対応しておりかつ信頼できると確信が持てない限り、投票しないようにしません?
たぶんみなさん「何となく」選んでいるはずですが、確率論です。50歳以上は、みなさんとは別の生き物である確率が高い。

余談ですがタイトル「グレイトエクスペリエンス(素晴らしい経験)」は、映画「黄昏」(1952年・米)の終盤から。かつて可愛がった若い女性が舞台女優として成功する一方、自身は落ちぶれて行き場のないホームレスの浮浪者になります。終盤の再開のシーン、女性は彼の立ち直りのため何でもしようとするのですが、余命いくばくもないことを悟っている男は「前を向きなさい」そして、
「Find someone to love. It’s great experience」(愛する人を見つけなさい。それは素晴らしい経験です)
と言い、静かに立ち去ります。
いま観たらひっくり返り数日放心し廃人になりそうなので観られないですが、1952年のモノクロ版。若い方もご興味ありましたら「ナルホド、これに心打たれた世代が政治やってんだな」という参考資料としてご覧ください。そして「こりゃダメだ」という感覚でバサッと切って新しい時代を頼みます。
50歳以上の古い世代には、こう問う。「キャリーに世話になり若い人の幸せを食うような真似はしない。そんなジョージに僕らは心打たれましたよね」と。

黄昏

8月27日(月)行徳駅前将棋の確認

8月27日(月)行徳駅前将棋の確認です。今日も判断が難しいですが、18時から18時30分まで雨が降らなければ行徳駅前に居ます。参加者があれば実施します。雨が落ちてきたらその時点で終了とします。

8月25日(土)将棋教室の風景 小学生観戦記者やカメラマンもアリか

8月25日(土)午前は、行徳公民館第2和室で行徳将棋クラブ活動でした。参加14名。

夏休みの宿題は大丈夫でしょうか。終わっていない子は追い込みがんばってください。
「将棋ばっかりやって宿題はやらなかったのか」
と先生に怒られないようにしましょう。

万年筆


考えること多くあちこち頭飛んでまして、カメラも携帯も忘れてしまい写真撮れませんでした。突然に訳のわからないイラストでスイマセン。先日の記事の続きで市の小学生大会にどんな特徴を持たせるかですが、例えばこんなのも考えられます。

「告知チラシ」だけでなく、大会終了後に「結果報告チラシ」も市内全小学生に配布する。そして、その片面を決勝戦(全勝対決)の「観戦記」にして、それを子供に書かせる。
文学史上に名を連ねる文豪たちも、実は囲碁や将棋の観戦記を執筆しました。将棋は小説家たちが大衆と交わる表現の場でもあった・・・そんなエピソードを市民に知ってもらいつつ、文章を書くことが好きな子が腕を振るう場を提供する。

あと写真ですね。「星野道夫さん*のようなカメラマンになりたい」みたいな子が居たら、ぜひ報告チラシ用の写真を撮ってほしい。(*市川市出身の写真家)

将棋の世界に、将棋指しだけでなく色んなジャンルの人たちの活躍の場があるということが学べて体験できるとなれば、他にそんな大会はない。存在意義があります。

と、思ったんですが、私の感覚はたぶん昭和すぎるんですよね〜。物書きになりたい小学生なんて今どき居るだろうか。絶滅危惧種な気もする。昔は居ましたよね。ジャポニカの国語ノートに自作の小説をぎっしり書いているような子。カメラもそう。お父さんがフィルムカメラをいじくっているのを自分もやってみたくてたまらないところからその世界に入ってゆく子が居ましたが。

さて、チラシ表面用の絵のほうは何人か手が上がりましたので、下の学年の子から描いてみてもらいます。どうなることやら。

8月25日(土)将棋教室の確認

8月25日(土)将棋教室の確認です。

行徳公民館第2和室にて、10〜12時に活動を行います。
※初めての方もどうぞお気軽にお越しください。事前連絡不要です。

今後の予定:

8月 25日(土):10-12時 行徳公民館第2和室

9月 1日(土):10-12時 行徳公民館第2和室
9月 8日(土):行徳公民館休館にて未定
9月15日(土):9:30-11:30 七中にて行われる「囲碁・将棋・オセロ教室」に参加(原は不在となります)
9月22日(土):10-12時 行徳公民館第2和室
9月29日(土):10-12時 行徳公民館第2和室

上記すべて無料です。

平日 月・金に行徳駅前、火・木に妙典駅前にて18時から駅前将棋を行っています(雨天中止)。市川市の小学生将棋大会を実施する資金集めとして500円募金をお願いしています。参加お待ちしています。当日変更もあり得ますので、直前に当ブログもしくはツイッターで確認してください。

8月24日(金)行徳駅前将棋の確認

8月24日(金)行徳駅前将棋の確認です。荒れた天候の後ですが、参加者があれば18時より行徳駅前広場(交番側)で行います。18時30分までに誰も来ない場合は撤収します。

小学生将棋大会のチラシに子供の絵を

絵を描くのが好きな子にとり「市内すべての小学生親子が見る媒体に作品が載る」のは魅力的ですかね?

市の支援が決まりましたので実施を前提に動き始めますが、その中でチラシですね。印刷代の表を睨んでいるのですが、2万部を超えるレベルは「片面4色」も「片面4色+片面1色(両面)」もさして料金が変わらない。

市民小学生大会何度か掲載しているチラシサンプルは主にネットで拾えるフリー素材を使って作ったものですが、これだとパッとしない。子供が描いた絵がバーンとあったほうがワクワクしそうな気がします。

片面を絵のカラーポスターにして、もう片面に黒で詳細を載せるとイイ感じになりそう。ポスターの文言としては〇埓郢埔学生将棋大会、2019年3月17日(日)、およびB膕饂臆辰鯊イ垢茲Δ淵ャッチフレーズ の3つですかね。

「ボク・アタシ描く!」
という子供さんが居ましたら大歓迎。行徳将棋クラブの子でなくても「ブログ見ました」で結構です。将棋は指せなくても市川市内の小学生ならオッケー。まずは描かずに意思表示だけお知らせいただけたらありがたいです(8月末めど)。
今回は広く募集するのではなく、これまでの他の作品を写真で見せていただいて描けそうな子に描いてもらう形にします(9月末くらいまでに)。
誰も手が上がらない場合は、う〜ん絵画教室でも回るか(笑)。「この絵画教室の先生なら相談に乗ってくれるのでは」というような情報も、いただけたらありがたいです。

「夏休みに入る前に言ってくれたら」とお叱りを受けそうですが、市の支援も決まっていなかったこともあり申し訳ありません。また「市の支援制度を使うのだから広く市内小学生に知らせるべきでは」というご意見もあるでしょうが、来年以降継続する場合はそれも検討しますということと、支援は将棋大会に対して出されていますので、チラシのデザインをどなたにお願いにするかについては主催者の裁量ということで何卒ご了承ください。

絵の内容は「将棋に関する絵」ということになるでしょうが、「ボクはどーしても恐竜が描きたい。それを見てもらいたい」とかなら、例えばブルー(ジュラシックワールド・炎の王国)が将棋を指している絵なんて、イイですね。ブルーなら将棋できそう。

市川市の小中学校で毎年募集されている交通安全ポスターや平和ポスターに準ずるような位置づけで「将棋の絵」があるような感じに将来的に持っていけたらそれも有意義かもしれません。

上記、成立しないかもしれません。何から何まで初めての試みなので、あらゆる可能性を試せる場面です。ほかにもアイデアご提案いただけたらありがたいです。
ひとつ言えるのは、「ただの子供大会は存在意味がない」。

8月23日(木)妙典駅前将棋の確認 とりあえず行きます

8月23日(木)妙典駅前将棋の確認です。18時に妙典駅前白妙公園へ行きますので、その時点での空模様を見て判断させてください。降水確率高いのですが、17時現在はまだしばらく持ちそうですので。
18時30分までに誰も来ない場合・もしくは雨が降り始めた場合は撤収します。

悪の化身・原より市川市議会議員へ 「裏金」が必要なのだ

ふハハハ、小学生将棋大会に市の支援が決まる前に募金を募っていたことを疑問視した市議会議員が居たようだな。

市の支援がなくても自己資金だけで大会をやる選択肢もあるではないか。残念だがそこは急所にならん。
それに市議会と同じ理屈なら
「あ、問題ありますか。じゃ、返します」
で済むのだろう? 政務活動費がでそうはないか。

ブログを見てくれて礼を言うぞ。何かと目障りな吾輩を引きずり下ろしたいのなら、お返しに吾輩の急所を教えてやろう。

この支援制度は利益が出ると支援されなくなることになっているのだ。収入と支出がピタッとゼロということはないから、普通の団体は事業の収支を少しマイナスにして会の予算から持ち出しににしているはずだ。しかし我々には使える予算などない。

つまりだ、吾輩は「裏金」を必要としているのだ!ふハハハハ。
え?「寄付金の額を少し過少申告したらどう?」なんてまさか言わないだろうな。

寄付の金額も制度の問題点もゼンブ見せちゃう。それが吾輩のやり方なのだ。
それと、何か疑問があったらまず吾輩に直接言ってきてくれ。

口座P1

口座P2

勉強のやり方の習得

たぶん多くの方がLPSA小学生女子将棋名人戦で全国優勝した砂原さんてどんな生徒さんなのか紹介してくれるのを待っているかもしれませんが、スイマセン普段の地区大会などと違い注目度が高すぎると書きづらい。

ひとつお話ししますと、このところ特に関心したのは稽古のやり方を習得したこと。自分の戦法にはどんな戦いが起こりうるか、ちゃんと整理して分類ができており、どれに対して自分が経験不足なのか意識し、それを一つ一つツブしてゆく。先日の全国大会、予選で負けた相手と準決勝で再び当たるのですが、中盤の戦いが起こるところまでまったく同じ進行。そして、そこからの試みですね。「こうしたらどうなる?」それを徹底的にやる。

尚、行徳公民館教室へ来るのは現在は時々です。今は上記をより高いレベルでやる場で主に稽古に励んでいます。公民館へ行けば必ず会えるのかと思われるといけませんので、念のため。

8月21日(火)妙典駅前将棋の確認

8月21日(火)妙典駅前将棋の確認です。18時より妙典駅前白妙公園で行います。18時30分までに誰も来ない場合は撤収します。

11月に2度、イベントで募金活動(市川市小学生大会)

次回8月25日(土)午前の将棋教室ですが、ご都合つきます方は親子でいらっしゃっていただけますとありがたいです。以下、お話しをさせていただきたく;

市川市小学生将棋大会の募金活動(駅前将棋)は、気候から10月くらいまでが限界と見ています。今のままですと若干未達のペースなので、11月に2度、イベントで募金活動を行う予定です。

11月4日(日)妙典祭り
スーパーホテルのビルの1Fマツモトキヨシ前のスペースで、将棋を指しつつ募金を募る活動を実施してよいこと祭りの実行委員から許可が下りました。10時〜16時。
内容としては「はじめて将棋をやってみたい子」に教えてあげるコーナーと、「行徳将棋クラブの親子と将棋を指してみよう」コーナー(年齢問わず指せる人向け)を設置します。
そこで、保護者の方々および子供さんたちにご協力をお願いしたく。2時間あるいは3時間ずつ交代制でやれたらと考えています。

11月11日(日)市川市民将棋大会
公共施設の中で募金活動をしてよいかどうかという点について事前確認を要しますが、全日警ホールでの市民大会でも募金を募る予定です。こちらは募金箱を置いて一人誰か座っているだけ(将棋は指さない)。子供さんが出場する(6級以上)保護者の方に、1時間ずつでよいのでお願いできたら大変ありがたいです。

どうぞよろしくお願いします。

8月20日(月)行徳駅前将棋の確認

8月20日(月)行徳駅前将棋の確認です。微妙な空模様ですが、18時より行徳駅前広場(交番側)で実施予定す。18時30分までに誰も来ない場合、または雨が降り始めた場合は撤収します。

速報2 砂原奏さん全国優勝 小学生女子将棋名人戦

砂原奏さん、何と準決勝・決勝も勝ち、全国優勝を成し遂げました。

何と言ったらよいかわかりません。とにかくおめでとうございます!

速報 砂原奏さんベスト4進出!

小学生女子将棋名人戦全国大会、LPSAサイトにて棋譜中継されていますが、先ほど予選3回戦が終了したところ。砂原奏(船橋葛飾小6年)さん何と予選を勝ち抜きベスト4進出。午後2時から準決勝。

どなたか船橋市議会議員の方にお願いして市長報告の手配をお願いせないかんだろうかとか、あちこち頭飛んでます。

8月18日(土)将棋教室の風景 明日の小学生女子将棋名人戦全国大会に注目

8月18日(土)午前は、行徳公民館第2和室にて行徳将棋クラブ活動でした。
参加21名。

教室風景


砂原奏さんが先週日曜日に行われた小学生女子将棋名人戦関東大会で準優勝し、明日の全国大会に駒を進めています。何局かリアルタイム棋譜中継が行われる予定とのことで、もしかすると砂原さんも中継されるかもしれません。LPSAサイトをチェックしつつ、中継されてもされなくてもみんなで応援しましょう。ガンバレ!

8月18日(土)将棋教室の確認

8月18日(土)将棋教室の確認です。

行徳公民館第2和室にて10〜12時に活動行います。

今後の予定:

8月18日(土):10-12時 行徳公民館第2和室
8月 25日(土):10-12時 行徳公民館第2和室


上記すべて無料です。

若者たちが普通に結婚して子供を持てるように

政治関連、続けて投稿します。

私が選挙に関わったのは、日頃の地域活動とは直接関係ありません。そこには市政ももちろん絡みますが、不満があってもまぁまぁやってゆきます。
政治に期待するのは「若者たちが普通に結婚して子供を持てるように」。つまり保育問題・教育費問題。これは現状を放置すると国の形を変えてしまう。

保育問題についてはかなり議論されたので教育費について述べますが、現実問題、高卒より大卒のほうが平均生涯収入が多い訳ですから、多くの若者たちは大学を目指します。すると一例ですが塾の費用ですね。受験の年には100万円くらいかかる。若い男女は「相手がいい人でも年収を見てしまう」「子供はつくっても一人まで」とかなってきます。また階層化の進行。貧困な家庭の子は大人になっても貧困になる。「塾や大学なんて雲の上の話。日々の食事すら困っている」家庭も多いでしょう。

自治体だけで解決はできないのですが、自治体ができることに全力あげ取り組んでほしい。

市長選の際に高橋亮平さんは韓国で成功しているインターネット塾の導入構想をお持ちでした。正直個人的には、親御さんとしてはやはり目の前に座らせて勉強させてほしいのではと疑問は持った。でも、やれば成果があがるかもしれないし、効果がなければ「何が問題か」という展開も出てくる。
高橋さんが市政に入っていたならば、今頃猛スピードでどんなシステムにしようか議論が進んでいたことでしょう。今年はムリでも来年か再来年から、中学高校生をお持ちのご家庭は年間何十万円か助かったかもしれない。

いっぽう村越市長は、そういった日本国内の大学を目指す画一化された価値観そのものがつまらないと考えているように見えます。早い年齢で最先端に触れさせることや海外の学校との交流。それ自体はよいこと。否定しません。ただ、手を付けるのはそこからなのか?

子供がない方や既に子育て終わった方には関心が薄いかもしれませんが、すべての人に深く関係する課題です。人口構造つまり財政の問題なのですから。

8月17日(金)行徳駅前将棋の確認

8月17日(金)行徳駅前将棋の確認です。18時より行徳駅前広場(交番側)で行います。18時30分までに誰も来ない場合は撤収します。

「新市川」はどうなっているのか

って思っている人けっこう居ますよね。たぶん。
「知ってたら教えてくれよ」
という。
スイマセン知らないんですが、高橋亮平さん大家族だしまずはお仕事決まるまで待ってあげようよという状況ではありました。頃合いをみていい機会があれば聞いてみたいと思っています。
 
いま見えている風景は・・・

市長選で敗れたとはいえ票はほぼ3分。高橋さんの政策を支持してくれた4万の人々の期待に応えるとすれば、普通に考えると統一地方選で新市川が議席を獲得する動きをしてほしいですよね。その政策を少しでも市政に反映させるために。
あるいは地域政党という考え方を白紙にもどして、別の形で高橋さんが市川市政にも影響力を持てるような方向性を、高橋さんが目指してゆくのか。
いずれになるのか知りたいものです。

地域政党、市川に欲しいですかね?その需要にもよるかもしれない。

自治体運営は企業経営に近い。会社って国政の支持政党に関係なく社員力を合わせて事業の成果をあげるために働きます。政治思想が違うからといって同じ課の社員と「オマエとは組めん」なんてことは、ない。国政政党の都合に関係なく、合理的に市川市に最も有益な政策を出してくれる政党。もちろん経済合理性だけを追うとマイナス面が生じるのは会社も同じ。
感覚的にですが、最初に高橋さんに投票してくれた2万人は「それいい」と言ってくれる気がします。

すると新市川の立ち位置をどうするかですね。市長選で自公と組みましたので今は、保守寄りにグッと振れたところ。

ひとつの考え方としては、新市川の政策実現のためには高橋さんが捲土重来を目指す(市長選)べきで、選挙は自公と協力する以外にない。従い新市川はこのまま改革保守でいいという。
別の考え方としては、組織票なく2万人の支持を得た最初に戻らないと新市川の存在意義はない。反自民の、また国政政党はどこもイヤだという無党派層にアピールできなければダメ。
選挙の枠組みのことだけ考えると今のところ実際問題として前者ですが、後者でないと高橋さんの良さが生きないし多くの支持者が離れる。難問。
どちらにもしようがないのであれば、新市川は終了。バンド解散して、あとは高橋さんのソロ活動。

「やけに評論家的じゃないか」
と言われるかもしれませんが、ご覧の通り私はメンドクサイ役が回ってきやすい性質を持っていますので。第一義的には新市川から政治家になろうとしていた人々が、市長選でうまくいかなかったところの修復まで含め全部背負い込んで市民と向き合わないといけない。

ただ当ブログを通じて高橋亮平さんや新市川に興味を持っていただいた方はかなりいらっしゃるでしょうから、私としても自分なりの視点で「こうなっているようです」ということをお伝えしたいとは考えています。

8月16日(木)妙典駅前将棋はお休み

8月16日(木)妙典駅前将棋は、レギュラー陣との話し合いによりお休みとなっています。ご注意ください。よろしくお願いします。

明日なき世界

8月15日、終戦の日。

このところさだまさしさん関連の投稿が続きましたので今日は、忌野清志郎さん(RCサクセション)の「明日なき世界」を。

悪の化身・原と正義の少年棋士たちの戦い

市川市小学生将棋大会の件で
「応援しています」
という言葉をいただくことがあるのですが、念のためお間違いのないよう。

私を応援するということは、将棋大会をやらせないことです。
「あんなに嫌がってるじゃないか。やめさせてあげなさいよ」
と援護いただけましたらありがたいです。
やる方向に応援するということは、私を蹴散らしてやる気ある親子たちを応援すること。

「市川から子供の将棋大会を消し去ってくれるわ、ふハハハハ」
という悪の化身、原と
「そうはさせるものか。ぼくらの大会を守るんだ」
という正義の少年棋士たちとの戦いのドラマです。

市川市による小学生将棋大会への補助金交付 決定

市役所より決定通知書が届きまして、市川市小学生将棋大会への補助金交付が決定しました。申請通りにどこも削られることなく認められております。手合い係にも時給1200円相当程度のアルバイト料を支払えることになりました。(私自身の日当はありません。運営者はボランティアでなければならない)

しかも、驚いたことに・・・
補助金は事業実施後に降りるものだと思っていたのですが、事前に振り込みいただける制度になっています。電話をして確認したところ、市民の活動を支援するためにそうしているとのこと。

つまり「運転資金」は必要ないことになり、あと5〜6万円の募金を集めれば事業実施の条件が整います。運命やいかに!?

8月14日(火)妙典駅前将棋はお休み

8月14日(火)妙典駅前将棋はお休みです。ご注意ください。よろしくお願いします。

8月13日(月)行徳駅前将棋は中止

8月13日(月)行徳駅前将棋は、天候不順のため中止します。

「夏 市川から プロローグ」より

「夏 市川から プロローグ」無事、終了しました。さだ友のみなさんと地元の方々で20名ほどの会になりました。思いもかけず良い会になり、個人的にも得るものが多かったです。

また改めて書きますが、まずはバイオリンのさとパパさんとご一緒した「まほろば」をアップします。今回は音響の面では大変申し訳ございませんでした次第なのですが、雰囲気だけでも伝わればと思います。

ライブスケジュール
行徳駅高架下 珈琲館マイセンライブ 6月8日(土)19:40〜22:00 6月22日(土)19:40〜22:00 行徳駅前広場ストリートライブ 7月7日(日)13:00〜16:30 いずれも出演者数組。
行徳将棋クラブ

行徳将棋クラブ

Twitterアカウント
千葉県市川市の行徳将棋クラブを運営している原伸一です。ブログの更新情報をお届けしてゆきます。
最新コメント
Archives
Profile
ハラ

フォークシンガー原
(原 伸一)

1967年生。千葉県市川市の南部、行徳・妙典でアコースティックライブの主催等の活動を行っています。また、行徳公民館で小中学生の将棋教室を開いています。

ライブ情報は以下サイトにて。

http://gyotoku.livedoor.biz
市川市の学校給食のお米について考えるLINEグループ
市川市の学校給食のお米について考えるLINEグループをつくっています。経緯はカテゴリ別アーカイブの「市川市給食のお米問題」にて一連の記事をご参照ください。参加希望者は恐れ入りますが下記QRコードにて友だち申請ください。グループ招待します。(現在10名) 23c8cd86
メッセージ

名前
メール
本文
GSG5(行徳将棋ガールズ)
GSG(Gyotoku Shogi Girls)は、行徳将棋クラブの女子のこと。音楽も大好きで、2013年女子アマ団体戦で歌を歌ってベストパフォーマンス賞をいただきました。
人気将棋ブログ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ