Hara Blog

千葉県市川市の行徳でライブ活動を行っている、フォークシンガー原の日記です。公認将棋指導員として、子供たちの将棋の話題なども。

子供会議、議論伯仲 市川市小学生将棋大会

1月14日(月・祝)押切自治会館にて、市川市小学生将棋大会に関する子供会議が開かれました。

議題は、大会で準備する景品を
・ちょっとしたものを全員に配る「参加賞」にするのか
・見栄えのするものを上位入賞者に授与する「賞品」にするのか

大会のカラーを方向づける事項でもあり、極めて重要。つまり極論を言えば、1回も勝てなかった子も「参加してよかった」と思ってくれる皆が楽しめる大会になるのか、称えられるのは努力した勝者であり敗ければ何もない厳しさ含めそういったことを経験する大会になるのか。

子ども会議


子供たちの発言や仕草に驚きました。とても有意義な会だったと思います。
何と、参加賞にしたい子と入賞賞品にしたい子の数が同数、真っ二つに割れる展開となりました。

参加賞を推す子は
「みんながもらえたほうがいい」
「来てくれた人みんなにあげたい」
1年生が言うんです「来てくれた人に」って。がんばってつくった大会に参加してくれる人たちに「ありがとう」という気持ちが7歳の子の中にあるということ。

入賞賞品を推す子は
「がんばった人が、がんばってこれをもらったんだと思えるように」
彼らが優しくないかといえば、そうではない。1〜3位は賞状と盾があるから賞品いらないと。4位とか5位とか、努力したんだけど涙をのんだ子にがんばった証をあげたいという訳です。主張した子らは、あと一歩の悔しさがいかばかりかを知っている。

司会の子が
「どうしてもという気持ちが強い人のほうにしましょう」
と提案したのは見事! 数で決着がつかないなら気持ちが強いほうというのはいいアイデア。
しかし、両方とも気持ちが強い。片や手を高らかに挙げ賞品を主張し、片や首をブンブン振って参加賞を主張。素晴らしい! ゾクッときました。

議論は最後まで平行線をたどり、決着つかず。

従い、ハラ裁定でペンディング。入賞賞品の候補として最も希望が強かったのが扇子でしたので、「未使用の綺麗な将棋扇子を持っていて提供してくれる人が居ないか先生が呼びかけてみます」ということになりました。費用かけずに賞品がそろうなら、参加賞も用意できます。

という訳で、お読みいただいている皆様へお願いです。
棋士や女流棋士により文字が書かれているような扇子、あるいは別の棋具や棋書・将棋グッズなどの未使用品で新品の状態にあるものを提供してくださる方がいらっしゃいましたらご連絡いただけたら大変ありがたいです。1点でかまいません。むしろなるべく多くの方々からの持ち寄りのほうがいいと思います。コメント欄、メッセージフォーム、SNSコメント、ichikawashogi@gmail.com へメール、いずれでもかまいません。ご連絡お待ちしています。


話題が変わりますが本日、時系列的にはまず最初にチラシの仕分け作業でした。ご協力いただきました親子のみなさま、ありがとうございました。お疲れ様でした。教育委員会から市立小学校・公民館・市施設へ向かう1月18日の便に乗せる予定です。21日の週には市内の全小学生が手にすることでしょう。今日は明光企画(行徳新聞・市川新聞)さんも取材に来てくださいました。どのような記事が出るか楽しみです。1月25日号、楽しみにしましょう!

仕分け作業


各学校へ

チラシ仕分け作業&参加賞についての話し合い 14日(月・祝)押切自治会館

行徳将棋クラブの市川市の親子のみなさんへ、お願いです。
また、行徳将棋クラブでなくとも市川市の将棋好き小学生親子のみなさんもぜひ。

大会のチラシを市内の全小学生に配布しますが、約2万2千枚のチラシを40部ごとに付箋をつけて各学校単位で全校生徒分+予備の枚数をまとめる作業を、14日(月・祝)の13時半より押切自治会館にて実施します。既に予定が入っている方は結構ですが、お時間許ございましたら親子で来ていただけるとありがたいです。

押切自治会館


「親子で」というのは理由がありまして、仕分け作業終了後に先日ブログで問いかけ行いました「大会で参加者へ贈るものを入賞者への賞品にするか全員への参加賞にするか、また何がよいか」について話し合います。ネット検索などで予め探して提案してくれたらありがたいです。
実は、教育について関心の高い友人たちからブログを見て「いい企画なのでぜひ実施してほしい」と激励あり。子供たち主役で話し合いをしてもらう形で行いたいと思います。

あの素晴らしい愛をもう一度

通常はブログ記事をツイッターとフェイスブックにシェアするのですが、逆パターンにて。


1月12日(土)将棋教室の風景

1月12日(土)午前は、押切自治会館で行徳将棋クラブ活動でした。参加27名。

行徳公民館へ行ってしまった人が2人居たようです。「ほら、ライブのこととかごちゃごちゃ書くからわからなくなるじゃないか」とお叱りを受けそうですが、申し訳ないのですが私の中ではギターが将棋盤になっているだけなので何卒ご了承ください

教室風景


明後日の話し合いの参考にと、過去の大会の賞品サンプルを持ってきてくださった保護者の方がありました。ありがとうございます。子供たちが周りを囲んで「ボクこれがいいなぁ〜」と話していましたが、単純に「もらって嬉しいものは何か」だけでなく複数要素が絡んだ数段難しいことを考えないといけません。さぁ、どうなることでしょうか。14日も楽しみです。

黒板


そして先ほど、チラシ2万5千部が届きました。ひゃ〜タイヘンだこりゃ。明後日、仕分け作業ご協力いただける方で台車をお持ちの方は持ってきていただけると助かります。

1月12日(土)将棋教室の場所は押切自治会館

おそくなりまして、失礼しました。本日確認がとれまして、1月12日(土)10〜12時の行徳将棋クラブ活動は押切自治会館にて行います。行徳公民館は休館となっていますのでご注意ください。

押切自治会館の場所はこちら

※専用駐車場はありませんので、お車の方は付近の有料駐車場をご利用ください。

押切自治会館

広域ビジネス化したコミュニケーションを地域に取り戻す

1月は12日と26日(土)19:40〜22:00が定例のマイセンライブ。
そして2月3日(日)行徳駅前ライブの警察許可が下りました。節分ライブとなります。
今年はライブの告知もここでやってゆきたいと思います。他サイトやSNSもあるのですが、やはりHara Blogが更新頻度高く検索にもかかりやすいので。ゴチャゴチャになり申し訳ないですが、ご了承ください。

ギター


Hara Blogにお付き合いいただいています方には何となく世界観が伝わっていることでしょうが、音楽も将棋もリアルで人と人をつなぐコミュニケーションツールとしてとらえています。

しかしそのツールは情報伝達手段および交通手段の発達により、広域に宣伝し同じ嗜好を持つ人々を広い範囲から数多く集めるというのが主流になっている。人々は同じ嗜好を持つ仲間との交友を日本中を動きながら楽しむ。将棋大会やイベントへ行くと友達と会える。フェスやコンサートに行くと同じアーティストのファン仲間と楽しい時を過ごせる。
しかしそのビジネスモデルは、暮らしを伴にする近所の人々間のコミュニケーションツールとして音楽や将棋を機能させることはない。悪口ではありません。やむを得ない。そしてそれが強すぎるので、人々はそれしか見なくなる。色んなジャンルでそうなのだと思う。

広域ビジネス化した将棋や音楽を、地域に取り戻す。それがフォークシンガー原の活動です。

会場下見

9日は市内各地の子供将棋教室の指導員4名で集まり市川市小学生将棋大会の会場、行徳文化ホールI&I大会議室の下見をしました。

「広いですねぇ」「いいですねぇ」
と、みなさん口をそろえて。

大会議室


何列にどのように並べるか話し合い、いくつか並べてみました。
椅子は快適にゆったり座れそう。数も余裕あるので1テーブル2局(4人)、横と駒が混ざったりしない十分なスペースがあります。

対局時


この演台を前方中央に添えて、バックには「市川市小学生将棋大会」と矢野華風先生の書道教室に通う行徳小の生徒さんの文字があって。いい雰囲気になりそうです。

演台


市の後援により、名人クラス優勝は市長賞、上級クラスと一般クラスの優勝が教育長賞となります。各クラス3位まで表彰。みなさんの駅前将棋の暑い夏や秋祭りイベントの活動が形になります。ワクワクしてください!

都民ファーストの会 3都議離党

都民ファーストの会の奥澤高広(町田市)、斉藤礼伊奈(南多摩)、森沢恭子(品川区)の3都議が党に離党届を提出したとのこと。

7日に都庁で行われた記者会見の動画です。



斉藤都議と森沢都議については面識がなく、どのような方か直接存じ上げません。奥澤都議、あえて奥澤さんとさせていただきますが、議員秘書をされていた経験から政治や選挙のことにとても詳しく、政治塾では色々なことを教わりました。酒席などで政治を語ると感極まって目が潤むようなこともあり、朴訥に思いを訴える演説スタイルが独特で純真な人という印象を持っています。

区市の候補者選びや政策の決定プロセスに関する情報が入らない。政策については訴えたものが削られ、なぜか突然入ってくるものがある。支援者に説明もできないでしょうから、確かにキツいですね。

話がいったんそれますが小池都知事の任期について整理しますと、何もしないと2020年オリンピックの期間中に選挙がきてしまうので、前倒しか任期を少し延ばすかしないといけない。ところが前倒しの場合は現職知事が立候補すると元々の任期までしかやれないので意味がない。すなわち小池知事が再選されようとすると任期の延長が必要で、これは特例法つまり国会の議決が必要。ということは自民党と仲良くしないとダメ。

上記理由により知事自身は身動きがとりづらくなるため、都民ファーストの会がいっそうしっかりと東京大改革の旗を振らなければならない。東京大改革の1丁目1番地は、都民が最も期待した都政の透明化。
従い、都民ファーストの会の意思決定プロセスも透明でなければならない・・・ここですね。奥澤さんが主張したことは正しい。ですが、ここで政治家としての振舞い方は分かれるでしょう。「党内のことは不満あっても今は我慢して、あくまで都民のほうを向いて最大会派の強みを生かしやれるところをドンドンやっていく」というスタンスが普通は現実的。ただ、行く手をことごとく阻まれることが多かったとすれば、やはりキツかったでしょう。

都民ファーストの会では「党が・・・」ということが、よくあります。「党って誰?」と言いたくなる。ただ、ひとつ私が小池百合子さんに持っている印象ですが、自分が厳しい勝負をするときに支えてくれた人は決して切らないなと。どんな人だろうが。よって都民ファの体質そのものは急には変わらない。

私個人の見方ですが、都民ファへの支持が回復せずこの先ずっと現状のままならば、次の選挙ということに関しては都民ファに所属している直接メリットはないでしょう。都民ファに所属するメリットは最大会派であり執行部とそこそこ折り合いをつけられるなら政策を進めやすいこと。つまり今の任期限定。そして今の任期中に政策を進めながら「政治家個人への信頼」を有権者から獲得できるかどうかだろう。党の状態に関係なく当選できるくらいの。
執行部とそこそこも折り合いがつかなければ、いくら都民ファで当選させてもらったとはいえ都議としての仕事をしていくには離党やむなしだったということでしょう。

奥澤高広さんは、いい政治家だと思います。
「東京大改革って、本来はこういうことでしたよね」
というくらいのものを見せてくれることを、期待しています。

蕎麦の味を覚えていない

「向こうに蕎麦屋があるんだ。一緒に行こう。あんた、昼はまだだろう」
「いやぁ話も済んだし、私はこれで」
「いいんだって。行こうじゃないか」
そんな会話をして、会議後に市川駅近くの蕎麦屋にその人と二人で入ったのは昨年の8月。

11月の市川市民将棋大会へ向けての愛好会連盟の事務局会議を兼ねた総会は、例年8月上旬の土曜日の午前に行われます。そこから3か月後に向け動き出す。私は午前中は行徳公民館の将棋教室のため、それを終えた後に車で真っ直ぐ市川へ向かいました。
寺下会長以下ずらりテーブルを囲んで事務局のみなさんが私に聞きたかったのはもちろん、小学生大会の進捗状況。つまり市民大会から6級以下の部、すなわち実質「子供の部」の区分をなくすことが出来るかどうか。私は駅前将棋の親子たちの顔を思い浮かべながら「実施されます」と答えました。ただ「存在意義のある大会にしなければ意味がなく、それが何かは改めて問いたい」とも。その話は、ここではよいとして。

頑固に驕るからと言われ、そんなときの注文は悩む。あまり高いものはたのみにくいし、安いのも相手の好意を無下にしている感じがする。海老天蕎麦をオーダーしました。

えび天そば


80歳は超えているであろうその人の体の中は癌があちらこちらに転移していて、どれくらいもつかというところらしい。将棋の練習会に通うことと年に一度の市民大会の運営は、生きることそのものになっているのだろう。
「寺下さん(女流棋士/市川市将棋愛好会連盟会長)と市民大会を立ち上げたのが25年前。その時の寺下さんが丁度今のあんたくらいの歳だったよ」
そんな話がポツポツ始まりました。

一般企業の定年と年金支給年齢の引き上りは、ボランティアによる地域事業の運営を厳しいものにしている。市川市民将棋大会も御多分に洩れず。従い子供部門が立ち上がり、市川における将棋文化充実を子供部門が下支えしてくれたらというイメージでいる様子です。

「寺下さんが25年やってきた。次の25年を、あんたやってくれ」
蕎麦の味は覚えていないのですが、絞り出すようなその声とこちらを指さした表情は、いまだに頭に焼き付いています。

参ったなぁというのが正直なところ。そりゃ寺下先生は女流棋士だから将棋に生きるのが必然だけれど、自分は普通の通勤人で別の人種だしボランティアも限度ってものがある。今回はやるが、悪いけど、この状態を長期続けるつもりはない。そう思いましたが、言葉には出しませんでした。まるで遺言のように聞こえて。言葉を返すような場面ではないなと。

「花火大会でもうすぐ交通規制になるね」
「そうですね。車で来てるので、そろそろ」
市川市民納涼花火大会へ行くのであろう浴衣姿の人々が街に現れ始めていました。

東京湾の子宮

ランニング5辧鉄棒で懸垂逆上がり5回以上。2日は開けないようにして、コンスタントに。この歳になるとやり過ぎは禁物ですね。「体を鍛える」という考え方だとかえって壊します。あくまでメンテナンス。

団地の明かりしか見えませんが、夜の行徳港から新浦安を撮った風景。一帯は「三番瀬」と呼ばれる浅瀬になっています。ここで産卵され生まれた稚魚たちが大きな海へ出てゆく。そしてやがて卵を産みにまた帰ってくる。そんな海です。

夜の三番瀬


様々なバランス・・・それをよく考えます。

昨年末の投稿「市川市の芸術系サークルの皆さんへの警鐘」で述べましたが、「市川市小学生将棋大会」は強いエネルギーを持ってしまっていて、市の文化事業の構成を乱しかねない危うさがあります。「小学生将棋大会のほうが他の事業より明らかに市が支援するにふさわしいではないか」とはならぬよう、誘導しないといけない。公的機関の評価基準における「価値」は文化的「価値」とはちがうのだから。

他の分野との市内での関係だけでなく、将棋界におけるバランスもまた難しい。

市内の指導員で集まった際に「これは立派な大会になりますね。格調高き大会のもと市川が将棋の名門と呼ばれるようになるといいですね」という声がありました。指導員としてそういうものにしたい、そして一翼を担いたいという気持ちになるのでしょうが、これも過ぎると危うい。
私以外の指導員って、子供向けのどんな大会があり誰が運営してるかとかあまり知らない。また首都圏や千葉県の将棋教室や道場がどういう配置になっていて将棋の親子たちがどう流れているか意識していない。この大会をきっかけに今あるコミュニティークラブなどがよき場となり、将棋のイベントや道場に行ってみようという親子が増え、その親子たちが市川の外へ出かけてゆくという話ならば将棋界も歓迎するだろうけれど、市川市内であまりにも完結するほど充実させてしまうとバランスが崩れる。

フワッと柔らかで自然に、稚魚たちを育て送り出すこの三番瀬のようであらねばならないのだが。それを保ったまま居られるか。
行徳将棋クラブ

行徳将棋クラブ

Twitterアカウント
千葉県市川市の行徳将棋クラブを運営している原伸一です。ブログの更新情報をお届けしてゆきます。
最新コメント
最新記事
Archives
Profile
ハラ

フォークシンガー原
(原 伸一)

1967年生。千葉県市川市の南部、行徳・妙典でアコースティックライブの主催等の活動を行っています。また、行徳公民館で小中学生の将棋教室を開いています。

ライブ情報は以下サイトにて。

http://gyotoku.livedoor.biz
活動場所
喫茶「マイセン」(フォーク好きの集まり・例会です): 行徳駅より徒歩0分。改札を背にすぐ左、山下書店の2F。Tel:047-357-4039
会費500円+ドリンク代450円〜 

市川妙典SATY(路上ライブ): 妙典駅より徒歩3分。無料。お店の詳細は以下をクリックしてご覧ください。
メッセージ

名前
メール
本文
GSG5(行徳将棋ガールズ)
GSG(Gyotoku Shogi Girls)は、行徳将棋クラブの女子のこと。音楽も大好きで、2013年女子アマ団体戦で歌を歌ってベストパフォーマンス賞をいただきました。
人気将棋ブログ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ