Hara Blog

千葉県市川市の行徳でライブ活動を行っている、フォークシンガー原の日記です。公認将棋指導員として、子供たちの将棋の話題なども。

七中教室

6月20日七中6月20日の七中教室、いつものように楽しい時間を過ごしました。

暑いですねぇ〜。教室の後は、キューッとイキたい気分ですが、昼間はノンアルコールビールでガマン(笑)。

明日は七中教室

行徳将棋クラブの方もしくは見学予定の方へ、ご確認です。

6月20日(土)は第三土曜日ですので、七中ブロックコミュニティークラブ主催の将棋教室(囲碁・将棋・オセロ教室内)に参加となります。場所は、第七中学校(行徳公民館の隣)です。
※間違って行徳公民館へ行かないよう、ご注意ください。

上履きと靴入れ用の袋を持参してください。

喫茶「マイセン」でハチワンダイバー

加瀬先生のブログで新入会者紹介いただきました。どうもありがとうございます。
序盤でミスをしまして、駒落ちも勉強しなければと痛感しました。ふぅ〜、なんだか、やるべきことが100あるとすると、0.1にもいかないところで、行ったり来たりしているような感じがします。

さて木曜日は、週間ヤングジャンプの発売日(笑)。将棋漫画の「ハチワンダイバー」と、バスケ漫画「リアル」(不定期ですが)が楽しみ。

「ハチワンのためだけにヤンジャン買うのももったいないし、立ち読みもみっともないなぁ」という方は、行徳駅ご利用の方であれば、右サイドバーの喫茶「マイセン」がおすすめです。マスターも将棋好きで、発売日にはヤンジャンを必ず購入してお店に置いてくれています。
コーヒーは、水出しコーヒーでバツグンに美味しい! 水出しの器具が幾つか置いてあり、レトロな雰囲気のとても素敵なお店です。

最終局へ

封じ手、▲3七桂でしたね。ささやかな喜びを享受しました(笑)。

ネットの棋譜中継サービスの申し込みはしていないので、深夜のBSのダイジェストでどんな戦いだったかを見ました。熱戦でしたね〜。

さあ、決戦は最終局へ。第七局まで見せていただけるというのは、ファンとしてはうれしい限りです。熱烈な羽生ファンあるいは郷田ファンの方は、ハラハラドキドキですね!

名人戦第6局

名人戦一日目先手羽生名人の封じ手、何でしょうね〜。

素人的には、△8五桂▲8六銀△6五歩がイヤですよねぇ〜。でも、羽生名人相手にそう簡単に決まらないでしょう。

封じ手の前の後手△5四歩の意味は? 次に△5五歩でしょうか(単純すぎか・笑)。▲同歩△同角なら飛車あたり。次に△3三桂〜△2一飛と、駒組み的には後手に楽しみが多そう。と、いうことは、そう簡単に好きにはさせませんよということであれば、封じ手は▲3七桂か???

加瀬教室

午前中、NHK杯将棋トーナメントをテレビ観戦。昼食後、ゆっくりしたペースで自転車をこいで、本八幡へ。30分くらいですね。

棋士の加瀬純一先生のお宅へ。JR本八幡駅のすぐ近くです。ご挨拶がすっかり遅くなり、気になっていました。同じ市内で、無償とはいえ将棋で子供たちを集めることを行っている立場ですので、顔を出しておかなければと。

自己紹介をさせていただきまして、今後もし行徳で、保護者の方が将棋に理解がありお子さんもやる気が旺盛な親子がいらっしゃった場合には、ご案内させていただけるよう、お願いしました。また、私自身も加瀬教室に入会しまして、ご指導を仰ぐことにしました。

一局ご指導いただいて帰宅しようとしたら、しょう君がやって来て、びっくり。先生に事情を説明。しょうパパさんのおかげで、早くも良いつながりができていました。ありがとうございます(笑)。

しょう君が私に「何でここに居るのぉ?」と聞くので、「加瀬先生はプロの先生で、オジサン(私)も教わるんだよ」と言ったらしょう君がキョトンとしまして、一同大笑い。そっかぁ、しょう君から見ればどっちも「将棋のオジサン」で訳ワカンナイですね(笑)。

教室の詳細は、加瀬教室の部屋をご参照ください。
遠山四段の紹介も参考になります。
また、戸辺五段のブログのこの記事に写真が掲載されていて、様子がよくわかります。

13日の風景

リレー将棋午前中、行徳将棋クラブ。妙典中1名、妙典小1名、新井小1名、南新浜小5名、北部小(浦安)2名、計10名。

まずは大盤を使って、原始棒銀の攻め方・受け方の解説。攻めきるか受けきるところまでの稽古将棋を何度か繰り返した後で、5対5に分かれてリレー将棋。





白熱の中盤戦白熱の中盤戦です(笑)。

13日土曜日の確認

あっという間に週末ですね。

6月は学校により日は異なりますが参観日などあり、人数少なめになるかもしれませんが、いつものように将棋クラブ実施していますので、初めての方もどうぞお気軽にいらっしゃってください。
13日(土)は10時〜12時、行徳公民館3階の第2和室です。お金は一切かかりません。

28日(日)の大会(小学生倉敷王将戦および中学選抜の千葉県大会)に出場希望される方は、お早めに、できましたら明日の教室の際に申し出ていただくか、あるいは電話orメールください(お子さんに渡してある予定表プリントに電話番号とメールアドレス記載してあります)。

どうぞよろしくお願いします。

アマチュア将棋とは?

社団戦のシーズンインに向け、都内某所で指して帰宅。

穴熊の勝率がいい。が、やっていて楽しくない。「アマチュア将棋とは何ぞや?」とボヤいていたら、チーム関係者から「団体戦はとにかく勝ちにいきましょうよ」とハッパをかけられる。そうだなぁ、もちろん負けるよりは、何でも、勝ったほうが気分はよいのだが・・・

やっぱりこうして、若い子にはかなわなくなって老いてゆくのでしょうね(笑)。何でも吸収する柔らかい感性がうらやましい。若いって、それだけで財産です。

数年前なのですが、ある方を見て、あぁいい指導者だなぁと思いました。石田和雄九段です。

その頃は、千葉県の小学生大会は柏で行われていました。柏将棋センターの師範でもあられます、石田和雄九段がよく大会会場に来てくださっていました。

柏の子が負けた後、石田先生が休憩時間に「どうしてこうしなかったのぉ〜」と、天を仰いで本当に悔しがっていた姿が目に焼きついています。プロ九段の先生が、小学生の将棋にそこまで熱くなれるのかと、感動しました。

いやぁ、柏、熱いですね〜。

そんな柏から、勝手で申し訳ないのですが、熱いブログをご紹介させてください。
「こどもと将棋をしよう!@柏」・・・柏将棋センターの子のお父さん、よしはるさんのブログです。しょうパパさんのブログのコメント欄で、メッセージをいただきました。深く感謝申し上げます。

柏市は、芸能やスポーツを積極的に支援している、素晴らしい自治体ですね。文化のある街は、精神的に潤いがあって、人の心にエネルギーが満ちています。その力は、社会にとって必要なもの。経済論理だけでは、社会は活力を失ってしまいます。
行徳将棋クラブ

行徳将棋クラブ

Twitterアカウント
千葉県市川市の行徳将棋クラブを運営している原伸一です。ブログの更新情報をお届けしてゆきます。
最新コメント
Archives
Profile
ハラ

フォークシンガー原
(原 伸一)

1967年生。千葉県市川市の南部、行徳・妙典でアコースティックライブの主催等の活動を行っています。また、行徳公民館で小中学生の将棋教室を開いています。

ライブ情報は以下サイトにて。

http://gyotoku.livedoor.biz
活動場所
喫茶「マイセン」(フォーク好きの集まり・例会です): 行徳駅より徒歩0分。改札を背にすぐ左、山下書店の2F。Tel:047-357-4039
会費500円+ドリンク代450円〜 

市川妙典SATY(路上ライブ): 妙典駅より徒歩3分。無料。お店の詳細は以下をクリックしてご覧ください。
メッセージ

名前
メール
本文
GSG5(行徳将棋ガールズ)
GSG(Gyotoku Shogi Girls)は、行徳将棋クラブの女子のこと。音楽も大好きで、2013年女子アマ団体戦で歌を歌ってベストパフォーマンス賞をいただきました。
人気将棋ブログ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ