Hara Blog

千葉県市川市の行徳でライブ活動を行っている、フォークシンガー原の日記です。公認将棋指導員として、子供たちの将棋の話題なども。

市川市長選 村越ひろたみさん

公式サイト・政策チラシとも情報量が少ないかなと見ていました村越ひろたみさんですが、このところサイトに動画をたくさんアップされ市の施策について語られています。動画より文字のほうが外でも通勤電車でも場所を選ばず情報入手できるのですが、村越さんはこのスタイルのよう。じっくり視聴してくれたら人柄もわかるし動画は有効だと思います。

保育問題については、例えば本八幡駅北口のパティオ、南口の市情報プラザのようなところ、民間から借り上たり市の施設を保育所に変えたほうが市民に役立つ。通勤の同線上に保育所があり利用できることが大切で、また保育士の待遇改善により保育士の確保および有資格者の潜在保育士がお仕事をしてもらえるようにするとのこと。

月の雫さて、行徳将棋クラブの子供たちも数名参加している市民ミュージカル。2014年「月の雫」16年「夏の光」と、赤レンガの保存が背景のテーマでした。特に2016年は現市長が県に対して保存を求めると嬉しい発表をしたことで、感動的なラストシーンが生まれました。
ところが、やはり県では処分対象と決まった。すると方法としては市が買い取るしかないが、それはしないことになった。

赤レンガを生かす会が5名の市長候補に公開質問状を出したとのことで、その回答一覧がこちらサイトに掲載されています。パッと見、村越さん高橋さん小泉さん坂下さんの4名は、保存へ向け積極的に動いてくれそうに見えます。

以下、別のご意見あるでしょうが、私の個人的な見方です。

小泉さんと坂下さんは自民党の市議県議で現市長も自民党からの支持を受けています。つまり、この建物の価値を認め保存へ向け本気で動いてくれたならば、市で活用する場合のデザインについての議論がもっと進んでいるはずです。

赤レンガ保存という観点からは、村越さん高橋さんのいずれかにかけるしかないと私は見ます。

村越さんの場合、もちろん市民と一緒に知恵を出し合うスタイルでしょうが、最終的には村越さんの手腕ということになりそう。大久保市長が保存へ向け動くと言ったのに出来なかった訳です。よほどの事情があるはず。保育・教育・福祉・医療・防災・都市整備・・・様々なところへお金が必要。村越さんなら乗り越えてくれることを信じられるか。

高橋さんの場合、「公民連携」「政策目的による事業評価を導入してゼロベースで見直し目的と効果を精査」という訳ですので、文化事業として成立するという情熱を持った市民が市の職員さんと一緒にデザインを描くことになると思います。「大切なんです」という気持ちだけではなく企業プロジェクトのような企画書が書けるか。書ければ勝ち。

村越さんを信じるか、自分で勝ち取る高橋さんスタイルか、さあどっち?
(あくまで個人的見解)

市川市長選は、11月26日(日)です。

市川市長選 坂下しげきさん

「坂下くん」と、親しみを込めて呼ぶ人々が市の中北部に多いのを実感しています。ご自身が同じ学校とか、お子さんがそうとか。「市川八幡のあたりは小さな町ですよ。誰がどこの中学校でどの高校行ってどの大学に入ったとかって、みんな互いによく知っているんです」。同じ学校でなくても部活はじめ様々な交流があり、同世代ならなんとなくはわかる。親戚や友人関係からたどれば、たいがいみんなどこかでつながっている。そのようなつながりを丁寧にフォローしてきた人なのだということはよく解りました。もちろん秘書をしていた議員さんの地盤を受け継いだこともあるでしょうが、努力もされてきた。

私は行徳に来てから20年ほどですが、それでもまだ新参者なのだと思います。何代もここで暮らしてきた人たちからすると、私のような者が市政すなわちここのしきたりのようなものに不満を述べることがどのように映るかな?というのはふと気になりました。

昨日20日、行徳で石破茂衆院議員が街頭演説を行うというので、めったにない機会なので行ってみました。さすが大物政治家ですね。通り一遍ではなく、市川のことや行徳のことも具体的数字までちゃんと頭に入っている。48万人の人口が2040年頃にはこのままいくと2割減る。そして全体では2割減だが、出産年齢の女性は現在の8万人から4万人になるそうです。つまり、放漫財政を続けてはいけない。そして、行徳の魅力を外にアピールして人を呼べるようにしなければならない(さすが元地方創生担当大臣)。行徳鴨場は皇太子様と雅子様がここでデートをされたという話もある・・・
迫力ありいいスピーチだったと思います。このような自民党大物議員とつながっている坂下さんにと心に決められた方も多かったことでしょう。

石破茂


坂下さんのサイトを見ると、健全財政への取り組みが1丁目1番地であることが解ります。市の財政を見直し、余分なものは厳しく縮小・廃止。市民の税金を大事に、弱者に厚く使うということですね。市機構の大きな構造改革はないかもしれませんが、「次世代にツケを回さない。助け合って暮らしてゆく」というスタイルの印象を受けます。

私は、大きな構造改革が必要と見ています。少子高齢化が急速に進む中、市区町村の勝ち組・負け組が残酷に、本当に残酷に、顕著になる時代が迫っている。「都民ファースト」で日本中がよくなるなんて、嘘だ。東京に負けない努力を各自治体がしなければ、沈んでしまう。ここは高橋亮平だというのが、私の意見です。しかし、別の考えもあることでしょう。

市川市長選は、11月26日(日)。

市川市長選 田中甲さん

市川市長選、各候補のよいところ、「このような考え方の人はこの候補に投票したらよいのではないか」という点についても述べてゆきたいと思います。田中甲さん。
 
「親分はあまり細かいこと言うもんじゃない」という感覚って、ありますよね。下が疲れちゃう。むしろ現場のプレーヤーが生き生きと行動しアイデアを上げて来る環境をつくってあげて、それだけだと色んな所でぶつかって火花が散るので調整役として大ボスが居る。そしてボスが「こう」と決めたらそれに従う。従い、みなが「この人が言うなら」と納得できるような徳を備えた人をトップにしたいという考え方。

もちろん5候補者ともそのような制度にして徳を備えたトップになろうとしているでしょうが、やはり年の功(こう・笑)ですかね。持っている雰囲気としては、田中甲さんが一番おおらかで落ち着いているように感じます。

個人的には、それが良い時世もあるけれど、現在は大きく制度を変えるビジョンをトップが持つべきポイントと考えています。付随して必然的に多項目に渡る政策が出てきてしまう。それで高橋亮平さんを推しています。でも、「細かいことわかんない。こうさんを信じて任せる」という方もいらっしゃることでしょう。

市長の報酬を大幅削減し、また市税を減税するそうです。名古屋の河村たかし市長が応援に来てくれるとのこと。行徳でも河村節が聴けるでしょうか。楽しみですね。


市川市長選は11月26日(日)です。

市川市長選と立憲民主党と民進党

市川市長選、「立憲民主党がいないよぉ〜」と嘆いている人が多いことでしょう。どんよりとした政界に新風を吹き込んでくれそうな存在ですものね。期待したいところです。

立憲民主党は衆議院議員しかいない国政政党です。通常は国政政党は、市区町村議員と支援者があり、都道府県の議員や組織があり、その上に国会議員が居るピラミッド。地方選の公認や推薦はまず地方でのコンセンサスが得られないといけませんが、立憲民主党にはその「地方の組織」がまだありません。公認や推薦が出されるには、もう少し時間を要するでしょう(追記:19日投開票の名古屋市議補選で初の公認あり)。

ちなみにかつて希望の塾に籍を置いた立場から、立憲民主党へ期待を込めて一言。

都議選は、風もあったことでしょうがその選挙戦を支えたのは、連合ではなく希望の塾生や候補者の友人たちでした。しかし組織の拡大にあたり、小池さんは彼らには目もくれず民進党に頼り連合に頭を下げに行った・・・という風に見られてしまった。そして3か月後の衆院選では優秀な兵隊たちが他党に分散、とりわけ立憲民主党にとられ敵に回すことになりました。
これから立憲民主党は、地方組織をどうしてゆくかという課題に取り組むことになるでしょう。その際、民進党や連合の組織に頼るよりもフリーの立場で集まってくれた個々のボランティアたちを大切にできるかどうかが、存亡のカギを握るはずです。

つまり、立憲民主党にとり最も警戒すべきは、民進党と連合の組織であると言えます。「排除」ではなく頼るのでもなく、対等な協力関係を維持しながら、期待を受け好感度の高いうちに地方の体制を築いてゆかなければならない。そして、「上からではなく草の根からの政治」は、そうそう短期間につくり上げられるものではありません。

さて市川市長選、党として立憲民主党の名はありませんが、同党千葉の代表的立場にある生方幸夫衆議院議員は、村越祐民さん(民進党ほか推薦)および高橋亮平さん(完全無所属)の両名に応援を送っています。それがどういうことなのか論評はしません。選挙期間中ですので、淡々と事実を述べるに留めます。

市川市長選と公明党と自民党

妙典祭り終了後、長年このイベントに携わっており、公明党の地域では若手として中心的立場の方と夕飯をご一緒しました。衆院選はそのうら氏の選挙を支援し駅頭のお手伝いなどもしたが市川市長選はノータッチと伺いました。
余談ですがその後、高橋亮平さんの構想「健康寿命を延ばすために」にも通じる、身近にワクワクがもっとあるための文化活動や地域エンターテインメントについて語り合いました。

昨日19日公示日、新聞報道では各候補に対する与野党の推薦情報が掲載されていますが、不思議と「公明党」の文字がありません。

本日20日、高橋さんの駅頭のビラ配りのお手伝いをさせていただきました。ある方から次のような声をかけられました「手ごたえはどうですか?自民党も割れていて大変な戦いですよね。公明党も自主投票じゃないですか。こちらのみなさん(今日は10名ほど)ボランティアの方ですか?組織なくこれだけ集まるのはスゴイです。がんばってください」と。よくご存じなので、公明党関係者なのかな?と推測しました。

直接情報を入手できる立場ではないので、間違っていたらすいません。上記のような出来事から、公明党としては今回の市川市長選、自民党を支援できない状況があったのだろうと個人的には見ています。

だからどうという訳ではないのですが、ご自身は「公明党員でも創価学会でもない」のだけれど「友達が多い」という方はけっこういらっしゃいますので、ご参考まででした。

市川市長選 高橋亮平さんを支持します

市川市長選、公示日を迎えました。

個人的に今回は、高橋亮平さんを応援します。高橋さんはかなり早い段階で市長選出馬意向を示されており直接お話を伺う機会があったこともありますが、先入観なく現時点で考えても、最も市長になってほしい方です。

国政選挙の場合、有能で人柄が良くても政党支援ない無所属候補ですと、国会でひとりでどれ程のことができるだろうか?と考えます。しかし今回は市長選ですから、シンプルに市長として適任の人を選ぶべきと考えます。従い、政党よりは政策重視です。

最も重視する政策は、保育と教育。「子供を必ず預けて共働きできる」「子供が意欲さえあれば家庭の収入に関係なく大学まで行ける」・・・この2点が実現されれば、若い世代が安心して子育て出来る。当ブログで繰り返し述べてきたことです。好きになった人と自然に結ばれることができない社会になりつつあり、それだけは最低限なんとかしなければならない。次の世代に申し訳ない。

私の場合、情報の入手はやはりインターネットからです。次第に多くの人がそのようになってきているのではないでしょうか。

まず待機児童問題について。「待機児童を減らす」のは当然ですが、どのような政策によってなのか、5候補者の公式サイトを見て、見落としがあったら申し訳ないのですが具体的な記述が確認できたのは、高橋さんと小泉文人さんの2名でした。
高橋さん「駅前送迎保育ステーション、大規模保育園建設、空き教室の利用、認定こども園など幼・保一元化、無認可保育園の支援、保育士寮の整備など」
小泉さん「市川、本八幡、行徳、これら利便性の高い駅の近くに大型の保育園を公設で用意」「東京都と同じレベルまで保育士の給与を引き上げる」

次に教育費負担の軽減。上記2名に加え坂下茂樹さん。
高橋さん「子育てバウチャーによる、習い事や塾代、私立学校授業料への支援」「各種奨学金制度の拡充」「民間連携も含めたオンデマンド教育提供や講師派遣、地域や保護者の中の教育経験者の協力など、放課後学習支援の拡充による公私間格差の是正」と熱心。
坂下さん「少人数学級を推進し、一人ひとりのこどもに目が届く授業を目指す」「低所得者にも平等な教育を確保するため奨学金制度などを充実(教育格差の是正)」
いっぽう小泉さんは本件については政権与党の方らしく、国会でまずはどのような議論がされるか、それに市がどう追随できるかで考えていらっしゃる様子。討論会の動画をご覧ください。こちら。「高校無償化」に限定したトークですが、教育費問題についてはまずは国でという考え方を全般的にされるのかなという印象を受けました。
従い、このテーマについても高橋さんが最も積極的と判断します。

最後に、どんな立派な政策も財源を伴わないと絵に描いた餅。財源の確保ですが、行財政改革についてわかりやすく明示されているのは高橋さん坂下さん小泉さんの3名。詳細は割愛しますが、坂下さんと小泉さんは政権与党の方らしく、無駄を省き必要な所へということではあるのですが、現路線を否定するようなことは言いづらい・しづらい印象。高橋さんは「市の事業に対して、政策目的(アウトカム)による事業評価を導入してゼロベースで見直し目的と効果を精査し、効果の薄いもの、コストパフォーマンスの悪いもの、既得権益化しているものを廃止」ということで、最も大胆。
考え方次第であり時代にもよりますが、責任ある立場でやってきた県議や市議の言葉の方が慎重で信頼できるか、あるいは変革を唱える新しい人に掛けるか。私は今回は、後者とします。

念のためですが、上記はあくまで私の考え方であり、人により優先順位が違うことは当然ですし、判断の基準も違うことでしょう。例えば小泉さんはどこに力を入れようとしているかといえばプラチナパスカード(65歳以上人、3歳児未満の子をお持ちの保護者、障害者への交通費補助)や駐輪場の無料化。「教育費は市がやろうとしても難しいが、それなら市長が力を入れたら現実的だ。確実に少しでも助かるほうがいい」という人も多いでしょう。高橋さんも「交通弱者となる高齢者や障がい者、妊婦の方などがタクシーを安価に利用できる仕組みをコミュニティバスの再検討と共に構築」と公約に入っていますが、力の入れ方は小泉さんの方が勝っている印象です。

市川市長選は、11月26日(日)です。

市川市長選 選び方のポイントは?

新聞各紙が明日告示の市川市長選に関する記事を掲載していますが、読売の「市川市長選5新人乱戦か」のタイトルはインパクトありますね。「乱戦」のようです。市民にとり「選びがいのある選挙」となることを期待します。

「市長選」という選挙はどのように考えたらよいでしょうか。支持政党をはっきり決めている人は迷わないでしょうが、そうでない場合に。

シンプルに「市役所のトップ」ととらえて、政党や支援組織などは関係なく政策で判断するというのは一つの方法。各候補サイトの政策ページは以下。
高橋亮平
坂下茂樹1
田中甲
小泉文人
村越祐民

文字情報だけでは人物像が解らなければ、動画が有効だと思います。先日、市川青年会議所が主催する公開討論会が文化会館で行われました。それがYouTubeにアップされていますので、紹介しておきます。こちら
テーマごとに短いクリップになっていて視聴しやすいと思いますが、2名の候補者が他の予定で短時間しか出席できておらず、少々残念。各陣営独自に別の動画も制作し自身のサイトにアップするかもしれませんので、そしたらそれを見てみるのもよいでしょう。

「政党も考慮する」場合。市川市でも、市議による大量切手購入や児童買春といった忌まわしい事件がありました。「今回はその会派が推す候補はダメ」とするか「けじめもついており候補は有能で信頼できる人物なので支持」するか。
また、「市議会で大きな会派が推す候補のほうが市の安定運営ができてよい」とするか「市長と議会がお友達のようになってはダメ」とするか。
政党による支援自体がどうかという問題もありますね。「経済団体や労働組合のしがらみは市政によくない」と見るか「しっかりした政党が認めた人物の方が信頼できる」と見るか。

現在の市政をどう感じているかもポイント。「不満はなく現在の路線を継承しつつより良くしてくれそうな人」がいいか「不満なので大胆に改革してくれそうな人」がいいか。改革派の場合は、ホントに実行できそうか、混乱を招くだけにならないか。

都市部は都内から越して来て「都会に来たみたい」と言う人が居るほどですが、北は農村部から南は漁業まである市川市。高いポテンシャルを信じたいですし、住んで良かったと思える街にしたいものです。

市川市長選は11月26日(日)。
大町

行徳港

11月18日(土)の風景

11月18日(土)は、七中ブロックコミュニティークラブ「囲碁・将棋・オセロ教室」に参加しました。

トーナメント参加者は26名。家族やお友達と楽しんで、あるいは強くなることを目指して、将棋ブームにより様々な広がりが見られます。

七中


先週の市川市民大会では、小澤瑛くん(新浜小)がAクラス(有段者)で4勝1敗6位だったとのこと。Aで4-1はスゴイ!
明日はテーブルマーク杯。明日も応援には行けませんが、みなさんの健闘を祈ります!がんばって、そして楽しんでください。

11月18日(土)の確認

11月18日(土)の確認です。

七中にて行われる「囲碁・将棋・オセロ教室」に参加します。
場所がいつもと違い、3階となります。ひとつ上まで階段を上がってください。

※上履き持参してください。

今後の予定:

11月18日(土):9:30-11:30 七中ブロックコミュニティークラブ「囲碁・将棋・オセロ教室」に参加
11月25日(土):10-12時 行徳公民館第2和室

12月 2日(土):10-12時 行徳公民館第2和室
12月 9日(土):10-12時 行徳公民館第2和室
12月16日(土):9:30-11:30 七中ブロックコミュニティークラブ「囲碁・将棋・オセロ教室」に参加
12月23日(土): 未定(祝日で行徳公民館は休館)

※上記すべて無料です。

市川市長選が日本の岐路だ

12日市川市民大会に参加したみなさん、お疲れ様でした。応援にゆけず申し訳ございません。今携わっている選挙が、ここで述べてきたことを行政に反映させたいと活動してきたことのひとつの区切りとなります。どうぞご理解のほどお願いいたします。

タイトルは、決して大げさではありません。

「しがらみからの脱却」を掲げたひとりのスーパースターの人気の陰りにより、有権者には経済団体や労働組合に支持された国政政党しか、再び選択肢がなくなってしまったかに見える。

生活者にとり暮らしがよくなっている実感がないのは、生活者に寄り添った政治がされないから。そういう政治家が選ばれないのは、利権が絡む人々はよく投票へ行くが生活者(例えば市外への通勤人やその家族など)が投票に行かないから。なぜ投票に行かないか。
「どうせ変わらないでしょ。選択肢がないし」
ならば、選択肢を示してゆく。

市川市長選は、11月26日(日)です。
この選挙が、2017年終盤に実施される地方選の中で最大の選挙となります。東京に隣接する人口48万人の大都市でどのような民意が示されるかは、今後の日本の政治の中で重要な意味を持ちます。

アイリンクタワーより


(※公職選挙法により、公示日(19日)までは特定候補への投票呼びかけを行うことはできません)
行徳将棋クラブ
Twitterアカウント
千葉県市川市の行徳将棋クラブを運営している原伸一です。ブログの更新情報をお届けしてゆきます。
最新コメント
Archives
Profile
ハラ

フォークシンガー原
(原 伸一)

1967年生。千葉県市川市の南部、行徳・妙典でアコースティックライブの主催等の活動を行っています。また、行徳公民館で小中学生の将棋教室を開いています。

ライブ情報は以下サイトにて。

http://gyotoku.livedoor.biz
活動場所
喫茶「マイセン」(フォーク好きの集まり・例会です): 行徳駅より徒歩0分。改札を背にすぐ左、山下書店の2F。Tel:047-357-4039
会費500円+ドリンク代450円〜 

市川妙典SATY(路上ライブ): 妙典駅より徒歩3分。無料。お店の詳細は以下をクリックしてご覧ください。
メッセージ

名前
メール
本文
GSG5(行徳将棋ガールズ)
GSG(Gyotoku Shogi Girls)は、行徳将棋クラブの女子のこと。音楽も大好きで、2013年女子アマ団体戦で歌を歌ってベストパフォーマンス賞をいただきました。
人気将棋ブログ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ