Hara Blog

千葉県市川市の行徳でライブ活動を行っている、フォークシンガー原の日記です。公認将棋指導員として、子供たちの将棋の話題なども。

中学選抜は5月21日(日)

七中将棋部の運命が揺れ動く一方、中学選抜の概要が発表されています。日程は5月21日(日)。概要は こちら
そして6月25日(日)は文科杯。

将棋部ができたとして、顧問の先生はいきなり毎月日曜日をとられるのかと驚くかも。そうすると、将棋部はできたのだけど部の活動ではなく個人で勝手に参加という形をとらざるを得ないか。前例はあり、2015年文科杯千葉県大会の渋幕中。休眠といってよい状態の将棋部に籍を置いた行徳将棋クラブ出身メンバーたちで勝手にチームを組み大会に参加し、優勝して東日本大会への切符を勝ち取ってしまいました。ここから学校も認めてくれるようになり、現在に至っています。

しかし行徳将棋クラブ出身メンバーだけで考えても、今年の中学部門はワクワクします。みなさんがどんな活躍をしてくれるか、楽しみです。

千葉県青少年女性会館

七中将棋部設立は重要局面へ

七中将棋部設立のドラマはものすごいことになっているようです。

まとめ役の生徒が、入学するやいなや今週さっそく教務主任の先生に相談。
「会議で話をするので待っていてほしい」
と言われたとのこと。

いっぽう学校では4月20日までが部活動の「仮入部期間」となっていて、新入生のみなさんはあちらこちらを見学したり体験したりしているのですね。
で、将棋部に入ってくれると言ってくれた子たちも当然、いろいろ部活を回る訳です。先輩たちにいっしょうけんめい誘われて、あぁいい雰囲気だなと居心地がよくなってしまうことも出てくるかもしれません。20日が近づくにつれ、
「もぅ決めちゃおうかなぁ」
と悩むのが人情ってもんです。求心力がもつかどうか。
従って、学校側の回答が来週のなるべく早い段階で得られるかどうかというところ。

しかし考えてみればこれ、入学してから「将棋部つくりたいなぁ」なんて言ってるようではとても間に合わなかった訳ですね。入学の数か月前から準備を進めたのは大正解です。君たち、エライ!

このハラハラドキドキ感、何ともいえません。

七中グラウンド

松戸市小学生殺害事件 容疑者逮捕

松戸市の小学3年生、レェ・ティ・ニャット・リンさん(9)が殺害された事件、容疑者が逮捕されました。DNA一致が逮捕の決め手とのことで、黙秘中とのことですが可能性は高いと思われます。

不安な日々を送っていた松戸市はじめ周辺自治体の保護者の方々にとり犯人逮捕の知らせは望んでいたものではあるでしょうが、保護者でつくる会の会長さんで学校の親子の間でよく知られた人物であったことはショッキングです。



リンさんのご冥福をお祈りいたします。

みんなの党に学ぶ

千葉県の選挙の振り返りもせず都知事選の話題を連投してスイマセン。
てゆうか、振り返りようもないくらいに千葉県知事選も浦安市長選も自公が支持した候補が圧勝。岩盤は固し。何も言うことないっす。

そんな中、一筋の明りを見たのが、浦安市議補選でした。定数2に対し5人が立候補。無所属の芦田よしえさんが2位の民進党候補に2千票差をつけトップ当選(15,596票と13,575票)。
芦田さんは2011年にみんなの党から市議になられましたが党がなくなった2015年の選挙では落選。今回見事復活された訳ですが、その選挙戦はみんなの党時代の仲間たちが支えました。といっても、3〜5人くらいの小さなチーム。そのチームが、まとまっていて雰囲気がとても良かった。駅前の活動や市内練り歩き。ごくシンプルなことを当たり前にやった印象ですが、同じ志の下に集まった仲間の絆というものが、伝わる感じがしました。

みんなの党は無くなってしまったけれど、仲間どうしの絆は生きていて、それが大きな組織を下した。

あのようなチームが市内に幾つかあって、当選し会派を形成して改革派の集団を市議会の中につくって・・・という風に出来るかどうかなのだろう。
さらに言うと、市川だけではだめで周辺も。例えば保育行政ですが、1つの市ががんばって保育環境を良くしちゃうと周辺からドバッと入ってきちゃうんですよね。横の連携もつくって、いっしょに良くならないといけない。

そう時間はない、という意識はあります。

今大学生の自分の子供たち、そして同じ年代の行徳将棋クラブの第一世代のみなさんはもうあと5年10年すれば結婚して子供が出来てということになるでしょう。その時に、子供を預けて働くことができるかどうか。また、将来の教育費のことなどを心配せずに安心して子供をつくれるかどうか。それをリアルに感じます。

何もしないと、現在のままなんですよ。必然性のない施設にお金がつぎ込まれる一方で、人々は辛い何かおかしいと感じながらジリ貧の暮らしの中で将来に不安を抱き続ける。
開発型から人への投資へ。予算配分を変えないといけない。

象徴的なのは、以前ご紹介しましたが平成32年に完成するという新市庁舎。

市川市庁舎


デカい。デカすぎる。ちゃうやろ、これ。
引き続き、どうする必要があるかを考察します。

4月15日(土)の確認 16日(日)はお休み

4月15日(土)の確認です。

行徳小会議室で行われる、「囲碁・将棋・オセロ教室」に参加します。
今回は七中ではなく行徳小です。ご注意ください。
※上履き持参。

尚、申し訳ないのですが原は不在となります。ボランティアの方々の指示に従いトーナメント行ってください。よろしくお願いします。

今後の予定:

4月15日(土): 9:30-11:30 行徳小にて行われる「囲碁・将棋・オセロ教室」に参加(原は不在です)
4月22日(土):10-12時 行徳公民館第1和室
4月29日(土・祝):10-12時 場所未定

5月 6日(土):10-12時 行徳公民館第2和室
5月13日(土):10-12時 行徳公民館第1和室
5月20日(土): 9:30-11:30 七中にて行われる「囲碁・将棋・オセロ教室」に参加
5月27日(土):10-12時 行徳公民館第2和室

※上記公民館・七中教室すべて無料です。


4月16日(日)はお休みです。

「知事特別秘書」はブラックボックスか

ビミョ〜な気がしてきて、調べてみました。

野田代表都民ファーストの会の野田数代表のお給料はどこから出ているかというと、小池都知事の「知事特別秘書」という役職についていて、都民の税金からです。

この「知事特別秘書」というのは議論の対象になることが多い職種のようです。つまり、職務内容が不明確で公金の支出にふさわしい仕事をしているのかチェックしにくい。しかも副知事のように議会承認が不要なんですね。知事が好きな人を置ける。

なぜ一般職員の付き人では不十分かといえば、彼らは公務員なので政治活動と見られかねない場へ知事が行くときに随行したり代理出席したり出来ない訳です。

ただ、政務活動費と同じで公私混同が疑われやすい。2013年に橋下徹大阪市長の特別秘書問題がありました。お世話になっている後援会幹部のご子息を特別秘書に任命したのだけれど、仕事をしている形跡がないということで、職務内容についての住民監査請求や給料の返還請求で裁判になっています。しかし、大阪地裁は「秘書としての職務を行っていないという証拠がない」として棄却。ただ、既に橋下市長が現職を退いていたので、原告側も控訴はしなかったようです。

舛添前都知事の政務活動費問題では、「違法ではないが不適切」が通らず辞任となりました。マスコミの取り上げ方と人々の反応次第ということですかね。許容範囲か否かは。

都民ファーストの会の立ち上げは都知事が職務として行うべき行為ではありません。従い、知事特別秘書が行うべき行為でも、当然ない。故に、野田数氏がもし、日々その業務ばかりに追われているのが誰の目にも明らかならば、小池知事の立場は危うい。

そうではなく、野田氏が平日朝から夕方まではちゃんと小池知事について秘書の仕事をしており、勤務時間外や休日を返上して都民ファーストの会の立ち上げに邁進しているのであれば、問題ないでしょう。

ビミョ〜かもしれないと思うのは、余暇なら何をしようと自由とはいえ、知事の権力基盤を議会において築こうとする人間の職を知事の任命権によって世話するというのは、どうか。
それも、小池知事の今の勢いならオッケーですかね。

安倍晋三 自民党総裁 vs 野田数 都民ファーストの会代表

7月2日都議選に向けた自民党の決起集会がニュースで大きく報じられました。安倍晋三首相はじめ、党幹部も出席していましたね。やはり急所をついてきます。小池知事はその方向性が正しければしっかり支えてゆくとした上で、都民ファーストの会との戦いであることを強調しました。小池知事と都民ファーストの会を切り分ける。
「安倍晋三 自民党総裁 vs 野田数 都民ファーストの会代表」
この図式にもっていくということですね。

一方、都民ファーストの会も公認候補を集めて勉強会を開き、綱領を発表したとのこと。野田代表が話しているところが少しだけ映りました。初めて見たという方も多いと思います。もっとドンドン出て語っていただきたいですね(笑)。

野田数代表


これに先立ち、気になるニュースも出ています。「連合東京」が都民ファーストの会を選挙で支援すると。

子供たちのためにわかりやすく(笑)。

「連合」というのは日本全国の労働組合の集合体で、民進党の大きな支持母体です。そこが都民ファーストの会を支持するとなると、人々はどう思うかというと・・・
「なぁんだ、都民ファーストの会は民進党になるんだ」って印象を与えるわな。既得権益と戦って古い政治を変えてくれるんじゃなかったんだって。

そうではないと思うんですよ。連合東京とは政策協定に基づいて一部候補者につき選挙協力するということで、全面的にお任せみたいなことではない。それを、野田代表がしっかり語ってほしいですね。「飲み込まれることはない。我々の主張を通し、しっかり改革をやってゆく」と。その姿を見て人々が「信用しよう。この人にあずけよう」と思うかどうかですね。

都民ファーストの会の野田数代表に注目

行徳将棋クラブへは江戸川区はじめ東京都内から来てくださっている親子もあり、またそれ以外にも当ブログをご覧になっていただいている都内在住の方々もいらっしゃると思いますので、最近気にしていることをひとつ。

「小池知事が事実上率いる都民ファーストの会」という表現をマスコミはしてきましたが、そろそろ都議選へ向けたポスターが貼られ各党の候補者たちが選挙へ向け急ピッチで動き始めましたので、正しい理解が必要です。

小池百合子都知事は、自民党の人です。都民ファーストの会の人ではありません。

もちろん、小池知事と固い絆で結ばれた人々が都民ファーストの会を運営していて事実上一心同体であるということを最終的に納得するのはよいのですが、「都民ファーストの会」とは何かをまず理解し思考することを怠ってはいけないです。

小池知事に投票するのではない。都民ファーストの会の候補に投票する訳です。小池知事が都民ファーストの会を応援するのだとしても、丸飲みしてはいけない。都民ファーストの会がどんな地域政党なのか、その候補がどんな人なのか、ちゃんと見なくてはいけない。

小池知事と都民ファーストの会が一心同体というのも、問題です。
小池知事は行政のトップ。都民ファーストの会から議員になる人たちは議会から小池知事をチェックする立場になりますので、小池知事が間違ったらちゃんと指摘し正してくれないと困ります。
その意味では、小池知事が都民ファーストの会の人でないことはむしろあるべき姿。だからこそ、「都民ファーストの会」が何であるのかが、重要。

「都民ファーストの会」の代表は、野田数さんという人です。
どんな理念に基づきどんな政策を実行しようとしているか、そのためにどんな候補を選んでいるのか、野田数氏に語っていただく機会をもっと多くつくることをマスコミの方々に期待したいです。

「小池知事が事実上率いる・・・」と小池知事を頭に出さないと視聴率・発行部数がというのは理解するのですが、このままだとかなり多くの有権者が正しい理解のないまま選挙になってしまいそう。

何より、人物像を知りたいですよね。都民が将来を託す有力な選択肢とされる地域政党の代表が、どんな人物なのか。自分の、そして家族の将来を、託すことが出来る人なのか。

希望の塾に参加しましたが、野田代表のお人柄について理解を深める機会には恵まれませんでした。紹介することが出来ないので、マスコミの方々に期待したい次第です。

西船橋でいちご狩り 〜石井農園〜

東西線に乗って帰宅中、車内モニターに映るCMを眺めていたら、石原さとみが西船橋でいちご狩りをしてメチャ美味しそうに食べている映像が流れ衝撃を受ける。



西船橋でいちご狩りができるんか。知らなかった。
WEBサイトはないようです。ツイッターアカウントはありました。調べたところ、2014年のデータで;

「石井農園Erdbeere(エルドヴェアー)」(船橋市本郷町、TEL 047-302-5575)
予約制。水曜=15時から、土曜=11時から。4月の毎週火曜日19時からは、「ナイトストロベリーツアー」も予定する。料金(30分食べ放題)は、2月=1,900円(4歳〜小学生未満1,000円)、3月=1,600円(同800円)、4月〜GWまで=1,300円(同600円)。3歳以下は無料。月曜休園。近隣に有料駐車場有り。(2014年2月13日船橋経済新聞より)

SOMEDAY 〜信じる心いつまでも〜

本棚の整理をしていたら、ひょっこりとんでもない写真が出てきた。30年前のフォークシンガー原。

haraESS


一瞬びっくり。大学の頃の、サークルの合宿の時だなとひとり微笑む。そして・・・そうだそうだ、思い出した。蘇りました。歌ったのはこの曲だった。

で、8日のライブで歌ってみました。
佐野元春さんの『SOMEDAY』。

行徳将棋クラブ
Twitterアカウント
千葉県市川市の行徳将棋クラブを運営している原伸一です。ブログの更新情報をお届けしてゆきます。
最新コメント
Profile
ハラ

フォークシンガー原
(原 伸一)

1967年生。千葉県市川市の南部、行徳・妙典でアコースティックライブの主催等の活動を行っています。また、行徳公民館で小中学生の将棋教室を開いています。

ライブ情報は以下サイトにて。

http://gyotoku.livedoor.biz
活動場所
喫茶「マイセン」(フォーク好きの集まり・例会です): 行徳駅より徒歩0分。改札を背にすぐ左、山下書店の2F。Tel:047-357-4039
会費500円+ドリンク代450円〜 

市川妙典SATY(路上ライブ): 妙典駅より徒歩3分。無料。お店の詳細は以下をクリックしてご覧ください。
メッセージ

名前
メール
本文
GSG5(行徳将棋ガールズ)
GSG(Gyotoku Shogi Girls)は、行徳将棋クラブの女子のこと。音楽も大好きで、2013年女子アマ団体戦で歌を歌ってベストパフォーマンス賞をいただきました。
人気将棋ブログ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ