Hara Blog

千葉県市川市の行徳でライブ活動を行っている、フォークシンガー原の日記です。公認将棋指導員として、子供たちの将棋の話題なども。

8月25日(土)将棋教室の風景 小学生観戦記者やカメラマンもアリか

8月25日(土)午前は、行徳公民館第2和室で行徳将棋クラブ活動でした。参加14名。

夏休みの宿題は大丈夫でしょうか。終わっていない子は追い込みがんばってください。
「将棋ばっかりやって宿題はやらなかったのか」
と先生に怒られないようにしましょう。

万年筆


考えること多くあちこち頭飛んでまして、カメラも携帯も忘れてしまい写真撮れませんでした。突然に訳のわからないイラストでスイマセン。先日の記事の続きで市の小学生大会にどんな特徴を持たせるかですが、例えばこんなのも考えられます。

「告知チラシ」だけでなく、大会終了後に「結果報告チラシ」も市内全小学生に配布する。そして、その片面を決勝戦(全勝対決)の「観戦記」にして、それを子供に書かせる。
文学史上に名を連ねる文豪たちも、実は囲碁や将棋の観戦記を執筆しました。将棋は小説家たちが大衆と交わる表現の場でもあった・・・そんなエピソードを市民に知ってもらいつつ、文章を書くことが好きな子が腕を振るう場を提供する。

あと写真ですね。「星野道夫さん*のようなカメラマンになりたい」みたいな子が居たら、ぜひ報告チラシ用の写真を撮ってほしい。(*市川市出身の写真家)

将棋の世界に、将棋指しだけでなく色んなジャンルの人たちの活躍の場があるということが学べて体験できるとなれば、他にそんな大会はない。存在意義があります。

と、思ったんですが、私の感覚はたぶん昭和すぎるんですよね〜。物書きになりたい小学生なんて今どき居るだろうか。絶滅危惧種な気もする。昔は居ましたよね。ジャポニカの国語ノートに自作の小説をぎっしり書いているような子。カメラもそう。お父さんがフィルムカメラをいじくっているのを自分もやってみたくてたまらないところからその世界に入ってゆく子が居ましたが。

さて、チラシ表面用の絵のほうは何人か手が上がりましたので、下の学年の子から描いてみてもらいます。どうなることやら。

8月25日(土)将棋教室の確認

8月25日(土)将棋教室の確認です。

行徳公民館第2和室にて、10〜12時に活動を行います。
※初めての方もどうぞお気軽にお越しください。事前連絡不要です。

今後の予定:

8月 25日(土):10-12時 行徳公民館第2和室

9月 1日(土):10-12時 行徳公民館第2和室
9月 8日(土):行徳公民館休館にて未定
9月15日(土):9:30-11:30 七中にて行われる「囲碁・将棋・オセロ教室」に参加(原は不在となります)
9月22日(土):10-12時 行徳公民館第2和室
9月29日(土):10-12時 行徳公民館第2和室

上記すべて無料です。

平日 月・金に行徳駅前、火・木に妙典駅前にて18時から駅前将棋を行っています(雨天中止)。市川市の小学生将棋大会を実施する資金集めとして500円募金をお願いしています。参加お待ちしています。当日変更もあり得ますので、直前に当ブログもしくはツイッターで確認してください。

8月24日(金)行徳駅前将棋の確認

8月24日(金)行徳駅前将棋の確認です。荒れた天候の後ですが、参加者があれば18時より行徳駅前広場(交番側)で行います。18時30分までに誰も来ない場合は撤収します。

小学生将棋大会のチラシに子供の絵を

絵を描くのが好きな子にとり「市内すべての小学生親子が見る媒体に作品が載る」のは魅力的ですかね?

市の支援が決まりましたので実施を前提に動き始めますが、その中でチラシですね。印刷代の表を睨んでいるのですが、2万部を超えるレベルは「片面4色」も「片面4色+片面1色(両面)」もさして料金が変わらない。

市民小学生大会何度か掲載しているチラシサンプルは主にネットで拾えるフリー素材を使って作ったものですが、これだとパッとしない。子供が描いた絵がバーンとあったほうがワクワクしそうな気がします。

片面を絵のカラーポスターにして、もう片面に黒で詳細を載せるとイイ感じになりそう。ポスターの文言としては〇埓郢埔学生将棋大会、2019年3月17日(日)、およびB膕饂臆辰鯊イ垢茲Δ淵ャッチフレーズ の3つですかね。

「ボク・アタシ描く!」
という子供さんが居ましたら大歓迎。行徳将棋クラブの子でなくても「ブログ見ました」で結構です。将棋は指せなくても市川市内の小学生ならオッケー。まずは描かずに意思表示だけお知らせいただけたらありがたいです(8月末めど)。
今回は広く募集するのではなく、これまでの他の作品を写真で見せていただいて描けそうな子に描いてもらう形にします(9月末くらいまでに)。
誰も手が上がらない場合は、う〜ん絵画教室でも回るか(笑)。「この絵画教室の先生なら相談に乗ってくれるのでは」というような情報も、いただけたらありがたいです。

「夏休みに入る前に言ってくれたら」とお叱りを受けそうですが、市の支援も決まっていなかったこともあり申し訳ありません。また「市の支援制度を使うのだから広く市内小学生に知らせるべきでは」というご意見もあるでしょうが、来年以降継続する場合はそれも検討しますということと、支援は将棋大会に対して出されていますので、チラシのデザインをどなたにお願いにするかについては主催者の裁量ということで何卒ご了承ください。

絵の内容は「将棋に関する絵」ということになるでしょうが、「ボクはどーしても恐竜が描きたい。それを見てもらいたい」とかなら、例えばブルー(ジュラシックワールド・炎の王国)が将棋を指している絵なんて、イイですね。ブルーなら将棋できそう。

市川市の小中学校で毎年募集されている交通安全ポスターや平和ポスターに準ずるような位置づけで「将棋の絵」があるような感じに将来的に持っていけたらそれも有意義かもしれません。

上記、成立しないかもしれません。何から何まで初めての試みなので、あらゆる可能性を試せる場面です。ほかにもアイデアご提案いただけたらありがたいです。
ひとつ言えるのは、「ただの子供大会は存在意味がない」。

8月23日(木)妙典駅前将棋の確認 とりあえず行きます

8月23日(木)妙典駅前将棋の確認です。18時に妙典駅前白妙公園へ行きますので、その時点での空模様を見て判断させてください。降水確率高いのですが、17時現在はまだしばらく持ちそうですので。
18時30分までに誰も来ない場合・もしくは雨が降り始めた場合は撤収します。

悪の化身・原より市川市議会議員へ 「裏金」が必要なのだ

ふハハハ、小学生将棋大会に市の支援が決まる前に募金を募っていたことを疑問視した市議会議員が居たようだな。

市の支援がなくても自己資金だけで大会をやる選択肢もあるではないか。残念だがそこは急所にならん。
それに市議会と同じ理屈なら
「あ、問題ありますか。じゃ、返します」
で済むのだろう? 政務活動費がでそうはないか。

ブログを見てくれて礼を言うぞ。何かと目障りな吾輩を引きずり下ろしたいのなら、お返しに吾輩の急所を教えてやろう。

この支援制度は利益が出ると支援されなくなることになっているのだ。収入と支出がピタッとゼロということはないから、普通の団体は事業の収支を少しマイナスにして会の予算から持ち出しににしているはずだ。しかし我々には使える予算などない。

つまりだ、吾輩は「裏金」を必要としているのだ!ふハハハハ。
え?「寄付金の額を少し過少申告したらどう?」なんてまさか言わないだろうな。

寄付の金額も制度の問題点もゼンブ見せちゃう。それが吾輩のやり方なのだ。
それと、何か疑問があったらまず吾輩に直接言ってきてくれ。

口座P1

口座P2

勉強のやり方の習得

たぶん多くの方がLPSA小学生女子将棋名人戦で全国優勝した砂原さんてどんな生徒さんなのか紹介してくれるのを待っているかもしれませんが、スイマセン普段の地区大会などと違い注目度が高すぎると書きづらい。

ひとつお話ししますと、このところ特に関心したのは稽古のやり方を習得したこと。自分の戦法にはどんな戦いが起こりうるか、ちゃんと整理して分類ができており、どれに対して自分が経験不足なのか意識し、それを一つ一つツブしてゆく。先日の全国大会、予選で負けた相手と準決勝で再び当たるのですが、中盤の戦いが起こるところまでまったく同じ進行。そして、そこからの試みですね。「こうしたらどうなる?」それを徹底的にやる。

尚、行徳公民館教室へ来るのは現在は時々です。今は上記をより高いレベルでやる場で主に稽古に励んでいます。公民館へ行けば必ず会えるのかと思われるといけませんので、念のため。

8月21日(火)妙典駅前将棋の確認

8月21日(火)妙典駅前将棋の確認です。18時より妙典駅前白妙公園で行います。18時30分までに誰も来ない場合は撤収します。

11月に2度、イベントで募金活動(市川市小学生大会)

次回8月25日(土)午前の将棋教室ですが、ご都合つきます方は親子でいらっしゃっていただけますとありがたいです。以下、お話しをさせていただきたく;

市川市小学生将棋大会の募金活動(駅前将棋)は、気候から10月くらいまでが限界と見ています。今のままですと若干未達のペースなので、11月に2度、イベントで募金活動を行う予定です。

11月4日(日)妙典祭り
スーパーホテルのビルの1Fマツモトキヨシ前のスペースで、将棋を指しつつ募金を募る活動を実施してよいこと祭りの実行委員から許可が下りました。10時〜16時。
内容としては「はじめて将棋をやってみたい子」に教えてあげるコーナーと、「行徳将棋クラブの親子と将棋を指してみよう」コーナー(年齢問わず指せる人向け)を設置します。
そこで、保護者の方々および子供さんたちにご協力をお願いしたく。2時間あるいは3時間ずつ交代制でやれたらと考えています。

11月11日(日)市川市民将棋大会
公共施設の中で募金活動をしてよいかどうかという点について事前確認を要しますが、全日警ホールでの市民大会でも募金を募る予定です。こちらは募金箱を置いて一人誰か座っているだけ(将棋は指さない)。子供さんが出場する(6級以上)保護者の方に、1時間ずつでよいのでお願いできたら大変ありがたいです。

どうぞよろしくお願いします。

8月20日(月)行徳駅前将棋の確認

8月20日(月)行徳駅前将棋の確認です。微妙な空模様ですが、18時より行徳駅前広場(交番側)で実施予定す。18時30分までに誰も来ない場合、または雨が降り始めた場合は撤収します。
行徳将棋クラブ

行徳将棋クラブ

Twitterアカウント
千葉県市川市の行徳将棋クラブを運営している原伸一です。ブログの更新情報をお届けしてゆきます。
最新コメント
Archives
Profile
ハラ

フォークシンガー原
(原 伸一)

1967年生。千葉県市川市の南部、行徳・妙典でアコースティックライブの主催等の活動を行っています。また、行徳公民館で小中学生の将棋教室を開いています。

ライブ情報は以下サイトにて。

http://gyotoku.livedoor.biz
活動場所
喫茶「マイセン」(フォーク好きの集まり・例会です): 行徳駅より徒歩0分。改札を背にすぐ左、山下書店の2F。Tel:047-357-4039
会費500円+ドリンク代450円〜 

市川妙典SATY(路上ライブ): 妙典駅より徒歩3分。無料。お店の詳細は以下をクリックしてご覧ください。
メッセージ

名前
メール
本文
GSG5(行徳将棋ガールズ)
GSG(Gyotoku Shogi Girls)は、行徳将棋クラブの女子のこと。音楽も大好きで、2013年女子アマ団体戦で歌を歌ってベストパフォーマンス賞をいただきました。
人気将棋ブログ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ