Hara Blog

千葉県市川市の行徳でライブ活動を行っている、フォークシンガー原の日記です。公認将棋指導員として、子供たちの将棋の話題なども。

松戸市議会議員選挙と統一地方選

18日は松戸市で市議会議員選挙の投開票が行われていました。
この選挙は来春の統一地方選の前哨戦として位置づけられていて、選挙関係者から注目されています。特に市川市は隣接自治体でしかも人口が同規模なので、市川の政治関係者にとっては極めて重要でしょう。
結果はこちら。比較のため、前回2014年はこちら

立憲民主党、4人候補を立て全員当選。強いです。
共産党、前回6人中5人当選でしたが今回は6人中4人当選。
NHKから国民を守る党は2名中1名当選。
維新は2名とも落選。
現職は3名が議席を落とし、うち1名が共産党、2名が無所属。

政治からは離れている立場ですが、ざっと感想を。
尚、それぞれどんな候補者でどのような支援者がついてどのように動いたか全く把握しておらず、そうした現場レベルの事情を加味すると全然違うかもしれません。予め、念のため。

立憲民主党に勢いがあり、議席獲得はおしくらまんじゅうになっている感じ。従い、組織戦の陣営でも上乗せをがんばらないとボーダーに近い人は押し出されちゃいますね。今回は共産党のお二方が次点と次々点。ただ、これは自民党や公明党、社民党、国民民主党にも起こり得る現象だと思います。

いっぽう自民党と公明党も、しっかりとしている。「無所属だけど自民系」という人もいるかもしれませんが、一応すべての候補者が当選している。ということは・・・

来年の統一地方選挙、立憲民主党は投票率が35%前後の場合、自公の牙城を崩すというよりも、諸派や無所属候補に流れる票を吸い上げる形で議席を獲得しそう。そして、NHKから国民を守る党も都市部では着実に1議席はとってくる。
とすると、諸派や無所属の候補にとっては、これまでよりいっそう厳しい戦いになるのではという気がします。さらに音喜多駿都議や上田令子都議の党が候補を立てる選挙区では、有名人ですから一定票数は獲得すると思われ、いっそう混沌となるでしょう。

市川に関してもう少し細かく言うならば「基本は自民なんだが今の自民候補には入れたくない」という穏健保守の人々の受け皿はひとつポイントだと思います。特に市川市では政務活動費の問題がある。そして、この層の受け皿にはどうやら立憲民主党はあまりならないですね。すると政党でいえば維新か、音喜多都議や上田都議が候補を立てるならその人か、あるいはその他の諸派や無所属候補か。NHKから国民を守る党党首の立花孝志さんも保守寄りの考え方のようですので、選択肢かもしれない。
バラバラに割れた結果、結局は一定のベースを持っている自民候補が強かったみたいな可能性はあるでしょうね。立憲民主党の躍進と合わせ全体として、国政政党の勢力が強まってしまうかもしれない。

新市川ですが、その後は何も案内は無く、存在感がありません。市長選後に旗を掲げたまま市議候補予定者が名乗りを上げしっかり活動していたならば、自民党にも立憲民主党にも両側にプレッシャーを与えられる存在だったことでしょうが、残念です。そう出来ない何らかの事情があったのでしょう。現時点からは組織的な動きは既に遅すぎますので、新市川が消えない唯一の選択肢は、高橋亮平さんご自身の出馬であると見えます。あるいは、それをしない代わりに何か獲れるか。

尚、このところ政治関係者とは一切接触していません。表面に見えている状況だけで書いています。念のため。

テーブルマークこども大会・東京大会2018

11月18日(日)、幕張メッセで行われたテーブルマーク杯に行って参りました。
今年もスゴイ。教室の子たちがどこに居るのか「ウォーリーを探せ」が、年々タイヘンになります。

テーブルマーク杯


最近は、市川のお年寄りたちの公民館サークルのことや小学生大会のことばかり考えてそちら側からの視点でものを見ていたので、久しぶりにこの場に立って新鮮に見えました。別世界ですね。うまくゆかないはずです。

何かと言うと、子供は市民大会から出て行ってほしいと思うに至る人々の心理。
「子供向けのイベントは一杯あるじゃないか。ワシらに楽しみを少しでも多くくれんか」
・・・そんな心の狭い人間はつまらんと言い飛ばす気にはなれないんです。むしろ市民大会の運営状況を見ていると、それこそが真実に感じられてくる。

市民大会に出てくる子供たちを
「ワシらのせがれ」
と感じてくれるようなら、それはなくなるだろう。それってどういうことなのかな?というのは、ここ最近考えていたことでした。答えは見つかっていません。
子供将棋の世界と、生涯学習のお年寄りたちの世界が、日頃交わるところが少ないのが課題なのだろう。

決勝トーナメントに進んだメンバーがいずれも先週の市民大会に出ていた子たちだったので、いっそう強く感じました。彼らにとり良い練習の場を与えてくれたと思います。市民大会で良い経験を得た子供たちが大きな大会で活躍しましたということを、市川の将棋愛好家の皆様に報告したいと思います。

決勝トーナメント

U-18将棋スタジアム2018 12月22日(土)

おはようございます。今日はテーブルマーク杯東京大会。参加するみなさんの健闘を祈ります。そして何より、一日楽しんでください。

年の最後の大会、U-18将棋スタジアムのご案内をしておきます。今日の大会中、会場や移動中にご覧になって親子で参加ご検討されてはいかがでしょう。ホームページからの申し込みは日本将棋連盟のこちらサイトから。
各クラス定員100名となっていますが私の経験上は「申し込んだが出られなかった」というケースは、行徳将棋クラブでは過去にはありません。ただ、なにしろこのクリスマスの土曜日に将棋を指しに行こうという子たちですので、傾向としてはレベルが高い印象はあります。でも都合がつく子はぜひチャレンジしてみてください。

U18将棋スタジアム表

U18将棋スタジアム裏

11月17日(土)将棋教室の風景

11月17日(土)は、行徳公民館第2和室で行徳将棋クラブ活動でした。参加10名。

教室風景


幸祭り今日は行徳や江戸川区の小学校では文化祭やオープンスクールですね。

楽しい一日を過ごせたでしょうか。明日はテーブルマーク杯なので、参加者の保護者の方々は連日イベントで大変でしょう。お疲れ様です。

私を知る人々には「おーっ!」と画期的な出来事ですが、PHSのガラケーしか持たなかった私が「ガラケー+タブレット」に変更。更新月なのでショップで相談したところ、この組み合わせなら今とほぼ同じ月額料金とのことで採用しました。


タブレット棋戦のタイトル戦のときにこれで中継を見ながら飲み屋で観戦会というのもいいかもしれない。など、思ったりしています。

その前に、使い方の練習。ワカラン。悪戦苦闘中。

11月17日(土)将棋教室の確認

11月17日(土)将棋教室の確認です。

行徳公民館第2和室にて、10〜12時に活動を行います。
※初めての方もどうぞお気軽にお越しください。事前連絡不要です。

※第3土曜日ですが、今月は七中はありません。場所は行徳公民館ですので、ご注意ください。

今後の予定:

11月17日(土):10-12時 行徳公民館第2和室
11月24日(土):10-12時 行徳公民館第2和室

12月 1日(土):10-12時 行徳公民館第2和室
12月 8日(土):10-12時 行徳公民館第2和室
12月15日(土):9:30-11:30 七中にて行われる七中ブロックコミュニティークラブ「囲碁・将棋・オセロ教室」に参加。
12月22日(土):10-12時 行徳公民館第2和室


上記すべて無料です。

運命の12月1日

と、いう訳でやって来ました行徳文化ホールI&I。ここの大会議室が第一希望。

はい、普通に抽選に申し込みました。抽選日は12月1日。
ただ、希望日の3月10日(日)には今のところ他団体の申し込みはないとのこと。このままいってほしいところです。
市川市の各種団体の皆様、将棋をがんばっている子供たちのために、なにとぞ、なにとぞ、お計らいのほどを。

行徳文化ホール


市民会館の市民将棋大会は3つの部屋に分かれて対局が行われましたが、行徳I&Iの大会議室はその3つを合わせたに近いキャパがあります。行徳でやりたいというのは別にしても、機能的にもここがベスト。

ところが、大問題発覚。事前に確認して全日使用料金16,650円を予定していたのですが、何と参加料をとるイベントはその倍額ですと。ガビ〜ン!

と、ここで。金額まで追いながら当ブログを読んでくださっている方は飛び上がったことでしょうが、市民大会の記事で報告した通り、親子のみなさんたちのがんばりで1万5千円ほど募金が多く集まっています。おかげで大丈夫。みなさん神がかっていますね。というか、元々私のミスなんですけど(汗)。

で、ミスが次々と発覚する訳ですが、マイク装置も有料なんですと。午後からだけ使うとしても5千円近くかかる。ガビ〜ン!!
仕方がないので自分が持っている音楽用のアンプを持っていくか。将棋大会にマーシャルのアンプ持ち込むとか、前代未聞だろうか。

さあ、ほかの条件はすべて整ったものの、輝ける大会にふさわしい会場がとれるかどうか。運命は12月1日。

七転八倒

小学生将棋大会への後援を申請するため、市教育委員会の入る南八幡仮設庁舎へ。広い2階建てのプレハブ建屋。

南八幡仮庁舎


会場と日取りを確定させなければいけないのですが、市の施設は普通にとると3か月前からしか予約できません。ただ、その3か月前の応当日には各団体が待ち構えている。なので、例えば市民将棋大会は市の文化祭行事として前もって市が押さえてくれます。
同じようにしてくれないかボランティア・NPO課に相談したところ「後援事業などに限られる。教育委員会の後援をとるのでしたら教育委員会へ」と言われました。

「書類はこれでよいのですが、開催時間は?」
「予定している場所がとれるかどうかによります」
「決まってから出していただくものなのですが」
「決めるために後援をお願いしに来たのですが」
結局、教育委員会は会場の事前予約という業務は一切行っていないことがわかりました。ふぅ〜

文化振興課のほうもやはり「後援申請は日時と場所が決まってから」。市民将棋大会は愛好会連盟との「共催」なので、市の行事でもあるからやってくれる訳ですね。

どーすればいいんだこれ。七転び八起きならいいんですが、倒れっぱなし。

行徳将棋クラブ少人数クラス希望者は17日にぜひご参加を

現在お話を進めさせていただいている少人数クラス第2チームですが、お願いしている生徒さんが引き受けてくれそうです。お話をしたいので、ご都合よろしければ17日(土)午前教室にぜひご参加ください。

また、浦安の高校生で可能な生徒さんがあり、浦安組も来ていただけたらありがたいです。東西線の浦安駅付近で場所さえあれば、そこでやっていただけたら私が途中下車して寄ることができるのですが。ご相談させていただき、いろいろ可能性探りたいと思います。

どうぞよろしくお願いします。

マイセンライブ 〜ライブというよりホームパーティー〜

かなり頻繁にライブを行っているにもかかわらず、なぜフォークシンガー原の拠点マイセンライブを告知しないか。単なる怠慢というのが第一なのですが、「ネットで見て来ました」という人が過去絶無だったこともあります。やっても仕方がなかった。

告知は毎月1回、行徳新聞のインフォメーションコーナーにその月の予定を掲載しています。これは効果があります。お店に問い合わせの電話が来ることもありますし「行徳新聞を見てずっと気になってたんですよ〜」と言っていただける方は結構多い。
一番効果があるのは、お店の「貼り紙」。目を向けているお客さんにマスターがさり気なく「今度いかがですか?」と声をかけると、乗ってくれる。
ネットより「紙」媒体が強いというのが、結論のようになっていました。

ギター


しかし、少しずつ時代は変わるかもしれませんので紹介するようにしてみます。

尚、マイセンライブが果たして「ライブなのか?」は、自分で主催しておいておかしなことを言いますが、ちょっと違います。
例えば、田舎で盆とか正月に親戚一同の集まりで大きな部屋に何家族か集まり料理の乗ったテーブルを囲んでいる風景、あるいは仲のいい友人とどこかの家に集まりホームパーティーを開いている場面を想像してください。そして、そこにフォークギターがある。飲み食いや会話が進んだ頃に誰かがポロンポロンとギターを鳴らし始め、ひとりふたりと歌い始め、いつしか大合唱。その場に楽器や歌が特別に上手い人が居たわけではないのだけれど「あ〜楽しかったー」
マイセンライブは、そのイメージです。飲み食いしながら個々の演奏で気分を盛り上げていただいて、終盤はみんなで歌うコーナー。

行徳駅高架下山下書店の2階。毎月第2第4土曜日の19:40〜22:00。会費500円+飲食代。次回は11月24日(土)です。

市民将棋大会で考えたこと

市民将棋大会でいただいた募金、早速こども将棋連盟の口座に入れました。

募金


さて、会場で参加者や事務局の方と話していて感じたこと諸々。

「ブログ読んでます。募金はどこでできますか?」と度々お声かけいただきました。過去記事のとおり私は必ずしもどんな大会でもつくればいいとは考えてはいないのですが、起きている課題を知っていただき何かしら考えを持ってくださったことに関しては、素直にありがとうございます。問題提起をしてきた甲斐があったと嬉しく思いました。

「子供大会が出来るなら子供はみんなそっちに行ってくれないか」という声もあると聞きました。
確かに、市内の大人の将棋サークル6団体で構成される愛好会連盟による運営の大会で、運営も大変ですから、せっかくなら日頃一緒に練習している仲間たちが良い成績が得られるよう、伸び盛りの強い子供たち含めこの機会にそちらでというのは、心情的に解ります。もし愛好会連盟の皆様の話し合いで「小学生は市民大会から除く」のであれば、私は口出しできません。
ひとつポイントになるのは「市川市の将棋教室に通う市外の小学生」の扱い。市民大会は文化祭ということでユルくなっていますが、新設される市川市小学生将棋大会は市内の小学生への教育効果を目的としますので、市外小学生は参加できません。
従い、仮に市民大会から小学生をすべて切り離した場合に「市川市の将棋教室に通う市外の小学生」はどちらへも出られなくなります(傾向としては、この子たちこそ強い子たち)。それを念頭に、ご検討いただけたらという立場です。
尚、同様に、昨年までDクラスに出ていた「中学生以上の初級者の参加枠」もなくなった状況ではあります。良い練習場所だったかもしれませんが、会場の建て替え等あり時の流れでやむを得なかったと思います。

それにしても市民将棋大会の運営は、大変になってきているとのこと。運営スタッフの皆様の年齢が上がっている。新しい会場は椅子の数も限られていますね。スタッフの方々の立っている時間が長い。それだけでも大変ですが、運搬もある。
話が飛び恐縮ですが、年金支給開始年齢の引き上げの流れの中で、就労年齢が上がっている。60歳から65歳になり、さらに68歳?という話もちらほら。やがて70歳になってゆきそう。いっぽうで、地域の行事をボランティアで支えてきたのはこれまで、定年退職後の60代の元気で時間的余裕を持った人たちではないでしょうか。実際、市川の将棋サークルでも、日頃の活動に来れる人が減ったといいます。就労年齢を引き上げておきながら「ボランティアの推進」を言う行政は、矛盾しているように見える。

若い世代のボランティアへの参加が期待されていますが、安易に就労世代の時間をタダで使おうとすることには私は反対しています。もし「若いお父さんお母さんたちに声をかけて何人かお手伝いいただけないか」と頼まれたら、私は断固、断るでしょう。ダラダラとそれをやっていては、新しい時代への移行が遅れるだけなので。

年金をもらいながら地域ボランティアをしてくれていた人々をそこから剥がし仕事をさせ、そのボランティアがやってくれていたことを仕事をしている人にやらせる。おかしい。

新しい時代とは、例えば「ライザップと伊那市の取り組みを将棋で」で書いたようなものを私は理想としているのですが、他にも色々あるでしょう。いずれにしてもすぐには無理でしょうね。私としては、状況を見守るしかありません。

私の管轄については、今よりはマシな形で目先シノぎます。小学生大会は、手合い係の日当を市が認めてくれました。自画自賛で恐縮ですが、画期的だと思います。ただあくまで外部委託であって、運営メンバーは無銭。それでは継続可能な形ではない。課題を抱えてはいます。
行徳将棋クラブ

行徳将棋クラブ

Twitterアカウント
千葉県市川市の行徳将棋クラブを運営している原伸一です。ブログの更新情報をお届けしてゆきます。
最新コメント
最新記事
Archives
Profile
ハラ

フォークシンガー原
(原 伸一)

1967年生。千葉県市川市の南部、行徳・妙典でアコースティックライブの主催等の活動を行っています。また、行徳公民館で小中学生の将棋教室を開いています。

ライブ情報は以下サイトにて。

http://gyotoku.livedoor.biz
活動場所
喫茶「マイセン」(フォーク好きの集まり・例会です): 行徳駅より徒歩0分。改札を背にすぐ左、山下書店の2F。Tel:047-357-4039
会費500円+ドリンク代450円〜 

市川妙典SATY(路上ライブ): 妙典駅より徒歩3分。無料。お店の詳細は以下をクリックしてご覧ください。
メッセージ

名前
メール
本文
GSG5(行徳将棋ガールズ)
GSG(Gyotoku Shogi Girls)は、行徳将棋クラブの女子のこと。音楽も大好きで、2013年女子アマ団体戦で歌を歌ってベストパフォーマンス賞をいただきました。
人気将棋ブログ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ