Hara Blog

千葉県市川市の行徳でライブ活動を行っている、フォークシンガー原の日記です。公認将棋指導員として、子供たちの将棋の話題なども。

上海帰りのリル

今回は音源はないのですが、11日(土)は定例のマイセンライブでした。

マイセンライブ


妙典祭りダイジェスト動画で一部ご紹介した桑田佳祐さんの「若い広場」にリルという若き日の恋人の名が出てきますが、
「これはどこから来てるか解る方いらっしゃいますか?」
の問いに、おひとり正解(というか多分そう)の方がいらっしゃいました。
はい、「上海帰りのリル」(昭和26年、津村謙)。

「船を見つめていた ハマのキャバレーにいた
風の噂はリル 上海帰りのリル リル
あまい切ない 思い出だけを
胸にたぐって 探して歩く
リル リル 何処に居るのかリル
だれかリルを 知らないか」

「リル リル」と呼ぶところが、ホント甘く切ない。名曲ですし、津村謙さん素晴らしい歌唱です。そして、この曲のメロディーをひっくり返してマイナーをメジャーにしたらまさに「若い広場」になるような気がする。さすが桑田さん、やるなぁ。

もぅ十数年前ですが、行徳のデイサービスの施設に慰問ライブに行ったことがありました。その際、お年寄りの方々にどんな曲が喜んでもらえるだろうと昭和20〜30年代くらいの昭和歌謡を一生懸命調べて、良さそうな曲を練習して歌ったんです。随分悩んだんですよね〜、何やったらいいかわからなくて。その中に「上海帰りのリル」もありました。他には「リンゴの唄」や「銀座カンカン娘」とか演ったかな。
一通り歌った頃、司会の職員さんの「みなさん、何か歌って欲しい曲はありますか?」の問いに、「井上陽水が聴きたい」という会場の声。ズルッときました(笑)。あの苦労は何だったのでしょう。

しかしよく考えると、70〜80年代のアイドルやロック・ニューミュージック世代が既に70歳くらいになってきていますので、もやは歌謡曲に世代間ギャップはない。幅広い世代で一緒に楽しむためのツールとしての音楽の可能性は、かつてないほどに広がっているのかもしれません。

11月11日(土)の風景

11月11日(土)午前、行徳公民館第2和室にて行徳将棋クラブ活動。

七中、行徳小、新浜小、幸小、南篠崎小、美浜北小などから13名。

教室風景


明日は市川市民将棋大会ですね。参加の皆さんがんばってください。

下図は普通なにも考えず龍か飛車で金を取るところですが、何と詰んでいます。答えは下。

1手詰






答え:▲4二飛成まで、1手詰。

11月11日(土)の確認

11月11日(土)の確認です。

行徳公民館第2和室にて10−12時に活動を行います。

今後の予定:

11月 4日(土):10-12時 行徳公民館第2和室
11月11日(土):10-12時 行徳公民館第2和室
11月18日(土):9:30-11:30 七中ブロックコミュニティークラブ「囲碁・将棋・オセロ教室」に参加
11月25日(土):10-12時 行徳公民館第2和室

12月 2日(土):10-12時 行徳公民館第2和室
12月 9日(土):10-12時 行徳公民館第2和室
12月16日(土):9:30-11:30 七中ブロックコミュニティークラブ「囲碁・将棋・オセロ教室」に参加
12月23日(土): 未定(祝日で行徳公民館は休館)

※上記すべて無料です。

知的障がい者の音楽活動「音の海♪音の城」市川公民館で自主上映会

今月26日(日)に、神戸の知的障害者の子供たちが楽器を手に取りコンサートが出来るようになるまでを描いた「音の海♪音の城」という映画の自主上映会を市川公民館で開催します。NHK連ドラ「あまちゃん」で脚光を浴びた大友良英さんらミュージシャンが参加して行われたプロジェクトで話題となりました。お時間ございます方はぜひお越しください。
 
主催は「希望の塾」で出会った千葉県の塾生たちが自主グループをつくっていましてそのメンバーですが、ほぼ飲み会のためだけのグループで、政治的な色はありません。習志野で障害者施設を経営されている方が居て、市川でローカルライブを主催してきたフォークシンガー原との共同企画にて今回は行っています。
 
映画の「音遊びの会」さんは神戸の団体ですが、最近首都圏でも障害者による音楽活動が行われるようになってきています。先日の妙典祭りでも、市川レンコンの会さんがバンド演奏に合わせたダンスを披露してくれました。障害者音楽は、各地で広がりを見せつつあります。この機会にその世界を覗いてみませんか? お待ち申し上げています。

企画: 音の城♪音の海in千葉
日時: 11月26日(日)15:40会場16:10上映開始
    17:40分上映終了。その後30分程度音楽セッション。18:15分頃終了。
場所: 市川公民館(市川市市川2丁目33番2号)4階多目的ホール
JR総武線市川駅北口から徒歩3分。国道14号線沿い。
※駐車場はありませんのでお車の方は付近のコインパーキングをご利用ください。
費用: 入場料ひとり1000円
飲食: 水分補給用の水筒やペットボトル飲料はご持参ください。食べ物は禁止です。
音楽セッション: 上映終了後に簡単な音楽セッションを行いますので楽器お持ちの方は何でもよいので持参してください。もちろん楽器なしでも結構です。
お問合せ: 当ブログの「メッセージ」欄よりメールください。電話は047-358-2889(原)留守電の場合は折り返しの電話番号をメッセージに残してください。

妙典祭り2017

11月5日(日)第12回妙典祭りより、サンデーサティーズ演奏のダイジェスト(7分48秒)をお届けします。

1.若い広場(桑田佳祐カバー):原伸一
2.いつか(ゆずカバー):山口宏一&堀木康太郎
3.メンドクサイにゃんこスターVer.:山口宏一&堀木康太郎
4.あの素晴らしい愛をもう一度:山口宏一&堀木康太郎&原伸一



にゃんこスターは客席のリアクションをお届けできないのが残念ですが、その瞬間ワッと盛り上がりました。楽しんでいただけて、嬉しかったです。

妙典祭り2017

11月4日(土)の風景

11月4日(土)午前、行徳公民館第2和室にて行徳将棋クラブ活動。

行徳小、新浜小、南新浜小、富美浜小、幸小などから18名。

教室風景


明日は各地で将棋教室主催の小規模大会が開催されているようですね。出場するみなさんがんばってください。来週は市川市民大会、そして再来週はテーブルマーク杯。毎週大会ですが、緊張感の中で指すと感性が磨かれます。今月末にはみなさん一回り心が強くなっていることでしょう。さあ、新しい自分を見に行こう!

妙典祭りに今年もサンデーサティーズ登場

サンデーサティーズメンバーの山口宏一くん堀木康太郎くんとスタジオ練習。

11月5日(日)の妙典祭りに今年も登場します。出番は14時30分より。
今年も歌と笑いを織り交ぜてのステージをご用意します。昨年はピコ太郎ロックバージョンでしたが今年は何でしょう?山口くんは縄跳びの練習。ということは・・・(笑)こうご期待。

サンデーサティーズ


妙典という街は市川市内でも待機児童が多いエリア。全国ワースト争いの市川市の中でさらにワースト・・・つまり日本で最も待機児童問題が深刻なエリア。子育て中のご家庭のみなさまもやっと一段落したみなさまも、お疲れ様です。大変ですね。つかの間の息抜きの時間をご提供したいと思います。ぜひ楽しんでください。

第12回妙典祭りプログラム

11月4日(土)の確認

11月4日(土)の確認です。

行徳公民館第2和室にて10−12時に活動を行います。

今後の予定:

11月 4日(土):10-12時 行徳公民館第2和室
11月11日(土):10-12時 行徳公民館第2和室
11月18日(土):9:30-11:30 七中ブロックコミュニティークラブ「囲碁・将棋・オセロ教室」に参加
11月25日(土):10-12時 行徳公民館第2和室

※上記すべて無料です。

市川市の辺境の民

市川の南北交通分断、行徳民が中部北部に行きづらいという視点からのみ論じていたが、中北部の人たちが行徳に何の用もないということも大きいのではないだろうか。

行徳民は、支所で済まないことがあり仕方なく本庁に行ったり、文化会館の催し物で行ったり、不便とはいえ何かかんかで川を渡る機会があります。いっぽう中北部の人たちは、行徳へ行こうとするといったん西船橋に出なければならない訳で、船橋で済まない用事が行徳にあるかっちゅう話。ないわな。
強いて言えばディズニーランドに行くときですよね。行徳を通過する。しかし電車だとやはり西船橋経由・京葉線。二俣から放水路を渡り市川塩浜あたりの風景を見ながら、
「なぁんもないところだね。市川にもこんなとこあるんだ。でも住んでる人も居るんだろうなぁ」
辺境の民的な位置づけでしょうか。

行徳側にも、考えなければならない点はあります。

先日の記事で行徳・南行徳の市川への併合の経緯に簡単に触れましたが、要するに市川は工業地帯としての臨海部が欲しかった訳です。ところが、オイルショックももちろんありましたが、やんやの自然保護運動があり埋め立て反対の声が大きくなった。市川としては「なんだよ」と思いますね。期待ハズレ。一貫して「行徳はこの海を守り通す。工業化はさせない」ということなら、最初からそう言ってくれと。浦安と一緒になればよかった。だが、当時さびれた漁村であった浦安より総武線沿線の栄えた八幡の魅力に行徳は魅かれた。ということは、行徳が期待に応えてくれないなら中央もそれなりの対応になりますよ・・・そういうことになる。行徳が工業地帯として栄えてくれたならきちんと道路も交通も整備しただろうが、それに代わる行徳の価値は何?

市川市長選は、11月26日です。

運河地蔵

市川市内のエリア間競争に負け続ける行徳

先日、とある行徳の土木会社の社長さんに言われました。
「川向こうの連中が行徳の工事まで持ってっちまう。ここにはここに住んでいる人が居るのにさ。そりゃないだろ」
詳しく調べた訳ではないので事情はわかりません。実際に不公平が存在しているのかどうかも判別はつきませんが、「川向こうの連中」という言葉が妙に胸に刺さりました。江戸川から向こうの世界を行徳の業者さんはそう呼ぶのですね。

言われてみれば普通の生活者目線でもそんな気もする。
「市川市民会館・全日警ホールがオープン。市川市民が芸術文化活動に利用できる施設です!」
・・・へぇ〜そうなんだ。
全日警ホール

「JCOM北市川スポーツパークが開園。テニス、サッカー、ラグビー、様々なスポーツが楽しめる市民のための施設です!」
・・・へぇ〜そりゃ楽しそうですね。
北市川スポーツパーク

しらけていて、無関心。別に誰が市長になったって、川からこっちには関係ない。

しかし投票に行かないのは、黙認。川向こうの人たちにとり、行徳民は文句も言わずたんまり税金を納めてくれるいいお客さんのまま。

市川市長選は11月26日です。
行徳将棋クラブ
Twitterアカウント
千葉県市川市の行徳将棋クラブを運営している原伸一です。ブログの更新情報をお届けしてゆきます。
最新コメント
Archives
Profile
ハラ

フォークシンガー原
(原 伸一)

1967年生。千葉県市川市の南部、行徳・妙典でアコースティックライブの主催等の活動を行っています。また、行徳公民館で小中学生の将棋教室を開いています。

ライブ情報は以下サイトにて。

http://gyotoku.livedoor.biz
活動場所
喫茶「マイセン」(フォーク好きの集まり・例会です): 行徳駅より徒歩0分。改札を背にすぐ左、山下書店の2F。Tel:047-357-4039
会費500円+ドリンク代450円〜 

市川妙典SATY(路上ライブ): 妙典駅より徒歩3分。無料。お店の詳細は以下をクリックしてご覧ください。
メッセージ

名前
メール
本文
GSG5(行徳将棋ガールズ)
GSG(Gyotoku Shogi Girls)は、行徳将棋クラブの女子のこと。音楽も大好きで、2013年女子アマ団体戦で歌を歌ってベストパフォーマンス賞をいただきました。
人気将棋ブログ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ