Hara Blog

千葉県市川市の行徳でライブ活動を行っている、フォークシンガー原の日記です。公認将棋指導員として、子供たちの将棋の話題なども。

2016年05月

倉敷王将戦に申し込みを

GSC小学生のみなさんは、6月12日(日)に千葉県青少年女性会館にて行われる倉敷王将戦千葉県予選への申し込みをお願いします。こちらサイトより。
申し込み締め切りは6月7日(火)となっています。

「子供は出たがっているのだけれど、両親とも都合悪く連れていけない」・・・というような場合は、まずは申し込みしていただき、一声おかけください。連れてゆきますので。

尚、千葉県の将棋教室に通っている子は千葉県在住でなくても一般クラスへはエントリーできますので、都内組のみなさんもぜひ参加ご検討ください。


さて、今日は将棋界で大きな出来事がありました。
佐藤天彦八段が羽生善治名人に勝ち4勝1敗とし、名人位を奪取しました。28歳の新名人誕生です。

先手羽生名人、後手佐藤八段で戦形は横歩取り。形勢が傾いたのは手番が後手の下図局面。次に▲9三歩成があり先手がよさそうですが、△6四歩▲7六角△9五歩▲同飛△7四飛という順で、角の逃げ場がなくなってしまいました。羽生名人も▲3四歩と角と桂2枚の2枚替えにもちこみまだまだ難しく思えたのですが、局後のインタビューではやはりここからはダメとの認識であったようです。

名人戦第5局より


20代でのタイトル獲得者は、ここ数年では2010年の広瀬王位(当時23歳)、2014年の糸谷竜王(当時26歳)がありましたが、いずれも翌年の防衛はならず、渡辺二冠に続く新しい世代からは未だ長期安定的タイトル保持者は現れていません。しかしながら、佐藤天彦新名人は、もしかするとそんな存在になるかもしれない、そう感じさせるほど圧倒的な強さを見た、今年の名人戦シリーズでした。

名人戦終局

みんなハッピー!LPSA将棋パーク2016

5月29日(日)は、北区王子の北とぴあにて、LPSA主催の「みんなハッピー!LPSA将棋パーク」が開催されました。
行徳将棋クラブからは、3名団体戦の「かしまし将棋娘」に1チーム(GSG3)、そして「ほのぼの交流将棋大会」に4名が参加しました。

LPSA将棋パーク


ほのぼの交流大会は、持ち時間15分・秒読み30秒の「ゆったりコース」と、初手から30秒の「早指しコース」の2組に分かれて対局が行われました。

なんと、GSCは3名が入賞し、とても良い日になりました。壇上で表彰されて、うれしかったですね。
写真左から、水野翔太くん(早指しコース三位)、砂原奏さん(ゆったりコース優勝)、砂原湊くん(ゆったりコース三位)。

ほのぼの大会入賞者


かしまし将棋娘団体戦は16チームにより試合が行われました。2敗すると失格になりますので、運悪くたて続けに強いチームと当たってしまわないか、ドキドキ。4戦して全勝のチームが優勝、3勝すると3勝賞がもらえます。

GSG3は、残念ながら2勝2敗。あとひとつ惜しい試合があったようですが、時間切れ勝ちの拾わせてもらった試合もあり、最終戦まで残って指せただけでもよしとしましょう。

と、思ったら、2勝2敗の組の中で最もポイントが高かったとのことで、敢闘賞をいただいてしまいました。ラッキー! 手ぶらでは帰らんという彼女たちの思いが通じたのでしょうか(笑)。

今回のGSG3メンバーは、写真左から武井小夏さん、矢部綾乃さん、西岡栄美さんでした。

GSG3


会場では大会以外にも、将棋入門教室やバトルロワイヤル風間さんの似顔絵、将棋駒を使った遊びやカードゲームなど、様々な企画が行われていました。幅広い世代の人たちに、色んな形で将棋を楽しんでもらいたいというメッセージが表れていました。

個人的にいちばん印象深かったのは、元スピードスケート選手の石野枝里子さん(トリノ五輪出場)の蛸島彰子女流五段との8枚落ち席上対局。将棋を本格的に練習始めたのはつい最近とのことですが、攻守のバランスや見切りも正確ですし、特に終盤の寄せと詰みがあまりにも鮮やかで、観客席では「こりゃ、手合いがチガウよ〜」と笑いが漏れていました。やはり一流のスポーツ選手は勝負勘がいいです。
今後も将棋を頑張ってゆかれるとのことですので、女子アマ棋界の新星になる予感。10代の女子は自然にどんどん新しい才能が出てきますが、大人になってから将棋をはじめた女性の輝く姿を魅せることは意味のあることですし、LPSAならではと思いました。

そして僕は途方に暮れる

熊本と宮崎の県境、熊本の焼酎の記事で紹介した人吉市の宮崎側に、えびの市があります。

霧島山麓の美しい自然が広がっており、国立公園に指定されています。宮崎自動車道から九州自動車道へ分岐して熊本へ向かう、なんというか、そこで気持ちが切り替わるような、そんな場所です。

銀色夏生さんという、えびの市出身の作詞家がいらっしゃいまして、彼女が作詞した曲が大沢誉志幸さんの歌で1984年に大ヒットしました。

「そして僕は途方に暮れる」(1984年 大沢誉志幸)




『 もうすぐ雨のハイウェイ 輝いた季節は
 君の瞳になにを うつすのか
 そして僕は 途方に暮れる  』

5月28日(土)の風景

5月28日(土)、行徳公民館にて行徳将棋クラブ活動。

渋幕中2名、妙典中1名、行徳小4名、新浜小3名、南新浜小1名、富美浜小2名、塩焼小1名、幸小3名、大和田小1名、稲荷木小1名、船橋葛飾小1名、鹿骨東小1名、未就学2名、計23名。

160528教室


5階の部屋と案内していたのですが、いつもの部屋が使えることになり急きょ変更しました。「あれ?」でしたよね(笑)。すいませんでした。

教室の対局から、詰み局面。持ち駒なし。

3手詰み局面







答え: ▲8二竜△8四玉▲8三竜まで。

コンピューター将棋の行方

以心伝心、昨日仕事帰りにもののわに寄ったらスーさんも来てました。
「来ると思ってました!」
名人戦第4局の2日目でしたので、興奮した原は飲むだろうという読みだったんでしょうか(笑)。
結果は佐藤天彦八段が勝ち、3勝1敗としました。名人位獲得まであと1勝と迫ってます。

さて、その後もうひとり、将棋のお好きなコンピューターの技術者の方も合流して面白い話が聞けました。
その方曰く、将棋ソフトを組んでコンピューター選手権に出たいと思っていたのだけれど、最近の流れでそれが揺らいできたといいます。

つまり、コンピューターの精度がいっそう高くなり、もう人間との対局はナンセンスだから辞めましょうという時期が遠からず来ることが見えてきてしまったと。

「陸上競技とモータースポーツがあるように、コンピューター選手権は人間の棋戦とは別に盛り上がるんじゃないでしょうか?」
と聞いたところ、いやそれは疑問と。優勝ソフトにプロ棋士と対戦するという舞台があり、それによって夢がある。やはり技術者の目から見れば、人間の脳の素晴らしいところがある。人と対戦してどう反応するかというところにこそ、ワクワクする。それがなくなってもコンピューター同士の対局だけで開発競争が魅力的であり続けるかどうかは、わからないと。

う〜ん、そうか。
しかし、何に魅力を感じるかということも、人により違うでしょうね。例えば「将棋の解明」という点に魅力を感じるのであれば、相手が人であろうがなかろうが、何がどうなろうが強いソフトをつくることに没頭できるかもしれません。願わくばそのような人が輝ける舞台が今後も維持されることを。

5月29日(日)風に立つライオン教室はお休み

5月29日(日)は、風に立つライオン将棋教室はお休みとなります。

私は引率でLPSA将棋パークへ行きますので中学選抜の会場へは行けませんが、出場する生徒さんはがんばってください!

5月28日(土)の確認

5月28日(土)の確認です。

第6学習室(和室)にて、10〜12時に活動行います。

※第6学習室は、公民館の5階にあります。いつもと階が違いますので、ご注意ください。

今後の予定:

5月28日(土):10-12時 行徳公民館第6学習室(和室)

6月 4日(土):10-12時 行徳公民館第2和室
6月11日(土):10-12時 行徳公民館第2和室
6月18日(土):9:30-11:30 七中にて行われる「囲碁・将棋・オセロ教室」に参加
6月25日(土):10-12時 行徳公民館第1和室

※上記すべて無料です。

3手詰

Windows10にしてから将棋ソフトでうまく盤面を作成できなくなってしまいました。しばらく絵の盤面でご了承ください。

3手詰

3手詰






答え: ▲9四香△同玉▲8四金まで3手詰。

小金井市の刺傷事件について

冨田真由さんの刺傷事件で、アイドル活動に潜む危険について焦点があたっていますが、別の側からの視点も重要と思います。一言で言うと、ひと昔前は別物だった「アイドルのライブ活動」と「ミュージシャンの音楽活動」のオーバーラップ。

サンデーサティーズの山口くんがライブハウスに勤務しているのですが、最近は女性弾き語りミュージシャンのライブが盛況という話を少し前に聞きました。ギターやピアノ弾き語りの女の子たちが、けっこうファンを獲得してがんばっているとのこと。

一方で「地下アイドルブーム」というのがあり、大手事務所には属していないが小さなライブハウスなどで歌とダンスのライブをやって上を目指している子たちがいるらしい。

そこで、客観的に見えてくる現象。より身近な存在である地下ドルを発掘し思い入れを持って応援する男性層が構成されつつある。また、地下ドルたちの活動形態が、「グループで振り付きで歌うスタイル」から派生して、芝居であったり弾き語りといったジャンルへ広がりつつある。

危ういのが、「地下ドルの活動形態の多様化」と並行して、「地下ドルファンの男性の指向の多様化」・・・彼らの興味が、弾き語り女性ミュージシャンへも向かいつつあるのかどうか。弾き語りの活動は何から何まで独りでやることが多い。
彼女らは、自身が音楽活動をやっているミュージシャンだという自覚はあるだろうが、アイドルという自覚は薄いと思う。ひとりでSNSでリスナーと交流してチケットを売って、ギターを抱えて遅い時間に当たり前に出歩きます。というか、危険を承知でもそうせざるを得ない。

良い面もあると思います。女性ミュージシャンにとっては、潜在的に興味を持ってくれライブハウスに足を運んでくれる人々の数が、それがどんな指向の男性だろうが、増えていることが悪かろうはずがない。がんばりがいのある時代がきているとも言え、難しい。

冨田真由さんはニュースではその経歴からアイドルとして紹介されていますが、現在は作詞作曲して弾き語りライブをするシンガーソングライターのようです。歌を評価してほしいという気持ちで活動をしているのではないでしょうか。がんばっている若者が、このような形で命を落としてよいはずがありません。回復を祈ります。


話がそれますが、女流棋士はどうかということもふと頭をよぎってしまいます。いっそうファンとの距離が近い。現在のところは女流棋士のファンは基本、将棋ファンであって、将棋ファンに・・・かなり面倒なオヤジは居たとしても・・・最終的に理性を失ってしまうほどの人は居ないと気持ち的には信じたい。ただ、女流棋士のTVバラエティー進出や将棋を指すアイドルの人気上昇といったことがリスクを増大させないか、要注意かもしれません。


こんなことを書くと、アイドルファンの男性から怒られるでしょうね。申し訳ございません。アイドルファンか音楽や将棋ファンかにかかわらず、人の心の歪みと暴走は起こりうること。根絶することができないリスクとの付き合い方は、すべての人々にとり課題なのでしょう。

5月22日(日)の風景

5月22日(日)は、風に立つライオン将棋教室を行いました。
8名に参加いただきました。

前半から参加の子は、終わりの時間を決めておいたほうがよいかもしれませんね。途中でもその時間には終わるというようにしようと思います。


さて、テーブルマーク杯の熊本大会は残念ながら見送りとなったようです。日本将棋連盟の案内はこちら
残念ですが、やむを得ないことでしょう。ただ、本シリーズ終了後に何らかの形で開催の可能性を検討とあります。九州の子たちの喜ぶ顔が見られる日が来ることを祈ります。

第1期電王戦第2局

比叡山延暦寺で行われた第1期電王戦第2局はponanzaが勝ち、ponanzaの2勝で幕を閉じました。

対局後の山崎叡王のコメントによると、見慣れている相掛かりの戦型に誘導しようとしたがそうならず、やりにくい展開になっていたようです。我々一般視聴者には想像できないほどの苦しい2日間だったと思います。たいへんお疲れさまでした。

コンピューターは無理攻めをしてくるのでじっくりスキなく指せば人間よしというのが山崎叡王の対コンピューター感だったとのこと。逆に激しく切り合うような展開のほうがチャンスがあるという人もいて、難しいところです。
下図はそれが表れている局面。後手ポナンザが△5六歩と角道を開けてきたところ。

電王戦第2局


山崎叡王は▲同銀引と無難に応じたのですが、△8八角成▲同金と金が離れ形を乱されてしまいました。

では先に▲2二角成とこちらから交換すればどうか。△同金なら逆に相手の形が悪くなります。
ただ、▲2二角成のときに△5七歩成と攻め合いにこられたらどうか。以下▲3二馬△同玉▲5七金△3九角で下図。
行徳将棋クラブのみなさんにも考えてほしい(笑)。ここで先手に鋭い攻めがあります。

電王戦第2局変化図




藤井九段の解説によると、上図で▲2三飛成といく。△同玉に▲4一角。この変化は先手勝ちとのこと。実際、コンピューターソフトに入れても先手優勢と出てきます。

従い、いちばん上の図では▲2二角成といけば△同金だったはずで、「ならばそのほうがよかった」。
一見、「そんなにムリしなくても」という場面でもガッチリとポイントを稼ぐのが、コンピューターとの戦い方のひとつの要素かもしれません。


さて、終了後の記者会見で明らかになったことがありました。第2期叡王戦に、羽生善治名人が参加されるとのこと。もし優勝すればコンピューターと対戦します。対局が決まったわけではないのですが、その可能性が開かれたというのは大きな出来事です。
ドワンゴの川上会長によれば、羽生名人は人工知能の研究者たちが集まる会議などにも参加されていて相当詳しいはずとのこと。先日の記事でも書きましたが、将棋だけでなく人工知能と人間の関係というテーマについて社会的に議論が深まるよいきっかけになることを願います。

5月21日(土)の風景 運動会お疲れさまです

5月21日(土)は、七中にて七中ブロックコミュニティークラブ主催の「囲碁・将棋・オセロ教室」に参加しました。
今日が運動会という学校が多く全体の人数は少なめでしたが、それでも16名が将棋トーナメントに参加しました。密度が濃く、熱戦が多かったです。

160521七中



午後からは、近隣の小学校の運動会巡りをしてみました。


幸小学校。名物の応援合戦。赤白どちらの応援団が素晴らしかったか勝敗がつき、勝者にはトロフィーも授与されます・・・昔のままなら(笑)。今も変わってないですかね。

幸応援合戦


幸組体操幸小の組体操。赤と青のTシャツが映えて美しかったです。
全国的に事故が問題になったこともあり高く組み上げる技はありませんでしたが、様々なテーマが豊かに表現されていました。


南新浜小学校。よさこいの衣装がカッコよかった。

南新浜よさこい


南新浜親子ふれあい南新浜小の素晴らしいところは、学校の周囲を緑地が囲んでいること。他の学校に比べて地面の照り返しが柔らかい気がします。この緑地にシートを広げられるなんて、うらやましい限りです。


新浜小学校。1年生の玉入れ。小学校に上がったばかりのみなさん、がんばっていました。

新浜玉入れ


新浜玉入れ白一回戦は女子も男子もまさかの同数引き分け。勝敗の行方は男女混合の二回戦へ。
これって、演出? もしホントにたまたま偶然だったらスゴイですね。



塩焼小学校。吹奏楽部の演奏。運動会は吹奏楽部にとっても晴れの舞台ですね。この日のために放課後練習がんばってきたことでしょう。

塩焼吹奏楽


塩焼高学年リレー高学年リレーは迫力ありました。さすが10代になると、走力もたいしたものです。
男女とも転倒する子なくバトン落としたりすることもなく、感心しました。よく練習したんでしょうね。


天候に恵まれ幸いでしたが、暑い日でしたね。市川市の今日の最高気温は24度だったようですが、体感は夏日でした。がんばった子供たちも保護者のみなさまも、お疲れさまでした。

都知事疑惑と五輪招致疑惑

先ほど報道ステーションを見ていたら中島岳志教授アッパレ。地上波なので言葉柔らかくではありますが、重要な視点を投げかけてくれました。
「舛添都知事の公金流用疑惑の話題で五輪招致疑惑が陰にかくれてしまっている。五輪招致疑惑は金額も事件性も大きい」

そうでなくても書こうと思っていたのですが、都知事を締め上げるのと少なくとも同程度には、五輪招致に関わった組織や人物を追及しなければおかしい。都知事が旅館で行ったという会議の実態がわからないことを問題視するのであれば、招致委員会とシンガポールの会社との契約の実態も追及すべき。守秘義務なんて言われて引き下がっちゃいけない。具体的に2億円分、何をしてもらったのか。

また、仮に招致委員会が賄賂に使われると知らなかったとしても、実際買収にそのお金が使われたとすれば、日本側に罪はないからこれでいいでしょとはいかない。

「都知事は辞任すべきではないのか」と投げかけるのであれば同様に、「五輪は返上すべきではないのか」と世に問わなければいけない。

「キレイごとじゃ五輪招致で勝つなんてできないよ。出ちゃったのは仕方ないからなんとかうまくまとめて、夢の五輪は実現させようよ」というのであれば、「都知事セコイけど、何らかの形でけじめをつけてもらって、それで任期満了までやってもらおうよ」ということにすべきでしょう。

5月22日(日)は風に立つライオン将棋教室

5月22日(日)は、風に立つライオン将棋教室を行います。

風に立つライオン基金へひとり500円の募金をお願いします。

場所は行徳公民館の第2会議室です。前回と同じく、図書館の1階です。

11時〜: 4級以上
12時30分〜: 5級以下
※終了時間は、14時少し前
※兄弟姉妹でご参加の場合は、どちらかに合わせて一緒に来てもよいです。

今後の予定

5月22日(日)第2会議室(図書館の1階)

6月 5日(日)第1会議室(図書館の1階)
6月19日(日)第3研修室(公民館の3階)

5月21日(土)の確認

5月21日(土)の確認です。

七中にて行われる「囲碁・将棋・オセロ教室」に参加します。
9:30〜11:30
七中の場所は、行徳公民館の隣です。校庭側の真ん中の入口を入り階段を上がってすぐの部屋。

※上履きを持参してください。


今後の予定:

5月21日(土):9:30-11:30 七中にて行われる「囲碁・将棋・オセロ教室」に参加
5月28日(土):10-12時 行徳公民館第6学習室(和室)

6月 4日(土):10-12時 行徳公民館第2和室
6月11日(土):10-12時 行徳公民館第2和室
6月18日(土):9:30-11:30 七中にて行われる「囲碁・将棋・オセロ教室」に参加
6月25日(土):10-12時 行徳公民館第1和室

※上記すべて無料です。

マイナビ女子オープン第4局より

5月18日(水)は東京・将棋会館でマイナビ女子オープン第4局が行われていました。

先手が加藤桃子女王、後手が室谷由紀女流二段。戦形は加藤女王の居飛車、室谷女流の角道オープン振り飛車4→3戦法(四間飛車スタートで三筋に振り直す)となりました。

加藤女王が面白い攻め筋を披露してくれましたので、行徳将棋クラブの居飛車のみなさん、ありがたく参考にしましょう(笑)。
相手が振り飛車で角交換型の場合ですが、▲7五歩として7六の地点に角を据え、▲9五歩から香車を吊り上げて角でとっちゃう。で、とった香車を8六に打つ。

マイナビ女子オープン第4局


左辺が上図のような形でもし飛車が1段目とか2段目に居たら決まってますね。本譜は竜が5四ですが、▲7四歩△同歩を入れてあるのが上手く、次に▲8三香成△同銀▲同角成△同玉▲6三竜の王手金とりで攻めが続きます。
これを受けるため室谷女流は△7三馬と引きました。手厚いように見えたのですが、▲2一歩成と桂馬を入手し▲6五桂と打つ手が厳しく、加藤女王が攻めきって勝ちタイトル防衛となりました。

実はちょっとムリ筋ではあるようです。例えば上図では△7一桂が無難な受け方で、後手が優勢を維持できたようです。
でも、アマチュアやまして小中学生の大会では玉を危険地帯に引っ張り出せばチャンスが拡大しますので、知っておいて損はないですね。


17日の日本経済新聞の夕刊に第3局のYouTube中継に触れた記事がありました。YouTube担当者も、あまり告知をしなかったのに多くの人に見ていただいたと、コンテンツとして将棋に注目している様子です。
特に海外への展開を考慮すれば、他の媒体に比べてYouTubeは圧倒的に優位性がありそうですね。将棋の新しい可能性が示されたという意味においても、画期的なシリーズでした。

NHKスペシャルを見て

昨日の記事で書きましたNHKスペシャル、とても意味のあることを世に問うていますが、残念ながら別のことで話題になっている。

つまり、番組の完成試写会の席でコンピューターとの対決の可能性について質問された羽生名人が「近々何らかのアナウンスがあるでしょう」と答えたものだから、「ついに羽生善治がコンピューターと対決か」と色めき立つ空気ができつつある。

対局するかもしれない、と想像はします。ただその場合、目的がどのようなものであるかは重要だと思う。

ひとつは、人工知能をパートナーとして人間の能力開発に役立てる、そういう関係を築いてゆけば彼らは天使になるでしょうという提案を絵にして羽生先生が示そうとしているのではないか? 番組の延長線上に、そんな続きがありそうな気がします。

もうひとつ、羽生先生は取材を通じ様々な情報を得る中で、人工知能が悪魔になる危険性を本当に憂うに至ったのではないか?番組を見ていて、そんな羽生先生の雰囲気を感じました。まさに現在が歴史の大転換点であり、人工知能と人間の関係をどうしてゆくか、一部の人間だけでなく、広く情報を共有して社会全体として考えるべきとき。
「そのきっかけを世の中に与えるためのイベントとして、自分が役に立つなら」と、棋士として以上にひとりの人間として、羽生先生が考えたとしてもおかしくはないと思います。

メディアはとにかく話題性を煽ってどっちが勝つかの一大エンターテインメントに仕立てようとするかもしれませんが、それは虚しい。対局が実現する場合には、その意義についてもしっかりと報道されることを切に望みます。


個人的に心配になったことは、人工知能の軍事利用。番組ではそのようなことには一切触れてはいないのですが、悪魔的利用としては最たるものだと思います。具体的にはよくわかりませんが、とんでもない殺戮兵器が生まれてきそうな予感がする。

NHKスペシャル 「天使か悪魔か 羽生善治 人工知能を探る」

15日(日)NHKで、羽生善治名人がナビゲーターを勤め、来るべき人工知能の時代を私たちはどのように迎えたらよいのかを社会に問う、たいへん意味深い番組が放送されました。

見逃した方のため、整理しないままで申し訳ないのですが、番組ナレーションや登場人物たちが何を言ったかを抜き出し箇条書きにしました。どのような内容であったのか、参考になればと思います。

-------------------------------------------------------------

人口知能に心を持たせる試みが始まっている。人間も機械も、突き詰めれば物質にすぎない。機械に心が持てない理由は、ない。

「脳の働きが解明されたら、それを人工知能として落とし込むことは可能」(脳科学者)

「線引きをどうやってすればいいのか、全然わからない。何をもって知性とするとか、何をもって生命とするとか、何をもって答えとするとか・・・」(羽生)

ディープラーニングとは、人間に頼らず、コンピューターが自ら学んで進化する革新的な人工知能。グーグルはこの技術を使って、囲碁の人工知能AlphaGo(アルファ碁)を開発した。

「私のほうが有利に思えたときでも、アルファ碁は私が経験したこともないようなすばらしい手を次々と繰り出してきました」(イ・セドル)

「私の人工知能は、人間の脳の働きに着想を得た新しいものです。脳の仕組みは、ひとつの物理的なシステムです。だとすれば、コンピューターでもまねできるはずです。『ディープラーニング』は、革命的な技術です。それを可能にするほどに、プログラムの技術が進歩してきたと言えるでしょう」(グーグルディープマインド社CEO、デミス・ハサビス)

囲碁の場合、テレビゲームのように単純にはいかない。無限ともいえる選択肢から、短時間で最善の手を選ばなければならない。そこでハサビスが考えたのは、人間のような直感を人工知能に産み付けさせることだった。

(対局中に羽生先生の目線がどこにあるかを示す実験機のシーン)
直感、それはまさに羽生善治を将棋の天才たらしめる、特殊な能力である。次の一手を決めるまで、羽生が盤面のどこを見ているか。赤い印で示されている。アマチュアと比べると、大きな違いが明らかになった。アマチュアの場合、盤面をくまなく見ながら次の手を思案する。一方の羽生は、最初は盤面全体を見渡すが、その後、限られた部分に絞ってすぐに次の手を思いついている。

「ほとんどの手は考えていない。将棋が強くなるということは、たくさんの手を考えなくて済むようになること。たくさんの手を読めるから強くなるわけではない」(羽生)

直感の力は、多くの経験を積むからこを育つ。そこでまずアルファ碁に、過去に行われたおよそ15万局分の盤面を画像として与えた。するとアルファ碁は、さまざまな石の並び方を徹底比較。各局面で、勝ちに繋がる展開に共通して現れる石の並び方を自ら見つけ出した。それに照らして、次の一手の選択肢を絞り込みその先の展開を予測する。人間ならではの直観力がついに、人工知能に組み込まれた。

ハサビスは、それだけでは満足しなかった。次に目指したのは、人間を超える創造性である。そのために行ったのが、アルファ碁で対局を繰り返すことだった。その数、実に3000万局。人間が毎日10局打ち続けても8200年かかる。囲碁の歴史で人間がまだ考えついていない未知の戦法を、アルファ碁に発見させようとした。イ・セドルが戦っていたのは、囲碁という小宇宙の全容を知る、いわば神のような存在だったのかもしれない。

ハサビスが目指しているのは、人類が直面する様々な難問に答えを出す、究極の人口知能。地球の気候変動や環境問題、さらに生命はどのように誕生し人類は生まれたのか、なぜ宇宙は誕生したのか、究極の人口知能が、こうした深淵な問いに答えを見出す未来を思い描いている。

赤道直下の都市、シンガポール。都市の交通システムを制御しているのは、人工知能。国土が狭く深刻だった渋滞の解消に大きな効果を上げている。人間の行動にも目を光らせている。国内最大の銀行では、職員の不正を未然に防ぐ人工知能を導入した。収賄など不正な行為を画策しそうな職員をあぶりだす。ひとりひとりの取引の仕方、外部とのチャットの内容、メールの文面などを監視している。さらに政府は、今後国家の運営を次々と人工知能にゆだねようとしている。そのために必要なのが、国民ひとりひとりの行動データ。交通機関の乗車履歴、スマートフォンからは、個人の位置情報を一秒ごとに集めている。人間にストレスを与えず、かつ省エネも考えた交通ダイヤを人口知能が指示する。国営住宅にはセンサーが設置された。常日頃から住民の生活パターンを把握する人口知能は、異変があればすぐに気がつき、その緊急度まで判断、家族や救急隊に知らせる。エネルギー供給、交通や医療の整備、犯罪の防止、人工知能に管理させることによって、社会は飛躍的に効率化されるという。
「私たちが目指しているのは、人工知能を研究室から外に出し、国全体を実験室として生活を向上させることです。人工知能に任せるほうが、より効率的で安全になってゆくでしょう。今まさに大変革のときなのです」(ビビアン・バラクリシュナン スマート国家計画担当大臣)

すでに人間の理解を超えつつある人工知能。その暴走が人類の脅威となることはないのか?
オックスフォード大学、人類未来研究所。去年、人類を脅かす12のリスクを報告書にまとめた。気候変動や核戦争に並び、新たなリスクとして人工知能の暴走を挙げた。
「人工知能の本当の恐ろしさは、人間を敵視することではなく、人間に関心がないことです。それは大きな脅威です。人工知能の中には、邪悪で私たちが望まないものもできるはずです。今のうちに、人工知能を管理する方法を考えておくべきです」(オックスフォード大学人類未来研究所 アンダース・サンドバーグ)

「もし100億台くらいのロボットがいる世界になって、それがもし機械的に生産性の結果だけを追い求めるロボットだらけになったときに、逆に怖いと思う。人間よりも賢くなってしまうかもしれない彼らが、人間と親しく寄り添えるような心を持ってほしいと思っている」(孫正義 ソフトバンク社長)

「将棋の世界でも、過去の常識が人工知能によって否定されています。でも、それは終わりではなく新たな時代の始まりではないか、今回の取材で強く感じました。人工知能は世の中を便利にするだけでなく、人間の可能性をも広げるために使えるはずです。しかし、忘れてはいけないことがあります。驚異的な能力を持つ人工知能ですが、それ自体に倫理観はありません。使い方次第で、天使にも悪魔にもなります。どうあれ、人工知能の進化はもう止まらないでしょう。私たちは、社会で人工知能をどのように使っていくのか、考えるべきときのように思えます」(羽生)

5月15日(日)の風景

5月15日(日)は、風に立つライオン将棋教室を行いました。
今回は6名に参加いただきました。

基金のサイトに、先日の熊本につづき今度は大分の竹田市と由布市へカステラと義援金を届けに訪問したという報告が掲載されています。

由布は温泉地で有名ですが、竹田は滝廉太郎が少年期に暮らした土地として有名で、今もその屋敷が記念館として残されています。「荒城の月」も竹田の岡城(おかじょう)という山城にイメージを得たとのこと。
両市とも観光業への影響が懸念されます。早く余震が収まることを祈りたいです。

陽だまり

村下孝蔵さんをもう一曲いきます。「陽だまり」1987年。

名作アニメ、「めぞん一刻」の最後のオープニングテーマ(第77話〜96話最終回)です。



「ひらひら 花びらの舞う 春の午後には〜」 に合わせ愛すべきメインキャストたちが五代くんを囲み両手をひらひらさせ踊る絵は、その時代を共にした多くの人々の心に焼きついていることでしょう。

めぞん一刻OP


音無響子五代くんの生き方って、まさに今、タイムリーだと思いませんか?(笑)。元祖イクメン。

いい保育士さんになって、響子さんと幸せに暮らしていることでしょうね。

「ああ僕は 君一人の ためだけの ひとりぼっちさ」・・・のフレーズはあまりにも素晴らしく、村下幸蔵さんの「陽だまり」は、一刻館のドラマとともに、ずっと流れ続けてゆくことでしょう。

5月14日(土)の風景

5月14日(土)午前、行徳公民館第2和室にて行徳将棋クラブ活動。

七中1名、行徳小3名、新浜小3名、富美浜小2名、塩焼小1名、新篤小1名、大和田小1名、稲荷木小1名、浦安美浜北小1名、浦安東小1名、船橋葛飾小3名、鹿骨東小1名、未就学1名、計20名。

160514教室


そろそろ運動会の時期ですね。来週から再来週にかけてのところが多いでしょうか。
そういえば問題になった組体操、自治体によっては全廃のところもあるようですが、市川市はピラミッドやタワーを組むときの高さに制限が加わり継続されているとのこと。低くても美しい集団演技ができるとよいですね。

教室の対局をアレンジして、詰み局面。「端玉には端歩」の▲1五歩に△同歩ととったところから。

詰み局面






答え:
▲1四歩△同玉▲2五銀△1三玉▲1五香まで。

名人戦第3局

本日5月13日は、名人戦七番勝負の第3局(2日目)が鹿児島市で行われていました。先手が羽生善治名人、後手が挑戦者の佐藤天彦八段。戦形は横歩取りでした。

佐藤八段が2時間を超える大長考の末に指した下図の△5四飛が功を奏し戦いを優位に進め、リードを保ったまま終盤もあざやかに寄せきりました。

名人戦第3局より


上図△5四飛は、▲7三桂〜▲6五桂を見せて先手の弱い5七の地点にプレッシャーをかける意味があります。
羽生名人はこれに対し▲5八玉と寄り、▲6八銀を用意してこれに備えました。しかし、後手の△2七歩▲同銀△2八歩の攻めが厳しく、もう一手自陣に手を入れる余裕がない展開となりました。

これで佐藤八段の2勝1敗。今月25〜26日の第4局も楽しみです。

女流王位戦第1局

本日5月12日は、名人戦第3局(2日制の1日目)と女流王位戦第1局が行われていました。

里見香奈女流王位に岩根忍女流三段が挑戦する五番勝負第1局は、96手で里見女流王位の勝ちとなりました。
各4時間の持ち時間ですが、先手の岩根女流三段が駒組みに苦労し、中盤までに時間を多く使う展開となりました。

下図がポイントの局面。小競り合いの過程で後手里見女流王位の持ち歩が三枚になってしまっているため、放っておくと後手からは△1五歩から香車を吊り上げ△3四角というわかりやすい攻めがあります。
何か動かざるを得ないこの局面で先手の持ち時間は30分を切っており、後手には2時間近く残っている。エイと▲8六歩と突き出しますが・・・

女流王位戦第1局


上図ですかさず△8七歩と打たれました。▲同飛なら△7八角成、▲同角なら△8六飛です。岩根女流は▲6八飛としましたが、やはり△8六飛から飛車先を突破され、後手優勢となりました。

岩根女流の石田流に対し、定跡化されていない変則的な駒組みを採用した里見女流王位の日頃の研究量の豊富さが光った対局と感じました。

5月15日(日)は風に立つライオン将棋教室

5月15日(日)は、風に立つライオン将棋教室を行います。

風に立つライオン基金へひとり500円の募金をお願いします。

場所は行徳公民館の第2会議室です。前回と同じく、図書館の1階です。

11時〜: 4級以上
12時30分〜: 5級以下
※兄弟姉妹でご参加の場合は、どちらかに合わせて一緒に来てもよいです。

今後の予定

5月15日(日)第2会議室(図書館の1階)
5月22日(日)第2会議室(図書館の1階)

6月 5日(日)第1会議室(図書館の1階)
6月19日(日)第3研修室(公民館の3階)

5月14日(土)の確認

5月14日(土)の確認です。

行徳公民館第2和室にて活動行います。

今後の予定:

5月14日(土):10-12時 行徳公民館第2和室
5月21日(土):9:30-11:30 七中にて行われる「囲碁・将棋・オセロ教室」に参加
5月28日(土):10-12時 行徳公民館第6学習室(和室)

6月 4日(土):10-12時 行徳公民館第2和室
6月11日(土):10-12時 行徳公民館第2和室
6月18日(土):9:30-11:30 七中にて行われる「囲碁・将棋・オセロ教室」に参加
6月25日(土):10-12時 行徳公民館第1和室

※上記すべて無料です。

熊本の清酒「美少年」エピソード

先日の記事で熊本の焼酎を紹介しましたが、日本酒も「美少年」などは全国にファンが多いですね。製造している会社の経営破たんがあり、このとろこ関東では普通のスーパーでは見かけなくなりました。しかし、後継の会社がブランドを引き継いで製造しています。

美少年といえば我々の世代にとり印象深いのは「銀河鉄道999」。鉄郎がトチローと出会うシーンで、トチローが飲んでいた酒でした。
(トチローは、天才科学者にしてキャプテンハーロックの盟友。クイーンエメラルダスの最愛の人)

トチロー


私は詳しくないのですが、このシーンのほかにも松本零士さんの漫画には「清酒美少年」が度々登場するそうです。

美少年てっきり「松本さんがこの銘柄が好きなのかな?」くらいに思っていました。たぶんそういう人が多いと思うのですが、実は全くの偶然で、松本氏は「清酒美少年」なるものが本当に存在することを知らなかったそうです。知らずに作中に使用してしまい、おわびの電話を入れたところ当時の社長さんが「いいよ」と言ってくれたとのこと。

後に松本氏と製造元との交流が始まり、コラボ商品としてトチローの盟友キャプテンハーロックがラベルに描かれた「美少年 零」が発売になったのが、長い年月を経てまさに今年1月のことでした。

蔵元の「株式会社美少年」は熊本県の菊池市にあります。今回の地震の震源に近く、被害が大きかった地域です。

酒蔵はかなりひどい損傷のようです。タンクも出荷前の商品も倒れたり破損したりで、年間出荷量の半分以上が失われたとのこと。杜氏の方が「絶望しかなかった」とコメントされています。しかし、全国のファンからの熱い応援メッセージに応えるべく、再建へ向け力を入れているとのこと。

復興後に新しく造られた美少年が飲める日が来ることを祈りたいと思います。


3手必死問題
3手必死





答え:
▲8二金△同金▲7一角。
次の▲8二角成を受けることができず、必死。

YouTubeスタジオ

kohhy1昨日マイナビ女子オープンの中継が行われたYouTubeスタジオですが、以前ここを歌手の小比類かほるさんが紹介した動画が彼女のオフィシャルサイトに掲載されていますのでご紹介します。(約3分半)

どんな場所か、視聴者にわかりやすく撮影されています。
今後、将棋ファンにも馴染み深い場所になるとよいですね。




kohhy2話はそれますが、この機会に小比類かほるさんについて少し触れたいと思います。
YouTube オフィシャルチャンネル

80年代半ばに彗星のごとく現れた本格的女性ロックボーカリストで、87年には「Hold on me」で紅白出場を果たします。ところが、音楽性について会社と方針が合わなかった様子。
SONYとしては、ワカリやすい歌を歌わせて美しい容姿を生かし、アイドル性も持たせて売りたいと考えていたようです。「第2の竹内まりや」を期待する意図が見え隠れしていました。

しかしご本人は自身のルーツであるブラックミュージックを主軸とした音楽を志向。80年代の日本ではまだその市場は未熟で、会社と意見が合いません。その後レコード会社移籍を繰り返し、現在は個人レーベルを設立されています。自らの信念を貫く生き方と彼女の高い音楽性を認めたファンたちとの絆は堅く、素晴らしいライブパフォーマンスで現在もご活躍中です。

客観的に見れば、惜しいと思わせられるところもあります。

つまり、90年代後半に、まさに彼女が開拓したと言ってもいい土壌に宇多田ヒカルらがR&Bの花を咲かせます。小比類巻さんがもし数年間を耐え忍びビジネス優先でまずその地位を確立し維持していたならば・・・あるいはあと10年ほど遅く生まれて音楽シーンに姿を現していたならば・・・現在のJ-POP界に女王として君臨していたはず。

しかしそうなっていたらそれで、また様々の制約がついて回ったかもしれません。伸び伸びとした今の姿が彼女らしく、ファンもそれを望んでいることでしょう。

マイナビ女子オープン第3局 初のYouTube中継

本日5月9日(月)はマイナビ女子オープン5番勝負第3局が六本木ヒルズのYouTubeスタジオで行われていました。この対局はYouTubeでライブ中継され、将棋のタイトル戦としては初めての試みで注目を集めました。

YouTube中継は会員制ではないので、誰でも見ることができます。海外の将棋ファンなどにはまさに待望の企画だったことでしょう。また国内でも、ニコ動は将棋のためだけにプレミアム会員になることを躊躇されるご家庭も多いことでしょうから、YouTubeは子供にとってはありがたいのではと思います。



対局のほうは先手室谷由紀女流二段の向かい飛車、後手加藤桃子女王が居飛車の対抗形となりました。
加藤女王が自陣に竜を引き付けたあたりから「どうしたらよいのかわからなくなった」と室谷女流がコメントされていますが、ソフト解析によればそこからもずっと先手が優勢〜勝勢を示しています。

色々と見所があり勉強になったのですが、ひとつだけ最後に勝敗を分けた局面を紹介させていただきます。下の局面で室谷女流は▲3三歩と竜筋を止めたのですが△同桂で桂馬が働き逆転となりました。

ラストチャンス


上の局面でコンピューターによれば▲2三香成として先手勝ちへ向かうようです。
△同玉なら▲2六香△2四歩▲同香△同玉▲5一馬△3三香▲2五銀△1三玉▲3四歩△2八銀▲2九桂が一例。
△同竜なら▲2六香△2四歩▲4一竜でこれが詰めろ。

結果としては加藤女王が勝ち、2勝1敗として防衛に王手をかけました。
白を基調としたYouTubeスタジオにお二人の着物姿が美しく映え、将棋を世界に紹介できる新しい可能性を印象付けたシンボリックなイベントだったと感じました。

マイナビ女子オープン


解説の野月浩貴七段が「チャンネル登録をお願いします」としきりに強調されていました。(日本将棋連盟チャンネル
たぶん、チャンネル登録者数が多いチャンネルはYouTubeからの評価が高くなり色々な展開がしやすくなるのだと思います。
YouTubeはアカウントがなくても閲覧できるのでわざわざ設定の必要性がないため、普通の将棋ファンはアカウント持っていない人が多いと思うのですが、将棋普及員としても将棋の可能性を広げるためご協力いただけたらありがたいです。

マイナビ女子オープン解説室


日本将棋連盟チャンネルにアップされている野月浩貴七段と西尾明六段による戦形別の「めざせ初段」シリーズ講座は子供たちにおすすめです。四間飛車や中飛車など戦形ごとに整理されていますので、自分が使う戦法の動画を見るとよいです。棋書を読むより、目で見て音で聴いてというほうが体に入りやすいですよね。

5月8日(日)の風景

5月8日(日)は風に立つライオン将棋教室を行いました。
3名に参加いただきました。

晩は母の日だしということで家族でクリーンスパへ。レストランで食事しながら息子に受験事情を聞きました。なるほど、理系の子は数靴鬚いに早めに攻めるか重要ですね。学校で教わるを待ってられない。受験生のみなさんがんばりましょう。


風に立つライオン基金へおくった4月分寄付の領収書。

領収書160426

5月8日放送NHK杯将棋トーナメント

5月8日(日)放送のNHK杯は、橋本崇載八段−小倉久史七段の対局でした。
いやー、深川のほうから歓声と悲鳴が聞こえてきそうでした(笑)。

ハッシーのニックネームで全国的に知名度が高く人気の橋本八段ですが、江東区の学校を回り普及活動にご尽力されている小倉七段はこの地域で慕われており、行徳将棋クラブの子供たちも秋に行われる木場公園の江東区民まつりでは毎年お世話になっています。

小倉七段が勝ってたような気がしましたよね〜。ソフト解析したところ、下図の局面は勝ちとコンピューターくんが言っています。
小倉七段が後手なので、見やすいように盤面反転して掲載します。△6七角に対し橋本八段が▲8九銀と打ったところ。どうやって先手玉を縛ってゆけばよいでしょう?

橋本八段vs小倉七段


本譜は△7八銀▲同銀△同角成▲8八金と進行しましたが、縛りきることが難しい展開となりました。


コンピューターによれば上図では、△7九銀で後手勝勢とのこと。次に△8九角成からの詰みを見ていますので受けなければなりませんが、例えば▲8八金ですと△6八金と駒を足していくんだそうです。すぐに必死というわけではありませんが、後手の攻めが切れないようです。
そっか〜。

アマチュアに人気の高い対抗形で勉強になる対局を見せていただいた両先生に感謝です。
行徳将棋クラブ
Twitterアカウント
千葉県市川市の行徳将棋クラブを運営している原伸一です。ブログの更新情報をお届けしてゆきます。
最新コメント
Archives
Profile
ハラ

フォークシンガー原
(原 伸一)

1967年生。千葉県市川市の南部、行徳・妙典でアコースティックライブの主催等の活動を行っています。また、行徳公民館で小中学生の将棋教室を開いています。

ライブ情報は以下サイトにて。

http://gyotoku.livedoor.biz
活動場所
喫茶「マイセン」(フォーク好きの集まり・例会です): 行徳駅より徒歩0分。改札を背にすぐ左、山下書店の2F。Tel:047-357-4039
会費500円+ドリンク代450円〜 

市川妙典SATY(路上ライブ): 妙典駅より徒歩3分。無料。お店の詳細は以下をクリックしてご覧ください。
メッセージ

名前
メール
本文
GSG5(行徳将棋ガールズ)
GSG(Gyotoku Shogi Girls)は、行徳将棋クラブの女子のこと。音楽も大好きで、2013年女子アマ団体戦で歌を歌ってベストパフォーマンス賞をいただきました。
人気将棋ブログ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ