Hara Blog

千葉県市川市の行徳でライブ活動を行っている、フォークシンガー原の日記です。公認将棋指導員として、子供たちの将棋の話題なども。

4月27日(土)将棋教室の確認

4月27日(土)将棋教室の確認です。
10〜12時に、行徳公民館の第5研修室で行います。※いつもの和室と同じ階の並びです。

今後の予定:

4月27日(土):10-12時 行徳公民館第5研修室

5月 4日(土):10-12時 押切自治会館
5月11日(土):10-12時 行徳公民館第2和室
5月18日(土):9:30-11:30 七中にて行われる七中ブロックコミュニティークラブ「囲碁・将棋・オセロ教室」に参加。駒の動かし方から教えてほしい子はこちらがおススメ。
5月25日(土):10-12時 行徳公民館第1研修室

※土曜午前教室はすべて無料です。

教室風景


★ステップアップ講座

土曜午前教室は、自由対局形式です。どんどん対局ができればいいという人は、それだけでよいでしょう。
でも、このような人も居ることでしょう;
・上達するために先生からじっくり教わりたい。
・戦法を身につけ磨いて強くなりたい。
・スポーツをやっていて土日がダメ。平日に将棋を指したい。

そのような人のために、平日の夕方に押切自治会館でステップアップ講座を行っています。どうぞご利用ください。

料金:週一回(月〜金曜コース)月謝8,000円。
場所:押切自治会館 市川市押切6−6 (5月より場所が変わります)
講師:原伸一(日本将棋連盟公認指導員)
〒272-0123市川市幸1−5−6
Tel: 047-358-2889

月曜クラス(現在空席5名)
火曜クラス(現在空席5名)
水曜クラス(現在空席5名)
木曜クラス(現在空席5名)
金曜クラス(現在空席なし) ★次回4月26日
時間はすべて 18:00〜19:30。

※対象: 年齢問わず。はじめたばかりの入門者から初段まで。

4月28日(日)平成最期の行徳駅前ストリートライブ

ブログ記事の流れはとてもライブの宣伝という感じではないですが、若いメンバーたちがんばってくれています。4月28日(日)は13時から、平成最期の行徳駅前広場ストリートライブ。平成のヒット曲シリーズでお届けします。

13:00〜13:30 原
13:30〜14:00 堀木康太郎
14:00〜15:00 水野佳
15:00〜16:00 サンデーサティーズ(山口宏一&堀木康太郎)
16:00〜16:30 コラボ(サンデーサティーズ&水野佳)

サンデーサティーズと水野佳


行徳将棋研究会 補足

何か始めると何か問題が起きるもので、行徳将棋研究会に参加できる範囲についてさっそく課題が生じています。お伝えしたいのは、
「やる気のある生徒たちを排除する気持ちはない」
ですので、ぜひ参加したい現役・卒業生は個別にご連絡ください。相談させていただけましたら幸いです。

言い訳をしますと、「誰でもどうぞ」にしてしまうと土曜教室と同じになってしまいますので、どこかで線を引いて範囲を設定する必要があります。

行徳将棋クラブの皆様および当ブログを継続フォローいただいています方はご存知のことでしょうが、新設された「市川市小学生将棋大会」を長期安定的に支えてゆくために、将棋の事業者が市川に必要です。現在その立ち上げ期で平日クラスを設置し稽古を行っていまして、ご理解ご支援いただいています皆様への恩返しの意味合いで「行徳将棋研究会」へご参加どうぞとさせていただいています。

1つ目の問題としまして、
「住まいが行徳でないので平日クラスに通うことが出来ないが、この企画には参加したい」
・・・ざっくばらんにご相談ください。お話しさせていただけたらと思います。

2つ目の問題としまして、
「三段以上って、初段とか二段はだめなの?」
・・・ご連絡ください。
実際のところは、初二段陣はかなり人数が居るので表向きオープンにしてしまうと人数拡大して稽古の密度が薄くなる可能性を懸念するのがひとつ。
もうひとつは、首都圏の将棋教室のバランス。行徳将棋クラブは「ある程度指せる子を育て、もっと強くなりたい子をスクールや道場へ送り出してくれる存在」として首都圏の事業者の方々から見られてきたはずです。が、現在「市川市小学生将棋大会」を支えるため一部そこを崩していっています。級位者から高段者まですべての人々の場を完備してしまうのは現状ビミョ〜。どこか抜けていたほうがいい。「初段になったらいちど旅に出てください(プロ教室や道場へ)」というのが無難という、難しい理由があります。
しかしながら「将棋ウォーズやるくらいで、旅になんか出ない。でも行徳にこれが出来るなら仲間たちと会いたい」という卒業生たちを拒む気持ちは、さすがにないです。

上記は、原の欠点であり弱さでもあります。事業的には、諸事情は考慮せずハッキリと一連の企画に対し「棋力」もしくは「経済的」にメリットをもたらしてくれるメンバーのみに限るべきところでしょう。

最後にすいません、歴代の高段者陣に随時参加お願いのご連絡をしているところですが、現在のメールアドレスがわからなくなってしまっている方もありまして、これから電話なり繋がっていそうな他の生徒経由なりでご案内させていただきます。参加意思はなくとも招待が来ないとご気分を害されることと思います。遅れて申し訳ありません。

将棋とさざんか

行徳将棋研究会新設

以前ブログで触れました「行徳将棋研究会」。遅れておりましたが、GWにスタートします。

日時:5月5日(日)13時〜17時 途中参加・途中退出可
場所:行徳公民館第2和室
参加資格:行徳将棋クラブの現役・卒業生で棋力三段以上の者(目安・希望者はご相談ください)および平日クラス参加者(希望者のみ。相当やるが気ないとキツい)
内容:対局および感想戦 小学生級位者は手筋問題など補強練習
参加費:無料

概要を説明しますと、各名門教室では県代表や奨励会を目指すレベルの子のために出身の奨励会生を招くなどして研究会を設置しています。行徳将棋クラブは出身プロ棋士や奨励会生がおらず、これまでその機能がなかったのですが、中学や高校の大会で県代表などがんばっている生徒たちが居ますので、彼らを集め互いに稽古もしつつ、小学生でやる気のある子たちをそこへ入れてレベルアップを図るというもの。月に1回程度開催できないかと考えています。

渋幕中高の団体戦県代表経験者が数名、既に参加してくれることになっています。その他の学校の生徒さんたちにも随時声掛けしてゆきますので、ご検討どうぞよろしくおねがいします。

将棋盤駒

市川市の給食のお米 LINEグループ経過報告

「市川市の学校給食のお米について考えるグループ」ですが、21日現在4名の保護者の方々にご参加いただいておりまして、私を含め5名。各学校の状況についての情報交換や資料の紹介など活発にやりとりがなされ既に十分に継続する価値がある状況ですので、新規参加の方にわかりやすいように、PC版とスマホ版のトップページに固定しました。当面こうしておきます。

みなさん市川市内の小学生や未就学の子供さんの保護者で、検査方法や放射性物質の検出の単位に対する捉え方の資料などとてもよく調べ読まれているのが印象的です。

ご飯を持たせるにあたっては、仲間外れにされぬよう玄米を持たせ体質の問題(白米アレルギー)として他の子に説明してくれるよう学校にお願いするなどされているとのこと。親子で意見が分かれるといった悩ましいケースもあるご様子です。

また、安全性や産地の問題はまったく別として。「美味しい」という理由で2割高いお米を買うのかという点もについても疑問の声があります。

尚、お友だちでない方にもグループを見つけてもらい参加しやすくするにはやはりLINE@(ラインアット)というお店のホームページなどで使われる機能でつくらないといけないらしいです。意見交換の場をどのような形で設定するのがいいかは、引き続き検討課題にしてゆきたいと思います。

また、私自身は特定の政治団体や宗教団体に一切所属していませんし、将棋教室やライブ含め、勧誘などは一切行いません。その点はお約束します。
逆に例えば「近所の市議さんと仲良しでその方を中心に本件に興味ある人々が何名か集まっている」ようなグループの方などは大歓迎です。つながってゆけたら有意義と思います。

(写真は全く関係ないですが、ジョギングコースにある行徳運河のお地蔵さん)

お地蔵さん

さらば「新市川」

公職選挙法で、ネットでの選挙運動は投票日前日までとなっています。本日の23時59分まで。

できるだけニュートラルに書いてきたつもりではありますが、特定の候補者への支持呼びかけを連想させるととられるとイケマセンので、それまでにアップしておきます。

高橋亮平氏が提唱した「新市川構想100」は、永久保存版です。街の姿が見えます。
そして、かみはら昌志候補との政策協定が結ばれたことで、推進者となる政治家が決定されました。もはや、ただの概念ではありません。今回の選挙の結果に関わらず、そのこと自体が既に素晴らしい出来事と私は受け止めています。

そして、新市川の活動がどうなっているのかを市民の方々へお伝えすることは、今後はかみはら昌志候補が行ってくれるはずです。私はここまで。

今後は、自分の音楽と将棋の活動に力を入れたいと思います。さらば、政治の季節。さらば、新市川。

4月20日(土)の風景

4月20日(土)午前は、行徳公民館第1和室で行徳将棋クラブ活動でした。参加24名。

教室風景


帰り際に親子同士でポケモンで盛り上がっているご家族たちを見て、そうか平成はポケモンの歴史でもあったんだなと気づきました。たぶん現在の小学生保護者の方々が最初に夢中になった世代でしょうね。子供たちと一緒に遊べる共通項になってるみたいで、いいなと思いました。我々の世代にとってのベーゴマとか竹馬みたいなものでしょうね(☜古すぎる)。

そう考えると、将棋って偉大な遊びですね。千年の時を経て、いまだに廃れず。

政令指定都市

行徳将棋クラブのいちばん最初の頃、10年くらい前ですが、とてもナイーブな男の子が居ました。

負けることが精神的に耐えられない子には詰将棋を解かせる(パズルを解くようなもので、勝負ではない)のですが、それすら「そうするとこう逃げられちゃうね」と言った瞬間「エーッ」と頭を抱えて机の下に逃げ込んでしまうほど。でも、何とかがんばって6年生の最期まで続けてくれました。その後も、不登校まではいかないものの、人間関係をうまく築くのは苦手だったようです。

高校は行徳高校の全日制へ進みました。卒業後、立派に働いています。そのような子でも自由に伸び伸びさせながらちゃんと社会人としてやっていけるようになるところまで面倒見てくれて、行徳高校は学力レベルは高くないと言われますが、いい役割を果たしてくれていると見直しました。

行徳高校


行徳高校には「定時制」があります。昔は定時制というと昼間は働いている苦学生が行く所でしたが、今はどうなっているかというと多くが、中学までに不登校になった経験がある子たちだそうです。人間関係が苦手な子たちも、落ち着いた雰囲気の中で学校生活を過ごせるようになっている。定員は1学年40名なんですが定員割れが続き少人数になっているところがまた、かえっていいんでしょうね。

ところが、です。2022年度に県立船橋高校の定時制に統合されてしまう県の方針となってしまっております。経費削減で県の施設や機能の統廃合が進められている一環でしょう。しかし行高の定時制って、ほとんど行徳や浦安の子たち。船橋まで行けと言われている訳ですが、現実問題、ここら辺でのんびり学べているからいい子たちが居場所を奪われるということではないか?

「やられたなぁ」と唇を噛む。行徳から、貴重な機能がひとつ持っていかれる。
野鳥観察舎のように市が新たに設置して運営とは、簡単にはいかない。高校の設置認可は、県の事務なので。

市川市が政令指定都市ならなぁと思う。政令市なら、県とほぼ同等の権限を持ちます。市立行徳定時制高校として存続の道も検討できたかもしれない。

市議会議員が言ったからといって政令市なんてすぐに実現はしません。途方もない作業で、かみはら昌志候補が当選してもすぐにそうなる訳ではないですが、新市川構想100の最後、100番目ですね。
「市川市のさらなる発展の方向として、将来的な政令指定都市化の検討」
そういうことも自分で決められる都市を目指してゆこうというのが、新市川構想の将来の展望と理解しています。

4月20日(土)将棋教室の確認

4月20日(土)将棋教室の確認です。
10〜12時に、行徳公民館の第1和室で行います。

今後の予定:

4月20日(土):10−12時 行徳公民館第1和室
4月27日(土):10-12時 行徳公民館第5研修室

5月 4日(土):(行徳公民館休館にて未定)
5月11日(土):10-12時 行徳公民館第2和室
5月18日(土):9:30-11:30 七中にて行われる七中ブロックコミュニティークラブ「囲碁・将棋・オセロ教室」に参加。駒の動かし方から教えてほしい子はこちらがおススメ。
5月25日(土):10-12時 行徳公民館第1研修室

※土曜午前教室はすべて無料です。

教室風景


★ステップアップ講座

土曜午前教室は、自由対局形式です。どんどん対局ができればいいという人は、それだけでよいでしょう。
でも、このような人も居ることでしょう;
・上達するために先生からじっくり教わりたい。
・戦法を身につけ磨いて強くなりたい。
・スポーツをやっていて土日がダメ。平日に将棋を指したい。

そのような人のために、平日の夕方に押切自治会館でステップアップ講座を行っています。どうぞご利用ください。

料金:週一回(月〜金曜コース)月謝8,000円。
場所:押切自治会館 市川市押切6−6
講師:原伸一(日本将棋連盟公認指導員)
〒272-0123市川市幸1−5−6
Tel: 047-358-2889

月曜クラス(現在空席5名)
火曜クラス(現在空席5名)
水曜クラス(現在空席5名)
木曜クラス(現在空席5名)
金曜クラス(現在空席なし) ★次回4月12日
時間はすべて 18:00〜19:30。

※対象: 年齢問わず。はじめたばかりの入門者から初段まで。

ミスター異議申し立て

この絵が入って来ましたので、新市川関係でもう一方ご紹介します。石崎英幸さん。一昨年の市長選・市議補選で高橋亮平さんとタッグを組んで新市川を掲げられ、また昨年2度目の市長選では高橋亮平さん選対の責任者を務められました。

一昨年の市長選・市議補選の後に「開票作業中に一部の票が立会人の目の届かないところへ運ばれた」などの理由により「異議申し立て」を行った人と言えば、「あぁ、あの人か」と思い起こしていただけることでしょう。
イメージとしては不正を許さない・その可能性を見逃さない人・・・ですが、実際に話をすると柔らかく、そんなにいつも強硬姿勢ということはありません。



障害者のための対策などにも熱心ですが、特徴的なのは「行財政改革」への熱意。よい政策を掲げいいことばかり言っても、財源がなければできません。

その姿勢のとおり、実は市長選でも「誰がやるかよりも何をやるか」であるとし、自民党の坂下茂樹候補に新市川100の構想をすべて受け入れてもらう形で高橋亮平候補との政策協定まとめる力技を発揮されました。新市川100の政策を絵に描いた餅にしないために。これについては議論噴出するところなので、簡単に経緯を述べるにとどめます。

保守の人。自民党と協力しますが改革保守として大きな政党に属さず独自路線をゆきます。ですので、
「自民党支持が基本なんだが、安倍はダメだ。今の自民党には投票したくない」
という人々の声を市長選の際にけっこう聴いたのですが、そういった方は嫌々自民党候補に投票する前に、石崎候補にぜひご注目を。

しかし市長選で自民党候補の支援に回ったことは、国政政党に依らずに新しい地方自治をと掲げた高橋亮平さんに期待してくれた人々に大きな落胆をもたらしました。原点に戻らなければと選挙後に主張したのが先日ご紹介しました、かみはら昌志候補。

石崎候補とかみはら候補は一貫してその後それぞれの道を歩んでいる訳ですが、政策的には折り合える部分も多いはずです。グループとしてまたいっしょになれるかは、不明。とても難しい。互いに混ざり合うことが出来ない支持層を持っていそうな感じがします。

余談にはなりますが、上記シェアの記事の写真はたぶん、政治関係者をハッとさせる絵かなという気がします。各方面に牽制球を投げたように見える。両氏ともさすが政治家と思いました。市議選とは直接関係ないので、この辺で。
ライブスケジュール
行徳駅高架下 珈琲館マイセンライブ 6月8日(土)19:40〜22:00 6月22日(土)19:40〜22:00 行徳駅前広場ストリートライブ 7月7日(日)13:00〜16:30 いずれも出演者数組。
行徳将棋クラブ

行徳将棋クラブ

Twitterアカウント
千葉県市川市の行徳将棋クラブを運営している原伸一です。ブログの更新情報をお届けしてゆきます。
最新コメント
Archives
Profile
ハラ

フォークシンガー原
(原 伸一)

1967年生。千葉県市川市の南部、行徳・妙典でアコースティックライブの主催等の活動を行っています。また、行徳公民館で小中学生の将棋教室を開いています。

ライブ情報は以下サイトにて。

http://gyotoku.livedoor.biz
市川市の学校給食のお米について考えるLINEグループ
市川市の学校給食のお米について考えるLINEグループをつくっています。経緯はカテゴリ別アーカイブの「市川市給食のお米問題」にて一連の記事をご参照ください。参加希望者は恐れ入りますが下記QRコードにて友だち申請ください。グループ招待します。(現在10名) 23c8cd86
メッセージ

名前
メール
本文
GSG5(行徳将棋ガールズ)
GSG(Gyotoku Shogi Girls)は、行徳将棋クラブの女子のこと。音楽も大好きで、2013年女子アマ団体戦で歌を歌ってベストパフォーマンス賞をいただきました。
人気将棋ブログ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ