Hara Blog

千葉県市川市の行徳でライブ活動を行っている、フォークシンガー原の日記です。公認将棋指導員として、子供たちの将棋の話題なども。

7月22日(日)行徳駅前スtリートライブより

7月22日(日)行徳駅前ストリートライブ、出演者の皆様、お疲れ様でした。ご来場いただいた皆様、炎天下の中本当にどうもありがとうございました。

この日のステージより、サンデーサティーズの演奏を2曲お届けします。

「空もとべるはず」(スピッツカバー・堀木/原ユニット)。後半の間奏のところ、ボーカルのおっさんがんばってるけどやっぱ堀木くんがモテるとこ笑ってください(笑)。



「センチメンタル」(ゆずカバー・山口/堀木ユニット)。季節にあって良い雰囲気です。ゆずカバーはサンデーサティーズ。ゆずっ子たちの憧れの的、山口堀木ユニットです。

季節の中で 行徳駅前ストリートより

7月22日(日)午後、行徳駅前ストリートライブ。

灼熱の炎天下。時間設定を考えるべきだったと反省しています。日程を決めたときにはこの夏がこれほど暑いとはわかりませんでした。来年以降の教訓。

まずはソロ。「季節の中へ」松山千春さんカバー。風の音が入っていてスイマセン。
サンデーサティーズ演奏の動画は、これから作業します。少々お待ちください。

7月21日(土)将棋教室の風景

7月21日(土)午前は、七中の「囲碁・将棋・オセロ教室」に参加しました。

将棋のトーナメントは参加15名ほど。一学期が始まる前に比べ、低学年の子たちもすっかり力をつけてきました。将棋に学期は関係ないですけどね(笑)。優勝準優勝は富美浜小の文科杯チーム。やはりいいチームでした。

教室風景


この教室は「色んなボードゲームをやってみましょう」というものなので、囲碁・将棋・オセロどれでもやっていいのですが、今日は囲碁をやりたいという子が来ていて、最初ちょっと気の毒でした。後半に翔裕園のお年寄りの方が来てくれてよかった。

囲碁の子供への普及状況ってどうなってるんでしょうね。普及家の方と話してみたい気がします。私が言うのも変ですが、あんまりみんな将棋になり過ぎているとすれば、どこかにひずみが出ないだろうかと心配になる。囲碁も大切な伝統文化なので。ただ世界的に見れば囲碁のほうがゼンゼン人口多いので安泰でしょうけど。
ちなみに七中教室は月一回ボランティアで子供たちの相手をしてくれる方大募集中です。

7月21日(土)将棋教室の確認 場所は七中です

7月14日(土)将棋教室の確認です。

七中(行徳公民館の隣)で行われる七中ブロックコミュニティークラブ「囲碁・将棋・オセロ教室」に参加します。
時間は9時30分からです。10時からトーナメントなので参加者は10時までに来てください。
※上履きを持参してください。
※初めての方もどうぞお気軽にお越しください。事前連絡不要です。

今後の予定:

7月21日(土):9:30-11:30 七中にて行われる「囲碁・将棋・オセロ教室」に参加
7月28日(土):10-12時 行徳公民館第2和室

8月 4日(土):10-12時 行徳公民館第2和室
8月11日(土・祝):行徳公民館休館にて未定
8月18日(土):10-12時 行徳公民館第2和室
8月 25日(土):10-12時 行徳公民館第2和室


上記すべて無料です。

平日 月・金に行徳駅前、火・木に妙典駅前にて18時から駅前将棋を行っています(雨天中止)。市川市の小学生将棋大会を実施する資金集めとして500円募金をお願いしています。参加お待ちしています。当日変更もあり得ますので、直前に当ブログもしくはツイッターで確認してください。

7月20日(金)行徳駅前将棋の確認

7月20日(金)行徳駅前将棋の確認です。18時より行徳駅前広場(交番側)で行います。18時30分までに誰も来ない場合は撤収します。

市民サークルの価値を金額に換算してみる

当ブログで繰り返し指摘している、病院のお年寄りサロン化。巷の小さな病院やクリニックには馴染みの患者さん同士や看護師さんたちが会話する和やかな風景があります。が、そこには国や自治体のゴツイ金が注ぎ込まれています。趣味がないと、人恋しいお年寄りたちはそういうとこ行っちゃう。

70歳以上の高齢者医療保険制度では1割が被保険者負担ですが月の上限が8000円。お年寄りたちは8000円以上使うのがオトクとばかりに病院・薬局に通いますので、例えば1万円ちょっと分通うとすると、公的負担はお年寄り一人あたり約10万円/月。年間120万円。不謹慎で申し訳ありません。本当に治療が必要で通う分ももちろんあるでしょう。

市川市将棋愛好会連盟を構成する市民サークルのアクティブメンバー合計は150名くらいですが、見た感じ100人くらいは70歳以上の方々。つまりざっと1億2000万円分の医療費の代替価値を持っています。

さらに孤独死や自然災害時の問題ですね。「誰々さんは大丈夫じゃろか」と気にしてくれる人の存在が高齢者の場合はことのほか重要なので。何かあったときにパッと頭に浮かぶのって、日頃楽しい時間を共に過ごしてきた趣味仲間は上位にくると思う。
もし市の職員さんが週に1回くらい見回りすることによりそのセーフティーネットをつくるとしたら、その人件費。

「生きがい」という心の部分を除き、金銭に換算できる側面だけでも1億数千万円にもおよぶ価値は、各サークルの日常の公民館等での活動と目標となる年に一度の市川市民将棋大会で構成されています。その大会の運営が、子供の増え過ぎで困難になっている。
「子供を引き取ってくれんやろか」
て言われたら、うろたえると思いません?いやもう、うろたえまくってます。

冷静に現状を見るならば・・・
将棋ブームで、子供を対象とした大会は東京でも千葉でも増えているんです。大きな会社がスポンサーで運営費を負担してくれて実施されている。市川市民大会に初心者の子供が参加できなくなったとしても、子供たちが参加できる大会がなくなり困るかといえば、否。
なのでもしかすると私の役割は、それをよく市内の将棋関係者に説明し、子供を切り離し別途大会もつくらないという合意形成をすることなのかもしれない。潮流に逆らいかえって下の世代に迷惑をかけることもある。市民大会における初心者子供の参加に幕を下ろす役として、原が今この場に存在しているとも考えられます。

でも、なんか気持ち悪いですよね。すごい価値あるものからこぼれ落ちてくるものを、そう簡単に捨てていいものか。見落としはないか。
大会は、ほかに色々たくさんある。市という自治体の単位で、やるとすればその価値は?
わからないんですよ。わからないまま、とりあえずやれるように進めています。

無題

夏祭り縁台将棋の件、自治会に聞いてくださっている方もありまして、感謝申し上げます。参考までに共有しますと、今年だけというのがネックで、主催側としては継続してくれる企画なら歓迎だけれどということがあるようです。当然ですね。
なので自治会の小さなお祭りではなく、申し込みベースで参加団体を募っているような大きな祭りが対象でしょうね。行徳祭りは社団戦最終日と重なっているのでNGですが、ほかにアイデアあればぜひお知らせください。

あと、個人的には実はとてもショックを受けたことがありまして。最近、政治系の友人と話をする機会があったのですが、ブログを読んでくれていて「将棋で着々と政治活動のベースを築いていますよね」みたいに言われたんですよ。それもごく自然に、当然そうでしょみたいな感じで。
「は?」と思わず漏れた次の瞬間に「!」とか「?」とか無数に頭の中を駆け巡り、やがてヘナヘナして何もする気なくなった。
落ち着いて振り返ってみると、そうか「スポンサー企業さんありませんか」とか「自治会の役員さん紹介してくれませんか」とか不用意にもほどがあるようなこと言ってますね私。
いやもう、将棋大会の件についてはホント完膚なきまでに、なんっにもいいことないわ。

市川の政治家の方でこれがオイシそうに見えている人が居るなら、ゼンブお譲りしますよ。ちゃんと将棋を愛し子供たちと接してあげてくれるなら。私は一切足を洗い身を引きます。「そうでなく一緒にやりましょう」なんて言われた日にゃぁブン殴る。やるならゼンブ背負いこんでやれ!

すいません、単にブン投げることはないです(笑)。とりあえず抱えて走りますが、抱えて走らざるを得ない理由は次稿にて。

7月19日(木)妙典駅前将棋の確認

7月19日(木)妙典駅前将棋の確認です。18時より妙典駅前白妙公園で行います。18時30分までに誰も来ない場合は撤収します。

7月22日(日)13時30分〜 行徳駅前ストリートライブ

行徳駅前ストリートライブ、次回は今週末の7月22日(日)13時半〜となっております(17時頃終了予定)。

今回は色々と行き届かない点ありました。

まず、この企画は「サンデーサティーズのライブ」という訳ではなく「地元で音楽をやっている人々を地域住民の方々に紹介することをサンデーサティーズプレゼンツでやる」というのが趣旨。なので、告知チラシをサンデーサティーズメインのものから「行徳駅前ライブのチラシ」に変えようとしたのですが、ボランティアで絵を描いてくれている方と色々と試行錯誤しているうちに間に合わなくなった。広告って難しいですね。どうもしっくりこないとして、その理由がなぜなのかが具体的にワカラナイ。

また出演者なのですが、今回もサンデーサティーズとマイセンファミリーのみ。お願いした方々が行事や仕事などで最終的にことごとく都合つかず、ならばサンデーサティーズあるいはマイセンのチラシだけでも告知活動すればよかった。空振ってしまいました。

そんなこんなで22日を迎えそうです。酷暑でしょうね。安全にも十分注意すべし。

さて、ステージイベントのある地域の祭りが多い季節となり、考えること。
それぞれのイベントの主催者はもちろん、その地域の住人に楽しんでもらうことが第一。で、苦労してやるからには自分が懇意にしている、あるいは出てもらいたいアーティストに声をかけます。結果、それぞれの祭りが単体で完結している。何の不思議もないですが。

いっぽう地域エンターテインメントの視点からすると、バラエティーに富んだ地域アーティストのキャラがたくさん存在していて「今度はここに誰と誰が出る」というのを楽しみに出来るほうがいい。するとライブのファンが祭りを巡る循環ができます。

ですが主催者の方にとっては地元の人や自分の人間関係が最も重要ですので、横につなぐと言っても「理屈はそうかもしらんが我々にとっての直接メリットが見えんし、あんた誰?」という話(笑)。
ただ、もし仮にジャガーさんが「市川市内の祭りどこでもボランティアで行きますよー」なんて言ったら(あくまで例えばの話。念のため)、引っ張りだこになりますよね。喜んでくれる人が多いので、主催者としては明らかにメリットがある。
「そのようなキャラたちを地域で育てませんか?」ということを言いたい訳ですが、どうしたらいいのかよくわからん。誰がそれを言えば説得力ありますかね?

市川乙女さんはそんな中、面白い企画だと思います。がんばってほしいですが、単独で盛り上がることってないんです。市川乙女だけでは地域芸能界にならない。もっとたくさん居ないといけない。
はい、行徳も市川に負けじと企画しています。サンデーサティーズがバックで演奏して女の子に歌ってもらういきものがかりスタイルにて。学校の行事などでなかなか都合が合わず今回もダメなのですが、秋以降にこうご期待。

キミノコエヲキカセテ
サア ボウケンシテミナイ
タノシイコトハジメヨウ
遊びたい ぜったい
とぅ たいっ! たいっ! たいっ!

7月17日(火)妙典駅前将棋の確認

7月17日(火)妙典駅前将棋の確認です。18時より妙典駅前白妙公園で行います。18時30分までに誰も来ない場合は撤収します。
行徳将棋クラブ

行徳将棋クラブ

Twitterアカウント
千葉県市川市の行徳将棋クラブを運営している原伸一です。ブログの更新情報をお届けしてゆきます。
最新コメント
Archives
Profile
ハラ

フォークシンガー原
(原 伸一)

1967年生。千葉県市川市の南部、行徳・妙典でアコースティックライブの主催等の活動を行っています。また、行徳公民館で小中学生の将棋教室を開いています。

ライブ情報は以下サイトにて。

http://gyotoku.livedoor.biz
活動場所
喫茶「マイセン」(フォーク好きの集まり・例会です): 行徳駅より徒歩0分。改札を背にすぐ左、山下書店の2F。Tel:047-357-4039
会費500円+ドリンク代450円〜 

市川妙典SATY(路上ライブ): 妙典駅より徒歩3分。無料。お店の詳細は以下をクリックしてご覧ください。
メッセージ

名前
メール
本文
GSG5(行徳将棋ガールズ)
GSG(Gyotoku Shogi Girls)は、行徳将棋クラブの女子のこと。音楽も大好きで、2013年女子アマ団体戦で歌を歌ってベストパフォーマンス賞をいただきました。
人気将棋ブログ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ