Hara Blog

千葉県市川市の行徳でライブ活動を行っている、フォークシンガー原の日記です。公認将棋指導員として、子供たちの将棋の話題なども。

認められること

文部科学大臣杯の前に、妙典中、新浜小、幸小と自転車で回り、大会の案内を事務室に提出して回りました。また、「貴校代表として、次の選手が出場します。担任の先生からでも『がんばってるね』と一言かけていただけたらありがたいです」という校長宛のメモを添えました。

野球やサッカーなど人口が多い競技は、きっとクラスで試合の話が出たりすると思うのですよ。「この間の試合、こんな場面でアイツがキメて、かっこよかったんだよなー」とか誰かが話していたりすると、自然と認知されてゆくんじゃないかと。

将棋は、それがナイのがかわいそう。で、ささやかながら子供たちを援護してあげられたらと思いました。「認められる」って、子供にとって嬉しいことですよね。

子供の話によると、お声をかけていただいたそうです。先生方、どうもありがとうございます。将棋でがんばっている子供たちを、どうぞ暖かく見守ってあげてください。よろしくお願いいたします。

教室対抗戦

団体戦は楽しいですね♪ と、昨日の日記で書いたところで、ハイ、出ました。次は6月14日(日)の教室対抗戦です。棋友館さんのサイトをご参照ください。

参加資格が、連盟の棋士・普及指導員・支部の開講する教室の小中学生ということで、今年から晴れて、参加資格をいただいています(笑)。実は、少し前におにぎり先生にお願いして案内を送ってもらい、どうしようか考えていたところでした。

この大会はレベルが高いようで、以前ある普及指導員の方から「あれに出ようと思ったら有段者をそろえないとダメだからねぇ」言われたことがあります。もし行徳チームで出場した場合、全員、全局、全敗の可能性大。

締め切りが31日なので、次回の公民館教室(23日)で、子供たちと相談してみようと思います。「全部負けてもいいから、小中学生の上位レベルというのがどんなものか、いっちょう体験してやろうじゃないか」という特攻隊志願のサムライが、5名居るかどうか(笑)。こういう話をしてみるのも、いい機会です。

「なんでも経験」と、安易に考えるのも危険だということは認識しています。負けグセがついてしまう、あるいは気がめいって心が折れてしまうといったマイナス面が大きい子は、避けたほうがよいかもしれません。
できれば保護者の方とも話しができるとよいですけどねぇ。「負けグセ大いに結構。負けていいんだと思えるようになってほしい」というのもひとつの考え方ですし・・・実は、私は自分の子供たちに関してはこの考え方です。
子供の性格にもよるのですよね。投げやりにふざけて指すようになるようならダメ。真剣に対局した上で、負けを受け止め心の中で消化できるようになれたらOK。その境目は、難しいです。

週末

9日午前中、行徳将棋クラブ。七中1名、新浜小2名、南新浜小2名、幸小2名、冨美浜小1名、新井小1名、妙典小1名。計9名。リレー将棋はやはりイイですね。対局開始前に、チームで作戦会議。「こういう囲いにするからねっ」と、上級生が一生懸命下の子に教えていました。

午後、妙典中の参観日。1年生の教室は4階。窓の外の景色がイイですねー。江戸川放水路と東西線の車庫が見えます。しばしボーッと眺めてしまいました。夜、マイセンライブ。声は間に合わず、この日も苦しい歌唱でした。

10日、津田沼で行われた、文部科学大臣杯千葉県西部地区予選へ3チームの子供たちを引率。予想したよりはるかに立派な活躍をしてくれて、嬉しかったです! 妙典中が2勝3敗。幸小が予選2勝1敗であわやAブロック予選通過だったのですが、スイス式の対戦点が不足し、午後は自由対局へ。1名不足で参加の新浜小も、予選1分け2敗で、何と全敗を免れるという奇跡! 何より、クラブ内のコミュニケーションが深まり、子供たちがより仲良くなってくれたのがよかったです。団体戦は楽しいですね♪

帰省

実家の将棋盤2日夜往路、5日朝復路にて、久しぶりに宮崎市の実家へ帰省しました。

特に遠出はせず、子供たちをつれて近場で遊びました。神宮の森の博物館、きれいになりましたねー。

写真は、私が子供の頃に使用していた将棋盤と稽古駒です。

リレー将棋

2日午前中、行徳公民館にて行徳将棋クラブ。GWにて、人数少なめでした。妙典中2名、七中1名、新浜小3名、幸小2名、行徳小1名、計9名。

マグネットシートの大盤を畳の上に敷き、2チームに分かれてリレー将棋をやってみました。初めての試みでしたが、盛り上がって面白かったです。
初心者の子にとっては、強い子の指し手が自然に身についてイイのではないかと思います。楽しくて、効果的だなと思いました。

文部科学大臣杯

5月10日に津田沼で行われる、文部科学大臣杯「小中学生団体戦」千葉西部地区予選に申し込みしました。

各学校3人で1チーム。2人勝った学校が、勝ちとなります。
行徳将棋クラブからは、以下3チーム出場:
・妙典中学校
・新浜小学校
・幸小学校

参加することに、意義あり(笑)。勝敗は、まぁ厳しい結果になると思うのですが、真剣に、楽しんでほしいと思います。

無題

25日午前中、行徳将棋クラブ。七中2名、妙典中2名、新浜小3名、南新浜小2名、幸小3名、新井小1名。計13名。タイヘン。小2から中1まで、いっしょのクラスで2時間の学科をやってるようなもの。低学年の子は、集中力が持たないですね。
小5の子がひとり、低学年の子たちと何人かで回り将棋で遊んでくれて、助かりました。
夕方、マイセンライブ。苦しいステージはこれで最後か。もう一息。

26日、午前中NHK杯テレビ観戦。千日手指し直しをNHK杯ではじめて見ました。午後、横歩取りの勉強。今年は横歩取りを逃げないでいこうと考えているのですが、色々と準備が必要。今は後手は8五飛が当たり前のようになっていますが、じゃぁ、8四に引かれたらどう進むのか、意外と知らなかったりします。また、相横歩取りも押さえとかないと。。。

行徳将棋クラブ 5月の予定

行徳将棋クラブ 5月の予定表です。

5月 2日(土)10:00〜12:00
        行徳公民館 第2和室

5月 9日(土)10:00〜12:00
        行徳公民館 第2和室

5月10日(日)文部科学大臣杯団体戦 千葉県西部地区予選
        (会場は津田沼)
    費用・持ち物等、詳細は教室でプリントを渡します。
          
5月16日(土) 9:30〜11:30
行徳小学校 会議室 
         七中が行事で使えないため、行徳小で行います。
         上履き、靴入れ用の袋を持参。

5月23日(土)10:00〜12:00
        行徳公民館 第2和室

5月30日(土)10:00〜12:00
        行徳公民館 第2和室

※ 行徳公民館は行徳支所の建物です。会場の第2和室は3階にあります。お気軽に、遊びに来てください。お金はいっさいかかりません。無料です。

無題

19日(日)は、息子と市川駅近くの市川子供将棋クラブ。こちらは保護者参加なので、楽チン(笑)。人手が足りないときには、ちょっとはお手伝いしたりもするのですけど。

普段、行徳では自分の子を見れないので、そういった意味では貴重な時間です。ははぁ、ここら辺が弱いんだなというのがわかります。

夕方から家族で、名探偵コナンの映画をワーナーマイカル市川妙典で見ました。ねらったワケではなかったのですが、たまたま大人も1000円の日でラッキーでした♪

七中教室

20090418七中七中教室は今日も賑やか。将棋盤・駒が足りない状況。「将棋人口が減っている」とよく言われますが、それはいったいどこの世界の話なのだろうか?と首をかしげたくなります。

きっと足りないのは、初心者の受け皿なのでしょうね。
行徳将棋クラブ
Twitterアカウント
千葉県市川市の行徳将棋クラブを運営している原伸一です。ブログの更新情報をお届けしてゆきます。
最新コメント
Archives
Profile
ハラ

フォークシンガー原
(原 伸一)

1967年生。千葉県市川市の南部、行徳・妙典でアコースティックライブの主催等の活動を行っています。また、行徳公民館で小中学生の将棋教室を開いています。

ライブ情報は以下サイトにて。

http://gyotoku.livedoor.biz
活動場所
喫茶「マイセン」(フォーク好きの集まり・例会です): 行徳駅より徒歩0分。改札を背にすぐ左、山下書店の2F。Tel:047-357-4039
会費500円+ドリンク代450円〜 

市川妙典SATY(路上ライブ): 妙典駅より徒歩3分。無料。お店の詳細は以下をクリックしてご覧ください。
メッセージ

名前
メール
本文
GSG5(行徳将棋ガールズ)
GSG(Gyotoku Shogi Girls)は、行徳将棋クラブの女子のこと。音楽も大好きで、2013年女子アマ団体戦で歌を歌ってベストパフォーマンス賞をいただきました。
人気将棋ブログ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ