Hara Blog

千葉県市川市の行徳でライブ活動を行っている、フォークシンガー原の日記です。公認将棋指導員として、子供たちの将棋の話題なども。

蕎麦の味を覚えていない

「向こうに蕎麦屋があるんだ。一緒に行こう。あんた、昼はまだだろう」
「いやぁ話も済んだし、私はこれで」
「いいんだって。行こうじゃないか」
そんな会話をして、会議後に市川駅近くの蕎麦屋にその人と二人で入ったのは昨年の8月。

11月の市川市民将棋大会へ向けての愛好会連盟の事務局会議を兼ねた総会は、例年8月上旬の土曜日の午前に行われます。そこから3か月後に向け動き出す。私は午前中は行徳公民館の将棋教室のため、それを終えた後に車で真っ直ぐ市川へ向かいました。
寺下会長以下ずらりテーブルを囲んで事務局のみなさんが私に聞きたかったのはもちろん、小学生大会の進捗状況。つまり市民大会から6級以下の部、すなわち実質「子供の部」の区分をなくすことが出来るかどうか。私は駅前将棋の親子たちの顔を思い浮かべながら「実施されます」と答えました。ただ「存在意義のある大会にしなければ意味がなく、それが何かは改めて問いたい」とも。その話は、ここではよいとして。

頑固に驕るからと言われ、そんなときの注文は悩む。あまり高いものはたのみにくいし、安いのも相手の好意を無下にしている感じがする。海老天蕎麦をオーダーしました。

えび天そば


80歳は超えているであろうその人の体の中は癌があちらこちらに転移していて、どれくらいもつかというところらしい。将棋の練習会に通うことと年に一度の市民大会の運営は、生きることそのものになっているのだろう。
「寺下さん(女流棋士/市川市将棋愛好会連盟会長)と市民大会を立ち上げたのが25年前。その時の寺下さんが丁度今のあんたくらいの歳だったよ」
そんな話がポツポツ始まりました。

一般企業の定年と年金支給年齢の引き上りは、ボランティアによる地域事業の運営を厳しいものにしている。市川市民将棋大会も御多分に洩れず。従い子供部門が立ち上がり、市川における将棋文化充実を子供部門が下支えしてくれたらというイメージでいる様子です。

「寺下さんが25年やってきた。次の25年を、あんたやってくれ」
蕎麦の味は覚えていないのですが、絞り出すようなその声とこちらを指さした表情は、いまだに頭に焼き付いています。

参ったなぁというのが正直なところ。そりゃ寺下先生は女流棋士だから将棋に生きるのが必然だけれど、自分は普通の通勤人で別の人種だしボランティアも限度ってものがある。今回はやるが、悪いけど、この状態を長期続けるつもりはない。そう思いましたが、言葉には出しませんでした。まるで遺言のように聞こえて。言葉を返すような場面ではないなと。

「花火大会でもうすぐ交通規制になるね」
「そうですね。車で来てるので、そろそろ」
市川市民納涼花火大会へ行くのであろう浴衣姿の人々が街に現れ始めていました。

東京湾の子宮

ランニング5辧鉄棒で懸垂逆上がり5回以上。2日は開けないようにして、コンスタントに。この歳になるとやり過ぎは禁物ですね。「体を鍛える」という考え方だとかえって壊します。あくまでメンテナンス。

団地の明かりしか見えませんが、夜の行徳港から新浦安を撮った風景。一帯は「三番瀬」と呼ばれる浅瀬になっています。ここで産卵され生まれた稚魚たちが大きな海へ出てゆく。そしてやがて卵を産みにまた帰ってくる。そんな海です。

夜の三番瀬


様々なバランス・・・それをよく考えます。

昨年末の投稿「市川市の芸術系サークルの皆さんへの警鐘」で述べましたが、「市川市小学生将棋大会」は強いエネルギーを持ってしまっていて、市の文化事業の構成を乱しかねない危うさがあります。「小学生将棋大会のほうが他の事業より明らかに市が支援するにふさわしいではないか」とはならぬよう、誘導しないといけない。公的機関の評価基準における「価値」は文化的「価値」とはちがうのだから。

他の分野との市内での関係だけでなく、将棋界におけるバランスもまた難しい。

市内の指導員で集まった際に「これは立派な大会になりますね。格調高き大会のもと市川が将棋の名門と呼ばれるようになるといいですね」という声がありました。指導員としてそういうものにしたい、そして一翼を担いたいという気持ちになるのでしょうが、これも過ぎると危うい。
私以外の指導員って、子供向けのどんな大会があり誰が運営してるかとかあまり知らない。また首都圏や千葉県の将棋教室や道場がどういう配置になっていて将棋の親子たちがどう流れているか意識していない。この大会をきっかけに今あるコミュニティークラブなどがよき場となり、将棋のイベントや道場に行ってみようという親子が増え、その親子たちが市川の外へ出かけてゆくという話ならば将棋界も歓迎するだろうけれど、市川市内であまりにも完結するほど充実させてしまうとバランスが崩れる。

フワッと柔らかで自然に、稚魚たちを育て送り出すこの三番瀬のようであらねばならないのだが。それを保ったまま居られるか。

行徳の書道教室のご協力にて

行徳文化ホールI&Iにて、立て看板を確認。

看板


昨年末の「書道の好きな市川市の小学生募集」の記事を見てさっそく行徳の友人が動いてくれて、行徳で小学生の書道教室を開講されているアート書道家の矢野華風先生にご協力いただけることになりました。教室のみなさんで取組みいただけるお話しをいただいています。なんとありがたいことでしょう。信じられない気持ちです。

矢野華風先生のオフィシャルサイトはこちら。すご過ぎてブッ飛んでしまいました。すげーカッコいい。

ホール入口の表に「市川市小学生将棋大会 会場」とこの看板でバーンと出します。通行人やバイパスを車で通過する人々にも「将棋やってのかぁ、市川でも盛り上がってんだなぁ」と印象付けることができそうです。

行徳将棋クラブ将棋大会より 四間飛車vsシンプル棒銀

5日の教室内将棋大会は、すーさんが仕切ってくれて保護者の方々にもお手伝いいただき、適度な緊張感の中でしっかり指している生徒たちの将棋をじっくり見て回ることが出来て有意義でした。

シンプルイズベスト。案外、最短でくる棒銀って本になかなか載ってなくて振り飛車の子が苦労するのかなという印象がありましたので、調べてみました。

下図(便宜上戦後反転表示)ですが、よく本に載っているのは居飛車の銀が5七から4六に出てくるパターン。図で銀が4六にいてくれると△4五歩が銀に当たって味がいい。しかし2六なので、イマイチ突き出しに迫力がない。で、調べたところ△2二角が最善と出ました。

四間飛車vs棒銀1


解析は別の手を示していますが、普通は以下お決まりのコースで▲3三歩△同飛▲4四角△4三銀▲3三角成△同角で下図。

四間飛車vs棒銀2


ここで▲8八銀とか▲7七桂なら△4四角。銀が2六にいるデメリットですね。
ならばと▲3三飛成△同桂▲3一飛(下図)。
この図ですが、▲5七銀右の棒銀の場合はこの図で居飛車の銀は5五にいます。その場合、△3九飛▲3三飛成△4三角が定跡化されています。以下△3二歩で飛車をそっぽに追いやるのと△7六角〜△8七角成〜△6九飛成を見せプレッシャーをかける。いっぽう、銀が2六に居る場合は、それをとがめる手もあるようです。

四間飛車vs棒銀3


上図で堂々△2八飛。トラップ(わな)ですね。▲5五角を打てと言わんばかり。打つとどうなるか。成功例ですが、上図から▲5五角△2六飛成▲3三飛成△5六竜▲7四桂△9二玉▲3七角△7六飛▲7七桂△7四竜(下図)。これはもう、2400点くらいの差で振り飛車勝勢。

四間飛車vs棒銀4


まぁ居飛車もこうはならないように指すでしょうが、ひとつの参考まで。みんなで協力していっしょに.経験値を積んでいきたいですね。

1月5日(土)将棋教室の風景 指し初め式&第四回行徳将棋クラブ将棋大会

1月5日(土)は、行徳公民館第2和室にて指し初め式を行いました。

今日は写真中心にて。まずは指し初め式全体風景。

指し初め式1


最終局面。

指し初め式2


そして、すーさんプレゼンツ第4回行徳将棋クラブ将棋大会。

指し初め式3


結果は以下ですが、楽しむ将棋むけの変則順位決定方式(勝ち3点、千日手等の引き分け2点、負け1点、つまり1回勝つのも3回負けるのも同じなため、早指しの子が得点高くなる)なので、必ずしも実力通りではありません。

Aクラス(上級以上)優勝:小澤瑛 準優勝:水野翔太
Bクラス(中級) 優勝:須藤未来 準優勝:小澤創 須藤輝星
Cクラス(初級) 優勝:中村悠真 準優勝:川崎蒼空
敢闘賞: 佐々木優(Bクラス3位) 阿久田一志(Cクラス3位)

入賞者賞品。子供たちのためにすーさんが用意してくれました。ありがとうございます。右上の布盤だけ保護者のお母さんの手作り。ピントがぼけてしまいました。すいません。

指し初め式4


ところがいっそう盛り上がったのはこちら。これもすーさんが用意してくれました。将棋の結果に関係ないお菓子のお楽しみ抽選会。すーさんがトランプカードを引いて同じカードを持っている子が好きなものをとることができます。それを次から次に。

指し初め式5

指し初め式6


子供たち大喜び。ということはまてよ、先日の投稿「賞品か参加賞か」で市川市民将棋大会の景品、学習や防犯のことなど考慮しノートとかリフレクターストラップとか述べておりましたが、お菓子が選択肢として急浮上ですね。皆様、100円以内のお菓子で将棋大会の参加賞になりそうなものを調べて教室のときにでもご紹介いただけたらありがたいです。あるいは「お菓子はいけない。そこは大人が一線を引くべき」などご意見もいただけたら。
お菓子も選択肢に入れて子供たちに決めさせたら、あっさりお菓子になっちゃいますかね。社会の縮図ということになるかどうか。

別の話になるのですが昨日ご紹介したデラックス将棋、実は昨年U-18ビギナークラス準優勝だった佐々木優くんの商品がこれだったそうで、早速持ってきてくれて見せてくれました。
はい、この目で確認しました。絶賛推奨です! 駒の大きさもこれまでの印刷駒のように小さくなくないですし、駒台になっている駒箱がまたいい。持ち駒を右側にきちんと置く習慣がつきますので、駒台はあったほうがよいです。

デラックス将棋



最期に、靴の履き間違えの連絡。本日参加されたみなさん、靴に別の子の名前が書いてありませんか? 似ていたためでしょう他の子の靴を履いて帰った子がいるはずです。名前が書いてあるそうなので、ご確認いただき該当者はご連絡ください(メールでも、ブログのメッセージフォームからでも)。(追記:解決したとのこと。よかったです)

さあ、今年もがんばりましょう!

1月5日(土)将棋教室の確認 指し初め式

1月5日(土)将棋教室の確認です。10〜12時に行徳公民館第2和室にて行います。
10時から指し初め式、その後に昨年同様、すーさん主催の将棋大会があります。早めに部屋を開けますので、10時までに来てください。また、終了は12時半ごろを予定しています。

※初めての方もどうぞお気軽にお越しください。事前連絡不要です。

今後の予定:

1月 5日(土):10-12時 行徳公民館第2和室 ※指し初め式&第4回行徳将棋クラブ将棋大会
1月12日(土):行徳公民館休館にて未定
1月19日(土):9:30-11:30 七中にて行われる七中ブロックコミュニティークラブ「囲碁・将棋・オセロ教室」に参加。
1月26日(土):10-12時 行徳公民館第2和室

2月 2日(土):10-12時 行徳公民館第2和室
2月 9日(土):10-12時 行徳公民館第2和室
2月16日(土):9:30-11:30 七中にて行われる七中ブロックコミュニティークラブ「囲碁・将棋・オセロ教室」に参加。
2月23日(土):10-12時 行徳公民館第2和室


上記すべて無料です。

※丁寧に講師に教わる平日少人数クラスも行っています。希望者は土曜教室でお声掛けください。

デラックス将棋

さて、明日は指し初め式。行徳将棋クラブのみなさんの元気な姿を見るのが楽しみです。いつもは「何時に来て何時に帰ってもいい」スタイルですが、明日はできるだけ10時に来てください。

尚、次週1月12日(土)の教室ですが、押切自治会館を管理している会社が6日まで休みでまだ確認がとれていません。後日当ブログにてご案内します。


話は変わるのですが、年末に郵便物の整理をしていて連盟から送られてきたこの盤駒セットが良さ気だなあと眺めていました。駒入れが駒台になっていて、しかも木製。どなたか購入して見せていただけないでしょうか 我が家は盤駒ガラガラあって、これ以上増やせないので。
軽そうだし駒箱が平べったいので持ち運びにも便利ではないかという感じがします。
(羽生善治竜王は発売当時)
デラックス将棋


Amazonにもありますね。


将棋界の自爆テロリスト

昨年、他市でのカルチャースクールの将棋講師などの仕事の依頼を3件お断りしました。

将棋指導者としてのキャリアを積むならやらない理由がないのですが、職業でやるつもりはなく地域活動としてやっているので。将棋を子供に教えるということをするなら、タダでも行徳でやりたいのが本音です。
馬鹿ですよね。そういう仕事をやって報酬を市川市小学生将棋大会に突っ込めば、子供たちが妙典や行徳駅前で地べたに座って将棋を指す必要はなかった。でも、仕事としてやったものをすべて突っ込むのはちがうかなと。仕事でないから全部突っ込んであれが出来た。

photo0000-3399


検索すると色々見ていただけますが、首都圏の将棋教室はプロ棋士でなくとも私と同じような有資格者のインストラクターなら1時間で1500円とか2000円とか、そんな感じになってきています。他の指導員たちの話を聞いても「ちゃんとお金をとってくださいという風潮に将棋界はなっていますよ」と。将棋の価値を世の中に認めてもらい、習いごとお稽古ごとの地位にまで将棋を押し上げようと一丸となっている様子。へぇ〜、みなさん立派な先生になってるんだ。

ただ、このような流れになる少し前の段階で、さだまさしさんの風に立つライオン基金への寄付を目的とした500円募金将棋教室など、人々が将棋にお金を使う心構えがない世の中で指導員たちが苦しんでいるときにお金を出してもらう工夫をしてきた点においては、先駆者であるという自負はあります。いつの間にかおいて行かれ孤立しました。

将棋界の自爆テロリスト、行徳将棋クラブ原。何年か前は冗談で済んだんですが。マジで悪党になってしまった。でも、週一の指導で月謝8000円とかやっちゃうと、将棋好きなんだけど来れなくなる子があるだろう。そういう子を見捨てる気はないんです。

今年もよろしくお願いしません

あけましておめでとうございますはいいとして、今年もよろしくお願いはしません。

よろしくお願いするのは「私はこのように生きています。どうか暖かくお見守りお付き合いください」ってことですよね。まっぴらゴメン。俺なんてクソ野郎なんで。「お前なんかとよろしくやるかよ」とぜひ思ってください。
ただ私が訴えていることに対しては、ちょっと考えてみて欲しいのです。

富岡八幡宮2019


「こういう子ども将棋大会があったらスゴイな」とか「人が集まる楽しい行徳駅前広場になったらいいな」というのをまずはお見せしますので「これはいいことだ」と思ったならば、どう存続させ育てるかを考えて下さい。

「応援しています」とか「協力します」とかよく言われるんですが、応援とか協力とかされるとやらなきゃいけないことがドンドン増えてゆくばかりで私にとりひとっつもいいことがない。スゲーむかついているというのを、年の初めに言っておきます。

市川市の芸術系サークルの皆さんへの警鐘

衝撃的なタイトルですが、どこかで書いておきたかった。

文化・芸術サークルに所属されていない方のために整理しておきますと、公民館など市施設を拠点に活動している登録団体の活動には、市が絡むものとしては大きくは2種類あります。1つは公民館ごとの文化祭。もうひとつは、市内各地の公民館や会社等で活動する同じジャンルの団体が集まって構成している市川市〇〇連盟や協会が主催して行う芸術祭。

問題はその芸術祭。市のホームページのこちらをご覧ください。

ここからは、私の逞しい想像力によるものです。市や登録団体の幹部がそんなことを言っているということはまったくありません。予めご了解ください。「また原の大ボラだな」とスルーしていただいてもかまいません。

市の予算は医療・福祉・教育・インフラなどが優先で、文化事業は最後の最後。そして、割り当てられた限られた予算を次年度もその先も何とかして守るべく、担当部署の方々は四苦八苦している。
予算を守るには、その事業が必要であることの根拠が必要になります。広く市民のためになる事業なのか。

合唱イラスト


上の市川市ページのリンクに27事業が記された表がありますが、表の右端に「公募」という欄があります。これは「団体構成員ではない市民も参加できるよう一般募集するのか」ということ。そして、この「公募」を行う企画のほうが、事業として価値が高い・・・とされてるっぽい空気を誰も何も言ってないんですが私は勝手に感じています。
つまり、団体構成員の一部が裏方に回りその芸事を外部の市民に広く楽しんでいただけるような事業のほうが評価が高い。歌や踊りのように参加者や出演者・来場者たちがすべて団体構成員とその親族家族だけならば、身内で楽しんでいるだけ。市が予算をつける必要はなく、自分たちでお金を出し合って自分たちのイベントをやったらいい。比べて、将棋の大会はとても筋がイイ。市民全体に開かれている。ほかを削ってでも将棋を優遇したほうがよいのではないか?

「原さんはどう思いますか?」と聞かれ「いえ、私は歌や踊りに予算をつけるべきだと思います」と答えました。あっ、いや、もしそう聞かれたらそう答えるでしょう。
なぜなら団体構成員と外部という視点でなく芸事の特性の観点で見れば、将棋大会って将棋を指せる人しか楽しめないんですよ。歌や踊りは、プレーヤーでなくてもその場に居る人々に感動や幸せを与えることができる。つまり人を選ばない。市民全員を対象にできる。

そこで歌や踊りはじめ芸術系団体の皆様に訴えたいのですが、団体や上部組織の中だけのイベントやコンテストで満足して惰性になっちゃってませんか? 疲れた顔をして寝るためだけに市川に帰ってくる通勤人たちにどうアピールするか、脳髄絞って考えていますか? そうでないと、当たり前にできていた活動ができなくなる日が来ても不思議はありません。私が将棋をやってるうちは将棋にのさばらせることはしませんけど。私は将棋はいつでも降りる気でいますので。

難しいですよ。難しい。日本舞踊の先生と話をしたことがあるのですが、地域のお教室はホント二人とか三人とか。しかし、わかる人だけでも寄り添いその文化を守っている。それが無くなっていいのかといえば、決してそんなことはない。思想としては、痛いほどわかります。

こんなことを書くとまた、全方向から総スカンを食らい独りになるのですが。歌や踊りの人たちにとっては悪の親玉。将棋の人たちからは「何てこと言うんだ!将棋をアピールして予算を守りあわよくば他をツブしてでも将棋に有利になるよう動くべきじゃないか!」。それはまぁ、もぅいいんですけど。

最期にもう一度、念のため。誰も何も言っていません。この投稿は、私の妄想です。Hara Blogに長年お付き合いいただいている方にはご理解いただけると思うのですが。ありもしないことを書いたりします。時々ホントのことだったりするのですが。
行徳将棋クラブ

行徳将棋クラブ

Twitterアカウント
千葉県市川市の行徳将棋クラブを運営している原伸一です。ブログの更新情報をお届けしてゆきます。
最新コメント
Archives
Profile
ハラ

フォークシンガー原
(原 伸一)

1967年生。千葉県市川市の南部、行徳・妙典でアコースティックライブの主催等の活動を行っています。また、行徳公民館で小中学生の将棋教室を開いています。

ライブ情報は以下サイトにて。

http://gyotoku.livedoor.biz
活動場所
喫茶「マイセン」(フォーク好きの集まり・例会です): 行徳駅より徒歩0分。改札を背にすぐ左、山下書店の2F。Tel:047-357-4039
会費500円+ドリンク代450円〜 

市川妙典SATY(路上ライブ): 妙典駅より徒歩3分。無料。お店の詳細は以下をクリックしてご覧ください。
メッセージ

名前
メール
本文
GSG5(行徳将棋ガールズ)
GSG(Gyotoku Shogi Girls)は、行徳将棋クラブの女子のこと。音楽も大好きで、2013年女子アマ団体戦で歌を歌ってベストパフォーマンス賞をいただきました。
人気将棋ブログ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ