Hara Blog

千葉県市川市の行徳でライブ活動を行っている、フォークシンガー原の日記です。公認将棋指導員として、子供たちの将棋の話題なども。

12月5日(土)の確認

行徳将棋クラブ、12月5日(土)の活動の確認です。
この日は、通常通り、行徳公民館第2和室にて10時〜12時に活動を行います。

待ってま〜す。

無題

竜王戦第4局、週刊将棋に解説が載っていますが、やはり後手の明確な敗着というのはないみたいですね。
「『将棋の作りが悪かったかもしれません』と森内が作戦に問題点を求めるほど」とあり、やはり渡辺竜王の研究の成果が光ります。

▲4七金型の研究、今後どう進むか注目ですね。

満員御礼

29日、午前中NHK杯将棋トーナメント、藤井-近藤戦をテレビ観戦。
藤井九段が面白い指し回し。ちょっとアマチュアには真似できないかもですね(笑)。面白かったです。

午後、ギターの弦張り替え。練習。
生ギターの音が好きなので通常はライン通さないのですが、プラネタリウムは諸事情からラインのほうが安全そう。よって久々に、オーベーションアダマス起用。

若者たち3名もがんばってくれていて、昨日夜中に「今3人で練習していて・・・」と電話あり、色々相談受けました。明日は4人でスタジオ練習。

12月6日のプラネタリウムコンサート、たくさんの申し込みをいただきまして、ありがとうございます。200席、ほぼ満席のようです。深く感謝申し上げます。

今、奥田民生さんの「ひとり股旅ツアーDVD」を見てリラックスしているところ(笑)。

11月28日の風景

11月28日(土)午前、行徳公民館第2和室にて行徳将棋クラブ活動。

妙典中1名、妙典小1名、幸小2名、南新浜小4名、新井小1名、塩焼小1名、南行徳小2名、北部小3名、計15名。大人2名。
リーグ戦式で自由対局。

インフルエンザや学校行事で間が空いてしまった子は、なかなか苦戦しているようです。すぐに追いつきますので、くじけずにガンバって!

11月28日(土)の確認

11月28日(土)行徳将棋クラブ活動の確認です。この日は、いつもの通り10時から12時、行徳公民館の第2和室で活動です。


さて、今日は竜王戦第4局の2日目でした。
渡辺竜王、4連勝ストレート防衛おめでとうございます。

いやぁ、強すぎます。夕方職場でPCを覗いて呆然といたしました。は、早い!
今、並べてみたのですが、一手損角換わり4七金型から4五歩の仕掛けこれヤバイですね。△同歩▲同桂△4四銀▲4六歩のときに、じゃぁ後手は何をすればいいんでしょうか・・・
解説を見るとどうやら後手作戦負けのようですので、▲4七金に△4四歩を突くと難しくなるということ?
週刊将棋と将棋世界、楽しみにしています(笑)。

切れ負け

JT杯、行徳将棋クラブは高学年の部で2勝1敗の子が2名居たのですが、うち一人は将棋ではボロ勝ちで予選突破目前でした。

途中から時計がはいり、切れ負けルールになった。これが不運。

相手は持ち駒少なく攻めも切れているため、選択肢が少ない。よって、時間を使わない。一方行徳の子は「どうやって寄せようか」と考える一呼吸がある。勝勢なので、リスクをおかすより安全勝ちを目指す手を指してしまう。

最後の指し手、飛車を打っていれば詰みだった。が、思わず手にとった駒が金だった。スッと玉が真上にあがって時計を叩いたその一瞬後に、行徳の子の赤印が無常にもポトリと落ちた。

「あっ、落ちたっ!ハイッ!」
相手の子の右手が勢いよく上がった。

よほど悔しかったようで、ぐったりしていました。
これはしかし、いい経験ですね。勝ち上がってすぐに負けるより、これからの人生の糧には必ずなる。

私にとっても、いい勉強でした。切れ負けルールのときの戦い方というのが、ありますね。子供には基本的にあまり小手先のことを考えずに指してもらいたいですが、勝ちにこだわる必要がある場合では念頭に入れなければと思いました。

健康医療の視点で

先日、医療関係者と話をしていたときのこと。

「歳のいった人が『行徳将棋クラブは大人でもいいですか?』とけっこう電話かけてくる」という話を私がしたところ、「脳梗塞とか煩った人かも」と。ちょっと驚いて、「脳のリハビリに将棋がいいの?」とたずねたところ、「そらぁ、いい。明らかに、いい」とのこと。医者も、そのようなことを勧めるのだとか。

実際に現在煩っていなくても予防になるし、あるいは痴呆防止にもよいようですね。ある年齢以上の方々にとり、「人と交わって頭を使う」というのが大変重要なことのようです。

健康医療の視点で将棋を考えたことが無かったもので、しばし思考停止してしまいました(笑)。そのような場として期待される可能性は、想定外でした。

で、どうなるかわかりませんが、まずは歓迎しています。子供たちに交ざることに違和感なく楽しんでいただけるのであれば、ぜひ一緒に指しましょう(笑)。現在、お父さんたちとはまた別に、シルバーの方が2名いらっしゃっています。

日本将棋連盟としても、教育機関への働きかけというのも当然なのですが、高齢者が集まる場所への浸透を意識してみるというのも、ひとつ面白いかもしれませんね。ネットよりは活字文化の人々ですから、新聞社にとり頼りになる層。将棋の価値が上がると思います。

現場は大丈夫

11月21日付け広報いちかわに、プラネタリウムコンサートの告知が掲載されています。
かなり大きくて目立ちます(笑)。「おお、ヤバイ!」と、ギターの弦を張替え、今日は練習をしていました。

市民に音楽に触れる機会をつくっていただいている、市川市教育委員会に感謝いたします。将棋もそうですが、感謝しっぱなしですね(笑)。
無料コンサートではありますが、施設を稼動させますので、そのための運営費もちゃんと設定されている訳です。

芸術関係に加えまして、将棋にも予算を配分していただいています。コミュニティークラブ等のボランティア団体(市内3箇所で将棋教室を実施)や、おやじの会(妙典中おやじの会などで将棋を実施)など、伝統文化「将棋」の教育的効果を認めていただいています。また、昨年は公民館講座でも将棋を採用していただきました。

行政刷新会議の事業仕分けについて、「芸術」「教育」「伝統文化」をないがしろにしているという不満を言う人々が居ます(主に予算を削られた団体の人)。しかし、これは問題のすり替えです。

行政刷新会議は「芸術」「教育」「伝統文化」の価値そのものを否定しているのではなく、関係省庁の下についている財団法人や社団法人を経由してお金が流れるようなスキームに関して見直しを要求している。また、それは国ではなく地方の仕事ではないかと。

はい、地方ではちゃんとご理解とご予算をいただいていますよー。この厳しいご時勢に、大変ありがたいことです。せっかく設定していただいた機会に、心からの音楽を届けたいと思います。また、楽しい将棋の場をつくりたいと思います。

文化庁の予算がつかなくても、現場は大丈夫です!(笑)

JT杯東京こども大会

JT杯2009
22日、JT杯東京こども大会。行徳将棋クラブは、インフルエンザにより人数は減ってしまったものの、8名が参加。

スポンサーのJT様に深く感謝申し上げます。日本将棋連盟はじめ大会スタッフの皆様も、大変お疲れ様でした。ありがとうございました。子供たちにとり一生思い出に残るであろう素晴らしい経験であったと思います。タレントのつるの剛士さん(将棋二段だそうです!)も呼んでいただいて、子供たちも大喜びでした。

つるの剛士さんが、「バラエティー番組などに出演する際、今日は誰が居るからボクは香車でいこうとか、今日は銀でとか、将棋の考え方が役にたっています」と言われていました。ぜひそのように、普段の学校生活でも経験を生かしてほしいと思います。

たくさん対局して、いっぱい将棋駒消しゴムをいただいたようです。余裕で一年はもつと思いますので(笑)、これを机の片隅に置き日々を過ごしながら、今日の日の色々な思いを忘れずに、来年につなげてくれることでしょう。

8名無事に、保護者の方が迎える帰りの駅まで送り届け、ほっとしました。心地よい疲労感に浸っています(笑)。スタッフや参加者の皆様、大会に関わった、全ての方々に感謝。本当にありがとうございました。よい日でした。

11月21日(土)・22日(日)の確認

行徳将棋クラブ、11月21日(土)22日(日)の確認です。

21日(土)は第七中学校の囲碁・将棋・オセロ教室に参加します。9:30〜11:30です。上履きと、靴入れの袋を持参してください。
間違えて行徳公民館に行かないように気をつけてください。

22日(日)は東京ビッグサイトにて開催されるJT杯こども将棋大会に参加です。参加者は、8時30分にJR京葉線「市川塩浜駅」(行徳署の近く)に集合してください。いつもの行徳駅ではなく「市川塩浜駅」です。間違えないように気をつけて!
お弁当を忘れないようにしてください。お金は、電車賃は全部で500円くらいですが、余裕をみて1000円くらいは持ってきてください。

がんばりましょう!
行徳将棋クラブ

行徳将棋クラブ

Twitterアカウント
千葉県市川市の行徳将棋クラブを運営している原伸一です。ブログの更新情報をお届けしてゆきます。
最新コメント
Archives
Profile
ハラ

フォークシンガー原
(原 伸一)

1967年生。千葉県市川市の南部、行徳・妙典でアコースティックライブの主催等の活動を行っています。また、行徳公民館で小中学生の将棋教室を開いています。

ライブ情報は以下サイトにて。

http://gyotoku.livedoor.biz
活動場所
喫茶「マイセン」(フォーク好きの集まり・例会です): 行徳駅より徒歩0分。改札を背にすぐ左、山下書店の2F。Tel:047-357-4039
会費500円+ドリンク代450円〜 

市川妙典SATY(路上ライブ): 妙典駅より徒歩3分。無料。お店の詳細は以下をクリックしてご覧ください。
メッセージ

名前
メール
本文
GSG5(行徳将棋ガールズ)
GSG(Gyotoku Shogi Girls)は、行徳将棋クラブの女子のこと。音楽も大好きで、2013年女子アマ団体戦で歌を歌ってベストパフォーマンス賞をいただきました。
人気将棋ブログ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ