Hara Blog

千葉県市川市の行徳でライブ活動を行っている、フォークシンガー原の日記です。公認将棋指導員として、子供たちの将棋の話題なども。

2009年05月

土曜教室

5月30日教室午前中、行徳将棋クラブ。

妙典中2名、新浜小2名、南新浜小2名、幸小3名、冨美浜小1名、新井小1名、南行徳小2名、北部小(浦安)2名。計15名。

これで、今日来ていない子も含めると20名くらいになってきましたか。賑やかです(笑)。

強くなっているのに勝てなくなるとき

買ってきちゃって読んじゃってます。ヒカルの碁(笑)。

成長過程での苦悩の描写がリアルですね。「そうそう、そーなんだよなぁ」と思うところが結構あります。

例えば、「確実に実力は上がっているはずなのに、勝てなくなった」・・・そんなことが、あります。ええ、あるんです。

怖いもの知らずで闇雲に踏み込んでいく時期・・・ボロ負けすることも多いですが、相手のミスでムリが通って勝っちゃうこともある。
ところが、力がついてくると、相手の狙いが見えてくる。それが怖くなる。また自分の攻めも、相手に正確に受けられるとマズイというのが、見えてしまう。
妙におとなしい指し手となり、ボロ負けはないのだけど、もう一歩のところで届かない。それの繰り返しになる。いつの間にか負けグセがついて気持ちが折れてしまう。そこを突破できずに苦しむことになります。

読みきって、手抜く、踏み込む、受ける、手を渡す。いやぁ、難しいですよ。難しい。もちろん、私になんかとてもできません(笑)。

でも、オジサンもこうしてがんばってます。さぁ、明日は(もう今日ですね)土曜の公民館教室。楽しくがんばりましょう!

ヒカルの碁

読み出すとお金を使ってしまうのでずっと避けていたのですが・・・

最近、本屋の目立つところに陳列してある「ヒカルの碁」の完全版。表紙絵があまりにキレイなもので、ついに1巻を買ってしまいました(笑)。

いやぁ、やっぱりオモシロイですねぇ。これは買わずに我慢できないなぁ(笑)。

浦安の方もどうぞ

23日、行徳将棋クラブ。
妙典中2名、幸小1名、妙典小1名、北部小(浦安)1名、計5名。
5月中旬から6月中旬にかけ、小中学校の運動会なんですねー。人数少なめでした。

6月14日の教室対抗戦につきましては、教室の上のクラスの保護者の方々とメール連絡とりあいましたところ、人数が集まらず。欠席ということで方針決定。運動会もそうですが、運動部とかけもちしている子の都合などもあり、日が合わないようです。28日の倉敷王将戦・中学選抜には出場します。

今日は浦安からも新しい子がお父さんと来てくれました。
実は、「浦安も子供向け将棋教室がないので、困っているはず」と明光企画さんにお願いして、浦安新聞にも掲載していただきました。お父さんのお話によると、やはりそのようです。明光企画さん、どうもありがとうございます。
浦安でも、行徳よりのほうなら十分に自転車圏内ですよね。ぜひ、ご利用ください。

行徳将棋クラブ6月の予定表

行徳将棋クラブ6月の予定表です。

尚、5月は23日(土)および30日(土)の10時〜12時、行徳公民館第2和室です。

6月 6日(土) 10:00〜12:00
行徳公民館 第2和室

6月13日(土) 10:00〜12:00
行徳公民館 第2和室

6月14日(日)教室対抗将棋大会
【杉並産業商工会館】杉並区阿佐谷南3−2−19
      JR中央線「阿佐ヶ谷駅」より徒歩5分
※ 参加者は8時20分行徳駅集合
※ 持ち物は、
(枦・水筒
△金 中学生2000円、小学生1500円
  (参加費500円+往復交通費)

6月20日(土) 9:30〜11:30
第七中学校

6月27日(土) 10:00〜12:00
行徳公民館 第2和室

6月28日(日)小学生倉敷王将戦・中学選抜千葉県予選
    八千代市福祉センター 八千代市大和田新田312−5
        東葉高速鉄道 八千代中央駅より徒歩8分
※ 参加者は8時20分行徳駅集合
※ 持ち物は、
(枦・水筒
△金 中学生1500円、小学生1000円
 (参加費500円+往復交通費)

インフルエンザにより大会の変更などがもしありましたら、随時連絡いたします。今のところ中止予定はありません。

中間試験に向けて

日本地図中学生はもうすぐ中間試験ですね。「将棋なんかやってるから成績が悪い」なんて言われないようにねー。

暗記科目は、直前詰め込み方式だとすぐに忘れてしまうので、後々受験のときに苦労します。毎日少しずつ、忘れては覚えるを何度も繰り返しましょう。将棋の戦法をマスターするのと同じです。

妙典中は地理の試験範囲が日本の都道府県と県庁所在地ですね。白地図、よかったら使ってください。わからない番号をチェックして、それが毎日減っていけばいい。(幸小の息子が昨年お世話になった担任の先生が作成してくれたものを使用させていただいています。使いやすいプリントをどうもありがとうございます)

県の名称と県庁所在都市の名称が違うのは、次の18。つまり、まず47都道府県を覚えて、次にこの18都市を覚えればOK。
・北海道(札幌市)
・岩手県(盛岡市)
・宮城県(仙台市)
・群馬県(前橋市)
・栃木県(宇都宮市)
・茨城県(水戸市)
・東京都(新宿区)
・神奈川県(横浜市)
・山梨県(甲府市)
・石川県(金沢市)
・愛知県(名古屋市)
・三重県(津市)
・滋賀県(大津市)
・兵庫県(神戸市)
・島根県(松江市)
・香川県(高松市)
・愛媛県(松山市)
・沖縄県(那覇市)

がんばってねー!

アイリス

子供たちが将棋ができる場所が少ないという話の続き。
WEB上の空論ですが、まぁ私の考える理想像ということで。

LPSA(日本女子プロ将棋協会)のアイリス制度に、私は実は期待したりしてます。
アイリスというのは、同協会の公認インストラクターのこと。ギリシャ神話の虹の女神アイリスにちなんで、ファンとの架け橋になってほしいというのが名前の由来とのこと。
「アイリス」という響きがよいですよね。女性なら「将棋コーチ」とか言われるよりこちらのほうが気分イイと思います。

そうそう、日本将棋連盟のほうも、普及推進のためこの「将棋コーチ」という資格をとってくれる人をがんばって増やしているようです。条件として棋力を問わないし費用も安いため、「普及指導員」よりもなりやすい。
ただ、連盟が声をかけて講習会を行う場合、集まってくるのはほとんど男性なんですよね。
女性に、たくさんこういった資格をとって欲しい。なぜか。

ピアノとか書道の教室をやっていらっしゃる方々は、恐らく家計の収入の柱はご主人という主婦の方が多いのでは? 将棋もそういったジャンルに入れてもらえたらよいのですけどねぇ。

かなり大変かもしれませんが、学童っぽくやってくれたら需要はいくらでもありそう。つまり、「学校が終わる時間から夕方まで、あずかります。将棋教室ですが、それだけではなく色んな遊びをやったり、また学校の宿題くらいは面倒みます」てなカンジで。
お子さんが巣立った後で自宅スペースに余裕が出来た・・・というような女性が自宅で開業するのがイイのでは? 子育て経験も重要な財産になるはず。

女性に興味を持ってもらうには、やはり連盟よりはLPSAが女性雑誌などで宣伝するのが効果的だと思います。通信講座をつくって資格化してもよいですね。

どうでしょうか、LPSAさん(笑)? 忙しくてとても手が回らないでしょうけど。

あ、こういうことを書くと「お、原は商業化の下心ありか?」と思われるかもしれませんね。ご心配なく、原はお金をとりません・とれません。一家の大黒柱のお父さんが出来ることは、仕事を持ちながらの週末ボランティア。お金なんかとりだすと、かえって弊害のほうが大きい。それが連盟主導の普及活動の限界でもあります。LPSAさん、たのんます!

無題

17日午前中、嫁と息子を車に乗せ市川子供将棋クラブへ。息子を先生にお願いして、すぐに引き返す。SATYライブの準備。

午後、SATYライブ。曇りで気温が低く、風も強くて、なかなか人が集まりづらい状況でしたが、若者たち3人のエネルギーはさすが。
私のほうは、相変わらず喉が間に合わず残念でしたが、無難な音域のマッタリ懐メロでまとめました。セットリストは、
・サボテンの花(チューリップ)
・恋(松山千春)
・One more time, One more chance(山崎まさよし)
・22才の別れ(風)
・ラブストーリーは突然に(小田和正)
でした。

行徳小にて

行徳小で行われた、七中ブロックコミュニティークラブさん主催の囲碁・将棋・オセロ教室から先ほど帰ってきたところです。いつもと違う場所だったので、道具運びなど、ボランティアの皆さんタイヘンだったと思います。お疲れ様です。ありがとうございます。

いつも10時頃からトーナメントなのですが、公民館教室の子ばかり上位にゆくようになってきたので、「キミたちは遠慮してね」ということで、上級者の部は別個にリーグ戦をやってもらうことにしました。
手の開いた子は、「やるかぁ?」と、トーナメントで負けてしまった子の相手などもしてくれています。そうそう、ボランティアもお願いね。


キャラメルただ、優勝・準優勝者に与えられる賞状とポラロイド写真がもらえなくなったため、ちょっとかわいそうかなと思い、とりあえず上級者の部の1位景品、森永ミルクキャラメル。「うぉっしゃぁ!」と盛り上がったものの・・・難しいもので、私の息子が勝ったため、「とうちゃんにキャラメル買ってもらっただけじゃん」みたくなってしまった。どうしたもんかな。考えよう。



トーナメント戦の優勝者の子は大野小とのことで、びっくり。お母さんに「大野からわざわざ来られたのですか」と聞いたところ、「近くにナイんですよー」。
そうですね。南部地区も困っていましたが、市川の北部地区の皆さんも困っていることでしょう。きっと、日本全国こんな感じですよねぇ。

明日の教室は行徳小

下にあります、4月21日投稿の5月予定表をご参照ください。

明日、5月16日(土)の七中ブロックコミュニティークラブさん主催「囲碁・将棋・オセロ教室」は、七中ではなく行徳小で行われます。間違って七中に行かないようご注意ください。9時半〜11時半です。上履きと靴を入れ袋を持参してください。

認められること

文部科学大臣杯の前に、妙典中、新浜小、幸小と自転車で回り、大会の案内を事務室に提出して回りました。また、「貴校代表として、次の選手が出場します。担任の先生からでも『がんばってるね』と一言かけていただけたらありがたいです」という校長宛のメモを添えました。

野球やサッカーなど人口が多い競技は、きっとクラスで試合の話が出たりすると思うのですよ。「この間の試合、こんな場面でアイツがキメて、かっこよかったんだよなー」とか誰かが話していたりすると、自然と認知されてゆくんじゃないかと。

将棋は、それがナイのがかわいそう。で、ささやかながら子供たちを援護してあげられたらと思いました。「認められる」って、子供にとって嬉しいことですよね。

子供の話によると、お声をかけていただいたそうです。先生方、どうもありがとうございます。将棋でがんばっている子供たちを、どうぞ暖かく見守ってあげてください。よろしくお願いいたします。

教室対抗戦

団体戦は楽しいですね♪ と、昨日の日記で書いたところで、ハイ、出ました。次は6月14日(日)の教室対抗戦です。棋友館さんのサイトをご参照ください。

参加資格が、連盟の棋士・普及指導員・支部の開講する教室の小中学生ということで、今年から晴れて、参加資格をいただいています(笑)。実は、少し前におにぎり先生にお願いして案内を送ってもらい、どうしようか考えていたところでした。

この大会はレベルが高いようで、以前ある普及指導員の方から「あれに出ようと思ったら有段者をそろえないとダメだからねぇ」言われたことがあります。もし行徳チームで出場した場合、全員、全局、全敗の可能性大。

締め切りが31日なので、次回の公民館教室(23日)で、子供たちと相談してみようと思います。「全部負けてもいいから、小中学生の上位レベルというのがどんなものか、いっちょう体験してやろうじゃないか」という特攻隊志願のサムライが、5名居るかどうか(笑)。こういう話をしてみるのも、いい機会です。

「なんでも経験」と、安易に考えるのも危険だということは認識しています。負けグセがついてしまう、あるいは気がめいって心が折れてしまうといったマイナス面が大きい子は、避けたほうがよいかもしれません。
できれば保護者の方とも話しができるとよいですけどねぇ。「負けグセ大いに結構。負けていいんだと思えるようになってほしい」というのもひとつの考え方ですし・・・実は、私は自分の子供たちに関してはこの考え方です。
子供の性格にもよるのですよね。投げやりにふざけて指すようになるようならダメ。真剣に対局した上で、負けを受け止め心の中で消化できるようになれたらOK。その境目は、難しいです。

週末

9日午前中、行徳将棋クラブ。七中1名、新浜小2名、南新浜小2名、幸小2名、冨美浜小1名、新井小1名、妙典小1名。計9名。リレー将棋はやはりイイですね。対局開始前に、チームで作戦会議。「こういう囲いにするからねっ」と、上級生が一生懸命下の子に教えていました。

午後、妙典中の参観日。1年生の教室は4階。窓の外の景色がイイですねー。江戸川放水路と東西線の車庫が見えます。しばしボーッと眺めてしまいました。夜、マイセンライブ。声は間に合わず、この日も苦しい歌唱でした。

10日、津田沼で行われた、文部科学大臣杯千葉県西部地区予選へ3チームの子供たちを引率。予想したよりはるかに立派な活躍をしてくれて、嬉しかったです! 妙典中が2勝3敗。幸小が予選2勝1敗であわやAブロック予選通過だったのですが、スイス式の対戦点が不足し、午後は自由対局へ。1名不足で参加の新浜小も、予選1分け2敗で、何と全敗を免れるという奇跡! 何より、クラブ内のコミュニケーションが深まり、子供たちがより仲良くなってくれたのがよかったです。団体戦は楽しいですね♪

帰省

実家の将棋盤2日夜往路、5日朝復路にて、久しぶりに宮崎市の実家へ帰省しました。

特に遠出はせず、子供たちをつれて近場で遊びました。神宮の森の博物館、きれいになりましたねー。

写真は、私が子供の頃に使用していた将棋盤と稽古駒です。

リレー将棋

2日午前中、行徳公民館にて行徳将棋クラブ。GWにて、人数少なめでした。妙典中2名、七中1名、新浜小3名、幸小2名、行徳小1名、計9名。

マグネットシートの大盤を畳の上に敷き、2チームに分かれてリレー将棋をやってみました。初めての試みでしたが、盛り上がって面白かったです。
初心者の子にとっては、強い子の指し手が自然に身についてイイのではないかと思います。楽しくて、効果的だなと思いました。
行徳将棋クラブ
Twitterアカウント
千葉県市川市の行徳将棋クラブを運営している原伸一です。ブログの更新情報をお届けしてゆきます。
最新コメント
Profile
ハラ

フォークシンガー原
(原 伸一)

1967年生。千葉県市川市の南部、行徳・妙典でアコースティックライブの主催等の活動を行っています。また、行徳公民館で小中学生の将棋教室を開いています。

ライブ情報は以下サイトにて。

http://gyotoku.livedoor.biz
活動場所
喫茶「マイセン」(フォーク好きの集まり・例会です): 行徳駅より徒歩0分。改札を背にすぐ左、山下書店の2F。Tel:047-357-4039
会費500円+ドリンク代450円〜 

市川妙典SATY(路上ライブ): 妙典駅より徒歩3分。無料。お店の詳細は以下をクリックしてご覧ください。
メッセージ

名前
メール
本文
GSG5(行徳将棋ガールズ)
GSG(Gyotoku Shogi Girls)は、行徳将棋クラブの女子のこと。音楽も大好きで、2013年女子アマ団体戦で歌を歌ってベストパフォーマンス賞をいただきました。
人気将棋ブログ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ