Hara Blog

千葉県市川市の行徳でライブ活動を行っている、フォークシンガー原の日記です。公認将棋指導員として、子供たちの将棋の話題なども。

ルバイヤート

高校時代、受験勉強の最中、世界史で誰がどんな本を書いたと丸暗記するのにウンザリし「どれかひとつでも読みたいものだ」と思いました。そこで本屋で手に取ったのが11世紀ペルシャの詩人オマル・ハイヤームという人の「ルバイヤート」という詩集。理由は、薄かったから(笑)。すぐに読めそうだったし、四行詩なので疲れない。

祈り


当時いいなぁと思ったのは、この作品。

【バグダードでも、バルクでも、命はつきる
 酒が甘かろうと、苦かろうと、盃は満ちる
 たのしむがいい、おれと君と立ち去ってからも
 月は無限に朔望さくぼう をかけめぐる!】

オマル・ハイヤームという人は数学・天文学においてとんでもない天才だったらしく、その研究は現代にまで通じているそうです。しかし詩作においては、それが何だと言わんばかりの無常観が漂う。
上の詩も殺伐とした心境を詠ったものですが、高校生の自分には雄大な情景が何かカッコ良さ気に映ったのかもしれない。

最近また読んでみて、ジワリときたのはこの詩でした。

【われは酒屋に一人の翁を見た
 先客の噂をたずねたら彼は言った
 酒をのめ、みんな行ったきりで
 一人として帰っては来なかった】

1月28日(日)小学生名人戦に申し込みを

1月28日(日)に、第43回小学生名人戦千葉県大会が開催されます。

千葉の将棋情報サイトから申し込みフォームに従い、ぜひ参加申し込みいただけますようお願いいたします。都内在住でも千葉の将棋クラブ(行徳将棋クラブもOK)に通っている子は参加できます。

昨年後半より新しく来てくれているみなさんは、いちばん下のCクラスで申し込みください。「強いクラスで出たい」という勇者は(笑)次回の教室で相談しましょう。締め切りは1月21日です。

さぁ、今年最初の大きな大会です。がんばりましょう!

1月6日(土)指し初め式&第三回GSC将棋大会

1月6日(土)午前、行徳公民館第2和室にて毎年恒例指し初め式を行いました。

指し初め式


最終局面。先手は振り飛車党が多かったのですかね。形がまとまっています。
最終局面


指し初め式の後は、第三回行徳将棋クラブ将棋大会。
棋力別にABCクラスに分けて行いました。順位のつけかたは少し変わっていて、勝ったら3点負けても1点のルール。ですので、たくさん指した方が点数がもらえます。

第3回GSC将棋大会


スーさんが商品を提供してくださいました。いつもありがとうございます。
商品


熱戦の行方やいかに。
将棋大会2


Aクラス(上級〜有段):
優勝: 安武真郷
優勝: 望月雅仁
準優勝: 戸蒔蔵人
敢闘賞: 杉山和輝(全勝により)

Bクラス(中級):
優勝: 大崎周平
準優勝: 小澤創

Cクラス(初級):
優勝: 山本司
準優勝: 川崎蒼空

さあ、今年もがんばろう!

海上封鎖時の一般市民としての行動を考える

気になっている国際ネタをひとつ。元商社マンの視点から。

中国とロシアが国連安保理制裁決議に反し北朝鮮に石油を輸出していることにトランプが怒っていて、日本でも中露の意図や政治的駆け引きについて議論が展開されている。が、ロシア商売に従事していた者としてはちょっと待てよと思う。

中国やロシアのブローカーなら民間でもあれくらい、政府に隠れてやっちゃいますけどね。政府が把握していないってのは、案外ホントかもしれない。

船の衛星写真を見せ「これはお前らの船だろう」と言うのもちょっと。船籍と実際にその取引を行っている主体がどこの国の業者なのかは関係ないんですよね〜
船を動かしている船会社までは辿れるかもしれません。ただ彼らは「どんな取引かなんて知らない。契約に基づいてその通り運航・受け渡ししただけ」と言うでしょうね。そしてその契約相手は探そうとしても実体がないだろう。

そうした密輸を完全に止められるかは疑問。金のためなら何でもやる怪しい連中がゴロゴロ居て(てゆうか、そいつらのバックに米国が居てもおかしくない)、中露政府も全ては取り締まれないだろう。「どうも核開発が止まらない、制裁の効果が思わしくない」というところまでは現実的に行く可能性が高い。

そこまでは現場感覚を持って言えます。石油その他物資の流れを完全に遮断することはできない。ここからがよくわからないのですが。

米はどこかの時点で禁輸強化を口実に海上封鎖に乗り出しますかね?つまり、多数の戦艦を動員して朝鮮半島周囲に配置する。
大きなポイントだと思う。というのは、北朝鮮の漁船などには兵士も乗っているので、怪しい船を止め臨検しようとしたら発砲事件が起きて・・・ みたいなリスクが格段に上がる。
いやそれ以前に、北朝鮮は「海上封鎖は戦争行為とみなす」と言っていますね(2017年12月14日北朝鮮外務省報道官)。

ロナルド・レーガン


日本の国会や市民運動も紛糾するだろう。当然自衛隊は同盟国として海上封鎖への参加を求められるでしょうが、このケースは廃止論渦巻く危うい安保法ですらカバーできていないという。以下、2017年11月30日産経新聞:
『海上封鎖を目的とした臨検は国際法上、武力行使とみなされる。国連安全保障理事会が9月に対北制裁決議を採択した際、貨物船臨検のため「あらゆる必要な措置」を認める米政府草案に対し、中露両国は「軍事手段の容認につながる」として反対した。
ティラーソン氏の意図が海上封鎖にあるならば、自衛隊や海上保安庁は参加できない。政府が存立危機事態か武力攻撃事態と認定しない限り、日本が米軍などによる臨検に協力すれば憲法が禁じる「武力行使の一体化」に当たる。
政府は昨年施行された安全保障関連法の制定時に見直しを図ったが、内閣法制局の反対で見送った。当時を知る政府関係者は「この問題は安保法制の最大の穴になっている」と語る。』

米が動かなければ北は撃って来ないだろうが、果たして米が北の核保有を正式に認めるか事実上容認するか。あるいは日韓にリスクをとらせても動くかどうか。日本としてはどちらがよいのか、米との外交はいかにあるべきか、今日は論じません。

一般市民として、どう対応するか。
まぁ、普通に暮らしていればよいと思います。ただ、海上封鎖ですね。これを米国が決めたら、私は子供たちだけでも宮崎の実家へ帰そうかと考えています。また、頭おかしいんじゃないかと言われるかもしれませんが声かけられる範囲には避難をすすめたい。ひとりでも多く、確実に生きてもらうために。

1月6日(土)将棋教室の確認

1月6日(土)は、10時より指し初め式、その後に第3回行徳将棋クラブ将棋大会を行います。
10時までに行徳公民館第2和室に集合してください。

指し初め式って何?という人のため。下は2016年の東京将棋会館での日本将棋連盟指し初め式です。年の初めに行う伝統の儀式で、1手ずつ指して交代してゆきます。



今後の予定:

1月6日(土):10-12時30分 行徳公民館第2和室 指し初め式・第3回行徳将棋クラブ将棋大会
1月13日(土):10-12時 行徳公民館第2和室
1月20日(土):9:30-11:30 七中にて行われる「囲碁・将棋・オセロ教室」に参加
1月27日(土):10-12時 行徳公民館第2和室

2月 3日(土):10-12時 行徳公民館第2和室
2月10日(土):10-12時 行徳公民館第2和室
2月17日(土):9:30-11:30 七中にて行われる「囲碁・将棋・オセロ教室」に参加
2月24日(土):10-12時 行徳公民館第2和室

※上記すべて無料です。

行徳七福神 神仏混合について思ふ

1月3日、ジョギングしながら行徳旧市街の神社や寺を巡る。江戸川応水路河口付近〜旧行徳橋〜旧行徳街道〜寺町通り〜旧成田街道〜江戸川放水路。

写真は妙応寺の七福神。一か所に勢ぞろいしていることで有名。

行徳七福神


仁王像右写真は、本八幡の葛飾八幡宮から徳願寺に移設された仁王像。

明治政府により神仏分離がなされるまで、神仏混合が千数ほどの長きに渡り上手く運営されてきたことを改めて実感し、今更ながら感心します。成田街道沿いの八幡神社と妙好寺も一括管理されていた。思想的には別物のふたつですが、日本人の寛容さの成せる技でしょう。七福神も神仏混合ですよね。一緒に拝んじゃおうというのを文化にまで昇華させてしまっている。日本人グレイトです。節操がないという批判もあるかもしれませんが。

続いたということは、親和性が高かったのかな?という気もする。また政治との連携を考えた場合、神道は経典がないので神話などからの教訓を語り継ぐことはできますが、統一的に明文化された教訓がないですね。その点では仏教の方が適している。風習や信仰心を神道で、具体的教義を仏教でというのは、バランスがよかったかもしれない。

寺町通り

徳願寺

成田街道

妙典橋


最後の写真はもうすぐ開通の妙典橋。「妙典」の地名が、法華経の経典が日蓮聖人の唱えた「南無妙法蓮華経」の如く妙なる経典であることが由来というのも、今日初めて知りました。

市川市内 初詣散策

1月2日は市川市内の初詣を3か所散策してみました。

まずは行徳、香取の香取神社。

香取神社

香取神社2

香取神社由来


次に行徳相之川の日枝神社。

日枝神社

日枝神社2

日枝神社由来


最後に本八幡の葛飾八幡宮。

葛飾八幡宮

葛飾八幡宮2

葛飾八幡宮3

葛飾八幡宮4

葛飾八幡宮5

あけましておめでとうございます

新年、あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

富岡八幡宮2018元旦


初詣に家族で富岡八幡宮へ行って参りました。
元旦から寒い話で申し訳ないですが、さすがに人は少なかったです。いつもなら参道は参拝客で埋め尽くされ通りの方にまで溢れ警備員に従ってノロノロ歩くのですが、今年はまったく並ぶことなくストレートで本殿まで行けてしまいました。仲見世の屋台の人たちには辛い年かもしれません。

富岡八幡宮

仲見世


破魔矢やみくじも並ばずにすぐ買えました。

みくじ


元旦から色々考えさせられましたが、天気も良く伸び伸びと快適な一年のスタートでした。

アンケートご協力ありがとうございました

子供将棋大会に関するアンケートにご協力いただき、ありがとうございました。結果は以下の通りとなっています。

質問1: 市川市に子供将棋大会があったらいいと思いますか?(29票)
子供将棋アンケート1


質問2: 市川市外からでも参加できたほうがよいと思いますか?(27票)
子供将棋アンケート2


たぶん、市外の方は「参加できるのならあってもいいな」くらいの感じでしょうね。

都内を見渡すと、こども大会は江東区長杯、足立区長杯、荒川区長杯などがあるようです。いずれも参加資格はその区在住か将棋教室に通っているか。足立区は学校対抗団体戦なので完全に足立区民ですね。主催は、足立区は何と教育委員会。荒川区も主催は地元の将棋団体のようですが教育委員会が後援しています。3大会とも200人規模のようです。また千葉には柏市こども将棋大会があり、100人規模でこれも教育委員会後援。

コンセプトとしては、2種類ある。
1つは上記のように、子供の礼儀作法を身につけさせたり、思考や精神発育に将棋がとても有益であるということを自治体が認め、その自治体の子供たちのために大会を実施するパターン。
2つ目は、先日の記事で紹介した三浦市のマグロ争奪大会のように、自治体のブランディングと対外的アピールを目的とするパターン。
どっちかでないといけないでしょうね。そうもっていけるかどうかなのだろうと思います。

市川市 子供将棋大会設置に関するアンケート

今年の12月31日まで、この投稿をトップに置きます。

市川市に子供将棋大会(対象は小学生を想定)があったらいいなと思うかどうか、アンケートにご協力お願い申し上げます。回答期限は12月30日までです。
将棋クラブ関係者でなくても、どなたでも結構です。尚、どなたがクリックしたか当方にも一切わかりません。



また、上記アンケートで「強く思う」「強くはないが思う」に投票した方に質問です。参加者は市川市内の子に限定すべきでしょうか? ご回答にご協力いただけましたらありがたいです。



アンケートの背景について触れておきます。

市川市民将棋大会には以前、小学生対象の「子供の部」がありました。参加していたのは主に、そんなに本格的に将棋をやっている子たちではなく、普段は家族やお友達と指している子がメインでした。

ところが次第に将棋が盛んになるにつれ、道場や教室で鍛えた子供たちが参入するようになり、楽しむ目的で指している子たちが参加しづらくなりました。
そこで「子供の部」をなくしたのですが、当初の予定では「7級以下」のDクラスが実質的に子供の部になるというもの。実際、最初の頃は9割以上を小学生が占めていたと記憶しています。

時は流れさらなる将棋ブームが到来。中高生や大人の初心者も参加するようになりました。そのこと自体は喜ばしいことです。前向きにとらえなければならない。

しかし一方、小学生だけの雰囲気のよさもあったのは事実。あったらいいなぁという需要がどれくらいあるか把握させていただけましたらありがたいです。将棋大会はあちこちにできていて、市川にもうひとつなくても現在ので十分という見方もあると思います。
行徳将棋クラブ
Twitterアカウント
千葉県市川市の行徳将棋クラブを運営している原伸一です。ブログの更新情報をお届けしてゆきます。
最新コメント
Archives
Profile
ハラ

フォークシンガー原
(原 伸一)

1967年生。千葉県市川市の南部、行徳・妙典でアコースティックライブの主催等の活動を行っています。また、行徳公民館で小中学生の将棋教室を開いています。

ライブ情報は以下サイトにて。

http://gyotoku.livedoor.biz
活動場所
喫茶「マイセン」(フォーク好きの集まり・例会です): 行徳駅より徒歩0分。改札を背にすぐ左、山下書店の2F。Tel:047-357-4039
会費500円+ドリンク代450円〜 

市川妙典SATY(路上ライブ): 妙典駅より徒歩3分。無料。お店の詳細は以下をクリックしてご覧ください。
メッセージ

名前
メール
本文
GSG5(行徳将棋ガールズ)
GSG(Gyotoku Shogi Girls)は、行徳将棋クラブの女子のこと。音楽も大好きで、2013年女子アマ団体戦で歌を歌ってベストパフォーマンス賞をいただきました。
人気将棋ブログ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ