Hara Blog

千葉県市川市の行徳で弾き語り活動を行っている、フォークシンガー原の日記です。公認将棋指導員として、子供たちの将棋の話題なども。

2018年07月

7月9日(月)行徳駅前将棋の確認

7月9日(月)行徳駅前将棋の確認です。18時より行徳駅前広場(交番側)で行います。18時30分までに誰も来ない場合は撤収します。

昨晩は、この確認の投稿をせずに会社を出てしまい慌てている夢を見ました(笑)。もぅ病気ですね。

水辺で乾杯

大雨により被害を受けられた方々に、お見舞い申し上げます。一日でも早く日常に復帰できることを祈ります。

さて、大規模水害が発生している中、水辺で楽しむ話で恐縮です。
昨日、7月7日夜は板橋区の小豆沢水上バス発着所で行われた「小豆沢で乾杯」に参加しました。昨年の都議選でのボランティア仲間にお声かけいただいたもの。国土交通省が国民に水辺に親しんでもらおうと推進しているMIZBERINGという企画の一環で、日本全国今年は94か所で同時刻に大小規模のイベントが実施され、午後7時7分に全国一斉に「乾杯!」という企画。

写真を撮らなかったので、イベントを盛り上げていた「クランプスジャパン」のYouTubeより(イベントの模様ではありません。クランプスの紹介pv)。クランプスというのはドイツ・オーストリアのなまはげのようなもので、おっかない容姿をしていますが悪魔祓いをしてくれる伝説のモンスター。板橋でクリスマスパレードを行ったのをきっかけに、日本でも広めてゆきたいと活動行っているとのこと。



クランプスのほかにも、地元のプロバスケチームのプロモーションや音楽演奏など。楽しいひとときでした。規模は地域のお祭りくらいで、500人くらいのように見えました。

行徳でやるなら常夜灯公園かな?と思っていたら、帰って調べたところ常夜灯公園でも小規模でやってた人々がいたみたい。ぜひ主催者の方にお願いして地元ミュージシャンでライブやりたいですね。民家が近いので難しいかもしれませんけど。

mizbedekanpai2018国交省のMIZBERINGホームページを見たら、ダウンロード用のチラシのひな型まで用意されていて驚き。カスタマイズOKとのこと。出演者一同で常夜灯公園で写真を撮ってその写真を空欄に埋め込んで、チラシ刷って近隣にポスティングして駅でも配ってってやればいいですね。国交省のお墨付きをいただいたイベントとしてできるなんて、ありがたい話で。来年の7月7日は日曜日なので、曜日もバッチリ。

いいネタをひとついただけて、木下富美子都議チームの皆様に感謝♪

7月7日(土)将棋教室の風景

7月7日(土)午前は、押切自治会館にて行徳将棋クラブ活動でした。参加25名。

教室の写真を撮り忘れたので、代わりに行徳駅前の七夕飾り。
「将棋が強くなりますように」
と短冊に書く子は今年は居るかな?

七夕


未就学〜1年生のガールズチームも今日から「棒銀(ぼうぎん)戦法」にチャレンジ。棒銀は攻めの基本ですが、極めればこれを得意戦法として名人になった人も居るほど強力な戦法です。ひふみんこと加藤一二三九段がその人なのですが、
「ひふみん戦法だよぉ〜」
と言ったらキョト〜ンとされてしまった。あれ?ひふみん知らないか。

祝日で私立校も授業が休みなので、渋幕高生が来てくれました。なるほど、他校からの練習交流会の依頼などが来たときに(来るわなそりゃ)、まだ同好会なので予算が少ない訳だ。移動交通費をどうするか悩ましいという。中学は部になったので出ていたが、高校でまた苦労している。中学高校通じて歩んだパイオニアとしての経験が将来きっと生きることでしょう。原先生はこの歳でいまだに500円を集めていますが(笑)、みなさんは日本のリーダーとしてガツーンと大きな仕事を頼みます。

久しぶりに江戸川区の中学生も来てくれて、ビッグニュース。この秋公開になる瀬川晶司五段がモデルの映画「泣き虫しょったんの奇跡」(公式サイト)に、将棋大会のシーンのエキストラで出ていると。試写会も見てバッチリ写っているとのこと。エンディングロールで名前もクレジットされているそうです。これは大きな楽しみがひとつ出来ました。

押切自治会館。神社の境内側から。

押切神社

7月7日(土)将棋教室の確認 場所に注意!押切自治会館

7月7日(土)将棋教室の確認です。

押切自治会館にて、10〜12時に活動行います。
押切自治会館の場所はこちらをご参照ください。

※行徳公民館の駐車場は使用できません。車でお越しの方は恐れ入りますが周辺のコインパーキングをご利用ください。
※初めての方もどうぞお気軽にお越しください。事前連絡不要です。

今後の予定:

7月 7日(土): 10−12時 押切自治会館
7月14日(土):10-12時 行徳公民館第2和室
7月21日(土):9:30-11:30 七中にて行われる「囲碁・将棋・オセロ教室」に参加
7月28日(土):10-12時 行徳公民館第2和室

上記すべて無料です。

平日 月・金に行徳駅前、火・木に妙典駅前にて18時から駅前将棋を行っています(雨天中止)。市川市の小学生将棋大会を実施する資金集めとして500円募金をお願いしています。参加お待ちしています。当日変更もあり得ますので、直前に当ブログもしくはツイッターで確認してください。

将棋盤と駒 どんなのを買ってあげたらよいのか

駅前将棋を始めて判ったことが、将棋盤と駒が無いご家庭が多いですね。駒に矢印がついた入門用を一番初めに買って、それきりという。そうか、家では盤駒使わないんですね。最近の子は将棋ウォーズとか端末のほうかもしれません。
それで、お母さんたちが口々に言うのが
「どんなのを買ったらいいかわからない」

まず外に持ち歩く用は、おもちゃ屋に置いてある真ん中で折り畳む盤と印刷の駒あるいはプラ駒でいいです。3000〜4000円くらいでそろいます。
とりあえずそれだけあればと個人的には思いますが、よいものを与えてあげたい場合は、材質を見てください。

将棋盤ですが、伝統的によく使われる素材は榧(かや)や桂。榧のほうが色が明るく人気があり高価。ただ「新」がつくのは輸入物の廉価版で色は一見似ていますが別物です。「新榧」とあるのは外国産のスプルース材。「新桂」はアガチス材。逆に「本」がついていたら日本産の本物と見てよいです。「本榧」「本桂」ですね。「日向榧(ひゅうがかや・宮崎県産)」は最高級品とされ、将棋指しのあこがれ。

将棋駒の素材は、黄楊(つげ)がよいとされます。これも「シャム黄楊」は東南アジアからの輸入材で価格は安いが別物。「本黄楊」とあれば本物(信頼できる売主ならば)。日本で黄楊の産地は、伊豆諸島の御蔵島(みくらじま)や鹿児島ですね。「御蔵島黄楊」や「薩摩黄楊」と産地をつけて呼ばれます。

それで?どれがいいの?と、聞かれたら・・・

盤は、都会の住宅事情の中で子供さんメインであれば、卓上用の一寸盤がいいと思います。二寸になると重たくて手軽に出したりしまったりという感じでなくなるので。ネットで探してみたのですが、本榧や本桂の一寸はAmazonで見かけないですね。専門店で本榧なら1万円台後半から、本桂なら1万円程度のようです。またせっかく本格的なものをそろえるなら持ち駒を置く駒台も欲しいところ。3000円くらいです。

駒は、材質以外にも色んな要素があり難しいです。専門店に足を運ぶか、将棋イベントなどの物販コーナーで魅かれるものが出ているときに、お店の人に聞いて教えてもらいながら選ぶのが良いかもしれません。ネットで買うなら、とりあえず1000円程度のプラスチック駒にしておいてはどうでしょうか。「王将駒」(王将と書かれたプラ箱に入っている)が大会でよく使用されるもので書体も本格的。また駒はサイズも問題で、おもちゃ屋に置いてある印刷の駒はサイズが小さいんです。この王将プラ駒ならサイズ的にも大丈夫。

王将駒


上記はあくまで私がすすめるならということで、素材がよいものは長く大事に使う気持ちになるのではというのは私の主観ですが、でも新榧や新桂、シャム黄楊が悪いのかと言えばそんなことはないでしょう。やはり木の肌触りや音はよいですから、手ごろな価格で雰囲気を味わえたらよいという考え方にも納得します。

7月6日(金)行徳駅前将棋は中止

7月6日(金)行徳駅前将棋は雨のため中止します。

7月5日(木)妙典駅前将棋は中止

7月5日(木)妙典駅前将棋は、中止とします。いつ降り出してもおかしくない天気なので。よろしくお願いします。

先は見えていない

かまいたちのコントではないですが「先がないやろ!」的な話。小学生将棋大会。

のっけからいきなり話が飛ぶのですが、村越市川市長が教育政策において掲げている理想と現実的にどうなのかというテーマと似ているように感じています。
村越市長は放課後学習において生徒たちが色んなジャンルにおける最先端に触れるような機会をつくりたい。視野を広げ考える力をつけて、世界に羽ばたいたり起業したりする人材を市の力でつくりたいのだろうと個人的には受け取っています。

一方で、そのような機会が世の中に存在しないかといえば、あるのではと。渋幕中に行った生徒たちの話を聞くと、そう思えてくるのです。1年生からレポート形式の宿題がドサッと出ている。課題を自分の中で整理して理論構築する力をつけさせる訳ですね。電気部とかあって中学生がロボットつくっているし、海外の学生との交流の機会もある。プロの教育者がこれからの日本に必要な人材育成を一生懸命に考えて実践している。ほかの私学も、それぞれに特徴を持ってそのような教育をしているはずです。
とすると市で取り組むべきは、公立校にそのような制度をつくるというよりは、私学という選択肢についての情報を市民に広く共有していただくことでは?そして、東京都が国に先駆けて導入している私立高校無償化ですね(主に市より県ですが)。さらに私立中学就学支援制度も検討してもいい。「税金でそこまで面倒みるの?」という疑問ですが、村越市長は将来的に中高一貫の市立校を市川市につくりたいと言っている(第一回タウンミーティングにて)。それに比べれば安上がり。

小学生将棋大会に話を戻します。
イオンモールやヤマダ電機、JCOMといった大きな企業がスポンサーになっている将棋大会が電車や車で行ける距離に色々ある訳です。各地の教室や道場も小規模の大会を実施している。「市川市」という自治体の単位で子供将棋大会を実施する必要が果たしてあるか?もっと広域で考えて、他市の会場へ足を運べばよいのではないか?

ここで重要なのが、公民館同好会などのネットワークを繋ぐ位置づけになっている市川市民将棋大会。市川市の公民館同好会が素晴らしい話は繰り返ししてきました。将棋って、死ぬ間際までできる。90代のおじいさんが足をひきずって通い最期の命を燃やすことができる身近な場。それを維持するために運営上、市民大会から小学生を分離しないといけないという話なので悩ましい。単純に子供の初心者が出る大会が市内になくなっても、他にたくさんあるから子供たちは困らないかもしれない。しかしそれだと、子供たちが将来歳をとってそのような場を維持・継承してくれるようになるかですね。「市川で育ててもらった」という気持ちになってくれるか。上記の私学の話も似ている。「市がショボいから外に出ざるを得なかった」ではなく「市のおかげで市で、あるいは外に出ていい教育を受けられた」にできるか。

市の大会は、教育制度に例えると公共部門の話。公共部門としての役割があるかどうか。それもボランティアに頼って。私にもいまだにわからないんです。ただ「時代の流れですね〜」と消えてゆくものを見ているよりは、一時的に流れをせき止めておこうとしているだけ。

そして、先が見えていません。この先ずっと毎年駅前将棋をやる訳にはゆかない。かといって立ち上げた将棋大会の主催を引き継いでくれる団体があるだろうか?見えていませんが、私が知らないだけでポテンシャルを持っている団体があるかもしれない。情報求む!です。イメージとしては、国や自治体から補助金が出ていて社会貢献活動をしているような団体。子供将棋大会を行事の一環として取り入れてくれそうな先。あればぜひお話しさせていただきたいと思います。

FAX機がこわれていました

色々書きたいことがあるのですが、まとめる余裕がありません。まずは重要なところから。

行徳将棋クラブは誰でもどうぞという公民館のボランティア無料教室で、当方としては色んな道場・教室とかけもちしていただいて一向にかまいませんで、色々な選択肢の中の一つと位置付けていただけたらとても嬉しいという立場です。

ですので、他教室チームで団体戦に出るとか全然オッケーです。会場で顔を合わせてきまり悪そうにしないでくださいね。むしろ将棋のことを語りましょう!みんなガンバレ!

ひとつ最近、申し訳ないことがありまして、小学生部門でご縁をいただけている子が日本将棋連盟の主要大会で入賞した際には学校に入賞報告のFAXを送っていたのですが、6月の倉敷杯以降滞っていました。冷たいじゃないかと思われたかもしれませんが、理由は我が家の

FAX機が壊れていた

だけです。コンビニのFAXサービスで送信してみたのですが、学校側が「送信先番号不明の場合受け取らない設定」にしていて(当然ですが)、送れませんでした。すいません。つい最近、買い替えましたので、今後は大丈夫です。

将棋に注目が集まっていますので、活躍すると学校で大きく評価してくれるかもしれませんね。昭和オヤジにはうらやましい限りです。将棋で「カッコいぃ!」とか言われるなんて、あり得なかった(笑)。みなさんがんばってくださいね。

7月3日(火)妙典駅前将棋の確認

7月3日(火)妙典駅前将棋の確認です。18時より妙典駅前白妙公園で行います。18時30分までに誰も来ない場合は撤収します。

7月2日(月)行徳駅前将棋の確認

7月2日(月)行徳駅前将棋の確認です。18時より行徳駅前広場(交番側)で行います。18時30分までに誰も来ない場合は撤収します。

高崎と行徳の意外な関係

前の投稿で群馬県高崎市のYAMADAこどもチャレンジ杯を紹介しましたが、実は高崎とここ行徳には意外なつながりがあります。

2年ほど前に当ブログでも「行徳にも活断層」という記事でとりあげたのですが、高崎から行徳まで約120劼砲錣燭覽霏腓奮菽覗悗走っている可能性があると指摘されている。「可能性」というのは、草加〜市川区間は調査未了のため。
最近の週刊ポストでまた特集されていました。動くとM8クラスの巨大地震になるかもしれないとのこと。恐いですね。高崎へ移動しながら「これだけの距離の地面が地殻変動でズルッとイッたらえらいことになるだろうな」というのを意識してみるのもいいかもしれません。

DSC02845

DSC02847
ライブスケジュール
行徳駅高架下 珈琲館マイセンライブ X月XX日(土)お休みです x月xx日(土)お休みです。 行徳駅前ストリートライブ 3月28日(土)13:00〜15:30。他出演者数組※雨天中止
行徳将棋クラブ

行徳将棋クラブ

Twitterアカウント
千葉県市川市の行徳将棋クラブを運営している原伸一です。ブログの更新情報をお届けしてゆきます。
最新コメント
Archives
Profile
ハラ

フォークシンガー原
(原 伸一)

1967年生。千葉県市川市の南部、行徳・妙典でアコースティックライブの主催等の活動を行っています。また、行徳公民館で小中学生の将棋教室を開いています。

ライブ情報は以下サイトにて。

http://gyotoku.livedoor.biz
メッセージ

名前
メール
本文
GSG5(行徳将棋ガールズ)
GSG(Gyotoku Shogi Girls)は、行徳将棋クラブの女子のこと。音楽も大好きで、2013年女子アマ団体戦で歌を歌ってベストパフォーマンス賞をいただきました。
人気将棋ブログ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ