Hara Blog

千葉県市川市の行徳でライブ活動を行っている、フォークシンガー原の日記です。公認将棋指導員として、子供たちの将棋の話題なども。

サンデーサティーズが目指すもの

妙典祭り終了後の打ち上げ&反省会の席で、サンデーサティーズメンバーで課題として話し合われたのが、
「サンデーサティーズの目的や活動方針を明示する必要があるね」
ということ。

特に山口堀木ペアは若いので熱心な支持者はどうしても、ゆずのように大きな舞台で輝く存在になってゆく姿を見たいと夢を抱いてしまう。
「サンデーサティーズは、それを目指してはいない」
というのをハッキリさせないと、混乱させてしまう。
混乱というのは、山口宏一くん個人はまさにエンターテイナーとして身を立てるための道を歩んでいますので、ファンとしては整理がつきにくい。

山口堀木


サンデーサティーズは、では何を目指しているのか。
当ブログをずっと読んでくださっている方にはもはや説明不要でしょうが、今一度。

サンデーサティーズは、普通ミュージシャンがやるような、ライブハウスやホールでのライブはやっていません。路上や屋外のイベントだけです。しかも徹底的にエリアを絞っている。あちこちでは、やらない。

「街にアクティビティを与える」
と専門用語で言うそうですが、人が集まるオープンスペースで楽しい雰囲気の中で会話が発生する場というのが、特にこれからの高齢化社会では重要性を増してゆきます。人と人とが繋がれる場。
義務的なことや煩わしいしがらみなどなく、お金もかからず、入り口も出口もなく自然な形で人と出合えて楽しめる場。例えば祭りイベントはその最たるものですが、ステージプログラムに絞って掘り下げたい。

人々を「行ってみたい」と行動に駆り立てる要素は何でしょう?
楽しそうな出し物があるかどうか。それに尽きるはずです。そしていくら「楽しいよ」と紙やネットに書いても「じゃぁ行ってみよう」とはそうそうならない。
「じゃあ行ってみよう」は、例えば有名な芸人さんが出ればそうなります。話題性があるし、面白いのがわかっているから。つまり、立ってるキャラがあれば人は集まる。

その「立ってるキャラ」を、お金を出して既に売れている人を呼んで来るのもいいのですが、地元のアーティストを地域で育てることをやりませんか? という試みです。そのためにはハコの中でやるライブだけではダメ。無料でふらっと行ける場を設定しないと広がらない。
まずはサンデーサティーズのキャラが立たないと他のアーティストを紹介できないのでがんばっているところですが、サンデーサティーズだけで目立とうとしているのではなく、色んなキャラを紹介できるためのベースとなる地域音楽集団。それが我々の目指すところです。

ここで疑問が湧くと思います。
「そうなったとして、あなたたちにどんなメリットがあるの?」
という。
我々がそれぞれに心の中でこれを得たと感じるであろうものをメリットと呼ばせていただくならそれがメリットですが、それ以外には正直、ないです。
もちろん際限なく活動範囲を広げ時間を費やすことはできませんので、活動地は原則まずはこれまで行ってきている地元「行徳」、およびゆずの聖地である横浜の岡村町や伊勢佐木町から呼んでいただく場合に限る。それ以外は条件を提示させていただかざるを得ませんが、「なるほどそこでメリットが出てくるワケね」と言う人とは永遠に分かり合えないでしょう。

長文になり申し訳ないのですが、まずは私の個人ブログにて上記、記させていただきました。

第13回妙典祭り サンデーサティーズ奇跡のミニライブ

第13回妙典祭りは昼頃から小雨となり、ステージでは15時からの音楽系のプログラム(レンコンバンド&ダンサーズ、サンデーサティーズ、東妙典吹奏楽団)が残念ながら中止となりました。機材を濡らしてはならないため、やむを得ない判断だったと思います。

妙典祭り3


サンデーサティーズとゲスト水野佳さんの間で「さあどうしよう」となったのが、地元の方へは「残念ですがまた行徳で演りますので次の機会に」ということでご理解をお願いするとしても、わざわざ遠方より電車に乗って来ていただいたり乳母車を押して子連れで来てくれたりというファンの方々に何かしてあげられないか。

そこで、やや無理筋ではあるものの将棋コーナーで16時まで使わせていただけることになっていた妙典センタービル1階エスカレーター付近のスペースでミニライブを行うことにしました。将棋は早めに終了し撤収していましたので、丁度空いていたもの。しかもマツモトキヨシが改装工事中で営業していないという偶然も重なりました。

妙典祭り4


約20分、声を抑え気味に歌える曲にして響く楽器は使わないようにして、生声と生ギターだけでお届けしたのですが、演っているうちに自治会の方々なども集ってくださり思いもかけず良いライブになりました。特に最後の会場一同での「上を向いて歩こう」合唱は大盛り上がりで素晴らしいひと時でした。これを祭りステージでよりたくさんの人々と出来ていたらと思うと残念ではありますが、良い出し物をつくれていたことが確信できて嬉しい気持ちでした。

ビデオカメラを回していなかったのが痛恨の極みです。

第13回妙典祭り 将棋コーナーは大盛況

11月4日(日)妙典祭り、一部のプログラムが雨で中止となりましたが、無事開催されました。

妙典センタービル1F工事中のマツモトキヨシ前で行われた将棋コーナーは来場客が途切れることが無く、満席状態がずっと続くほどの大盛況でした。
新しい発見だったのは、何人かの教室の子供たちがまったく初めての子に教えるのがとても上手なこと。駒の動き方を大きなプレートで準備してきてくれていました。また「中で将棋をやっているというのが外から解りにくい」という課題を見つけ、入り口に立ったり会場を練り歩いたりして「将棋をやりませんか〜?」と呼び込みをしてくれる子たちもありました。

妙典祭り1


妙典祭り2親子のみなさんでつくってくれた貼り紙や飾りのステキなこと。

募金箱も力作です。「ロボットをつくった」と聞いていたので何に使うのかな?と思っていたのですが、募金箱を抱いてお願いする役ですね。なるほど、ただ置いてあるだけより気持ちがほっこりします。

これらすべて、集まって「こういうものを作ろう」と打ち合わせしたわけではなく、各自「これがあったらいい。これが必要」というのを考えて準備してきてくれたもの。

この日の募金総額は、6,274円でした。
その結果、予算まであと3,220円となっており、来週の市川市民将棋大会でこれを埋めにゆくことになります。まるで脚本でもあるかのようなドラマチックな展開となっています。

行徳将棋クラブの親子の皆様、ご来場いただいた皆様、祭り将棋大成功でした。お疲れ様でした。

11月3日(土)将棋教室の風景

11月3(土)は、押切自治会館で行徳将棋クラブの活動でした。参加12名。

教室風景


行徳新聞に明日の妙典祭りの記事が出ていたと親子のみなさん話題にしていらっしゃいました。「はじめての将棋教室」と紹介されていますが、どういったレベルの方でもオッケーです。一日楽しく、指せる場になればと思います。さあどうなることやら。
当番の割り当てがない行徳将棋クラブの子供たちも、もちろんいつでもどうぞ。祭りの雰囲気の中で楽しんでください。

行徳新聞

11月3日(土)将棋教室の確認 場所は押切自治会館

11月3日(土)将棋教室の確認です。

押切自治会館にて、10〜12時に活動を行います。
行徳公民館は祝日で休館となっています。ご注意ください。
※専用駐車場がありませんので、恐れ入りますがお車の方は周辺のコインパーキングをご利用ください。
※初めての方もどうぞお気軽にお越しください。事前連絡不要です。

今後の予定:

11月 3日(土):10-12時 押切自治会館
11月10日(土):10-12時 行徳公民館第2和室
11月17日(土):10-12時 行徳公民館第2和室
11月24日(土):10-12時 行徳公民館第2和室

12月 1日(土):10-12時 行徳公民館第2和室
12月 8日(土):10-12時 行徳公民館第2和室
12月15日(土):9:30-11:30 七中にて行われる七中ブロックコミュニティークラブ「囲碁・将棋・オセロ教室」に参加。
12月22日(土):10-12時 行徳公民館第2和室


上記すべて無料です。

市川市小学生将棋大会告知の下絵決定

市川市小学生将棋大会の告知に使用する絵を、新浜小学校卒業生の小澤創(はじめ)くん(現在第七中学校1年生)が描いてくれました。力作です。日付や会場が確定したら上下の空と海のスペースに挿入しますが、まずは下絵決定のご紹介をさせていただきます。素晴らしい作品をありがとうございました。

帆に書かれた駒の配置を見てお気づきになりますでしょうか?
そう、「舟囲い」なんです。盤上とはまた違ったリアルな迫力を感じます。

帆船

妙典祭りへ向けて サンデーサティーズ

最初に、祭り舞台のステージングについて、考えることを書きます。

まずは、そのステージがどんな位置づけにあるかですね。たくさんの露店の中にあるようなロケーションで人が目の前を歩いて流れている場合は、BGMとしても心地よいマイルドな音楽を淡々と演奏してくれるのが合う気がします。写真は先日の市川まつりに出演されていたジャズのO’d Bandさん。素晴らしかったです。

市川まつりジャズバンド


ジャズがよいのは押しつけがましくないところですね。ロックやポップスは「聴いてくれぇ〜」的な圧迫感を与えがちなので、聴くほうも辛くなってくる。ジャズは演奏者と聴き手が一緒にその空間を楽しむ感じになります。

いっぽう妙典祭りのように、ステージプログラムこそがメインで多くの人々がそれを見に集まっている場合。苦労して祭りをつくる主催者やスタッフからすると、小さい子供からお年寄りまで「楽しかったぁ」と言ってもらえるような出し物が嬉しい。となると「年齢関係なくみんなが知っている曲」になってくる。加えて、祭りを大切にしてくれている思いが感じられるかどうか。自己アピールばかりの出演者は敬遠されます。自分の時間を犠牲にして地元の人々のためにその場をつくってくれているスタッフたちから共感が得られるかどうか。あらゆる面で、押切稲荷神社祭礼の坂本冬休みさんは素晴らしかった。祭り開催のお祝いを度々語り、小さい子が目に入ると寄って行ってクレヨンしんちゃんのものまねなどもして。

なぜこのようなことを書くかといえば。

アーティスト側からすると、多くの人々を目の前にすれば自分の想いを伝えたくなる訳です。渾身のオリジナル曲とか、自身を音楽の道へ駆り立てたアーティストの曲のカバーとか。さらに言うと、広く浅くみなに「楽しかったぁ」と言ってもらうよりも、自分の世界を展開してコアのファンになってくれる人を1人でも2人でも獲得したほうがいい。第一、アーティストはどんな場所でも自分はこれだというのを出すべきで、状況に応じてそれを曲げるなんて堕落である。

この「祭り運営側の要望」と「アーティスト側のポリシー」が、結構かみあいません。苦労するところ。

実はサンデーサティーズの山口くん堀木くんはこの辺り経験豊富でよく理解してくれていて、私はとても助かっています。彼らはイベント出し物を仕事で受けてやることもある位なので、自分を抑えてエンターテインメントに徹した出し物も、やろうと思えばできる。

ただ、妙典祭りは仕事ではない。彼らも本来は本当に心からの曲も演って、強く共感してくれる人と出会いたいはずです。
少し前に3人でミーティングを行い「すまぬが今回はエンターテインメント性を強くで頼む」と私からお願いしました。先日の記事でも触れましたが市内のあらゆる祭りが十数回を重ね、マンネリ化しないための策を主催者の方々が模索し始めています。サンデーサティーズのエンタメのポテンシャルをここらで披露しておきたい。
いっぽう山口君や堀木君のファンたちからすると、彼らの歌が広まりもっと大きな舞台で活躍することを望んでいる訳ですから、原はサンデーサティーズをどうしてくれようとしているのかわからないという批判は出てくるでしょう。それは私が引き受けるしかない。

災難なのは今回ゲストで歌っていただく水野佳さん(何曲かスタジオ収録の動画をご紹介した)。最初は「一曲歌ってください」だったのですが、今やエンタメコーナーのご協力もお願いさせていただいており、まるでドリフの番組に出させられた女性歌手みたいな状況。

こういった舞台裏は見せるものではないのですが。若いアーティストさんたちが、このような事情の中でがんばって、何が楽しいかを考え出し物をつくってくれていますというのを、知ってくれている人が少しだけ居るとありがたいなと思い書きました。

祭り当日は、ただただ楽しんでいただけたら嬉しいです。

行徳将棋クラブの親子と将棋を指そう 11月4日(日)妙典祭り

WORDの可能性を試してみようとWORDテンプレートを使い作成してみましたが、ちょっとバランス悪し。でもまぁいいや。必要十分だろう。

妙典祭りで将棋を指そう

「時代は変わる」と「Gold」

いいところなく3連敗の社団戦でしたが、チームは辛くも下位との入れ替え戦に4−3で勝利し残留。素晴らしきチームメイトに感謝。帰宅後はバタッと倒れ昏々と朝まで寝続けました。今日はさっそく小学生将棋大会に市の後援を申請するための準備などしています。

まったく脈絡のない雑談ですが、先日「くよくよするなよ」を投稿したときにディランの昔の曲をいくつか聴いていて「時代は変わる」の一節に「あっ」となりました。4番の歌詞が次のようなことを言っています。その最後のほうなのですが:

Come mothers and fathers
Throughout the land
(国中のお母さんお父さんたち、お集まりください)
And don't criticize
What you can't understand
(あなたたちが理解できないことを批判してはいけない)
Your sons and your daughters
(あなたたちの息子さんや娘さんらは)
Are beyond your command
(あなたたちの指揮下にはもう居ない)
Your old road is
(あなたたちの古い道は)
Rapidly agin'.
(急速に老いている)
Please get out of the new one
If you can't lend your hand
(手を貸すことができないなら、新しい道からどいてください)
For the times they are a-changin'.
(時代は変わっているのですから)



下から3〜2行目、一緒にやれないなら道をゆずってくれというところ。これプリンスの「Gold」に出てくる。ディランの曲が頭にあったのだろうか。そういえば歌の内容もメロディーも何となく似ているところがある感じもする。でもBメロの「誰もが既に語られたことを語りたがる」の部分、好きだったんだけどこの歌も既に語られたことだったのかな?と、ひとりでウケてしまいました。しかし、ディランは若者の考え方や行動が新しい常識としているのに対しプリンスは老いゆく者の進化こそ新しいとしている印象があり、そこは斬新です。
だから何という訳ではないのですが、最近ふとそんなことを考えたというお話でした。



(以下は私的な解釈による意訳)

There's a mountain and it's mighty high
(山がそびえている それは恐ろしく高い)
You cannot see the top unless you fly
(飛ばないのなら頂上を見ることはできない)
And there's a molehill of proven ground
(そして開拓された土地にはモグラ塚があるだけ)
There ain't nowhere to go if you hang around
(そこでぶらぶらしいても行き場なんてない)

※Everybody wants to sell what's already been sold
(誰もが既に売られたものを売りたがり)
Everybody wants to tell what's already been told
(誰もが既に語られたことを語りたがる)
What's the use of money if you ain't gonna break the mold?
(型を破ろうとしないならお金なんて何の役にたつ?)
Even at the center of fire there is cold
(炎の真ん中にだって飛び込める場所はあるさ)
All that glitters ain't gold
(輝くものすべてが黄金じゃない)
All that glitters ain't gold, mm
(輝くものすべてが黄金じゃないんだ)

There's an ocean of despair, there are people livin' there
(絶望の海がある そこに生きる人々が居る)
They're unhappy and each and every day
(彼らは一日一日が不幸だけれど)
But hell is not fashion, so what you tryin' to say?
(でも地獄はファッションじゃない 君はいったい何が言いたいんだ?)

※くり返し

There's a lady, 99 years old
(99歳の女性がいる)
If she led a good life, heaven takes her soul
(彼女がよき人生を送れたのなら 魂は天国に召されるだろう)
Now, that's a theory and if you don't wanna know
(さて、それが理屈なんだが、もし君がわかろうとしないのなら)
Step aside and make a way for those who want to go
(わきにどいて行きたい者に道をゆずってくれ)

Everybody wants to sell what's already been sold
(誰もが既に売られたものを売りたがり)
Everybody wants to tell what's already been told
(誰もが既に語られたことを語りたがる)
What's the use of bein' young if you ain't gonna get old?
(君は歳を取る気がないようだが、若くあり続けることに何の意味があるんだい?)
Even at the center of fire there is cold
(炎の真ん中にだって飛び込める場所があるのさ)
All that glitters ain't gold
(輝くものすべてが黄金じゃないんだ)
no no no no no, All that glitters ain't gold
(違う、違う、違うんだ、輝くものが黄金だなんて、違うんだ)

10月27日(土)将棋教室の風景

10月27日(土)午前は、押切自治会館にて行徳将棋クラブの活動でした。参加約20名。

教室風景


ハロウィン企画の楽しそうなお話も聞こえました。明日は行徳祭り&行徳ハロウィンで行徳駅周辺は賑やかになることでしょう。天気もよさそうですね。

そして翌週は妙典祭り。「行徳将棋クラブの親子と将棋を指そう」を行います。コナミスポーツクラブ妙典のビルの1Fマツモトキヨシの前にて。必要に駆られやることになったとはいえ、新しい試みは楽しみでもあります。
行徳将棋クラブ

行徳将棋クラブ

Twitterアカウント
千葉県市川市の行徳将棋クラブを運営している原伸一です。ブログの更新情報をお届けしてゆきます。
最新コメント
Archives
Profile
ハラ

フォークシンガー原
(原 伸一)

1967年生。千葉県市川市の南部、行徳・妙典でアコースティックライブの主催等の活動を行っています。また、行徳公民館で小中学生の将棋教室を開いています。

ライブ情報は以下サイトにて。

http://gyotoku.livedoor.biz
活動場所
喫茶「マイセン」(フォーク好きの集まり・例会です): 行徳駅より徒歩0分。改札を背にすぐ左、山下書店の2F。Tel:047-357-4039
会費500円+ドリンク代450円〜 

市川妙典SATY(路上ライブ): 妙典駅より徒歩3分。無料。お店の詳細は以下をクリックしてご覧ください。
メッセージ

名前
メール
本文
GSG5(行徳将棋ガールズ)
GSG(Gyotoku Shogi Girls)は、行徳将棋クラブの女子のこと。音楽も大好きで、2013年女子アマ団体戦で歌を歌ってベストパフォーマンス賞をいただきました。
人気将棋ブログ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ