Hara Blog

千葉県市川市の行徳でライブ活動を行っている、フォークシンガー原の日記です。公認将棋指導員として、子供たちの将棋の話題なども。

中学内申書 部活以外の校外活動に関して

当ブログを継続フォローいただいている方にはお馴染みの話題ですが、市川市内の公立中学に将棋部をつくる動きが過去10年の中で3度ありました。特に一昨年の七中は本格的でしたが、職員会議で認められずに叶わず。公立中学は部活の負担を減らそうとしており、これは方向性としてはそうあるべきで納得せざるを得ません。公立中学ブラック企業問題。

文科系やマイナースポーツだけでなくメジャー競技でも、地元の公立校の部活が物足らずクラブチームに所属する選択はあります。
たぶんですが、公立中学側としてはそれら「部活ではない」選択肢が生徒の間で広がってゆくことは歓迎なのでは。教科以外の生徒たちの活動を民間とシェアして公の負担を減らすのが時代の流れなので。

そこで問題になるのが、内申での扱い。
「県立高校への進学を前提にしているが、部活に所属していないと不利にならないか」
は、親御さんとしては気になるところだと思います。

疑問なのが、芸事やクラブチームの団体などがこの辺りの情報を整理して保護者に正確に伝えるということをやっているだろうか? 企業化されたクラブや世界が確立された伝統文化の人は、学校教育との関わりという視点が希薄かもしれない。日常の稽古や収益に直接関係がないから。

説得力ある立場の人が、その視点を持って教育界と関りを持ち情報提供や制度上の課題があれば問題提起などしてゆくべきでしょうね。誰かやってくれませんかね?

教育委員会


「バカヤロー、オレがそんな立派な人なわけねーじゃねーか」
など、ぶつぶつセルフ突っ込み入れながら、市川市教育委員会を訪問。ちょうど教育長賞の賞状に印鑑をもらう用事があったので。教育総務課のご担当の親切な対応により、義務教育課の方と面談することができました。

まず私から、
「小学時代に将棋に熱心に取り組んできた子が中学で既存の部活ではなく将棋を続けたいケースが近年出てきており、さらに市川市小学生将棋大会の新設による将棋活性化で今後そのような生徒が増える可能性がある」
ことを説明。中学内申での扱いについて幾つか聞いてみました。すると実際の内申書のフォームも持ってきて丁寧に説明してくれました。要点を箇条書きしますと;
・ 「部活動の記録」欄の下に「特記事項」という欄があり「学校内外の活動で成績をあげたこと」などを書くことができます。将棋について書いてもらうよう、学校に依頼してください。書いてくれないことはないはずです。
・ 県立高校は、各高校により受験の評価法を定めています。
・ 申し訳ない言い方ですが「学力上位の高校」は、部活による加点はないです。逆に突出した特技を持っているとそちらを評価する高校もあります。(「幕張総合ですね」と質問したところ、そうですとは言わないが否定はせず)
・ ところが学力下位の高校は「学校にちゃんと来れる生徒かどうか」を重視します。部活を3年間続けたことにより「この生徒は大丈夫だな」という評価をします。ですから部活による加点のある学校も、あります。

最後のところが、ちょっとビミョーですよね。
「校外活動は部活と同じ扱いにはならないのですか? 部活をやらずに郊外活動を選択した子は、学力が低ければ受験に不利になってしまう可能性があるように見えます」
と質問したところ、はっきりした回答は得られず。ただ、部活と校外活動は違うとのこと。つまり学力下位校からの選択なら、受ける学校によっては不利になる可能性があると理解されます。ううむ、公立中学という管理社会の中での実績は大きいか。郊外活動は日々の継続的な取り組みとして評価できるか判断しづらいですもんね。

しかし部活でない選択をしてくれる生徒が増えることがこれからの社会にとり必要なことならば、彼らが不利にならないように制度をしてあげないといけないですね。音楽もそう。中学でバンドやっててメチャメチャ上手くてコンテストに入賞とか、絶対に評価されるべきと思う。

整理すると、中学側は校外活動をちゃんと書いてくれる。問題は評価する側の県立高校。県の教育委員会から働きかけてもらう必要がある。
具体的には、県内の芸能スポーツ各ジャンルでとりまとめ役的な立場にある人たちの協議会をつくり、県教育委員会へ相談に行くと。やるとすればですが。県教育委員会を動かすには下手すると文科省かもしれない。

情報求む。小中学生を教えているスポーツクラブチームや芸事の教室の先生で、私が言ってること理解してくれそうな人が居たら紹介してください。
難しいだろうなぁ「入試の加点とかそういうの捨てて、子供たちはプロを目指してここに来てんだ!」とか言われちゃいそうですもんね普通。そうじゃないんですよね。民間との連携で地域で子供たちを見てゆく形への社会変革の話をしたいのですが。

そいでもって市川市の将棋好きの小中学生にお願いしたいことは、
「すまぬが、学校の勉強もしてください」

現状は上記のような状況なので、四の五の言っても仕方がないです。学力上位の県立高校からの選択であれば、部活をやらないことで不利にはなりません。そうできるよう、自己防衛してください。

工作員たちと

今宵、行徳将棋クラブが誇る優秀な工作員たちが行徳の某所に集結。

と怪し気な入りですが、スパイ活動ではありません。妙典祭りで将棋ブースに素晴らしい飾りつけをしてくれました工作班の親子のみなさんに、アート書道家の矢野華風先生の書道教室に集まっていただきました。教室のみなさんに制作いただいた各種表記や作品を観て、当日の飾りつけをイメージしてもらうため。

スゴすぎて絶句してしまいました。息をのむばかりで言葉が出て来ません。
華風先生に深く感謝申し上げますとともに、この呆然とした心境をお伝えすべく締まりのないまま今日の投稿といたします・・・

華風先生の教室にて

栄冠は誰の手に

賞状できました。今週中に市長と教育長の印をもらいに行く予定です。

さて、栄冠は誰の手に?

賞状

2月16日(土)将棋教室の風景 段級位について

2月16日(土)は、七中ブロックコミュニティークラブ「囲碁・将棋・オセロ教室」に参加しました。

はじめての子への入門講座や小学生大会のことなど各方面に頭が飛んでいまして・・・すいません、言い訳です。写真撮り忘れました。仕方がないので雲ひとつない気持ち良い空をパチリ。

空


級についてのご質問がありましたのでご説明します。

日本将棋連盟の公認指導員として私のほうで10級から三段まで認定できますが、土曜教室のすべての子にお出しはしていません。年に数回実施される大きな規模の大会、特に日本将棋連盟が主催するものにコンスタントに参加していただいている子供さんについて、真剣勝負の場での戦いぶりや日頃の対局を参考に設定しています。加えて平日クラス参加者については、講師陣との駒落ち対局や平手戦法の定着度、詰将棋の進捗状況など総合的に考慮し設定します。
行徳将棋クラブの土曜教室は自由度が高く楽しみながら遊び感覚で指している子たちが多く、その場での勝ち負けだけで級を設定するのは困難です。ご理解のほどよろしくお願いいたします。

あるいは、
「土曜教室も遊び将棋はやらせず真剣に指させるようにして、昇級昇段規定を設けちゃんとした道場にしてほしい。お金もとるべきものはしっかりとってもらっていい。行徳にもそろそろそのような場が必要ですよ」
などご意見ございましたら参考までお聞かせいただけたらありがたいです。入門レベルの親子が入って来にくくなるのが古き良きものを愛すローカルフォークシンガー的には気になるところですが、あるいは時代の変わり目かもしれませんので。

2月16日(土)は七中

2月16日(土)将棋教室の確認です。七中で行われる七中ブロックコミュニティークラブ「囲碁・将棋・オセロ教室」に参加します。

※時間はいつもより30分はやく9:30〜11:30です。
※上履き持参してください。

また、ステップアップ講座も下に「次回〇月〇日」の形で載せるようにします。

今後の予定:

2月16日(土):9:30-11:30 七中にて行われる七中ブロックコミュニティークラブ「囲碁・将棋・オセロ教室」に参加。駒の動かし方から教えてほしい子はこちらがおススメ。
2月23日(土):10-12時 行徳公民館第2和室

3月 2日(土):10-12時 行徳公民館第2和室
3月 9日(土):10-12時 行徳公民館第2和室
3月16日(土):9:30-11:30 七中にて行われる七中ブロックコミュニティークラブ「囲碁・将棋・オセロ教室」に参加。駒の動かし方から教えてほしい子はこちらがおススメ。
3月23日(土):10−12時 第一研修室
3月30日(土):10-12時 行徳公民館第2和室

※土曜午前教室はすべて無料です。

教室風景



★ステップアップ講座

土曜午前教室は、自由対局形式です。どんどん対局ができればいいという人は、それだけでよいでしょう。
でも、このような人も居ることでしょう;
・上達するために先生からじっくり教わりたい。
・戦法を身につけ磨いて強くなりたい。
・スポーツをやっていて土日がダメ。平日に将棋を指したい。

そのような人のために、平日の夕方に押切自治会館でステップアップ講座を行っています。どうぞご利用ください。

料金:週一回(月〜金曜コース)月謝8,000円。
場所:押切自治会館 市川市押切6−6
講師:原伸一(日本将棋連盟公認指導員)
〒272-0123市川市幸1−5−6
Tel: 047-358-2889

月曜クラス(現在空席5名)
火曜クラス(現在空席5名)
水曜クラス(現在空席5名)
木曜クラス(現在空席5名)
金曜クラス(現在空席1名) ★次回2月15日
時間はすべて 18:00〜19:30。

※対象: 年齢問わず。はじめたばかりの入門者から初段まで。
ステップアップ講座

プロポーズ

お?ブログ止まってんじゃん・・・と思われましたかね。すいません、連休中を起きてる時間ゼンブ将棋の将棋バカで過ごし、今週はその余波という感じです。

このところ戦法のトレンドなどフォローしておらず、会社でいえば「自社の新商品についていけていない営業の人」みたいな状態だったので。現代はコンピューターの発達もあり、情報が膨大かつ流れが速すぎて、新しいことのインプットをちょっと休んでしまうとすぐに取り残されます。私の立場では広く浅くでよいので各戦型が現時点でどうなっているかある程度把握しておければというところですが、ただその「広く浅く」が・・・もぅ呆然としてしまう。

大海の中をポツリいかだでさまよいながら、教室のみなさんとの様々のシーンが時折フッと頭に浮かんでくる。「これブログに書きたいな」と思ったことが色々あるのですが、まずはこれをひとつ。

スポーツやほかの習い事をしていて、
「将棋に来たいと思うのですが、なかなか時間がとれなくて」
と言っていただけるケースがけっこうあります。お気遣いありがとうございます。
で、私ってそのジャンルのことを色々聞きたがるんですが、保護者の方にとっては将棋に来れない原因になっていることを私と話すのはちょっと抵抗あるかな?という空気を感じることがあります。厚かましく申し訳ないです。

私の心境としては、
「子供たちにはたくさん才能と可能性があるはず。その子にとり無理のない将棋との付き合いをしてほしい」
ということに尽きます。ほかのことはどんな感じになっているのか気にしてしまうのは、そういう訳です。がんばっていることがわかれば素直に嬉しいというだけです。

実は私自身も小学生時代はたくさんのことをやっていまして、自分がやりたくてやっていたこともあれば、周りの期待でそうなってしまったこともあります。心が悲鳴をあげ、これは辞めさせてくれないかとSOSを発するのですが、私が「これを辞めたい」と訴えることに限って、学校が大会の入賞者を出すために威信をかけ取り組んでいることであったり、親が将来の為にそれが必要と信じていることだったりしました。好きなことを伸び伸びやるならいいのですが、大人の都合で子供を追い込みたくないと思ってしまうのはそのトラウマ。
ただ、後になり解るのですが大人の都合にもそれなりの理由はあった。それは改めていつか別の稿で。

またワカリにくいことを言ってますかね、私?(笑)

もっとスパッとやったほうが広く理解されるし何事もうまくゆくとは思います。
「将棋をやろう。将棋はいいぞぉ。オマエには将棋が向いているんだ。将棋に来いっ!」
とシンプルに熱烈に言ってくれたほうが、生徒も増えるし将棋にはそんなに比重をおけない親子にとっても好感度は高いでしょう。

プロポーズに例えるとワカリやすいかなと思います。
「貴方が大好きです。ぜひ結婚してほしいです。しかし、貴方は素晴らしいお方ですからきっと様々のご選択がおありでしょう。私はこのような特徴でこのように歩んでおりますが私と共に生きるのが貴方にとり最もよい人生かは、私には判断できません。貴方がよい方を見つけられ、最高の人生を送れることを願っています」
なんて言われても
「は?」
ですね。でも、自分はそんな感じになってるんだろうと思います。

将棋とさざんか

2月9日(土)将棋教室の風景 手袋の忘れ物

2月9日(土)は、行徳公民館第2和室にて行徳将棋クラブ活動でした。参加22名。

教室の窓から。ピーク時は「これは大変なことになるか」という感じでしたが、終了する12時頃には止んでいました。よかったです。

教室の窓から


行徳内でも家が少し離れている子は来れなかったでしょうね。逆にサッカーの練習が中止になり来られるパターンもありました。

教室風景


今日は手袋の忘れ物。名前がないので持ち主わかりませんが、来週は七中ですが持ってゆきますので声かけてください。

DSC_0008

2月9日(土)将棋教室やってます

2月9日(土)行徳公民館将棋教室、雪ですがやってます。来る人は転んだりしないよう気を付けて来てください。
念のため、確認でした。

2月9日(土)将棋教室の確認と今後の予定

2月9日(土)将棋教室の確認です。行徳公民館第2和室にて、10〜12時に活動を行います。

市川市小学生将棋大会の関係で、行徳教室の予定をこちらで見てくださる方が増えているようですので、ブログトップに常に次の予定を載せるように当面してゆきます。

今後の予定:

2月 9日(土):10-12時 行徳公民館第2和室
2月16日(土):9:30-11:30 七中にて行われる七中ブロックコミュニティークラブ「囲碁・将棋・オセロ教室」に参加。駒の動かし方から教えてほしい子はこちらがおススメ。
2月23日(土):10-12時 行徳公民館第2和室

3月 2日(土):10-12時 行徳公民館第2和室
3月 9日(土):10-12時 行徳公民館第2和室
3月16日(土):9:30-11:30 七中にて行われる七中ブロックコミュニティークラブ「囲碁・将棋・オセロ教室」に参加。駒の動かし方から教えてほしい子はこちらがおススメ。
3月23日(土):10−12時 第一研修室
3月30日(土):10-12時 行徳公民館第2和室

※土曜午前教室はすべて無料です。

教室風景



★ステップアップ講座

土曜午前教室は、自由対局形式です。どんどん対局ができればいいという人は、それだけでよいでしょう。
でも、このような人も居ることでしょう;
・上達するために先生からじっくり教わりたい。
・戦法を身につけ磨いて強くなりたい。
・スポーツをやっていて土日がダメ。平日に将棋を指したい。

そのような人のために、平日の夕方に押切自治会館でステップアップ講座を行っています。どうぞご利用ください。

料金:週一回(月〜金曜コース)月謝8,000円。
場所:押切自治会館 市川市押切6−6
講師:原伸一(日本将棋連盟公認指導員)
〒272-0123市川市幸1−5−6
Tel: 047-358-2889

月曜クラス(現在空席5名)
火曜クラス(現在空席5名)
水曜クラス(現在空席5名)
木曜クラス(現在空席5名)
金曜クラス(現在空席1名)
時間はすべて 18:00〜19:30。

※対象: 年齢問わず。はじめたばかりの入門者から初段まで。
ステップアップ講座

将棋のとらえかたと土曜教室の位置づけ

連投すいません、これを書いておかないとおかしくなるかもしれないと。

新設の場では作法をやると書いてしまったので「じゃ土曜教室って何なの?」と思われる保護者の方がいらっしゃるかもしれません。

将棋をどういうものとしてとらえるかというのは実は様々で、両極を言えば、伝統文化として格調を備えたものとしてのとらえかたもありますし、大衆文化の遊びとしてのとらえかたもあります。後者の庶民文化としての将棋は、堅苦しいことなど何もなく何処でも盤を広げ自由な格好で楽しんでいい。前の投稿とゼンゼン別のことを言うようですが、持ち駒も相手にちゃんと見えさえすればパラパラッと置いとけばいいです。

縁台将棋


土曜教室はどちらかといえば、スタンスとしては後者です。誰でも自由に出入りしていいし、あまり細かいことは言いません。なので、途中から山崩しや回り将棋をやり出す子も居ますが「騒がなければいいよ」ということにしてあります。遊んでもいいけど、他の子に迷惑をかけないように。

遊び出すのも無理はないです。普通の子は2時間も集中力なんて持たないですから。しかしその「普通の子」ばかり20人とか30人集まってしまうと1時間とたたないうちに部屋の中は大騒ぎになってしまいます。実際、卒業によるメンバー入れ替わりなどにより周期的にそうなる。現在は、平日に卒業生に教わっている子たちにも「できるだけ土曜日も来てね」とお願いしてあり、2時間将棋を指し続けられるよう訓練されている子が10人くらい居ることによって、全体としてはまぁまぁ、許容ラインではないかという状況です。

つまり土曜教室は、平日もがんばってくださっている10組ほどの親子のみなさんのボランティアにより地域の子供たちが集まり将棋を指したり駒で遊んだりできる場を2時間なんとか維持する仕組みであると言えます。

最後にまとめますと、各種大会を目指す子らにはしっかり練習してもらいますが、ここだけで楽しむ子は、騒がずほかの子に迷惑をかけなければ、駒を触って自由に楽しんでよい場です。ほとんど遊びの子も居るかもしれませんが、それでも2時間のうち5分くらいは将棋も指すでしょう。その5分が週に一度、ないよりはあったほうがいい。私はそう考えています。
ライブスケジュール
行徳駅高架下 珈琲館マイセンライブ 3月 9日(土)19:40〜22:00 3月23日(土)19:40〜22:00 行徳駅前広場ストリートライブ 3月16日(土)13:00〜16:00 いずれも出演者数組。
行徳将棋クラブ

行徳将棋クラブ

Twitterアカウント
千葉県市川市の行徳将棋クラブを運営している原伸一です。ブログの更新情報をお届けしてゆきます。
最新コメント
Archives
Profile
ハラ

フォークシンガー原
(原 伸一)

1967年生。千葉県市川市の南部、行徳・妙典でアコースティックライブの主催等の活動を行っています。また、行徳公民館で小中学生の将棋教室を開いています。

ライブ情報は以下サイトにて。

http://gyotoku.livedoor.biz
活動場所
喫茶「マイセン」(フォーク好きの集まり・例会です): 行徳駅より徒歩0分。改札を背にすぐ左、山下書店の2F。Tel:047-357-4039
会費500円+ドリンク代450円〜 

市川妙典SATY(路上ライブ): 妙典駅より徒歩3分。無料。お店の詳細は以下をクリックしてご覧ください。
メッセージ

名前
メール
本文
GSG5(行徳将棋ガールズ)
GSG(Gyotoku Shogi Girls)は、行徳将棋クラブの女子のこと。音楽も大好きで、2013年女子アマ団体戦で歌を歌ってベストパフォーマンス賞をいただきました。
人気将棋ブログ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ