Hara Blog

千葉県市川市の行徳でライブ活動を行っている、フォークシンガー原の日記です。公認将棋指導員として、子供たちの将棋の話題なども。

Fukushima rice is used for school lunch in Ichikawa

For foreigners living in Ichikawa City, Chiba Pref. From this April, rice from Aizu area (located in Fukushima Pref.) is used for school lunch at public elementary school and junior high school. It was decided by city council under the friendship agreement with Aizu 3 cities.

Ichikawa administration says “all packages are inspected and result of radioactive material contamination is much lower than Government standard”. But the problem is that inspected material is only cesium and other material such as strontium is not inspected.

Another problem is it was decided before prevailing information to the parents. And it seems many foreign parents do not know this fact because paper on this matter distributed at school is written in Japanese. Also, many foreign parents don’t know where “Aizu area” is located.

The most significant point is that food cost for school lunch is paid by parents, not by administration. How Ichikawa administration and council can decide such important matter without listening opinion from parents? We can hardly understand.

Now we are planning to submit a petition to the city council. The more people there are, more power we have. Although right to vote is not given to foreigners, petition right you have. It is protected by Japanese constitution and Ichikawa city owes obligation to protect your right.

We need your cooperation. If you agree with us, please participate in our LINE group using this QR code. It is my personal code and I will invite you to the group. We are waiting for your participation.
23c8cd86

10月19日(土)の風景

10月19日(土)は、七中ブロックコミュニティークラブ「囲碁・将棋・オセロ教室」に参加しました。トーナメント参加者は8名。

教室風景


人数少な目ですが、レベル高いトーナメントでした。終盤は紙一重ですね。下図、せっかくムチャ攻めしたのだから、最後までいっちゃいましょう。七手詰。

七手詰

10月19日(土)将棋教室の確認

10月19日(土)将棋教室は七中(行徳公民館の隣)で実施の「囲碁・将棋・オセロ教室」に参加します。

※10時からトーナメントですので、参加者は10時前に来てください。
※上履きを持参してください。

今後の予定:

10月19日(土):9:30〜11:30 七中ブロックコミュニティークラブ「囲碁・将棋・オセロ教室」に参加
10月26日(土):10-12時 押切自治会館

11月2日(土):10-12時 行徳公民館第2和室
11月9日(土):10-12時 行徳公民館第2研修室
11月16日(土):9:30〜11:30 七中ブロックコミュニティークラブ「囲碁・将棋・オセロ教室」に参加
11月23日(土):10-12時 未定(祝日で公民館休館にて)
11月30日(土):10-12時 行徳公民館第2和室

※土曜午前教室はすべて無料です。

教室風景


★ステップアップ講座(平日クラス)

土曜午前教室は、自由対局形式です。どんどん対局ができればいいという人は、それだけでよいでしょう。
でも、このような人も居ることでしょう;
・上達するために先生からじっくり教わりたい。
・戦法を身につけ磨いて強くなりたい。
・スポーツをやっていて土日がダメ。平日に将棋を指したい。

そのような人のために、平日の夕方に講座を行っています。どうぞご利用ください。

料金:週一回(月〜金曜コース)月謝8,000円。
場所:曜日ごとにご案内します
講師:原伸一(日本将棋連盟公認指導員)
〒272-0123市川市幸1−5−6
Tel: 047-358-2889

月曜クラス(現在空席5名)
火曜クラス(現在空席5名)
水曜クラス(現在空席5名)
木曜クラス(現在空席4名) ★次回10月17日
金曜クラス(現在空席なし) ★次回10月18日
時間はすべて 18:00〜19:30。

※対象: 年齢問わず。はじめたばかりの入門者から初段まで。

市川市学校給食のお米問題 あるママさんの訴え ご参加をお待ちしています

再び、学校給食のお米問題。台風被害の対応という大問題の中で霞んでしまうかもしれませんが「福島」「放射能」というキーワードでは、今回の災害とつながる点もあろうかと思います。

現在グループ内では何が課題かといいますと「これでいいとは思っていない」「本当は乗りたい」としつつも「よし動こう」というお母さんがほとんど居ないこと。具体的には議会を動かさなければなりませんので市議に陳情に行く必要があるのですが、先日も書きましたが病気やら介護やら仕事やら家事やら子育てやらで普通はとてもではないがそのような時間は割けない訳です。学校にご飯を持たせるか、あるいは昼は福島米で仕方がないが他の食事を工夫するか。自衛するしかない。

そんな中、ある一人のお母さんが孤軍奮闘で必死の訴えをしている文章に感動しましたのでご本人の許可を得て掲載させていただきます。若いママさんがこれほどの主張ができるというのは素晴らしいです。感情的な部分があるといえばあるのですが、この情熱はそれを十分に超え熱い気持ちにさせてくれます。ご自身にも3人の子供さんがいらっしゃいますので、忙しいはずです。
「このような方がいらっしゃるなら一緒に考えてみたい」
という方、ブログメニューのQRコードからLINEグループへご参加お待ちしています。クソ野郎のブログが入り口で本当に申し訳ございません。地元政界・産業界からの大きな反発が予想される事案なだけに、私のような者を盾に使っていただくしかないのが現状です。私以外の方々はみなさん、心優しい市川のお母さんたちです。

(あるママさんの投稿)
「個人的な考えとしてはこの動きで元に戻るかもしれないし、もしくは高い確率で戻らないかもしれないとは思っています。
ただ何も行動しないでこのまま現状維持になってしまうとまた会津からもっと原発に近くで生産された米に変更することがあるとき、何も知らないまま無力に受け身になるような気がします。少なくとも市川市の全員賛成してるわけでないということを示す必要はあるのではないかと思います。
自分の子を守ればいいとの考えが正しくないと批判するつもりは全くありません。それは当然のことですし、親としての義務です。ただ人間は社会的存在です。自分が生きていく社会が健康で健全でないとやはり良かろうが悪かろうが何かの形で影響が出ると思います。90%の人が正常じゃないところでは少数の正常の人たちが一般的ではないことになります。
国民が国の、市民が市の主権者であり、国家議員、市議委員は主権者により選出されて代理として働いているものです。権力者ではなく、代理として権限を国民、市民から預かっているものです。国民、市民は代理といて働いている議員たちを監視する権利があって今回はその監視を権利と責任を果たさないといけないと思います。」
(※原の個人的な予測ですが、会津3市との協定に基づくものなので直ぐに福島県内の他市ということにはならないでしょうが、会津地方の米以外の農産物が市川市の学校給食へという流れは十分ありうると思います)

ご参考まで下は「例えばこんな感じで」と私がつくった陳情内容説明のレター。何かベースがあったほうがよければ使ってくださいと提示しているものです。

陳情手紙

無題

連日、台風19号による損害の対応。私は海上貨物なので、横浜で浸水被害のコンテナなどが対象。しかし港湾の被害はどちらかというと昨年の神戸のほうが大きかった印象。神戸は高潮もあったし、また自治体や事業者も台風対応の経験値を年々上げてきているように感じます。
 
さて、一見まともそうなことばかり書いていると何か世の中のためにがんばる人なのかなと見られ始めてしまうので、ここらでまた腐臭を撒きます。
 
立派な看板の新聞社や雑誌社の記者に、会ってみたらクソ野郎だったというケースってイメージしやすいと思う。まともそうな記事を書く私はまさにそのクソ野郎で、言うだけで何もするつもりはない。
 
テレビのバラエティや雑誌でも、自分じゃ何もしない評論家があれやこれや言っている。しかし、あれやこれや言う連中も「これはそうだな」「それは違うな」と大衆がものを考える材料にはなっている。そして、国政では材料が豊富だが地方には芸人やエセ評論家が不在。なので大衆が興味を持たない。
 
興味を持ってもらうのももろ刃の剣で、問題を認識してくれるまっとうな人が増えるのと同時にまっとうなアンチも増えるだろう。まっとうならまだいいが、悪質な輩も。地方ネタはアンチの人々との距離が近いこともあり、踏みつけるのも面倒臭いウンコみたいな奴しか実名顔出しで書けないだろう。
 
糞が土に返ったらその上にタンポポでも咲いたらいいかくらいは思っている。

市川市の避難所 ペット同行できることを確認

市川市のサイトには「本市では、災害時にペットと同行避難することができますが、避難所でペットを飼育するための備えは、飼い主の皆さんの責任です」とあり、ペット同行避難時の注意事項が記されています。ところが台風19号の避難所ではペット同行不可となっていた件について、市役所に問い合わせてみました。

地域防災課の回答によると「広報の書き方がペット同行できないようになってしまっていたが『生活空間へは入れない』ということであり、人の生活空間ではない雨風のしのげる場所をペットのスペースに施設管理者の判断で提供することになっています」とのこと。実際に同行して施設にすら入れてくれなかった事例はないはずとのことでした。生活空間へは、アレルギーの方もいらっしゃるかもしれないので入れてあげることが出来ないそうです。

避難所へ行きたかったのだけどペット不可になっているので自宅で過ごした方がもしいらっしゃいましたら、少しご安心いただけるのではと思います。今後は誤解を招かない案内になるとよいですね。

台風19号 感想戦

台風19号で被災された方々へお見舞い申し上げます。日常を取り戻せる日が早く来ることを祈ります。
 
台風が速度を早め通過が干潮の時間帯だったこともあり、不謹慎ではあるが当地としては助かった。しかし、市川市の災害時における欠陥は浮き彫りになったと見る。ツイッターでは避難所が少ないことを嘆く声が散見される。傘が壊れながら行った近くの避難所が開いてない、混んでいて入れないなど。避難勧告が出る時点では外に出るのも危ないことを考慮すれば、避難所は近くになければならない。
 
面積・人口規模とも似ている浦安市と行徳を比較してみる。浦安は台風上陸前に開設された自主避難所が9か所だが、行徳は1か所しかなかった。その後浦安は14か所に増えたようだが、行徳は2か所増えたのみ。
 
ハザードマップ掲載箇所すべてが無理なら、行徳では南部地区。例えば塩焼小・南新浜小および塩浜地区のどこか1つを開けてくれたら随分ちがう。北は新井小。市職員だけでは避難所運営の人出不足があるだろうから、行政と市民とで協力した体制作りが必要だろう。
 
また多くの自治体で同様だが「避難所へのペット同行問題」は検討すべき課題。大災害が頻発しているので世間の注目度も上がるはず。「災害時にペットのことを考慮してくれるかどうか」は多くの人々にとり、居住する自治体を決めるポイントになってくるだろう。
 
そのようなことを考えています。

10月12日(土)将棋教室・マイセンライブ中止します

同じ投稿での告知で恐縮です。

10月12日(土)午前の将棋教室は、台風19号接近のため中止といたします。残念ながら進路は予想を大きく外れることはなさそうです。

午前中はまだ動ける程度の雨かもしれませんが、保護者の方に付き添いのご負担をかけ台風前の貴重な時間を使わせてしまうことになりますので、このように判断いたしました。ご理解のほどよろしくお願いいたします。

また、同日夜のマイセンライブも中止といたします。強い風雨の時間帯に入っていると予測されます。みなさまくれぐれもご注意してお過ごしください。

ライブ・将棋


下は市川市内を流れる真間川の氾濫ハザードマップ。総雨量331/一時間最大60弌奮気50年に一度)の想定でつくられていますが、今回は想定を超えるかもしれません。しかも大潮で下流では水位が高いなど、条件が悪いです。

真間川洪水

10月12日(土)将棋教室は中止の可能性大 ※追記:中止します

10月12日(土)将棋教室は10〜12時に押切自治会館を予定していますが、台風19号の接近により中止になる可能性が大きいとご了解ください。明日中に最終確認いたします。(※追記:中止といたします

強風域が大きく、また雨も11日から降り始め12日は大雨とのこと。かなり長い時間をかけ強い風雨が続きそうです。皆様くれぐれもご注意ください。

今後の予定:

10月12日(土):10-12時 台風のため中止
10月19日(土):9:30〜11:30 七中ブロックコミュニティークラブ「囲碁・将棋・オセロ教室」に参加
10月26日(土):10-12時 押切自治会館

11月2日(土):10-12時 行徳公民館第2和室
11月9日(土):10-12時 行徳公民館第2研修室
11月16日(土):9:30〜11:30 七中ブロックコミュニティークラブ「囲碁・将棋・オセロ教室」に参加
11月23日(土):10-12時 未定(祝日で公民館休館にて)
11月30日(土):10-12時 行徳公民館第2和室

※土曜午前教室はすべて無料です。

教室風景


★ステップアップ講座(平日クラス)

土曜午前教室は、自由対局形式です。どんどん対局ができればいいという人は、それだけでよいでしょう。
でも、このような人も居ることでしょう;
・上達するために先生からじっくり教わりたい。
・戦法を身につけ磨いて強くなりたい。
・スポーツをやっていて土日がダメ。平日に将棋を指したい。

そのような人のために、平日の夕方に講座を行っています。どうぞご利用ください。

料金:週一回(月〜金曜コース)月謝8,000円。
場所:曜日ごとにご案内します
講師:原伸一(日本将棋連盟公認指導員)
〒272-0123市川市幸1−5−6
Tel: 047-358-2889

月曜クラス(現在空席5名)
火曜クラス(現在空席5名)
水曜クラス(現在空席5名)
木曜クラス(現在空席4名) ★次回10月10日
金曜クラス(現在空席なし) ★次回10月11日
時間はすべて 18:00〜19:30。

※対象: 年齢問わず。はじめたばかりの入門者から初段まで。

そして給食のお米 最も怪しい男

市川市役所新庁舎の階段問題はぶっちゃけ、つくろうがつくるまいが一般市民に差し迫った恐怖はありません。より深刻なのはこっち。

給食のお米LINEグループは現在13名。市内小中学生3万人、その倍の保護者の数からして「それっぽっちか」と思われるかもしれませんが、ノーとんでもない。スゴイこと。ちなみに将棋の保護者や音楽関係など従来から面識のある方は、一人も居ません。

市政の具体的な何か問題を考えましょうみたいなのを無名のオヤジがネットで呼びかけて、知人ではなく見ず知らずの十数名が集まることなど、普通はないです。しかも同じ市内。個人的には、とても驚いています。

放射能検査や基準値のこと、また福島の現状など皆様とてもよく調べていらっしゃいまして、日頃の食材をどうしているかなども含め有意義なやりとりがされてきています。
現在、具体的な動きをするかどうかというところで止まっています。
 
このようなことを言わないほうがお母さんたちの熱意が合わさりやすいのかもしれませんが敢えて、動いた場合のリスクについて私より投げかけさせていただいています。整理すると;
 
・「福島がどうとか関係なく実際に使用するお米が安全かどうかが問題。全袋が検査されており基準値よりはるかに低い。逆に全袋検査など他県のお米はされない。他県の米と比較しはるかによく安全性が確認されている」とか言われて、反論できなようだとダメ。

・「その検査にはこういう不備がある」と言っても「ではその不備を克服した完璧な検査をやっている県がありますか?ないなら、やらないよりやっている福島産がいいですよね」と言われて反論できないようだとダメ。

・グループにはどんな人が混ざっているかわからない。政治団体とつながっている人や、放射能問題に興味を持つ者を利用したい何らかの組織あるいはそれに対抗する組織の人など。リアルに姿を現した人は探られあるいはターゲットになりやすい。

・推進役の人は何らかの形でネット上に旗を立てなければならないが、国策である復興支援が絡んだ政治的な政策なだけに、ディスられボコボコにされるだろう。

・てゆうか、何の利害関係もなくこれをやっている私(原)が最も怪しい。政治的野心があるか、これを利用して現政権を倒そうとしているか、逆に現政権と通じていて不満分子を集めまとめて潰そうとしているか、ゼッタイに何か魂胆があるはずと見るべき人物。メンドクサイので、私は遠からず外れます。

これだけ言われてそれでもやる女性が居るか?って話ですね(私以外はみな女性)。そしてもし居たら「え、どんな人なの?ちょっと怪しくない?」て話。グチャグチャです。

ゼンブ戻して、ほぼ間違いなく、参加してくれているお母さんたちはただただ子供さんが心配なだけ。しかし、汚ねぇ政治の世界で何か変えるには泥を被らざるを得ない。それを誰かがやるか、あるいはひたすら耐え忍び励まし合って生きるか。現在、過渡期にあります。
ライブスケジュール
行徳駅高架下 珈琲館マイセンライブ 9月28日(土)19:40〜22:00 10月12日(土)19:40〜22:00 10月26日(土)19:40〜22:00 行徳駅前広場ストリートライブ 9月22日(日)13:00〜16:00 ※雨天時は押切自治会館
行徳将棋クラブ

行徳将棋クラブ

Twitterアカウント
千葉県市川市の行徳将棋クラブを運営している原伸一です。ブログの更新情報をお届けしてゆきます。
最新コメント
最新記事
Archives
Profile
ハラ

フォークシンガー原
(原 伸一)

1967年生。千葉県市川市の南部、行徳・妙典でアコースティックライブの主催等の活動を行っています。また、行徳公民館で小中学生の将棋教室を開いています。

ライブ情報は以下サイトにて。

http://gyotoku.livedoor.biz
市川市の学校給食のお米について考えるLINEグループ
市川市の学校給食のお米について考えるLINEグループをつくっています。経緯はカテゴリ別アーカイブの「市川市給食のお米問題」にて一連の記事をご参照ください。参加希望者は恐れ入りますが下記QRコードにて友だち申請ください。グループ招待します。(現在13名) 23c8cd86
メッセージ

名前
メール
本文
GSG5(行徳将棋ガールズ)
GSG(Gyotoku Shogi Girls)は、行徳将棋クラブの女子のこと。音楽も大好きで、2013年女子アマ団体戦で歌を歌ってベストパフォーマンス賞をいただきました。
人気将棋ブログ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ