Hara Blog

千葉県市川市の行徳でライブ活動を行っている、フォークシンガー原の日記です。公認将棋指導員として、子供たちの将棋の話題なども。

2015年01月

1月31日(土)の風景

1月31日(土)午前、行徳公民館第2和室にて行徳将棋クラブ活動。

法政大1名、行徳小2名、新浜小4名、南新浜小2名、富美浜小2名、塩焼小2名、幸小2名、新井小1名、新篤小1名、大和田小1名、大野小1名、美浜北小1名、東小1名、葛飾小4名、稔台小2名、葛西第二小1名、鹿骨東小1名、未就学2名、計31名。


みなさんがんばっていますね。将棋ウォーズで履歴を見ると、早起きして朝練やっている子も何名かいます。教室でも、熱戦のよい対局が多くなってきました。

詰将棋もがんばってくださいね。互いにレベルが上がってくると、どちらかが一方的に押し切るという将棋は少なくなってきます。終盤、どちらにも勝ちがあるような局面が必ずあると思っていいいです。

「詰ましにイケば勝ってたのに、弱気に受けに回ったために連続王手でラッシュされつかまってしまった」
ということもあるでしょうし、
「一手受けておけば安全勝ちだったのに、ムリに詰ましにいって詰まなかったために渡した駒で詰まされた」
ということもあるでしょう。

読み切って指せればすばらしいですが、実戦では短い時間の中でなかなか読みきれません。「これはたぶん受けきれない。詰ますしかない」とか、「これはダイジョウブ。少なくとも一手余裕ある」とか。その感覚がすぐれているほうが勝つ確率が高くなります。そしてそれを磨くのは、やはり詰将棋が有効です。

さあ、あすは小学生名人戦東京大会ですね。東京在住のみなさんがんばって。千葉組も2週間後を目標にガンバロウ!

第一回将棋ウォーズ練習会

ご参加いただいたみなさん、おつかれさまでした。

いろいろ、不具合があったと思いますので、ご連絡いただけたらありがたいです。
解決できるものは解決して、もういちど2月2日(月)に実施してみます。

既にご連絡いただいた点で「おお、そうか」と気づいたのが、接続切れ問題。通常対局だと接続切れ状態が何秒か続くと「接続切れ勝ち」がでて対局終了となりますが、友達対局ではそうならないみたいですね。延々待ってるというのも時間もったいない。たとえば「どちらかに接続切れ表示がでたらその対局はその時点でとりやめる」というのをルール化してはどうかと思います。

手合いがつく間隔はいかがでしたか? 最大何分くらい待ったか教えてくれたらありがたいです。
2月2日(月)は今日より人数多くなります。それでまた、どれくらいか見てみたいと思います。

2回やってみて、この企画が有意義かどうか、またみなさんのご意見を聞いてみたいです。

1月31日(土)の確認

1月31日(土)の確認です。

行徳公民館第2和室にて、10−12時に活動を行います。


今後の予定:

1月31日(土):10-12時 行徳公民館第2和室
2月 7日(土):10-12時 行徳公民館第2和室
2月14日(土):10-12時 行徳公民館第2和室
2月21日(土):9:30-11:30 七中にて七中ブロックコミュニティークラブさん主催の「囲碁・将棋・オセロ教室」に参加
2月28日(土):10-12時 行徳公民館第2和室


※上記すべて無料です。

将棋ウォーズ練習会

1月29日(木)19時30分より、はじめての試みとして将棋ウォーズ友達対局の機能を利用しての練習会を実施します。

参加希望者は、19時30分になりましたら対局開始画面で10分切れ負けに時間をセットし、「友達と対局」をクリックして黄色にしてから「対局開始」をクリックしてください。
21時になったら新規の対局はしないことにしましょう。

90分ずっとがムリでも、都合のつく範囲で参加してくれてけっこうです。

友達どうしの対局は、達成率に影響しません。負けても昇級が遅れることはありませんので、どんどん練習してください。

いろいろと不都合はでてくるかもしれませんが、まずはトライしてみたいと思います。参加者のみなさま、どうぞよろしくお願いします。

アクア将棋大会で野坂隼史くん三位入賞

1月25日の日曜日は、将棋や受験関連で吉報をいただき、嬉しい日でした。

将棋のほうは紹介いたします。25日に木更津で行われた鈴木環那杯アクア将棋大会において、小学生高学年の部で、南行徳小5年生の野坂隼史くんが見事、三位に輝きました!

力があり、これまでも入賞できたはずのチャンスがあったのですが、なぜか寸前のところでスルリと手からすべり落ちてしまうようなことがありました。そういうことがあると、大会で「なんか勝てそうな気がしない」マイナスのイメージができてしまい払拭するのがタイヘンですが、その後マグロ争奪など積極的に大会に参加して、見事に乗り越えてくれました。

小学生名人戦を前に、GSCに活気を与えてくれてありがとう。さあ、みんなもガンバロウ。

ご連絡

GSCのみなさまへ

将棋ウォーズお友達対局練習会ですが、以下2回を想定してメンバーの方々と調整中です。明日までには参加希望のみなさまに概要メールします。もう少々お時間ください。

第一回: 1月29日(木)19:30〜21:00
第二回: 2月 2日(月)17:30〜19:00

なかなか、曜日もさることながら都合の良い時間帯がまちまちでむずかしいです。もしかすると時間短縮して朝練のほうがよいかもしれませんが、まずは学校から帰宅後に実施してみます。

1月24日(土)の風景

1月24日(土)午前、行徳公民館第2和室にて行徳将棋クラブ活動。

法政大1名、行徳小1名、南行徳小1名、新浜小4名、南新浜小2名、富美浜小1名、塩焼小2名、大野小1名、美浜北小1名、東小1名、葛飾小2名、稔台小2名、下鎌田東小3名、鹿骨東小1名、未就学1名、計24名。自由対局。

20150124



将棋ウォーズ盛り上がってますね。なんだか、クラブの設定日時にかかわらず仲のいい友だちどうしで時間きめてやりはじめそうな雰囲気。
GSCがソーシャルネットワークのコミュニティーのような機能を果たせばいいのかもしれないと思います。願わくば、24や81dojoみたいな画面スタイルがコミュニティー単位で使えたらいいのでしょうけど。誰が入室しているのかわかるようになっているとグッと身近に、第2和室に居る感覚になれるでしょうね(笑)。まぁ、まだ当分そこまではいかないでしょう。

お友達対局稽古準備中

先日ブログで発案した将棋ウォーズのお友達対局での平日稽古、コメントやメールで何人かの保護者の方々より期待の声がありまして、可能性を探ってみます。先ほど登録いただいているみなさまにメールしましたので、ご検討よろしくおねがいします。ある程度人数が集まるようであれば、継続性はともかく、一度、やってようと思います。

また、「強くなるために云々はちょっと気が引けたのだけど、この企画はオモシロそう、参加したい」という子がいたら、ぜひウォーズアカウントをもうけてIDをご連絡ください。大歓迎です。

いろいろと、メリットも考えられるなという気がしています。

たとえば、転校などで悲しい別れが過去いくどとなくあったのですが、WEB上でならGSCに愛着をもってくれている子とそのままつながっていられるのではないかと期待したりとか。

土曜日に保護者の方の都合でなかなか来れたり来れなかったりという他地区の子や、運動部所属で土曜日がどうにも・・・という子がGSCに参加しやすくなるのでは、とか。

ホントはGSCで将棋もやりたいんだけど土曜朝はいけねーという中学高校生の層ができたらいいだろうな、とか。

単純に考えると、ネット対局なら別にGSCのメンバーとでなくても好きな時間にやればいいじゃないかと思うんですが(笑)。
実は息子が近所に住む幼なじみの友人と、お互いに自分の家に居て通信でゲームをやって遊んでいるのを見て、なんだかよくワカラナイけれど、「友だちと離れた場所から通信で」というところに一種独特のワクワク感があるのかもしれないと。そのワクワク感が前向きの気持をよぶのであれば、それもいいかもしれないと思います。

1月24日(土)の確認

1月24日(土)の確認です。

行徳公民館第2和室にて、10−12時に活動を行います。


今後の予定:

1月24日(土):10-12時 行徳公民館第2和室
1月31日(土):10-12時 行徳公民館第2和室
2月 7日(土):10-12時 行徳公民館第2和室
2月14日(土):10-12時 行徳公民館第2和室
2月21日(土):9:30-11:30 七中にて七中ブロックコミュニティークラブさん主催の「囲碁・将棋・オセロ教室」に参加
2月28日(土):10-12時 行徳公民館第2和室


※上記すべて無料です。

前例

現在進行している事件については触れられませんが、個人的には記憶に新しいのが15年ほど前のキルギス共和国での邦人人質事件。

当時は旧ソ連から独立して間もない中央アジア5カ国に政府援助案件がついて、商社やコンサルタント、国際援助機関がこの地域に足繁く通いはじめた頃でした。私もODA案件で隣国のトルクメニスタンやウズベキスタンをよく訪問していたので、キルギスでイスラム原理主義グループにJICA(現国際協力機構)の職員さんが拘束されたと聞いて驚いたものです。そういうことがあってもおかしくない覚悟はあったのですが、キルギスはいちばんのどかで安全というのが我々の認識だったので。

ただ、国単位でどこが安全とか、あまり関係ないんですよね。連中は、あの一帯の一部にイスラム原理主義国家を樹立しようとしていた。その範囲に入っちゃうと、捕まる。
現在のIS(イスラム国)のような構想は、もうその頃からあったのでしょう。

マズイことに、そのときに身代金300万ドル(約3億円)が日本政府から支払われたのではないかという話がある。当時政府の要職にあった鈴木宗男氏が認めています。政府・外務省はたしか、未だその事実を認めてはいないと記憶しています。

事実がどうかはわかりません。が、そんな話があれば過激な連中の間では「日本は払う」ってなりますよね。

現在進行している事件で、NHKのメールでの質問に対しIS広報担当者が「あなたがたの政府は身代金を払う」と当たり前のように返答しています。一般的な感覚ではスゴク違和感ありますよね。なに言ってんだって。実は、根拠がないわけじゃない。

あれが、きいてるかもしれないなぁ、と、あらためて心苦しい。どうするんだろう外務省。前例がどっちだったのかは、わからないのだけれど・・・

お友達対局

将棋ウォーズ、お友達との対局は無制限でできるみたい・・・いまさら発見。達成率にはカウントされず昇級には影響ないとのことなので、気軽にたくさん練習できますね。

ということは、GSCで20名居るわけだから、あらかじめ「この日のこの時間帯」ということで設定しておけば、半分くらいが参加してくれたらわりと待ち時間すくなく手合いがついて、WEB上でいい稽古ができるかもしれませんね。

小学生名人戦前の強化練習としていちど試してみましょうか?
やりすぎ?(笑)

二枚替え

メールがいそがしくブログ更新がおそくなっています(笑)。
いゃ〜将棋ウォーズ登録、「20人とかなったらどうしよう」と最初冗談で言っていましたが、結局それくらいになってしまった。毎日だれかしらにアドバイスメール送っています。

ひとつ、みなさんに共通することですが、「二枚替え」の考え方。

最近ではバレーボールで選手を同時に二人替えることを「二枚替え」とアナウンサーが言うのでポピュラーになっていますが、これもともと将棋用語。
将棋では意味合いがちがい、おもに大駒(飛角)一枚と小駒(金銀桂香)二枚を交換することを言います。

局面にもよるのですが、もし小駒二枚のうち少なくとも一枚が金か銀なら、二枚替えオッケーとされるケースが多いです。たとえばよくありがちな「角と銀桂を交換すれば飛車が一方的に成りこめる」ような局面では、イッちゃってぜんぜんオッケー。

話がそれますが、「一枚上手」という言葉も将棋用語でしょうね。道場などで棋力に差がある場合に強い人が駒を落としますが、それが一般的にも使われるようになったのでしょう。

1月17日(土)の風景

1月17日(土)午前は、七中ブロックコミュニティークラブ主催「囲碁・将棋・オセロ教室」でした。

将棋トーナメント参加者は20名。
みなさんがんばってますねー。内容もとてもよく、実力拮抗でどちらが勝ってもおかしくない熱戦があちらこちらで繰り広げられました。

20150117七中



さて、次の一手問題。
下図は今日の上位戦から。先手表示の居飛車側の手番ですが、いい手がありました。本譜は素直に▲2三歩成△同銀▲3二飛成△同銀と進み、陣形にスキのない後手振り飛車が優勢になりました。どうすればよかったでしょう?

0117七中決勝


正解は、▲3五歩。これで後手は困っています。銀がずれると▲2三歩成がキツいですね。

チャンスはみなさんにいっぱいあります。それをつかめるよう、がんばりましょう。

1月17日(土)の確認

1月17日(土)の確認です。

七中にて、七中ブロックコミュニティークラブ主催の「囲碁・将棋・オセロ教室」に参加します。
時間は9:30〜11:30。
上履きを持参してください。


今後の予定:

1月17日(土):9:30-11:30 七中にて七中ブロックコミュニティークラブさん主催の「囲碁・将棋・オセロ教室」に参加
1月24日(土):10-12時 行徳公民館第2和室
1月31日(土):10-12時 行徳公民館第2和室
2月 7日(土):10-12時 行徳公民館第2和室
2月14日(土):10-12時 行徳公民館第2和室


※上記すべて無料です。

大空のサムライ

と、言ってピンとくる方も少ないでしょうね。ゼロ戦パイロットのエース坂井三郎さんの戦記で、日本が世界に誇るベストセラー。出版されたのは40年以上も前でしょうか。私が幼少か小学生の頃にすごく話題になってました。

その本について語るつもりはないのですが、時代の空気として・・・

あの頃は戦争帰りの先生たちがまだたくさん居て、授業中にことあるごとに脱線して昔話になりました。そんな中、戦争の是非とは別の次元で、日本の技術力の象徴であった航空機とりわけゼロ戦についてだけは、その戦いぶりは賞賛され熱く語られた。

こどもたちもみな身を乗り出して聴いていたし、何しろゼロ戦は男の子たちのヒーロでした。現代のガンダム以上。本やプラモデルのコレクションも流行ってた。バツグンの運動性能を持ち、空中戦で相手国の戦闘機を翻弄し撃ち落としたその数々のエピソードに触れる時間はほんとうにワクワクしたものです。

そう、そんな時代の空気の中で、「空中戦」という言葉が将棋の世界でも使われていました。
「横歩取り」という、それまで下火になっていた作戦を使いタイトルを獲得した棋士がいたのです。中段で縦横無尽に飛車が飛び回る戦法でした。
カッコよかったです。はい、あこがれました(笑)。でも、真似はできなかった。当時は今のようにマニュアルも整備されていなかったし。とても操縦できなかった。

将棋界の大空のサムライは、内藤國雄九段(現在)。
今年3月いっぱいで引退することを表明されたと週刊将棋で知りました。

ちょうど先日、加瀬教室で三枚堂先生(内藤門下)とちょこっと横歩のお話をさせていただいたこともあり、しばし昔にタイムスリップしてしんみりしました。

スリル、ロマン、熱い気持ち・・・うまく表現できないのですが、そういったものをたくさんいただいたことを、感謝したいと思います。本当にありがとうございました。

受験生のみなさんがんばって

いよいよ、センター試験が今週末と迫りましたね。
GSCいちばん初期の最高学年の子たちが現在高3ですが、みなさん元気にがんばっていることと思います。ここまできたら健康第一、ベストコンディションで今持っている力を出し切ってください。

高校受験組、中学受験組のみなさんにもエールを送ります!
「将棋部がある学校」を頭の片隅に学校選びをしてくれている子たちもあり、楽しみにしています。学生将棋でがんばってくれる子が出てきたら、いっそうGSCも幅が広がることでしょう。

納得のゆく結果が得られることを祈っています!

1月12日(月・祝)の風景

1月12日(月・祝)は、本八幡の加瀬教室に新年のご挨拶かたがた行ってまいりました。

遅くなってしまいあまり時間がなかったのですが、昨年夏GSCに来ていただいた三枚堂先生にもご挨拶できてよかったです。
自分の盤を含め左右、アマチュアの強い人をあいてにプロの駒落ち上手の指し方を勉強できてとてもためになりました。

奨励会生や受験予定の子たちも、いい駒音を響かせて真剣に指導を受けていました。
「目指すなら(プロを)、横歩(横歩取り)を逃げちゃダメだ」
先生の激が飛ぶ。その子がしょんぼりしていたので、
「横歩の日進月歩についていくのって、タイヘンですよね」
と助け舟を出したところ周囲の大人のみなさんが笑ってくださり、すこし和む。でも、やはりプロ志望ならやらないとねということで一段落。
「まずは本とか読んで、ネットでどんどん指してさ」
と、習得のしかたを指南されていました。

教えすぎない、ということも大切なのだろうと思います。結局最終的には自分自身で自分に足りないところを見つけ自己鍛錬できる子でないとプロにはなれないですね。逆にその資質がある子は、どんなに片田舎からでも出てくることでしょう。

帰宅後、連盟指導員の年間活動報告書作成。改めて、昨年一年間を振り返っていました。さあ、今年もがんばろう。

1月10日(土)の風景

1月10日(土)午前、行徳公民館第2和室にて行徳将棋クラブ活動。2015年指し初め式。

七中1名、行徳小3名、南行徳小1名、新浜小3名、南新浜小2名、富美浜小2名、塩焼小2名、幸小2名、新井小2名、大和田小1名、美浜北小1名、北部小2名、葛飾小3名、稔台小2名、常磐平第三小1名、葛西第二小1名、下鎌田東小3名、江戸川区1名、未就学2名、計35名。

保護者の方に写真の上手な方がいらっしゃいまして、撮影していただいた写真が素晴らしかったのでなるべくたくさんお見せしたいと思い、スライドショーを作成してみました。YouTube動画でご覧下さい(1分45秒)。



ちなみにBGMで流れている音楽はGSGオリジナル曲として準備している歌のカラオケです。
「えーっ、聞いてないよーっ!」
はい、初公開です。そのうち何かイベントの際に起用します。GSGのみなさん、よろしく。

1月10日(土)の確認

1月10日(土)の確認です。行徳公民館第2和室で10−12時に活動行います。


今後の予定:

1月10日(土):10-12時 行徳公民館第2和室(指し初め式&お年玉企画)
1月17日(土):9:30-11:30 七中にて七中ブロックコミュニティークラブさん主催の「囲碁・将棋・オセロ教室」に参加
1月24日(土):10-12時 行徳公民館第2和室
1月31日(土):10-12時 行徳公民館第2和室
2月 7日(土):10-12時 行徳公民館第2和室
2月14日(土):10-12時 行徳公民館第2和室


※上記すべて無料です。

小学生名人戦に参加しましょう

小学生名人戦が近づいてまいりました。東京都が2月1日(日)、千葉県が2月15日(日)となっています。
行徳将棋クラブのみなさんもぜひ、積極的に参加してください。以下リンクサイトご参照の上、各自申し込み手続きをしてください。

千葉県はこちら
東京都はこちら


新しく大会に参加するようになっている子たちも多いので、念のため。
とくに千葉県なのですが、一般クラスがA〜Cと3階級に分かれていまして、数多くの子たちが目標を持つことができるすばらしい制度になっているのですが、エントリークラスにご注意ください。

将棋教室や道場などで、異なる級の認定を受けている場合はいちばん上の級が属するクラスにエントリーするというのが通例となっています。

たとえば、「行徳将棋クラブで7級の認定を受けているのだけど、冬休みにたくさん道場でがんばって6級になった」という場合、エントリークラスは一般Bです。Cクラスでのエントリーはできませんのでご注意ください。

小学生名人戦を年初めの最初の目標に、がんばりましょう!

1月10日(土)は指し初め式

来週、1月10日(土)の教室では「指し初め式」を行いたいと思います。

下の動画は日本将棋連盟の2013年の指し初め式です。
10日はスーさんと私で駒を並べて一手指して、その後に生徒さんたちに一手ずつ指しついでいってもらう形式にします。

座ったらまず「おねがいします」と礼をして、一手指したら「ありがとうございました」とまた礼をして、次の人に交代。



指し初め式が終わってから、お楽しみのスーさんお年玉企画に移りたいと思います(笑)。

録画されている方

GSCのどなたか、今日(1月2日)午後に放送された「新春お好み将棋対局」を録画されていた方いらっしゃいませんでしょうか。

将棋ウォーズで矢倉の子たちが右四間飛車に苦労していてメールでいろいろ書いて送っているんですが、むずかしいですよね。
今日の番組の清水市代女流六段と渡部愛女流初段の対局がちょうどこの戦型で、10分切れ負けルールなのでテンポもとてもよくって、「あ、これを見せたらよかったな」と気づいたものの録画しておらず後悔。
ふつうに矢倉に組んでたら右四間飛車にされたらボロボロになるので、要注意です。

また、中井広恵女流六段の対石田流の戦いも同じく居飛車の子たちに見せたかった。中盤以降は真似できないでしょうが、駒組みだけでも参考になります。

きっとプロの先生方は質の高い将棋をファンに見てもらいたいことでしょうから10分切れ負けルールはあまり嬉しくないかもしれませんが、子供たちが見るにはいいスピードだと思いました。

謹賀新年

ハッピーニューイヤー!

朝まで電王戦観戦でさすがに昼まで寝ていました(笑)。雑煮を食べ5局ほど棋譜並べをして、夕方から富岡八幡宮に初詣。日中に雪が降ったせいか人もほどよく少なく、快適でした。

富岡八幡宮


さあ、2015年スタートですね。

電王戦リベンジマッチ

(13:15)電王戦リベンジマッチ森下卓九段vsツツカナが進行中。掃除や正月準備などしながらご視聴いかがでしょうか。特に居飛車の子たちはご視聴おすすめします。期待通りの矢倉戦です。矢倉の第一人者である森下九段自らが何を考えて指しているのかが視聴者にわかるようになっているという画期的な企画です。7時くらいまではやっていると思いますので途中からでもぜひ。

現在、以下局面で昼食休憩中。手番は後手の森下九段。ご本人の検討談話で、ぃ妓淙癶テ永癶て嘘僊ィ杵散發□ぃ胸誘笄ィ竿飛△7五歩へ進むかの二択で、△里曚Δ坊垢い討い襪翰融劼任靴拭

リベンジマッチ1


私としても△魎望・・・ねらいが棒銀のほうが子供たちにわかりやすい(笑)。
ただ、そう単純にはいかないみたいですね。△6四銀▲4八飛△7五歩のときに▲同歩とはとらないだろうと。ではなく手抜いて▲4五歩。△同歩▲同飛△4四歩▲4八飛△7六歩▲同銀△7五歩▲6五銀△同銀▲同歩。そこで△7六銀と打っても▲6六金とかわされて、これはちょっと続かないとのこと。

さあ、昼食明けの森下九段の次の一手に注目ですね。


(14:41更新)□ぃ胸誘笋任靴拭B海い蕩ィ竿飛まで進んだところで森下九段長考中。棒銀ではなく△5五歩から中央の戦いにする作戦で検討されています。▲同歩△同銀▲5八飛からどうするか。
ちなみに、先のアップで「7時くらいまでは」なんて言いましたが、秒読みが10分なので持ち時間切れてからがすごく長くなりそうです。佐藤九段の解説で「年越しますねこれは」と。

(16:35更新)下図で森下九段が△6四角もしくは△5二飛で長考の末、前者を着手。対してツツカナ▲3七桂。森下九段△7三桂。
解説の佐藤九段によると矢倉党なら第一感は△6四角〜△7三桂。駒がすべて使える形でこれはいいはず。
子供たちにきいたらたぶん、どちらか選べと言ったら圧倒的に△5二飛でしょうね(笑)。「形がいい」とか言われてもピンとこないよね。
実際、具体的に形のよさをどう戦いに活かしてゆくかといえば、なかなかむずかしいみたい。

リベンジマッチ2


(17:19更新)上図から△6四角▲3七桂△7三桂▲4七銀△4二金で夕食休憩。
疑問に思うのですが、秒読み10分ということは確かにまだまだ相当時間がかかりそう。で、長引けば長引くほどツツカナ有利な気が・・・だって体力が・・・
森下九段にとり死のバトルになりそうな予感がしてゾワッとしています。

(18:43更新)戦闘開始。ツツカナの指し手はのらりくらりで予測が困難だが、自分から積極的に打開する感じではない。森下九段、下図△5五歩で仕掛けた。

リベンジマッチ3


(21:08更新)下図▲8五同歩の局面で夜休憩。ここから一例は、△9五歩▲同歩△同香▲同香△8六歩。

リベンジマッチ4


(22:27更新)下図、▲5五角の王手に△3三桂と森下九段が受けたところではじめてツツカナの評価値に差がでた。これまで拮抗していたが、ツツカナはここで300ポイント以上の有利とみている。

リベンジマッチ5


(23:02更新)上図から▲6八金打△9七銀▲7九玉△3八竜▲5九飛。ツツカナの評価値は再び拮抗。次に△2五銀からとった桂馬を8六に打つのが詰めろになるのが大きいという中村太地六段と金井恒太五段の解説。

(23:12更新)両解説者の話しぶりからして、ツツカナは△8六桂を読んでいないようだ。後手森下九段の攻勢が続きそうだが、なにかよい受けがあるのか。

(23:51更新)ツツカナの▲9四歩。なんだこれは! しかもノータイムで着手された。

リベンジマッチ6


(1:50更新)森下九段優勢。ツツカナの評価値も1300ポイント以上自分が不利。
リベンジマッチ7


(2:11更新)生さだ、さだまさしと押尾コータローの「修二会」コラボ、すばらしい。

(2:21更新)日付がかわってから佐藤康光九段が解説に加わっている。森下九段の情熱に打たれたにちがいない。熱い。感動しています。

(2:50更新)ヤバイ。現局面は後手森下九段優勢にはちがいないのだが、決め手が難しく入玉模様になると体力が・・・

(3:24更新)この時間になって視聴者が増えているのがスゴイ。30万超え。

(3:37更新)森下九段優勢。
リベンジマッチ9


(4:48更新)解説陣は休憩中。シンとした画面からいっそう凄みが伝わってくる。

(5:35更新)指掛け。片上日本将棋連盟理事よりファンへ向けて説明があり、プロ的には勝負はついているものの(森下九段勝ち)、普通に詰ます将棋ではなくなっており、まだまだ数時間時間がかかることが想定される。従い、運営スタッフにこれ以上労務を継続させることができないことから、指掛けとするという内容。
リベンジマッチ10


スゴイ、ほんとうにスゴイものを見せていただきました。
読みの不確実性のハンデさえなければコンピューターよりプロ棋士のほうが上位であるという森下先生の主張に説得力を与えた、衝撃的な対局でした。
ニコ生コメントに数多くの方々が投稿されていたとおり、たったひとりで読み上げを勤めた貞升南女流初段おつかれさまでした。そして運営スタッフのみなさまおつかれさまでした。

将棋ってほんとうにスゴイですね。改めて感じさせられたイベントでした。
行徳将棋クラブ
Twitterアカウント
千葉県市川市の行徳将棋クラブを運営している原伸一です。ブログの更新情報をお届けしてゆきます。
最新コメント
Profile
ハラ

フォークシンガー原
(原 伸一)

1967年生。千葉県市川市の南部、行徳・妙典でアコースティックライブの主催等の活動を行っています。また、行徳公民館で小中学生の将棋教室を開いています。

ライブ情報は以下サイトにて。

http://gyotoku.livedoor.biz
活動場所
喫茶「マイセン」(フォーク好きの集まり・例会です): 行徳駅より徒歩0分。改札を背にすぐ左、山下書店の2F。Tel:047-357-4039
会費500円+ドリンク代450円〜 

市川妙典SATY(路上ライブ): 妙典駅より徒歩3分。無料。お店の詳細は以下をクリックしてご覧ください。
メッセージ

名前
メール
本文
GSG5(行徳将棋ガールズ)
GSG(Gyotoku Shogi Girls)は、行徳将棋クラブの女子のこと。音楽も大好きで、2013年女子アマ団体戦で歌を歌ってベストパフォーマンス賞をいただきました。
人気将棋ブログ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ