Hara Blog

千葉県市川市の行徳で弾き語り活動を行っている、フォークシンガー原の日記です。公認将棋指導員として、子供たちの将棋の話題なども。

2013年11月

フルルガーデン八千代杯なの花将棋大会2013

11月4日(月・祝)、フルルガーデン八千代杯なの花将棋大会が行われました。

入賞者はありませんでしたが、GSCのみなさん、素晴らしい戦いぶりでした。全員を称えたいですが、特に好成績の子たちを紹介します。


小学生Cクラス。田澤啓太くんが、4勝1敗でした。落ち着いてしっかりした手つきで指している姿が印象的でした。これまで将棋の大会では思うように活躍できたことがなく、悔しくて泣いたこともあったとのこと。今日はズシッと手ごたえを得てくれたことでしょう。これをきっかけに、一段の飛躍を期待したいです(写真は田澤くん)。

フルル杯2013田澤くん



小学生Bクラス。日野貴文くんが3勝1敗で順位決定戦まで進みました。最後もう一歩のところで残念でしたが、しばらく続いていた踊り場から、新しい階段を見つけてくれた日だったと思います。

同じく、上條航くんと杉山和輝くんが3勝1敗でした。また、2勝1敗1分(時間内に終わらず引き分けになったとのこと)の根本祐くん、チェスクロックを押すのが一瞬遅く詰ましてる将棋を落とし2勝2敗となっててしまった高橋聖矢くんも、3勝と同等としたいですね(笑)。このあたりは、巡り合わせ次第で入賞できる力があったことでしょう。今日の日はさようなら、明日の日を夢見て、希望の道を、またがんばってイキましょう。


小学生Aクラス。負けたらそこまでのノックアウト制トーナメント。初手から一手30秒ということで、白熱した戦いが繰り広げられました。フルルガーデンに買い物に来たお客さんたちも、驚いていた様子。
「スッゲー、将棋だよ、将棋やってるよ」
バチッ、ダン! バチッ、ダン! 初めて見た人は、迫力に圧倒されたでしょうね(笑)。

フルル杯2013会場


27名によるトーナメント。矢部智也くんが3回戦まで駒を進め、ベスト8の好成績でした。準々決勝は残念。中盤の考えどころで30秒はキツいですね。でも、強豪たちの中で十分に存在を示してくれました。

実は、一回戦でGSC同士があたってしまいました。「あちゃ〜、やってくれたなキミたち」でした(笑)。

フルル杯2013GSC対決

(写真は矢部智也くんと先山倫太郎くん)


入賞者なしとお伝えしましたが、ありました(笑)。津田沼カルチャー&将棋センターで行われたわかば杯で、GSG奥春瑠さんが見事、Dクラス準優勝に輝いたとのこと。おめでとう!


さあ、弾みをつけて、もう今週ですね。テーブルマーク杯・市民大会へ向けて、レッツゴー!


余談ですいません、カメラの話。
実は私自身、息子の小学生時代に将棋大会でいい写真がなかなか撮れなくて残念だったこともあり、もし同じような方がいらっしゃったら参考になればと。

きょうは雨でどんよりと曇っており、会場はかなり暗い状況でした。そんな中でFinePix F900EXRを使用して撮影したのですが、悪条件の中でも、思い出写真あるいはWEB掲載用の写真としては十分な絵作りをオートで行ってくれるその性能には驚きました。いちばん上の写真は被写体まで20mくらいある2階から撮っているのですが、思考に沈む田澤くんの表情をよく伝えてくれています。

もう一枚、同学年のお友達で今日はBクラスでチャレンジャーの西田光希くんのスナップ。朝一番の対局で相当に暗く、しかも下を向いていて実際には顔は完全に影なのですが、それでもこれだけ写してくれました。被写体まで10mほどあるところからのズームです。
フルル杯2013西田くん


影になった顔をギリギリ見れるように作るためバランスとしてはプラ駒が白トビしてしまいますが、雑誌のカラーページを飾るとかでなければ十分です。
各ご家庭で使い慣れたメーカーがあることでしょうが、同等機種でのご検討の参考になればと思います。

3会場

明日は都内で女流アマ名人戦も行われますね。GSGからも出場者が居ます。
なんとGSCは、フルル杯・わかば杯・女流アマ名人戦という、3会場に分かれての戦い。みなさんの健闘を祈ります。

スイマセン、私はフルル杯のみ応援に行きます。わかば杯・女流アマ名人戦参加の子も、日ごろの練習の成果を発揮してがんばってください。
あー、どこでもドアが欲しい!
来週は、テーブルマーク杯 → 市民大会とはしごするつもりです。


5手詰め詰将棋。

5手詰め





▲2二角成△同馬▲3三金△同馬▲1二飛成まで5手詰め。




余談ですが、いやぁ赤面しています。

カメラの感度はISO1600あたりが最高で、1600ではかなり粗い画像になる・・・って、いつの話だってことですよね。普通の知識がある人は先日からのこのブログの投稿を「バカだなぁ」と見ていたことでしょう。
今は、軽く一万超えているんですね。高感度での画質も、相当良くなっている。

FinepixF900EXRFujiのFinePix F900EXRを購入しました。以前からコンパクトは富士を使用しています。フィルムメーカーですので、鮮やかでいい絵作りをしてくれます。暗所での撮影も、昨日までゴチャゴチャ言っていたのは何だったんだろうという・・・

将棋関係は、これ一本になりそう。SONY F828は風景などを撮る時かな。

本八幡 珈琲&スイーツ

将棋のタイトル戦に欠かせないもの。それは、そう・・・「おやつ」
例えば大熱戦だった王座戦、最終局のおやつはこちら。おぉ、プリンではなく「プディング」とは、何と格調高い。

高速回転する脳はモーレツに糖分を欲する。つまり将棋にスイーツは必要不可欠(←そこまで言い切るか?)

という訳で、来週10日に市川市民大会・女子アマ王位戦東関東大会が開催される本八幡にて、ハラの現地下見シリーズ第2弾、本八幡おやつ情報。

本八幡駅北口をまっすぐ国道14号へ。スクランブル交差点を市民会館側に渡ったすぐ目の前にあるのが、「螢明舎」(けいめいしゃ)八幡店。こだわりの珈琲と自家製菓子で評価の高い名店です(八幡2-4-9かんていビル2F 地図)。2日午後、訪ねてみました。

螢明舎


店内は、欧風のつくり。ベージュの漆喰壁に深い色の木製テーブル・椅子。照明は所々に設置されたランプのみで、ほの暗い。クラシックのソプラノ声楽曲がCDでほのかに流れていました。BGMを選んでかけていることからも、お店の雰囲気を大切にしていることがわかります。

あんずのタルトメニューを見て、珈琲はロアブレンドを選択。菓子とセットで1000円なので、十数種類の中から迷った末に「あんずのタルト」を注文。

チーズケーキも魅力的でしたが、まずは看板のタルト。

300円で珈琲のおかわりが出来るとのことなので、早速グイッと一杯飲み干す。濃厚だが、まろやかでもたれない。
「二杯目はストロングにしませんか?」とマスター。
進められるままに注文。含んだ瞬間に刺激が舌にくる。が、苦味は広がらず、透明な暖かさだけを口内に残し、心地よい痺れを体内に沈めてゆく。

タルトは、素朴な家庭料理の味。派手な演出はないですが、素材の良さそのままに、こんがり香ばしい生地にほどよいフルーツのトッピング。クッキーの舌触りとゼリーの甘味が珈琲の刺激を中和してくれます。マスターが二杯目をストロングにと言った理由がわかりました。

私の居た3〜40分の間にも、ポツポツとお客さんが訪れてはマスターと挨拶を交していました。味とお店の雰囲気が一体となったこの空間を気に入って生活の一部としている人々は多いのでしょう。名店と称される所以だと思いました。


初のグルメレポート、いかがだったでしょうか?(笑)

やはり写真がダメ。下の写真のピンボケはないですよねー。私の腕ではこの暗さだと三脚が必要と悟りました。全体が暗ければ大丈夫なんですが、明暗の差が大きいと、このカメラはよきにはからってはくれないんだな。
色は好きなんだけどな〜、やはり性能のいいコンパクトが必要かもしれない。

11月2日(土)の風景

11月2日(土)午前、行徳公民館第2和室にて行徳将棋クラブ活動。

福栄中2名、行徳小1名、新浜小3名、南新浜小2名、塩焼小2名、幸小2名、新井小1名、東小1名、北部小1名、葛西第二賞1名、下鎌田東小2名、未就学2名、計20名。


福栄中の昨年の県大会メンバーが来てくれました。サンキュー!
久しぶりとは思えないほどよく指せますね。さすが。部活休みのときはまた来てね・・・とは言ったものの、試験前の部活休みはビミョーですね(笑)。

GSGの新しい子が、今日は大躍進。男の子相手に下図まできました。勝ってますね。もう一息!

3手詰



勝利への道は、▲3二銀△同銀▲4二金(△5二玉なら▲4三金)でした。
また、▲4二銀△同銀▲3二金からでも詰みますね。

弟くんもがんばっているので、家で指して二人で強くなってね。

カメラ

取扱説明書とにらめっこしながら、カメラの使い方の勉強。

少し前にコンパクトデジカメに不具合が生じ、ここのところSONYのF828という機種を大会に持っていっています。

10年くらい前に発売されたものですが、当時は一眼レフに匹敵する画質で初心者にも扱いやすいと話題になった。ただ、大きいんですよねー(笑)。コンパクトデジカメをポケットに入れてというほうが動きやすいし、下の子の小学校の運動会の後は次第に使わなくなりました。

安いコンパクトデジカメを買えばいいのですが、何となく使ってみたくなりました。シックな色合いで深みがあり、フィルムで撮ったようなノスタルジックな絵が、やっぱいい。解像度はもちろん今のカメラに劣りますが、絵作りですね。

GSGポーズ


欠点は、液晶パネルが小さいので、ちゃんとピンとが合って撮れているかどうか、その場でイマイチ判断しにくい。フィルムカメラの現像と同様、PCで見るまでどんな絵になっているかよくわからない。

また、オートお任せにしとくと、暗い場所に弱い弱い。将棋大会の会場では、ピントボケまくり。

暗所撮影テストナルホド、感度とか光量を調節してあげないといけないワケだ。

我が家の階段ですが、見た目も丁度写真と同じくらいの暗さでフラッシュ使わずに撮影。けっこう、ちゃんと撮れていますね。

あとは動く被写体との格闘でしょうか(笑)。
ライブスケジュール
行徳駅前ストリートライブ X月X日( )〜。※雨天中止
行徳将棋クラブ

行徳将棋クラブ

Twitterアカウント
千葉県市川市の行徳将棋クラブを運営している原伸一です。ブログの更新情報をお届けしてゆきます。
最新コメント
Archives
Profile
ハラ

フォークシンガー原
(原 伸一)

1967年生。千葉県市川市の南部、行徳・妙典でアコースティックライブの主催等の活動を行っています。また、行徳公民館で小中学生の将棋教室を開いています。

ライブ情報は以下サイトにて。

http://gyotoku.livedoor.biz
メッセージ

名前
メール
本文
GSG5(行徳将棋ガールズ)
GSG(Gyotoku Shogi Girls)は、行徳将棋クラブの女子のこと。音楽も大好きで、2013年女子アマ団体戦で歌を歌ってベストパフォーマンス賞をいただきました。
人気将棋ブログ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ