Hara Blog

千葉県市川市の行徳でライブ活動を行っている、フォークシンガー原の日記です。公認将棋指導員として、子供たちの将棋の話題なども。

4月22日(土)の風景 〜運命の職員会議へ〜

170422教室4月22日(土)午前、行徳公民館第2和室にて行徳将棋クラブ活動。

七中3名、福栄中1名、行徳小5名、新浜小3名、南新浜小2名、富美浜小1名、福栄小1名、幸小1名、稲荷木小1名、鹿骨東小1名、計19名。




ひゃ〜、七中将棋部ストーリーはもぅ心臓バクバクでございます。これがもし連載小説だったら「オマエいつまで引っ張ってんだ」と読者からお叱りを受けるところでしょうが、まだ結論が出ていません。

本人たちだけでなく、行徳中の将棋ファン親子が注目しています。というのも、七中は行徳のど真ん中にありますので、将棋部に入りたければどこの校区からでも越境して通える。人口16万都市の行徳に、中学部活の受け皿が出来るかどうか。みな固唾を飲んで見守っています。

状況としては、本人たちの結束は固い。どころか、彼らの熱が伝播しているらしく、8人くらい集まっているとのこと。ですので、人数はクリア。悟り世代の下にこんなスゲーやつらが現れたのかと感心します。
これほど自主性を発揮している生徒たちの願いを受け止めないなんてあり得るのか?って思うかもしれませんが、聞けば学校側の事情もよく理解できます。

一つの部に一人の顧問という訳ではなく、二人三人ついているのですね。ほぼ全ての先生が、どこかの部の顧問か副顧問という形になっている。つまり、余っている先生が居ない訳です。移ってくれる先生が居るか、あるいは兼任ということが出来るのか。

運命の舞台は次の職員会議とのこと。天を仰いで祈る気持ちです。

子供用扇子最後にちょっとだけ癒しを。小学校に上がったばかりの子がカワイイ扇子を持ってきていました。

地域活性化ミーティング資料として 負けを振り返る

23日に横浜伊勢佐木町のCROSS STREETというライブハウスで行われる地域活性化についての座談会に招かれまして、行ってまいります。それへ向けての資料として。

ズバリ、シンプルに、若きスターが出たら商店街は盛り上がると思います。CROSS STREETはゆずさんがつけてくれた名称とのことですが、ゆず2号ですね。

そんなこと簡単に出来るはずがないのですが、息の合ったメンバーが決意を固めれば道はあります。以下は40代の私の失敗談になります。

Goose houseという若いミュージシャングループがあります。2010年にソニー・ウォークマンのプロモーション企画として結成され、ソニーの企画終了後も2011年より単独で活動を行っています。やっていることは単純。楽しい音楽を演奏し、それをYouTubeやUstreamライブで配信する。見ていると最低でも週に一本以上のペースで新しい動画が発信されます。楽曲数が多くなるにつれ、YouTubeで聴きたい音楽を検索すると高い確率で彼らの動画がヒットするようになる。試しにクリックすると、楽しい演奏に惹きこまれる。そんな図式でどんどん成長し、今や約200万人がチャンネル登録しています。地上波に出なくても、じゅうぶんビジネスとして成功しているようです。
「自分もこの中に入って一緒にワイワイしたいっ!」と思わせるような絵を撮るのがミソ。



このような強いYouTubeチャンネルをつくり、そこに社会問題的なテーマをちょこっと挟み込むとよいのではないか?と、考えました。モロに政治問題は少々ムリがありますが、例えば子ども食堂で一緒にご飯食べたり演奏したりとか、あるいはそれこそ「選挙に行こう」とか。

それでスタートしたのが「Sundaysaty's(サンデーサティーズ)」です。いつもサティ(現イオン)の軒下で一緒にストリートライブをやっていた若者たちを集めました。2012年。歌も演奏も上手く、いいメンバーでした。社会を良くしたいという気持ちも強く、メンバーは政治的な活動もしていたり介護職員だったり。



ところが・・・
始めた頃は20代だったメンバーたちも、それぞれの職場で次第に責任ある立場になり時間がとれなくなり、集まるのが難しくなった。さらに、やはりそれぞれ夢がありますので。自分のライブや、よさ気な話があるとそちらのほうを優先せざるを得ない。また、彼らは互いによき友でありライバルでもありましたので、自分の活動をどれだけがんばっているかを競う面もあった。今でも仲は良く、年に一度の地元のお祭りでは一緒に演奏するのですが、企画自体は自然消滅のような形となりました。

2年間にわたりアップした動画は30本にも満たない数。それでもチャンネル登録者数は470。Goose houseのようなペースで継続さえできれば、登録者は数千や万の単位に達しただろうという自信はあります。

難しいのは、継続すること。普通に社会人のミュージシャンを集めてやるのはとても困難。
Goose houseは、恐らくはSonyとの契約があった期間は多少日当も出たのかもしれないし、Sonyの看板で一生懸命やっていればきっと何とかなるという期待も出来ただろう。契約が切れるまでに、ある程度のベースをつくることができたのではないかと思う。
Sundaysaty'sは「原がやってること」でしかなかった。でも、それでも2年間も付き合ってくれた若者たちには感謝しています。

市で、やってくれたらなという願いはあります。若手ミュージシャン数名を集めて。Goose houseのような演奏配信活動を行いつつ、市内のイベントを取材したり市民の文化活動や社会活動を取材して番組をつくる。ミュージシャンたちにちゃんと日当も出してあげて。「市の企画」ということであれば、自信も持ってもらえるだろう。予算的な問題についても、視聴者が増えればGoogleの広告収入で市の予算をつけなくても回るようになる。

市川市YouTubeチャンネルのメインキャラの若者たちが地域のスターになり、彼らによって市民の文化活動や社会活動が活性化する。そうなれば理想的なのですけど。

「市なんかに頼るな。フォークシンガー原をもっと磨け。オマエがやれ」という声も聞こえてきそうな気はする。わからない。苦しんでいます。

政治活動か単なる宣伝か

フェイスブックのほうでコメントいただいたのですが、そうですね、フォークシンガーのビラを配っていきなり市長選に出たら(出ませんよ)面白いかもしれない。しかし問題があって中々難しい。

たぶん、選挙期間中か終わってから、選管に指摘されて捕まるでしょうね。この事前活動はフォークシンガーの宣伝を隠れ蓑にした政治活動だったじゃないかと。政治活動に使えるビラって、ちゃんと規定があるんです。個人の宣伝になってちゃいけない。

でも選挙に出なければ問題なさそうですよね。単なるフォークシンガーの宣伝なら。一見そうなのですが、やけに市政の課題だの投票率が問題だの言ってますんで、こいつ出るんじゃないかと見られたらやはりツブしに来るでしょう。選管ではなく警察使ってくるんじゃないですかね。怪しい歌手まがいの市民への迷惑行為を止めさせろと。

なので、選管が来ても警察が来てもいいようにするには、規定に沿ったビラをつくって政治活動として行うということになってしまう。「いえいえ怪しくないですよ。ちゃんとした政治活動です」と言い切れるように。

二人以上が写ってないといけないんですよ。一人の宣伝になっちゃいけない。まぁ大体二人ですね。自民党の議員さんと安倍首相が二人で写っているポスターとかよく見ると思いますが、そういう訳です。加えて、団体の紹介。ひとりの写真と、もうひとりの写真と、団体の紹介が3分の1ずつ。

こんな感じになるんだと思います。このいちばん下に自分の写真載っけていいよって言ってくれる人が居るかっちゅー話ですね(笑)。まぁ普通は居ないでしょう。

文化によるまちづくりを推進する会チラシ

4月22日(土)の確認 23日はお休み

4月22日(土)の確認です。

行徳公民館第2和室にて活動行います。

今後の予定:

4月22日(土):10-12時 行徳公民館第2和室
4月29日(土・祝):10-12時 押切自治会館

5月 6日(土):10-12時 行徳公民館第2和室
5月13日(土):10-12時 行徳公民館第1和室
5月20日(土): 9:30-11:30 七中にて行われる「囲碁・将棋・オセロ教室」に参加
5月27日(土):10-12時 行徳公民館第2和室

※上記公民館・七中教室すべて無料です。


4月23日(日)はお休みです。

政治家志望者の熱意ある行動が投票率アップにつながる

投票率の話題に戻ります。

行政がこういうことをしてくれたらいいのにというのは、考えれば色々あると思います。例えば先日の千葉県知事選へ向け県選管がつくったプロモーション動画。



なにこれ?と笑う人多いと思いますが、これでいいと思うんですよ。で、せっかくつくったんだから、県内のどこかの市町村の選挙のときには決まって千葉テレビやケーブルTVで流す。管轄外とか言わないで、市町村の選管と連携してやってほしい。若い踊り子さんや歌い手さん何人かをメインキャラに設定して、街の人に「選挙あるの知ってますか?」「どんなところに注目して選びますか?」なんてインタビューする番組など制作して。単発の企画で終わらせるのではなく、グイグイ押して行ってほしい。

やらないでしょうね(苦笑)。これやっただけでも画期的かもしれない。それに現体制の人たちは投票率が低い方が都合がいい訳で、何が何でも投票率を上げるぞと必死になってくれるはずがない。行政に何かを求めても仕方がないのだろう。

どーすりゃいいんだと仰け反りながら座椅子をグググと倒したら、思わず「10度20度30度」が頭に浮かんでしまった(笑)。マック赤坂さん市川に来てくれないかなぁ〜。出来ることならスカウトしたい。素晴らしいキャラですよね。「怒ってるおじさんが居る」って何だか、元気をくれる。

と、ふと気づいたのが、街中を練り歩いて政治活動をやっているような候補者って、行徳で見たことないなと。駅前で演説してる人はもちろん居ますが、駅から離れた住宅街では見ない。
希望の塾で選挙へ向けての政治活動について経験者から教わる機会が多かったのですが、やはり数か月前からそれと解る恰好をしてビラなど持って街をくまなく歩くんですね。「世の中の役に立ちたいと、政治家を志しています。何かお困りのことはないでしょうか」と、人を見たら挨拶し話をして回る。そういう人が何人か居たら、かなり選挙のプロモーションになりますね。

2年後の統一地方選では、そんなバイタリティーのある人が何人か、きっと出て来てくれることでしょう。頼みまーす!

え?散々言っといて人に投げるのかと。お叱りを受けることでしょうからご説明しておきますと、こんな記事書いているようでは自分ではムリです;
市川市議会議員の捜査について市川警察署に聞いてみました

政務活動費問題、現在の市川市議会議員でお金にクリーンな人は少数と思われます。大半がアウトではないかと。ゼンブ言ったる、ムチャクチャやったる。そういうのを引き受けます。何しろ子供たちの将来がかかっていますので。ブタ箱行きも覚悟いたしましょう。

WEBサイトつくりました

フォークシンガー原に行徳将棋クラブの紹介を加えWEBサイトをつくってみました。こちら
アドレスは、https://singerhara.jimdo.com/

簡易作成機能を使っているのですが、最近のは見栄えも良くビックリです。YouTubeも貼れるし。使い勝手もよく簡単に更新できる。今後はライブスケジュールもこのページに乗せることにしようかな。

写真を上手になりたいなぁと、こうなると感じます。マイセンの店内の様子やドリンク・食事、今まで撮ったものの中から拾い集めてアップしてありますが、伝えきれておらず悔しい。
水出し器のガラス玉に一滴ずつ落ちて溜まったコーヒー、ツヤがあってこってりしていて、ホント美味しそうなんです。また食事も、マスターはフランス料理店できっちり修行したシェフなので味は確か。大衆向けにわかりやすい美味しさで出しています。ビール(600円)も、ちゃんと生ビールの樽を仕入れていますので、しっかりした濃い味。

料理や飲み物を美味しそうに撮るのって、難しいですよね。グルメ雑誌の写真を見ると、「上手だなぁ」と感心します。

WEBサイト

ブログリニューアル

ブログを大幅にリニューアルしています。特にPCでご覧になってくださっている方は、かなり印象が変わったと思います。基本的な項目と配置はさほど変わらないのですが。

コメント欄が思いのほか以前のように荒らされることがないので、管理人へのメッセージフォームも設置してみました。将棋教室の問い合わせなどにご利用いただければと思います。また、行政に関するテーマについて色々と考察していますので、こうすべきとある程度方向性がまとまっている事項については「フォークシンガー原の提言」という形で随時整理してゆきたいと思います。

将棋のブログとして読んでくださっていた方は、フォークシンガー色が強くなり戸惑うかもしれず申し訳ありません。私の中では歌も将棋もすべて一体となっているのですけど(笑)。よくわからない世界観ですが。

2003年に、フォークギターを持って弾き語りの活動を始めました。今は無くなってしまった塩焼きの居酒屋さんを拠点に。あの頃はまだおおらかで、行徳駅前で路上ライブをやってもおまわりさん来なかった。途中から駅前喫茶店マイセンに拠点を移し現在に至ります。50歳の節目に、心機一転。

テロ集団のSNS発信メッセージが若者の心に入り込んでしまうことに、責任を感じます。刺激的な歌がないからあんなものに入り込まれてしまうのかもしれない。

若いみなさん、爆弾ではなくギターを持たないかい?
いっしょに世の中を変えようではないか。

行徳の投票率が低い

投票率の話題に戻ります。

カギは投票率。浮動票が動いてくれないと話にならないのですが、過去の市川市の選挙の投票率を調べていて改めて感じるのが、行徳の投票率が低い! 人口の3分の1を占める行徳地区の投票率がこれではどうにもならない。

最も顕著なのが前回2013年の市川市長選。行徳地区が軒並み10%台なんですよね〜
表のいちばん右側が投票率です。(市川市ホームページより)

投票率


行徳市川でない読者の方々に申し訳ないのでご説明しますと、右の地図のオレンジ線の内側が市川市。南側の青い線が広い意味で行徳と呼ばれている地区です。

ご覧の通り、市川や本八幡といった市の中心地とは旧江戸川と江戸川放水路で分断され三角州のような格好になっています。従いどちらかと言えば市川市よりも、同じ三角州の内側で隣り合う浦安市のほうに馴染みがある。「浦安・行徳地区」という括りで呼ばれることもあるくらいです。

いっぽう、面積・人口ともに同じくらいでひとつの市になっている浦安市は、選挙というとだいたい投票率が45%とかあるんですよ。

考えてみたら、もし行徳が市で行徳支所が行徳市役所だったとイメージしたら、グッと身近になります。相当関心が高くなる。今は、自分が市川市民であるという意識が薄いんですね。そういえば人から「どちらにお住まいですか?」と聞かれたとき、「市川です」て言うの、なんか抵抗ある。「行徳って解りますか?市川の南のほうなんですけど」みたいに答えている自分が居る。

引き続き、投票率について考えます。

待機児童の数は本質ではない

いったん、投票率から離れます。先の記事で市川市は待機児童ワースト4位と紹介し市職員さんたちにちょっと申し訳ないのでこのテーマにします。

市川市の保育園に関するデータですが、調べてみたところおおよそ以下の通りです。不正確かもしれませんが、おおまかな数字とご理解ください。

0〜6歳児人口: 約28,000人
認可保育園定員数: 約7,600人
認可外保育園定員数:約1,300人

保育園に入っていない子たちは幼稚園に行っているか、どこにも行けてないか。
そして、認可外保育園やどこへも行けてない子だけでなく、幼稚園に通っている子も潜在的な待機児童になり得ます。我が家も幼稚園に通わせつつ、できれば保育時間の長い保育園に入れたいと申請を出し続けていました。

つまり極端な見方をすれば、市川市には最大約2万人の潜在的待機児童が存在する。認可保育園をつくることは大事なのですが、つくってもつくっても「保育園が入りやすくなったのならそちらにしたい」というご家庭がどんどん出てきてしまいます。待機児童はいっこうに減らない。

従い、本質的な問題は待機児童の数ではない。待機児童を含め保育園に入れたいのだけど溢れてほかの手立てをとっているご家庭に、どのようなサポートが出来ているか。ここになります。

選挙のときに「認可保育園をつくります。待機児童の数を減らします」と言っている候補者がもし居たら、ちょっと注意しましょう。

幼稚園

投票率

行政のテーマに戻ります。

例えば待機児童問題。市川市は、厚生労働省の2016年調査によると、全国待機児童数ワーストランキングで第4位です。

いっぽう、ビートたけしさんのTVタックルでも紹介されてしまいましたが、市川市職員の給料は全国第4位。

3月19日TVタックル


若いお父さんお母さんがの暴動がよく起きないものです。
というと言葉が悪いですが、合法的に暴動を起こせるチャンスが4年に一度ある。選挙。

そして重要なのが、「投票率」。

投票率が低いと、政党の支持を受けた候補が強い。現体制に恩恵を受けていてそれをしっかり守ろうとする人々の組織票の割合が高くなります。

今年は市川市長選の年ですが(11月)、前回2013年は選択肢がなかったこともあるのですが投票率は21.71%と惨憺たる状況。その前の2009年は自民も民主も候補者を絞れず稀に見る分裂選挙で面白かったはずなのですが、それでも29.96%しかない。

暮らしに不満を持っているはずの生活者の票が入ってこない。これだと、例え改革派の期待できる無所属候補が出てきたとしても、力のある政党が現職を推したら勝てない。
行徳将棋クラブ
Twitterアカウント
千葉県市川市の行徳将棋クラブを運営している原伸一です。ブログの更新情報をお届けしてゆきます。
最新コメント
Profile
ハラ

フォークシンガー原
(原 伸一)

1967年生。千葉県市川市の南部、行徳・妙典でアコースティックライブの主催等の活動を行っています。また、行徳公民館で小中学生の将棋教室を開いています。

ライブ情報は以下サイトにて。

http://gyotoku.livedoor.biz
活動場所
喫茶「マイセン」(フォーク好きの集まり・例会です): 行徳駅より徒歩0分。改札を背にすぐ左、山下書店の2F。Tel:047-357-4039
会費500円+ドリンク代450円〜 

市川妙典SATY(路上ライブ): 妙典駅より徒歩3分。無料。お店の詳細は以下をクリックしてご覧ください。
メッセージ

名前
メール
本文
GSG5(行徳将棋ガールズ)
GSG(Gyotoku Shogi Girls)は、行徳将棋クラブの女子のこと。音楽も大好きで、2013年女子アマ団体戦で歌を歌ってベストパフォーマンス賞をいただきました。
人気将棋ブログ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ