Hara Blog

千葉県市川市の行徳でライブ活動を行っている、フォークシンガー原の日記です。公認将棋指導員として、子供たちの将棋の話題なども。

名人戦第7局1日目

名人戦第7局1日目

いやぁ、これはオモシロイです。明日は学校も会社も全部休みにして欲しいくらい。




以下、梅田望夫著「シリコンバレーから将棋を観る」より引用:
「矢倉基本図であれ、他の戦法の定跡局面と言われている局面であれ、初手から二十手、三十手もかかってできあがった想定局面は、先手と後手の予定調和という共犯関係においてその局面にいたっている面が強い。だから、その想定局面を不利または自信なしと思ったとしても、別の戦法に逃げる(たとえば『四間飛車を指す』)のではなく、後手がその局面にいたるもっと前に『急戦を狙う不退転の決意』をして臨めば違う結論が出るのではないか。そして先手も、後手が『急戦を狙う不退転の決意』をしているという前提での緊張感を初手から持って指せば、それが現代将棋の扉を開くことになるのではないか。(中略)後手が想定局面まで安易に先手に追随するという怠惰を廃しさえすれば、その先に将棋の未来が広がっているに違いない、そう羽生は問題提起したのだった」

まさに上記を彷彿とさせる展開です。
文中の、「別の戦法に逃げる」というのが第6局でした。矢倉模様から後手郷田九段が陽動振り飛車に展開した。
この最終局、第7局はまさに、真っ向勝負。矢倉での激しい主導権争い。後手郷田九段の△3二銀(早く角を引き戦闘体制をとる)に対し羽生名人の▲7七銀(早囲いをみせる)。互いに3筋・7筋の歩を切ったところで指された先手羽生名人の▲4六歩。

▲4六歩。夕方、「どうなってるかなぁ〜」と職場のPCでこっそり覗いてみたら、丁度この4六の歩に緑のマークがついているところでした。
一瞬、直感的に「何コレ?ヤバくね?」とゾッとしました。角の退路を断っている。が、次の瞬間、そっか△3二銀形だから成立してる訳だ。つまり、△3四金▲2六角△2五金なら▲4四角。もし、普通の矢倉の形・・・△3三銀形なら、4四の歩にヒモがついているから、そういうことはない。つまり、▲4六歩は成立しない。

さて、一日目指了図は激戦の予感。封じ手は恐らく▲7六歩でしょう。次は△5三角▲4七銀△6四銀が普通ではないでしょうか。そこから先手は、▲3六銀やら▲3七桂やら▲4八飛やら、それらを見せつついつでも▲4五歩があります。羽生名人がいつ▲4五歩を突くのか、郷田九段がどう迎え撃つのか・・・初心者でも充分に楽しめる展開だと思います。

いやぁ〜、人生を掛けた大一番で、こんなチャレンジをするんでしょうか。
ちょっと試しに、家族の顔やら生活のことやら、諸々頭に浮かべながら初手から並べてみました。31手目、▲4六歩・・・ムリムリ、絶対指せない(汗)。

さあ、明日。

そのままに

前回のエントリーを読み返して、「指導員のくせに何てこと言うんだコイツ」と自分で思ってしまいました(笑)ので、補足します。

これは、我が家の事情というか、息子の性格によります。息子は、おっとり、のほほんとして争い事を好みません。負けず嫌いにはほど遠く、むしろ負けを昇華するのに長けている。
最初、見ていて力が抜けることも多かったのですが、ちょっと待てよこれは才能かもしれないと考え直しました。

下級生の面倒見がいい。と、いうか、面倒を見ている感覚が本人には、ない。同レベルでくだらない話をしている。ポヨ〜ンとした風貌で、対局で勝っても、心理的ダメージを相手にあまり与えない。それどころか、同級生も下の子たちも遊ぼ遊ぼと言って来る。
正直、教室運営上は大助かりです(笑)。

手を加えずに、そのままにしてみたい、と思うようになりました。

よく、2・6・2の法則と言いますね。社会では、優秀な人が上位2割、凡人が6割で、どうしようもないのが2割。普通、上の2に入ってほしいというのが親心というもの。

ただ、自分の息子に関しては、むしろ下の8の中で人に好かれて生きるほうが合っている気がします。
そして、世の中で本当に有益なことを成せる人間というのは、むしろそんな人ではないのかな? と、・・・
ワカリマセン、論理的にそこにたどりついたのか、都合のいいように解釈して自分をごまかしているのか(笑)。

スイマセン、親バカの投稿でした。

マイペース

10時〜13時、市川子供将棋クラブ。

指導陣は、普及指導員の谷口先生と女流プロの先生の2名体制。に対し生徒が5名くらいですので、オイシイというか、もったいないというか。
私はといえば、普段は息子(小5)の将棋をゆっくり見られないので、こちらでは専ら保護者見学させていただいています。
オヤジならではの圧迫感を与えるようなので、私は家で息子に対局指導をあまりしません。

しょうくんとしょうパパさんもいらっしゃっていました。来週の倉敷王将戦の参加クラスに悩んでいらっしゃる様子。ウチは高学年としては平凡ですし、息子本人も私も上位を目指して切磋琢磨する(させる)ことは全く考えていませんので、悩みナシ。

帰りの車の中で息子と、「しょうくんは、これからまた東京の道場だって。すごいよねー」とため息をつきながら話をしました。息子にとっては別世界。帰宅後お昼を食べると早速、友達のところへ遊びに飛び出して行きました。だめだこりゃ(笑)。

そして僕は、途方に暮れる

七中教室から帰り、自宅で歌詞カードを漁る。
あったあった、これこれ。

将棋界での、最近のある出来事・・・いや事件・・・のとき、ふと、この曲が頭の中で流れました。

7月12日(日)SATYライブで歌おうと思います。もちろん、そんな話はしませんけどね(笑)。淡々と、単なる歌としてお届けします。


「そして僕は、途方に暮れる

作詞:銀色夏生 作曲:大澤誉志幸

見慣れない服を着た
君が今 出ていった
髪形を整え
テーブルの上も そのままに
ひとつのこらず君を
悲しませないものを
君の世界のすべてに すればいい
そして僕は 途方に暮れる

ふざけあった あのリムジン
遠くなる 君の手で
やさしくなれずに 離れられずに
思いが残る
もうすぐ雨のハイウェイ
輝いた季節は
君の瞳に何を うつすのか
そして僕は 途方に暮れる

あの頃の君の笑顔で この部屋は
みたされていく
窓を曇らせたのは なぜ

君の選んだことだから
きっと 大丈夫さ
君が心に 決めたことだから
そして僕は 途方に暮れる

見慣れない服を着た
君が今 出ていった       」


ちなみに、作詞の銀色夏生(ぎんいろなつお)さん(女性)は、宮崎県えびの市のご出身ですね。現在は確か、東京を去り、宮崎にお住まいだったと思います。

七中教室

6月20日七中6月20日の七中教室、いつものように楽しい時間を過ごしました。

暑いですねぇ〜。教室の後は、キューッとイキたい気分ですが、昼間はノンアルコールビールでガマン(笑)。

明日は七中教室

行徳将棋クラブの方もしくは見学予定の方へ、ご確認です。

6月20日(土)は第三土曜日ですので、七中ブロックコミュニティークラブ主催の将棋教室(囲碁・将棋・オセロ教室内)に参加となります。場所は、第七中学校(行徳公民館の隣)です。
※間違って行徳公民館へ行かないよう、ご注意ください。

上履きと靴入れ用の袋を持参してください。

喫茶「マイセン」でハチワンダイバー

加瀬先生のブログで新入会者紹介いただきました。どうもありがとうございます。
序盤でミスをしまして、駒落ちも勉強しなければと痛感しました。ふぅ〜、なんだか、やるべきことが100あるとすると、0.1にもいかないところで、行ったり来たりしているような感じがします。

さて木曜日は、週間ヤングジャンプの発売日(笑)。将棋漫画の「ハチワンダイバー」と、バスケ漫画「リアル」(不定期ですが)が楽しみ。

「ハチワンのためだけにヤンジャン買うのももったいないし、立ち読みもみっともないなぁ」という方は、行徳駅ご利用の方であれば、右サイドバーの喫茶「マイセン」がおすすめです。マスターも将棋好きで、発売日にはヤンジャンを必ず購入してお店に置いてくれています。
コーヒーは、水出しコーヒーでバツグンに美味しい! 水出しの器具が幾つか置いてあり、レトロな雰囲気のとても素敵なお店です。

最終局へ

封じ手、▲3七桂でしたね。ささやかな喜びを享受しました(笑)。

ネットの棋譜中継サービスの申し込みはしていないので、深夜のBSのダイジェストでどんな戦いだったかを見ました。熱戦でしたね〜。

さあ、決戦は最終局へ。第七局まで見せていただけるというのは、ファンとしてはうれしい限りです。熱烈な羽生ファンあるいは郷田ファンの方は、ハラハラドキドキですね!

名人戦第6局

名人戦一日目先手羽生名人の封じ手、何でしょうね〜。

素人的には、△8五桂▲8六銀△6五歩がイヤですよねぇ〜。でも、羽生名人相手にそう簡単に決まらないでしょう。

封じ手の前の後手△5四歩の意味は? 次に△5五歩でしょうか(単純すぎか・笑)。▲同歩△同角なら飛車あたり。次に△3三桂〜△2一飛と、駒組み的には後手に楽しみが多そう。と、いうことは、そう簡単に好きにはさせませんよということであれば、封じ手は▲3七桂か???

加瀬教室

午前中、NHK杯将棋トーナメントをテレビ観戦。昼食後、ゆっくりしたペースで自転車をこいで、本八幡へ。30分くらいですね。

棋士の加瀬純一先生のお宅へ。JR本八幡駅のすぐ近くです。ご挨拶がすっかり遅くなり、気になっていました。同じ市内で、無償とはいえ将棋で子供たちを集めることを行っている立場ですので、顔を出しておかなければと。

自己紹介をさせていただきまして、今後もし行徳で、保護者の方が将棋に理解がありお子さんもやる気が旺盛な親子がいらっしゃった場合には、ご案内させていただけるよう、お願いしました。また、私自身も加瀬教室に入会しまして、ご指導を仰ぐことにしました。

一局ご指導いただいて帰宅しようとしたら、しょう君がやって来て、びっくり。先生に事情を説明。しょうパパさんのおかげで、早くも良いつながりができていました。ありがとうございます(笑)。

しょう君が私に「何でここに居るのぉ?」と聞くので、「加瀬先生はプロの先生で、オジサン(私)も教わるんだよ」と言ったらしょう君がキョトンとしまして、一同大笑い。そっかぁ、しょう君から見ればどっちも「将棋のオジサン」で訳ワカンナイですね(笑)。

教室の詳細は、加瀬教室の部屋をご参照ください。
遠山四段の紹介も参考になります。
また、戸辺五段のブログのこの記事に写真が掲載されていて、様子がよくわかります。
行徳将棋クラブ
Twitterアカウント
千葉県市川市の行徳将棋クラブを運営している原伸一です。ブログの更新情報をお届けしてゆきます。
最新コメント
Archives
Profile
ハラ

フォークシンガー原
(原 伸一)

1967年生。千葉県市川市の南部、行徳・妙典でアコースティックライブの主催等の活動を行っています。また、行徳公民館で小中学生の将棋教室を開いています。

ライブ情報は以下サイトにて。

http://gyotoku.livedoor.biz
活動場所
喫茶「マイセン」(フォーク好きの集まり・例会です): 行徳駅より徒歩0分。改札を背にすぐ左、山下書店の2F。Tel:047-357-4039
会費500円+ドリンク代450円〜 

市川妙典SATY(路上ライブ): 妙典駅より徒歩3分。無料。お店の詳細は以下をクリックしてご覧ください。
メッセージ

名前
メール
本文
GSG5(行徳将棋ガールズ)
GSG(Gyotoku Shogi Girls)は、行徳将棋クラブの女子のこと。音楽も大好きで、2013年女子アマ団体戦で歌を歌ってベストパフォーマンス賞をいただきました。
人気将棋ブログ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ