Hara Blog

千葉県市川市の行徳でライブ活動を行っている、フォークシンガー原の日記です。公認将棋指導員として、子供たちの将棋の話題なども。

(仮)市川市こども将棋大会 創設の可能性を検討中

市川の男女共同参画センターにて、市川市将棋愛好会連盟の寺下紀子会長・女流四段はじめ市内の3つの子供教室(市川・本八幡・行徳)の責任者で集まり、子供将棋大会について初回の話し合いを行いました。行徳からはスーさんも参加。

いやぁ、色々と課題が見えてしまいました。何からお話ししましょうか・・・
市川市民大会は市の文化振興課の事業として行っているものなので、私が関わるからには相当程度の情報公開をいたします。問題点を共有しますので、ぜひご意見ください。

さて子供将棋大会。実は、子供のためにという以前に、11月の市民大会がパンクしている実情があります。申し込みを断っているとのことで、何とも忍びない。というのも、建て替えられた市民会館・全日警ホールはキャパが190人しかなく、将棋大会としては使い勝手が悪くなりました。「じゃあその前に使っていた勤労福祉会館は?」というと、3階建てでエレベーターがなく、参加者の年齢や身体の不自由な方のことを考慮すると全日警ホール(2階建て・エレベーター有)になるとのこと。
そこで、いちばん下のDクラスを廃止し人数を減らしたいと。

ここでイキナリ問題発生。LPSAの女子アマ王位戦関東大会を誘致していますが、これ市川市民にとりメリットがあるのか? 市民参加者を断り初心者の子供たちを締め出してでも実施するだけの女性市川市民への普及効果があるのかどうか、そろそろレビューが必要。大会の雰囲気とのミスマッチもある。競技性が高いので参加者はしっかりした運営を求めるが、市民大会と同じように牧歌的にやるので、クレームも来てしまう。

もうひとつの事情、運営側の高齢化。年々何をするにも大変になってきているとのこと。将棋ブームで参加したい人は増えているが、運営に回ってくれる人が世代交代せず同じ人がやっている。就労年齢の引き上りもある。昔は50代くらいでわりと暇な人が居た。今は70歳まで働けの時代。かなり歳な人でも日々に追われている。負担を減らさないと数年後に市川市民大会消滅の心配すらあると。

この日の結論としては、「理想的な形で子供大会が新設できるかどうか、一度市役所に話をしに行ってみる」となりました。来週か再来週に行く予定なので、また報告いたします。
やるかどうかは、また別。一人ではできない。私だけでは判断できません。

「理想的な形」とは?

まず予算ですね。市の補助金ですが、市民大会は現在のところほんの数万円。とはいえ、税金ですので貴重なものですが。
私は、自分が中心になって関わるとすれば、運営スタッフには「最低賃金x拘束時間+交通費」をきっちり上回る日当を出します。それができなければやりません。午後の半日かけて大会を行うとすれば(12時〜17時の5時間拘束)、ひとり5〜6千円。将棋教室の卒業生の学生たちがアルバイトでやってくれないかと思う。
そうしないから、運営の問題がついて回る。色んな大会で人が足りない足りないと言っている。しっかり日当を出し、募集する。これをスタンダード化すべき。

もうひとつは、市長賞なり教育委員長賞なり、それなりの冠が与えられるかどうか。理由は、市内すべての小学生親子に告知をするため。
学校に告知をお願いするって大変なんです。行徳で保護者のお母さんが文部科学大臣杯の告知で学校でチラシを配ってくれようとしたことがあるのですが、学校から止められました。文部科学大臣のお墨付きの大会で、学校の保護者ですら、NGです。直系の上部機関、市長なり教育委員会なりからのバックアップがないと、入り込めない。
イメージ的には、市がやっている小学生の陸上や水泳の大会ですね。親子みんなが知っていて、出場する子や活躍した子たちを称えてくれる。陸上とか水泳で、日本の小学生で誰がいちばん速いかなんて知らないし興味ないですよね。市民大会に出る子が学校のヒーローだし、勝った子が市のスターじゃないですか。将棋もそうあるべきです。それが裾野を広げるということ。

前途多難でして、協議した結果「やめましょう」になるかもしれませんので、期待せず見守りいただけたらと思います。

1月20日(土)将棋教室の風景

1月20日(土)は七中の「囲碁・将棋・オセロ教室」に参加しました。

トーナメント参加者は24名。準決勝が大熱戦でした。秒読みになってからがまた長かった。両者ともナイスファイトでした。

七中教室


6年生は七中トーナメントはあと2回ですね。最後まで切磋琢磨してガンバロウ!

病院の高齢者サロン化と医療費の増大

お金の話は引きますよね。スイマセン。しかし、誰かが言わなければならない。一昨日の記事「認知症予防と自治体の文化政策」に関連して。

繰り返し当ブログで指摘していますが、病院のサロン化。お年寄りたちが治療の必要もないのに病院に通う。病院へ行くと知った顔がありちょっとした世間話もでき、先生や看護師さんがよくしてくださる。人との触れ合いが感じられる場。

病院


妻が看護師なので話を聞くと、
「短時間の診療で、せいぜい200円くらいしかとらない」
とのことなのですが、1割負担なので本人が200円ということは公費から1800円も出ている。ほんの短い時間で。で、お年寄りは気に入った病院をグルグル回る訳です。低所得者は月の自己負担上限が8000円なので、それ以上通わないと損とばかりに。
「病院に行かなきゃ、行かなきゃ」
と、それが勤めのようになっている。たぶんそのような方には月々10万円くらい公的医療費が使われているのでは。

年金に加え医療費でそんなに使われたら、これはもぅ国や自治体がもつはずがない。高齢者が人との交わりの中で過ごせる場づくりというのは、精神的なことだけでなく現実問題、お金に絡む課題として必要事項になっている。

そしてその「場」を公民館サークルに押し付けてはいけない。公民館サークルは同じ趣味の愛好家どうしが好きな活動をする場。そこは市川市もそのように理解しており、社会貢献は期待していない。従って公民館利用料を上げるということになります。

1月20日(土)将棋教室の確認

1月20日(土)将棋教室の確認です。

七中にて行われる「囲碁・将棋・オセロ教室」に参加します。
9時30分より開始です。
※トーナメントが10時からですので、参加者は10時までに遅れずに来てください。
※上履き持参してください。

今後の予定:

1月20日(土):9:30-11:30 七中にて行われる「囲碁・将棋・オセロ教室」に参加
1月27日(土):10-12時 行徳公民館第2和室

2月 3日(土):10-12時 行徳公民館第2和室
2月10日(土):10-12時 行徳公民館第2和室
2月17日(土):9:30-11:30 七中にて行われる「囲碁・将棋・オセロ教室」に参加
2月24日(土):10-12時 行徳公民館第2和室

※上記すべて無料です。

認知症予防と自治体の文化政策

将棋ブームですが、供給側が間に合っていないし上手くやれていないというお話。

首都圏の面識のない日本将棋連盟の指導員の方から突然ご連絡をいただきまして、「活動はどんなですか?」と。互いの活動についてしばし情報交換をしたのですが、話を伺っているとどうやら「やってられんわ」的な雰囲気が漂う。頻繁に派遣先に行く忙しい日々のようで、知っている指導員たちはけっこう辞めていったと。他の人はどうなんだろうと様子を知りたかったのでしょう。私は自分の教室だけやるスタイルなので別系統なのですが。

指導員たちはボランティアでやっていて、無銭です。派遣先によっては幾らか出る場合もあるのかもしれませんが、お小遣い程度をちょこちょこもらっても仕方ないんですよね。お金が絡むと微妙な問題が出てくるリスクとか会計の手間とか考えると、一切いただかないほうが楽。でなければ、生活できるくらい事業として成り立つか。前者だと普通は疲弊して長くは続かないし、後者はプロかプロに準ずる方でもないと難しい。
私は、無銭で続けながらこうして問題提起を行っております(笑)。指導員のみなさん、苦労しながら価値のあることをやっているんですよ。その価値を、世の中に認めさせないといけない。

さて、当ブログで何度も取り上げていますが、マージャン業界は進んでいるように見えます。認知症予防に効果が認められている点を最大限にアピールし、「賭けない・飲まない・吸わない」の健康マージャンを自治体がバックアップするような形が出来てきています。初心者向け教室も多数あるみたい。
将棋はご高齢の方がやってみたいと思った所で何処へ行けば教えてくれるかって、難しいですよね。また続けるにも、同じくらいの年齢の初心者が集まっている場所がない。

問題点を露わにするために敢えて悪役をかって出ますと、たぶん自治体が「将棋で脳の健康を維持しましょう」みたいな政策を実施する場合、スポットで将棋講座をやると思うんですよ。で、あとはきっと「市内にはこのようなサークルがあります」と公民館サークル等にブン投げてくる。
将棋界でも度々失敗しているのですが、自分たちが楽しむ目的でやっている人たちに他のことをお願いするって、無理なんです。例えばご高齢の方の将棋の集まりで子供の相手をしてもらおうと思っても、嫌がられる。
特にご高齢者の認知症予防という目的ですと、「対面・対人」で「思考させる」というのを意識して面倒を見てあげないといけないので、これはもぅ趣味で自分の楽しみとしてやれる域を超えるんです。

従って、講座をやったならその近くで、その後継続的にお相手をしてあげる施策が必要。そのコストは、自治体が持つべき。「高齢者の習い事の費用を自治体が持つのか?」というのは突拍子ないかもしれませんが、実際に医療費も介護費用も負担している。同様であるべきです。医療・介護費の削減効果もある。

「対面・対人」で「思考する」スタイルといえば、将棋やマージャンのほかにも囲碁やカードゲームもある。音楽でも、先生と向かい合って音符を見て楽器を弾くのを習うスタイルなら同じ効果が見込めるかもしれない。

このように「お年寄りが生きがいを持って暮らせる社会」を実現してゆく過程で、文科系の技術者の仕事が出来てこなければならないと考えます。ではその流れをつくるには、どうすればよいか?

選挙です。役所は現状維持ですから、変えてくれる政治家を選ぶしかありません。

1月13日(土)の将棋教室風景 小学生名人戦に申し込みを

1月13日(土)行徳公民館第2和室にて行徳将棋クラブ活動。

七中、行徳小、新浜小、南新浜小、福栄小、妙典小、幸小、富美浜小、入船小、富岡小、葛飾小、海神南小、南篠崎小、鹿骨東小などから30名。

教室風景


インフルエンザ等でお休みの子も居るのですがそれでも30名。将棋ブームで教室も活気づいています。

保護者の皆様へ。

今日お話しさせていただきました通り、1月28日(日)に小学生名人戦千葉県大会が千葉市で行われます。もしこの日ご都合がつきましたら、ぜひご参加いただけますようお願いいたします。

申し込みは千葉の将棋情報サイトから。詳細もこちらサイトでご確認ください。

ご参考まで、小学生の将棋大会を高校野球に例えると、小学生名人戦が春のセンバツ、6月頃行われる倉敷王将戦が夏の甲子園というイメージで、プロへの登竜門となっています。野球は20歳くらいにかけて心技体が成熟してゆきますが、将棋は身体の大きさが関係ないことから、プロを目指す子の多くは小学生のうちにアマチュアトップレベルに駆け上がります。小学生大会は、初心者から国内スター選手までが同じ会場で指しているというのが魅力です。ぜひ大会の雰囲気の中で刺激とやる気を子供さんに与えていただけたらと思います。

王将戦七番勝負第一局より

将棋界、年明けのタイトル戦は王将戦から。久保利明王将に豊島将之八段が挑戦する王将戦七番勝負の第一局が1月7〜8日に静岡県掛川市で行われました。

王将戦より右図はその対局より。
先手が久保王将、後手が豊島八段。
後手豊島八段が△2八歩と指した局面で、先手久保王将の手番。

▲4三飛成とタダの金をとりたくなりますよね。「それじゃ攻め駒の竜が後手玉から離れてしまいぜんぜん間に合わない」と直感で思える子は居るでしょうか。もしそう感じられたら相当なものです。私も「先手そんなにアブナイの?」というのが第一勘。

では、後手玉を直接攻めに行ってみます。▲5二銀△2九歩成▲6一銀成△同銀▲5二金としてみましょう。考えやすいように先後反転して表示します。下図、さあ詰むでしょうか? 続きはコメント欄。

王将戦より変化形

1月13日(土)将棋教室の確認

1月13日(土)将棋教室の確認です。

行徳公民館第2和室にて10〜12時に活動行います。

今後の予定:

1月13日(土):10-12時 行徳公民館第2和室
1月20日(土):9:30-11:30 七中にて行われる「囲碁・将棋・オセロ教室」に参加
1月27日(土):10-12時 行徳公民館第2和室

2月 3日(土):10-12時 行徳公民館第2和室
2月10日(土):10-12時 行徳公民館第2和室
2月17日(土):9:30-11:30 七中にて行われる「囲碁・将棋・オセロ教室」に参加
2月24日(土):10-12時 行徳公民館第2和室

※上記すべて無料です。

市の状況をざっくばらんに説明してくれる人がほしい

昨日の記事で、投票所や開票所となる市内の施設をおさえるのに時間がかかることを書きました。再選挙へ進むことが決まってから選挙までの事情は想像がつきます。

しかし、異議申し立てから一か月半経過しても意義の内容に対する回答が出てこないのが解らないんですよね〜。公選法の「30日以内に回答」は努力規定であり義務ではないんですが、目安ではあるでしょうから、中間報告でも欲しいですね。責めるつもりはないのですが、何か事情があるでしょうからそれが何なのかと。

気になるのは、異議申立人のひとり石崎英幸さんのフェイスブックでの報告で、1月5日時点では開票作業を行った職員さんへの聞き取りを行っていないということ。
もし「機械のカウンターの数字と合わせ確定をするので、票の移動場所に間違いがあれば最終的には判明する仕組みになっている(だから職員への聞き取りは不要)」などという回答が出てきたらツッコミどころ満載すぎて再選挙に行けないのではないかと不安。やはり意図的でなかったかどうかは調査すべき重大問題として扱われるべきです。

また、再開票が1月29日というのも。異議申し立てへの回答と再開票が年内あるいは今週くらいまでに行われていれば、再選挙を無理なく3月にできる余地は実務上も(投開票所の手配等)十分にあったんですよね〜 「このような仕組みになっていて、職員を集めるのはタイヘンなんだ」など説明いただけたらありがたいです。

職員さんたちは勝手にSNS発信とかできないでしょうから、こういう場合にわかりやすく市民に事情を伝えてくれる人がほしい。やはり、市民とざっくばらんに対話してくれる市長ということになるのでしょうか。

市川市長選と開票作業場

新聞が市川市長選の実施を「早くて4月」と伝え、市民の不安も募っていることと思います。ツイッターのほうで先に書いたのですが、異議申し立て人が納得したとして、そこからさらに一定期間を要する事情は何なのか。幾つかあるでしょうが、開票を行う場所という観点から推察してみます。

先の市川市長選挙の開票作業は国府台市民体育館で行われました。体育館は小中学校にもありますが、学校にかける負担や市内78か所の投票場から車で投票箱が運ばれてくることを考慮すると(多数の車が一度に入りやすい場所)、市民体育館で実施するのがベストではあるでしょう。

市川市には国府台、塩浜、信篤に市民体育館があり、主に市の登録スポーツ団体が利用しています。毎月初め10日までに翌々月の申請を行い決定されます。調べたところ国府台は既に3月まで埋まっていて、信篤は毎月20日(今月は22日)の調整会議を経て確定とのことですが、特に土日はどの団体も利用したいので、空きが出ることはまず無いと言ってよいでしょう。さらに塩浜体育館は3月末まで工事中で利用が制限されています。

従い、3月までに再選挙を実施する場合は開票作業場所の問題が出てきます。突然に国から降って来る国政選挙と違い、市長選は市民活動を妨げるようなこと・・・「選挙になったので、この日は体育館使えません」と市民に対して言うようなことは、やりづらいでしょうね。

さて、1月29日に開票の再点検が行われ、たぶんその時期までには選管から異議申立人への回答も出るでしょうが、短期間・・・2日以内に決着がつくかどうかが次のポイントになると予測します。
つまり、2月1日になると市のスポーツ団体が4月利用の申請をドッと上げる。あっという間に3体育館とも埋まることでしょう。それまでに決着がつくか最低でも仮押さえできるほどの目途がつくか、見守りたいと思います。

(追記)
異議申立人のひとり石崎英幸さんからフェイスブックへコメントをいただきまして、1月29日は作業のみで異議の内容についての回答が得られるのはさらに後日とのこと。
選管サイドにボールがある状況が2月に入っても続くとなると、再選挙の開票場所を市体育館で行うのであれば、普通の流れですと4月も出来なくなってしまいます。

(追記2)
体育館に加え、投票場となる公民館などの市施設も市の登録団体が3か月先まで予約しており、現時点で4月中旬まで市施設は埋まっているはず。従い市民活動を妨げないとなると、現時点で最短を目指すのであれば.4月後半の土日にエイヤで投票所となる施設の仮予約を放り込むということになるかと推察します(投票所は前日から設営準備が必要)。
行徳将棋クラブ
Twitterアカウント
千葉県市川市の行徳将棋クラブを運営している原伸一です。ブログの更新情報をお届けしてゆきます。
最新コメント
Archives
Profile
ハラ

フォークシンガー原
(原 伸一)

1967年生。千葉県市川市の南部、行徳・妙典でアコースティックライブの主催等の活動を行っています。また、行徳公民館で小中学生の将棋教室を開いています。

ライブ情報は以下サイトにて。

http://gyotoku.livedoor.biz
活動場所
喫茶「マイセン」(フォーク好きの集まり・例会です): 行徳駅より徒歩0分。改札を背にすぐ左、山下書店の2F。Tel:047-357-4039
会費500円+ドリンク代450円〜 

市川妙典SATY(路上ライブ): 妙典駅より徒歩3分。無料。お店の詳細は以下をクリックしてご覧ください。
メッセージ

名前
メール
本文
GSG5(行徳将棋ガールズ)
GSG(Gyotoku Shogi Girls)は、行徳将棋クラブの女子のこと。音楽も大好きで、2013年女子アマ団体戦で歌を歌ってベストパフォーマンス賞をいただきました。
人気将棋ブログ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ