Hara Blog

千葉県市川市の行徳でライブ活動を行っている、フォークシンガー原の日記です。公認将棋指導員として、子供たちの将棋の話題なども。

2012年03月

3月31日(日)の風景

3月31日(日)午前、本行徳公民館にて行徳将棋クラブ活動。

七中1名、南新浜小3名、行徳小1名、南行徳小4名、新井小1名、北部小4名、下鎌田東小1名、未就学2名、計17名。


スゴイ風ですね〜。本行徳公民館までたどり着くのは大変だったと思います。御苦労さまです。今年は遅い春一番ですね・・・と書こうと思ったら、3月20日春分の日を過ぎると「春一番」とは言わないそうですね。

さぁ、ようやく流浪の季節をなんとかのりきり、4月からは交通の便のよい押切自治会館です。新しい場所で、心機一転がんばりましょう!

3月31日(土)の確認

3月31日(土)行徳将棋クラブ活動の確認です。

本行徳公民館第一研修室にて、10-12時に活動行います。
※誤って別の場所にていったんアップしてしまいました。申し訳ございません。本行徳公民館です。


3月31日(土):10-12時 本行徳公民館研修室
4月 7日(土):10-12時 押切自治会館
4月14日(土):10-12時 押切自治会館
4月21日(土): 9:30-11:30新浜小学校3階多目的室にて七中ブロックコミュニティークラブさん主催の「囲碁・将棋・オセロ教室」に参加
4月28日(土):10-12時 押切自治会館


※4月21日(土)は七中が授業参観のため、新浜小学校の3階多目的室となります。ご注意ください。

※上記全て無料です。

3月24日(土)の風景

3月24日(土)午前、南行徳公民館第一研修室にて行徳将棋クラブ活動。

七中1名、美浜中1名、南新浜小4名、行徳小1名、南行徳小4名、新井小1名、富美浜小1名、葛飾小1名、北部小4名、明海小1名、下鎌田東小1名、未就学2名、計22名。


寒いし雨降るし、電車で来て南行徳駅から歩いて来る子は大変でしたね。15分くらいかかります。南行徳公民館は、今回で最後。来週は本行徳公民館で、その翌週、4月からは場所を押切自治会館に移します。行徳・浦安の子も電車で来る子もアクセスがよくなりますので、たくさんのご参加お待ちしています。

3月24日(土)の確認

3月24日(土)行徳将棋クラブ活動の確認です。

南行徳公民館第一研修室にて、10-12時に活動行います。


3月24日(土):10-12時 南行徳公民館第一研修室
3月31日(土):10-12時 本行徳公民館研修室
4月 7日(土):10-12時 押切自治会館
4月14日(土):10-12時 押切自治会館
4月21日(土): 9:30-11:30新浜小学校3階多目的室にて七中ブロックコミュニティークラブさん主催の「囲碁・将棋・オセロ教室」に参加


※4月21日(土)は七中が授業参観のため、新浜小学校の3階多目的室となります。ご注意ください。

※上記全て無料です。

普及サミット東京(後半)

続いて、後半の質疑応答の内容です。


Q: 棋道奨励交付金20万円がなくなれば、県連で主催している大会に支障が生じる。これまでは、アマ名人戦の負担金10万円を差し引いて実質10万円の交付金であった。棋道奨励交付金が復活できなかった場合、アマ名人戦の負担金10万円を免除いただけるようご検討いただけないか。

A: (米長会長)公益社団法人になると、こちらが出したお金をどのように使ったかということが非常に大事なことで、この20万円は小中学生団体戦に使うという制約がある。ですので、いったん切ったが、これからは、こういうことに使うのでこれくらい要るよ、というものについて出すという個別の対応になっていかざるを得ない。一括で出したものを何につかってもいいよということが許されない団体になった。厳しい査定がくる。お金を有効に使っていただいて、このように使うからというものについて出すということについては、認められている。
(その後、参加者の中から「それは県連の会長・役員で、別の所で話しましょう」いう提案があり、日を改めてということになりました)

Q: 棋士派遣について、馴染みの棋士に来ていただくようある程度調整願えないか。どうしてもだめなら仕方ないが、その方が都合がつくということであればお願いしたい。

A: (米長会長)単純で難しい問題です。お気持ちはわかります。棋士をA・B・Cと分けて、Cであれば毎年派遣しますが・・・
(質問者)「Cです」
(米長会長)「それは、毎年お送りします」
(会場、大笑)
(米長会長)「こちらも調べますけど、出来るだけご希望がかなうよう配慮します」


Q: 普及は無料サービスという風になっているが、それだと赤字になる。それを収入に変えるというようなご検討は日本将棋連盟ではされていないのでしょうか。これは我々指導員も同じ立場で、ずっと持ち出しでやっているとどうしても疲弊してゆく。

A: (米長会長)非常に大きな問題で、我々も考えていること。親がお金を使わない子供の趣味は、大人になったときに無くなってしまうということがある。子供が先生、つまり皆さんのところへ行って、いくらかお金を払うということになれば、趣味として定着する率は高い。タダの場合は所詮タダだということになる。学校へ皆さんが行く場合も、1000円でよいからもらってほしい。そうすれば、先生が来て教えてくれたという記録が残る。タダだと、将棋の好きなオジサンが来て遊んで行ったということになる。が、現実問題としては、月謝を5千円・1万円とるとどうなるか。難しいと思う。今日ということではないが、考える時期にきている。


Q: 棋士派遣の際、例えば初心者が多いのでそういう子たちに教えるのが上手な先生を派遣してほしいとか、こういう能力のある方がよいとかいう希望を考慮していただけないか。

A: (米長会長)皆様方に棋士を評価していただくことをやってゆきたいと思う。教え方が上手だった、丁寧だった、やさしかった、言葉使いがよかった。チェックしていただいて、棋士のABCを決めてゆくといったことになる。アマチュアの方がいいプロ棋士を育てるといった時代がきたのだろうと思う。それを項目ごとにやってゆこうと考えているので、ご協力お願いします。


Q: 前もって(普及サミットの)詳しい資料を送ってほしい。コーチ制度についてなど、事前に資料があれば考えて来れた。

A:(米長会長)申し訳ない。私が将棋連盟を代表して皆様にお詫びします。


Q:将棋コーチで支部会員でない方がいらっしゃると思うが、支部会員になってもらうよう、ご検討ください。

A:(米長会長)2万人の支部会員の方がいらっしゃるので、会費3,000円なので支部会員からの会費は6,000万円。ところが現在は日本将棋連盟は棋士派遣等で支部を通じて2億円以上の支出をしている。将棋コーチに、支部会員になってもらえませんでしょうか、そしてさらに将棋指導員になって普及活動をやっていただけませんでしょうかと、こちらとしてはお願いするばかり。皆様方のほうで、「それじゃ協力するよ」と言っていただけるようにしてもらえるとありがたいです。


Q: 支部会員になるとどういうメリットがあるかという点で関連あると思うが、支部対抗団体戦の参加資格三段以下という制限はなぜついているのか。撤廃していただけないか。団体戦というのは、仲間内で励まし合って楽しい思いが出来る。支部の活動を盛り上げていく上で、団体戦に出ようということをやりたいのに、四・五段の免状を持っていると参加できないということではそれが出来ない。

A: (米長会長)これまでは、強い人は支部名人戦個人戦に出て下さいということでやってきたが、皆様の声でやめたほうがよいということであれば撤廃します。

(その後、A:撤廃、B:無差別と三段以下の2クラス制、C:今まで通り・・・の三択で会場の参加者で挙手をしました。進行役の方のアナウンスでは、「皆様方ご覧の通り今まで通り(C)の方が多いようです)とのことでした)


Q: 駒桜について。10万円の会員になると、女流棋士を1年間で1回2名派遣してくれるのでしょうか。
A: (駒桜担当の職員さん)さようでございます。
Q: じゃ、その10万円今でも払えるんですけど(会場笑い)振り込みさせていただきます(会場拍手)。

普及サミット東京(前半)

3月20日(火)は、日本将棋連盟の「平成23年度全国普及サミット東京」でした。

私のように、首都圏に住んでいて会場へすぐに足を運べる支部役員や指導員の方々は全国では少ないと思いますので、どのような模様であったかご参考になればと思いまして、以下本日の内容を記します。


平成23年度 日本将棋連盟全国普及サミット東京
場所:日本青年館
出席役員: 米長邦雄 会長
      谷川浩司 専務理事
      田中寅彦 常務理事
      北島忠雄 理事


今年の普及サミットも昨年同様、前半は当日配布されたレジメに沿った米長邦雄会長のお話、その後質疑応答という形式で行われました。

まずは前半の、米長会長のお話から:


 仝益法人移行

(本当に大変だったが、結果としてうまくゆき公益社団法人になれた旨の報告がありました)


◆,海匹發悗良甬

・ 1に子供2に子供、3・4がなくて5に子供といったことで普及活動を続けてきた。その中でも柱というのは、文部科学大臣杯。

・ 30年後には全国全ての学校が出場する・全ての学校に3人は将棋を指す子が居るという青写真を描きやってきた。

・ 表を見ると(当日配られた、文部科学大臣杯の小中学校の過去3年間のチーム数の資料。23年度小学生の部で少ない県は2チーム、もっとも多いのは東京都で63チーム)一生懸命やってくださっているところとそうでないところがある。

・ この大会を一生懸命やってくださっている皆様に、大変だということは解っていますので、各県に20万円の奨励金をお出しした。

・ ところがこの数字を見て愕然とし、とても描いていた青写真とはかけ離れてしまっており、この奨励金をいったんゼロとした。これはお金が惜しいのではなく、この後皆様の声を聞きあるいは県連会長の会を開いて、皆様のご苦労・現場の声をうかがって、出来ればこの予算を復活させたい。そしてがんばってもらいたい。

・ 奨励免状、皆様の県へ初段2本、二段2本、三段2本計6本の免状をお出ししている。やめるやめないの話があったが、現状の結論は、これまで通りお出しします。有効に使って欲しいと思います。


 公益社団法人への寄付金のお願い

・ 皆様へのお礼。東日本大震災のお見舞いについて支部・個人の皆様から、238万円ちょっとのお金をいただきました。日本将棋連盟がそれに383万円のお金を加えて、合計621万円というお金にいたしました。そのお金を原資として、被災地の支部連合会あるいは支部13か所に10万円、130万円をお届けしました。そして津波などで盤駒がなくなってしまったところへ760の盤駒を配布いたしました。それから棋士の派遣をし、交通費・宿泊費に使いました。被災地の方々から、生活は厳しいが、どんな暮らしになっても生涯将棋はやめないという声をいただいた。皆様の心の絆が深まったことの証であり、なによりも嬉しいことです。ありがとうございました。

・ 寄付金について。良い団体みなされたら税金の優遇措置が受けられるようになっている。条件は2つ。ひとつは、3000円以上寄付した人が100人以上居ること。これはクリアできること。もうひとつが難しい。黒字を2年間続けること。ただし、しこたま儲けて溜めこむというのはダメ。黒字が出たら、普通の会社だと内部留保できるが、次の年に普及活動で使わなければならない。すごく厳しい経営となる。これが公益社団法人。お陰さまで、3月31日で締める今年は若干の黒字の予定。

・ 来年も黒字だと税金の優遇措置が認められ、日本将棋連盟への寄付金の40%が納税額から控除されるようになる。例えば納税額200万円の人が日本将棋連盟に100万円寄付をしたとすると、40万円が控除され納税額は160万円になる。日本将棋連盟は子供への普及をがんばっているので、ぜひ寄付金についてご理解をお願いしたいと願っています。


ぁ(神24年度の棋士派遣について

・ 今までと大きく違うところがある。去年は延べ700人の棋士を全国へ無料で派遣した。5年前の契約で名人戦は毎日・朝日新聞の共催になり、1億1千2百万円のお金を普及活動に使えることになった。5年の契約が終わり、この4月から、この厳しいご時世の中、王将戦もある朝日オープンもある中で名人戦そのものは若干のプラスとなったが、普及協力金はなくなってしまった。

・ しかし、お金がなくなったから皆様への棋士派遣をやめることはしない。しかしそれをやると赤字になる。赤字になると内閣府から良い団体でないねと言われてしまう。黒字にして普及活動も行うという非常に難しい経営。

・ そこで、棋士を派遣するときに、派遣費用は日本将棋連盟が負担するのですが、皆様に15,000円、消費税を入れて15,750円をご負担いただけないでしょうか。それはプールしておいて、遠隔地へ棋士を派遣するときの交通費・宿泊費に使用します。皆様のご意見を伺いたいです。

・ これは(15,000円負担)支部や将棋指導員が棋士を呼ぶ場合で、タダのものもあります。それは、日本将棋連盟が主催するイベント。例えば小学生名人戦や小中学生団体戦の予選。それからアマ名人戦、アマ竜王戦、アマ王将戦の地区予選。そういうものは日本将棋連盟が棋士派遣を負担します。

ァ‖70期名人戦第5局全国大盤解説会開催について

今度の名人戦第5局。5月31日と6月1日の木・金になっている。6月1日に、全国へ一斉に棋士を派遣して大盤解説会をやりたい。「うちがやります」という所へは、派遣します。金曜日に何時に終わるかわかりませんが、棋士が一泊します(東京周辺は泊るかわかりませんが)。翌日は土曜日ですので、例えば将棋大会や教室をやっていただいて。棋士が一泊二日の工程で動きます。これは15,000円のいらないもの。マンションの一室で教室をやっていて、生徒が5人とか10人居るという方の所へも喜んで派遣しますので、どうぞ普及部のほうへ申し出てください。早い者勝ちです。200人くらいで打ち切ります。


Α‐棋コーチ制度改革について

・ こんなに大きな問題になってくるとは思わなかった。

・ 本来は、連盟の資格をもった将棋指導員(旧普及指導員)の補助をする人という制度としてスタートした。

・ ところが、コーチのほうが普及指導員より上だというようなフリをする人が出てきた。

・ これは、皆様がたからのご意見をいただいて、継続審議とさせていただければありがたいです。

3月17日(土)の風景

3月17日(土)午前、七中ブロックコミュニティークラブさん主催の「囲碁・将棋・オセロ教室」に参加しました。

この雨の中、今日もたくさんの子供さんたちが参加してくれました。将棋トーナメント参加は、約20名ほどでしたか。囲碁やオセロも盛況でした。

一般的な注意ごとで、特に今日その場面があったという訳ではないのですが・・・

兄弟姉妹で指す場合、特に下の子は、お兄ちゃんお姉ちゃんに勝ったらスゴク嬉しいのはわかるのですが、あまり喜びすぎないようにしなければなりませんね。まして、「お兄ちゃん(お姉ちゃん)は弱い」なんて、言ってはイケマセン。「将棋なんてヤーメタ」となっちゃいます。
お兄ちゃんもお姉ちゃんも、家族みんなで楽しめたほうがいいですからね。ライバル心はとても大事で、ぜひ持ってもらいたいものですが、あまり外に出さず心に秘めて・・・難しいカナ?(笑)

3月17日(土)の確認

3月17日(土)行徳将棋クラブ活動の確認です。

七中にて七中ブロックコミュニティークラブさん主催の「囲碁・将棋・オセロ教室」に参加します。9:30-11:30。上履きを持参してください。


3月17日(土): 9:30-11:30七中にて七中ブロックコミュニティークラブさん主催の「囲碁・将棋・オセロ教室」に参加
3月24日(土):10-12時 南行徳公民館第一研修室
3月31日(土):10-12時 本行徳公民館研修室
4月 7日(土):10-12時 押切自治会館
4月 8日(土):10-12時 押切自治会館



※公民館・七中いずれも無料です。

3月10日(土)の風景

3月10日(土)午前、南行徳公民館にて行徳将棋クラブ活動。

福栄中1名、新浜小1名、南新浜小3名、行徳小1名、南行徳小4名、新井小1名、富美浜小1名、葛飾小1名、北部小4名、明海小1名、下鎌田東小1名、稔台小1名、未就学2名、計22名。


低学年の子たちが集まって、回り将棋や山崩しをひととき楽しんでいました。他の教室ではあり得ないことかもしれませんが(笑)。
まずは、「行徳将棋クラブに行くとお友だちが居て楽しい」と思ってくれることが一番と思いますので。もちろん対局もちゃんとするのですが、お楽しみの時間帯もあってよいかなと思います。

3月10日(土)の確認

3月10日(土)行徳将棋クラブ活動の確認です。

南行徳公民館にて、10-12時に活動を行います。


3月10日(土):10-12時 南行徳公民館第一研修室
3月17日(土): 9:30-11:30七中にて七中ブロックコミュニティークラブさん主催の「囲碁・将棋・オセロ教室」に参加
3月24日(土):10-12時 南行徳公民館第一研修室
3月31日(土):10-12時 本行徳公民館研修室

※公民館・七中いずんれも無料です。

3月3日(土)の風景

3月3日(土)午前、南行徳公民館第二研修室にて行徳将棋クラブ活動。

七中1名、高谷中1名、新浜小3名、富美浜小1名、南新浜小5名、行徳小1名、塩焼小1名、新井小1名、南行徳小4名、明海小1名、北部小4名、葛飾小1名、下鎌田東小1名、未就学2名、計27名。


行徳将棋クラブは現6年生(新中1)の人数がけっこう居るのですが、七中や福栄中に行く子が多いです。部活などで時間がとれなくなることでしょうが・・・何とか文科杯団体戦、みんな都合つかないかなぁ。今年は中学ですごくいいチームが組めそうな気がします。

3月3日(土)の確認

3月3日(土)行徳将棋クラブ活動の確認です。
南行徳公民館にて、10-12時に活動を行います。

インフルエンザからは、すっかり復帰しました。発症後既に10日経過し、先週末からは平熱ですので、ウィルスももう居ないと思います。ご迷惑おかけしまして、すいませんでした。


3月 3日(土):10-12時 南行徳公民館第二研修室
3月10日(土):10-12時 南行徳公民館第一研修室
3月17日(土): 9:30-11:30七中にて七中ブロックコミュニティークラブさん主催の「囲碁・将棋・オセロ教室」に参加
3月24日(土):10-12時 南行徳公民館第一研修室
3月31日(土):10-12時 本行徳公民館研修室

行徳将棋クラブ
Twitterアカウント
千葉県市川市の行徳将棋クラブを運営している原伸一です。ブログの更新情報をお届けしてゆきます。
最新コメント
Profile
ハラ

フォークシンガー原
(原 伸一)

1967年生。千葉県市川市の南部、行徳・妙典でアコースティックライブの主催等の活動を行っています。また、行徳公民館で小中学生の将棋教室を開いています。

ライブ情報は以下サイトにて。

http://gyotoku.livedoor.biz
活動場所
喫茶「マイセン」(フォーク好きの集まり・例会です): 行徳駅より徒歩0分。改札を背にすぐ左、山下書店の2F。Tel:047-357-4039
会費500円+ドリンク代450円〜 

市川妙典SATY(路上ライブ): 妙典駅より徒歩3分。無料。お店の詳細は以下をクリックしてご覧ください。
メッセージ

名前
メール
本文
GSG5(行徳将棋ガールズ)
GSG(Gyotoku Shogi Girls)は、行徳将棋クラブの女子のこと。音楽も大好きで、2013年女子アマ団体戦で歌を歌ってベストパフォーマンス賞をいただきました。
人気将棋ブログ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ